関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:B級旅行

「たらし焼き」と「ずりあげ」を食って、氷柱見て、
途中の札所でお詣りしたら、
夕方近くになってしまった。

氷柱見物のハシゴをしようと思い、
小鹿野の先の尾之内まで向かっていたが、
夕方4時で終了する事が判明


ここで予定を切り替え、
例のものを買いに、
小鹿野町の飯田地区まで足を伸ばす。

20170223_162017



ここの温○水を使った日帰り入浴施設は無く、
民宿や旅館の日帰り入浴も、
食事付きプランしか無い( ̄▽ ̄;)




よって、俺みたいな貧乏人がこの温○水に浸かりたいなら、自宅やその他の場所に、この温○水を買い持ち帰って(又は持ち込んで??)風呂に突っ込むしか方法は無い。

あくまで、
この手のモノの利用は
やむを得ない時の最後の手段なのだ

↑↑嘘です。ごめんなさい。
時として喜んで汲んでいる事もあります…ハイ(--;)




…という訳で、100Lチョイ購入してその半分を
熱いお湯を張った風呂に突っ込んでみた(^^)

メタケイ酸をある程度含むので、肌に良い。
しかもツルツルペタペタ、ごく僅かな硫黄臭(^^)

これだけ濃くして入浴した事は無かったが、
これはなかなか良い源泉である。

それも当然!!
この真下から汲み上げているんだから、
鮮度は抜群である。


ここの温○水を使っている旅館などは、
ここからの長い距離の引き湯だったり
ローリー搬送だったりする。

それを薄めたり循環したりして使っているので、
ここで汲んだお湯をすぐ使えば、
やってる事が旅館と大体同じって事になるわな(^^)




そうそう…
以前にも書いたが、秩父は宿の相場がやや高め…


鉱泉や温泉のある宿ともなると、
どんなに安くとも素泊まり一人4000円
2食付きだと同8000円近くが最安値で、
じゃ○んや楽○ラを見ると
20000円が当たり前の相場である。


西武秩父駅前にある観光案内所に行けば、
もう少し安い宿もあるが、
それでも2食付き税込み7500円/人
素泊まり4000円/人の民宿が最低ラインだった。

よって貧乏人のウチらは、
時々「非常手段」として使う
「普通では無い宿」しか、
今回は選択肢は無かった


本当ならば秩父市街地のビジホに泊まり、
地元の居酒屋さんに行きたい(T_T)

(下の写真は豚みそ丼とホルモン丼のイメージ画。2015年の秩父鉄道のイベント時に食べたものだ)
↓↓
c861745f-s


秩父はホルモンも名物で駅前に幾つか店がある。
そこでたらふく飲み食いしたいのだが、
その夢はまたもや叶わず。。。

貧乏とは、誠に恥ずかしいばかりである。



…が、若い世代の方々、
逆いえばお金が無くとも工夫次第で、
こうしてドライブの延長みたいな旅が出来る事を
知ってもらいたい。

その為にブログ書いている様なものだからね。。。
(誰もそんなの望んでいないかもしれないが…)


まぁ、それはともかく。。。

「この手の宿」は不便な場所が多いので、
予め総菜と酒などを
スーパーで買って持ち込む事にした。


20170223_204758


スーパーの総菜部では、
以前より1本100円程度で、
名物の「みそポテト」を販売していたが、

ここ最近の2年間には
「豚味噌丼」や「ワラジカツもどき」も
置いている店が多くなってきた。

特に地元スーパーの「やおよし」さんなどが
この傾向が顕著である。
ご当地のやおよしさんは、旧荒川村や小鹿野町などにある。(土産は秩父みそや日本酒も多い)

食べそびれた時の最後の手段としては有効だと思う。
そして、その日のうちに帰るなら
買って帰り自宅での軽食にするのも良いかと。

そのうち、ご当地スーパー特集でも、
やってみようかな…(^^)

他には蒟蒻や舞茸が名物なんで、これらは外せない。
秩父の水は美味なので、
当然地元産の豆腐や揚げも美味なので、
これも当然押さえておく。


味噌豚丼は、本来の炭焼では無いが、
甘辛い濃厚な味だった。
小判カツはソース味。
ワラジカツの流れを汲んでいる味である。


んで、この日チョイスした日本酒はコチラ

20170223_205649


武甲正宗と秩父錦の生貯蔵酒!!
2本800円程と奮発したが、
これが非常に美味い\(^^)/

風呂入っている間にキンキンに冷したが、
若かれし頃に飲んで感動した酒に似ていた。

水の味が強く、辛くも甘くも苦くも無い、
スーッと飲めるタイプの日本酒だった!!


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さてさて…
これはチョイと古い話…

H27年の12月頭、
丁度1年前に気分転換に神奈川の箱根までB級旅行に行ってきた時の事を書こう…

といっても、前ブログからの移植記事だが(^_^;)


この日は朝9時に鎌ヶ谷を出発…
首都高~横浜新道経由で順調に進んでいたが、
途中から何やら通行止め表示が…( ; ゜Д゜)

「ま…また今回もかよ…

どうやら、
湘南の海沿いでマラソン大会が開催されていたらしく、しかも何らかのトラブルで開始が遅れたみたいで、
途中から予期せぬ渋滞にハマリ…

茅ヶ崎あたりから何とか迂回したけど、
渋滞と、迂回の際に道に迷ったりで、
約二時間のロス…


まぁ、トラベルはトラブル、
いつもの事だけどね~
何とかなるでしょ…
と、相変わらず学習能力無し…( ̄▽ ̄;)

ようやく、富士山が見え…
20151206_131439


とりあえず、予定よりかなり遅れて箱根湯本着…

TVでやっていた目当ての蕎麦屋は
売り切れで終了していたので、
どうでもよさそうな(??)場所で蕎麦屋食って、
そこらをプラプラ…

20150717_211910

盛り蕎麦で750円かい…

しかもごく普通の蕎麦…
あまりのショックで、写真を撮るのを忘れていたんで、食いかけになっちまった(-_-;)
まぁ、観光地だからシャアない…


そうそう、坂道を歩くのが苦でなければ、
弥坂湯の通りにある四時間400円の公営駐車場が得だ。
他所の3割以下の価格!!

20151207_124540


箱根湯本でこの料金は、
ここは有り難いっす(^^)



で、蕎麦食った後に、
干物を炙って試食出来る店に寄ったり…

20151207_122515


車に戻り、上り坂で途中で車を止めて、
山の写真を撮りまくったり~

20151207_093848


で、第一の目的地である彫刻の森の方にある「森の足湯」に到着…


駐車場が少々入れにくく、難儀だったが…(--;)

20151206_161010


この先にある呼び鈴を鳴らすと

20151206_155928


中から奥様??が登場
足湯のお金を払おうとしたところ、

なにやらまた原因不明の頭痛と某にわとり幻聴??に襲われ…

『オイ、まさかここまで来て足湯だけで済まそうなんて思ってないだろうな~??』

俺の脳の中に居着いている「奴」が騒ぎ出して、これ以上頭痛に悩まされるとイヤなので、ここは「奴」に従い、足湯だけで無く、大人しくこの「ブツ」も購入することに…(T_T)


ちなみに一緒にいる家内も
「温○水買うの、もう止めたんじゃなかったっけぇ~??」
と、呆れているみたい…

知らねえよ~(^^;
俺の頭を支配している、「奴」に聞いてくれ~(T_T)


40Lの料金500円と足湯二人分計1000円を支払い、まずは汲んでいただきました(^^)

20151206_160209





本題に戻り、200円の足湯はこんな感じの場所…

20151206_161315

鉱物臭もあり、なかなか(^^)

芸能人のサインあり~の

イヌ湯あり~の


20151206_161945


30分、山々を眺め、
奥様がサービスしてくれたお茶を飲みながら、
しばしユッタリしておりました。


そしていよいよ今晩の宿へ…


その宿は、胃薬みたいな名前(^^)
箱根にしては激安で、温○もあるとの事にて、以前からとても気になっていた…(^^;…


http://www.pensionhakone.com/

箱根で素泊まり、入湯税・消費税合わせ二人約7500円前後は有り難い\(^^)/

しかも、素泊まりプランの筈が、
朝にはパンと飲み物のバイキングが付いてくる。

これって、素泊まりと言わないんじゃ…
とか、突っ込まないように(^^;↑


部屋にトイレは無いのだが、
運良くトイレが近い部屋で助かった(^^)

湯沸室にお湯お茶のサーバー、電子レンジあり…
食い物持ち込んでも、温かいものが食えます。

Wi-Fi接続無料も助かるなぁ~
ちなみに、画像はHPから拝借
institution_ph6


jpg_1437636652818_Y320334002



ここは朝食のパンと飲み物がサービス。
きちんとした朝食セットでは無いから素泊まり扱いになっていただけで、宿泊客なら誰でも食える。

ここはパンが評判らしく、
実は翌日の朝食を楽しみにしていたのだ…(^q^)


まさか生地からは作っていないとは思うケド
焼くのはココみたいで…
デイニィッシュ系確かにサクサクっとしていて
美味かったっす


写真よりも種類は豊富。二人で10種類制覇した後、
俺はさらにクロワッサンを3つ喰ってしまった(^q^)

いゃあ~
朝から温泉浸かって
パンしこたま喰って
愉快愉快(*´∀`)

後、このホテルは、ユネッサン系列みたいなので、
割引チケットあり。
ユネッサンについでに行かれる方には、良いでしょう。

連絡バスも出ており、
外食を希望される方は、そちらで食事が可能です。

ちなみに宿泊サイトには、
イタリアン夕食付きのプランもありますが、
このホテルの中では無く
ユネッサンのレストランに移動して食べる事になります。

ウチらは箱根の手前にある
小田原市街のスーパーなどで
小田原名物の蒲鉾とか、
鯵の薩摩揚げや地魚の弁当、
そして横須賀海軍カレーコロッケ…
などを買い込んでおいた。

さらには、行く時にゲットした、
中華街の肉まんとかを買い込んでいたんで、
晩飯には苦労しなかった。



20140808_215103-1 (1)



個人的評価…

朝飯のパン、お風呂、宿代、物価トータルで評価すると、

イヌ2匹トリ2匹のポイント
相場が高いこの箱根で、
この価格はホント助かるわ~

とにかくパンはホント美味い\(^^)/
晩飯をどうするかが、攻略ポイントだね。
箱根は、どこも店終いが早いから、晩飯を早めに済ませても、夜食のスナックや寝酒は買い込む方が無難だと思う(--;)

さて、
ここからはアド街で取り上げていたモノを中心に、
補足しながら取り上げていきます。

今迄は序章。ここからが本編となりますが、

今日の掲載内容は、
今回の旅では行っていない場所…
つまり、以前行った場所を
織り混ぜての掲載となりますのでご了承を。



奥久慈って、
茨城県民の中じゃメジャーな観光地なのだが…


他県民にとっちゃ


「なに??そこ、どこよ??」


って感じなんだよなぁ~(-_-;)

でも、9月頭にアド街ック天国で、
ここ奥久慈が取り上げられていたから、
少しは魅力が伝わったのではないかな

しかも、H29年には朝ドラで、茨城北部が舞台となるらしく、注目を浴びるんじゃないかと(^^)


奥久慈の観光といえば、
真っ先に思いつくのが、
この袋田の滝だぁ~

ちなみに画像は借り物だ( ̄▽ ̄;)
3-1259846104_4


華厳の滝みたいに急な角度では無いのだが

幅もあるし
何よりも近くから観れるから
スケールのデカさを充分に感じられるのだよ。



入場料は300円
スケールA級
お値段B級

お勧めだぜぃ(^^)


20160903_214945


20160903_214948


アド街の画像を基にチョイと解説。

確かに袋田の滝は
四度の滝と言われ、
四季毎にすがたを変えてはいるが、
最近は画像下の冬の滝の凍結は、
温暖化の為に滅多に観られない。

観られたのなら、非常にラッキー\(^-^)/
道路の凍結には十分注意!!
真冬はスタッドレスタイヤ必須や…

尚、観光協会や町のHPでは、
滝の凍結情報を提供している。


俺的にゃ、秋が一番好きだね。
とにかく紅葉がキレイ
リンゴ農家も多いので、セットでどうぞ(^^)


入場料300円さえケチりたい方は、
春の画像の角度からなら、
沢を渡る手前の方の料金所ゲート手前から滝が見れる。

横から観ることにになるので、
滝の全景は観られないが、
迫力と紅葉は十分に感じられる。


袋田の滝は、
無料町営駐車場から
滝の真ん前迄15分位歩くのが難点だが、

滝のすぐ近くの店で買い物したり
メシ食ったり日帰り入浴したならば、
滝に近い民営駐車場はタダになるよ\(^^)/
停めるだけなら500円が相場。



この滝の近くの店でも軍鶏とか鮎とか、
コンニャクや湯葉
そして常陸秋蕎麦など
沢山の奥久慈名物が食えるのだが、
そこはお土産屋だけに「神奈川千葉価格」


恥ずかしながら、
俺的にゃ
B級グルメの価格じゃないと
チョイと厳しい(/-\*)


そんなやっぱ俺の味方といえばココだ!!


道の駅大子


20160913_140012


http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000026.html

奥久慈らしいメニューが、幾つかある。

20160913_132916



軍鶏カレーと軍鶏天蕎麦がオススメ

b5ceccae-s-1



一見普通の鶏にも思えるが、
そこは軍鶏…
普通のブロイラーに比べると、
かなり味は濃厚ですな(^^)

天ぷらは胸肉なので、さほど濃い味では無いが、
でも普通の鶏肉とは明らかに味の濃さが違う。
尚、夏場は冷やしになったみたいだ。

カレーは鶏皮&モモ肉が多いのかな??
深い味わいだ。凄くダシが出ている。


計2つ喰っても2000円でお釣りがくる。
で、

共に昼の1時には売り切れる可能性があるので、
早めに行かねばならぬ。
なんせ、カレーは限定20食だからね( ̄▽ ̄;)~

鮎の塩焼も、1本400・500円の2種が売っている。



で、この道の駅では、
奥久慈名物の湯葉や卵、こんにゃくも買える。
常陸秋蕎麦も売っている。


紅葉のシーズンともなれば、
リンゴも試食販売がある。
スーパーより2割位安く買えるね。



気にスポで取り上げられていた、このお地蔵さんは、
この道の駅の駐車場から歩いてすぐの場所にある。

20160913_140428

まさにB級スポットだね~( ̄▽ ̄;)


この道の駅最大の売りは、
茨城で有名な名湯の「大子の湯」に浸かれる事(^^)

20160903_210431


500円だったかな??
詳しくは、上記リンク先のHPを観てくだされ。
多少塩素の匂いがキツいし、やや窮屈だけどね…(^^;
休憩する場所もあるのは助かる。


他に、風呂といゃあ、


多分「思い出浪漫館」を取り上げるのだろうが、
あそこは日帰り入浴も宿泊も、
俺みたいなB級市民にはチョイと手が出せない…


そこで奥久慈の名湯を
リーズナブルに味わえるといえば、ここダ!!

森林のいで湯

http://www.morinoideyu.com/

r6hkRxMAkj-1



ここは平日は700円、土日1000円だが、

どちらも夕方5時以降なら


500円
で入れるのダ!!

やはり多少塩素っぽい感じはするが、
露天風呂も広いし、ユックリ出来るし
居心地は良いね…


もうチョイ、秘境感を感じたいなら、
袋田の滝の手前から日立方面への抜け道を、
5分程行った場所にあるココだ!!

アド街じゃ、やっていなかったが、
湯の質的には、ここはオススメ…

rCmsXESU6D-1



20160913_110029

「月居○泉滝見の湯」

泉質はちょいと違うが、
内風呂は、正直ここが一番質が良い(^^)
(露天は塩素臭いが)

尚、ここは一回入浴の料金と
1日入浴の料金が違うので注意が必要
ちなみに一回入浴なら、450円で済む。

尚、ここは宿も併設している。
奥久慈にしては安い方なので
なかなか予約が取れない様だ。
「平日は三日前位迄なら、なんとかなる…」
みたいな事を、以前に店の方が言っていた様な…


そして、風呂といえば、
俺的には、忘れてはいけない場所がある。

先程の森林のいで湯に行く手前の道沿いにある、
コイツだ(^^)

20160913_122139


チョイと判りにくい画像だが、
手前にあるポールに蛇口がついていて、
そのてっぺんに付いている
ダイヤルをを90度回すと、
宿や日帰り施設でも使用される、
新鮮な源泉が戴けるのダ!


俺の口から、これが何かは
今は具体的に言えないが、
詳しくはココを参考にしてくれ!!


今では「あのブログ」が閉鎖された為に
リンク切れになってしまったが、
以前、勝手にリンク貼られていたHPだ(^^)
今回は、そのお返しって事で…

↓↓茨城の温○蛇口一覧

http://ibadas.jimdo.com/%E3%81%82%E8%A1%8C/%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%90%E3%81%A1-%E6%B8%A9%E6%B3%89%E8%9B%87%E5%8F%A3/

↓↓ここの温○蛇口について

http://ibadas.jimdo.com/%E3%81%82%E8%A1%8C/%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%90%E3%81%A1-%E6%B8%A9%E6%B3%89%E8%9B%87%E5%8F%A3/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%94%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%90%E3%81%A1-%E5%A4%A7%E5%AD%90%E7%94%BA%E3%81%AE%E6%B8%A9%E6%B3%89%E8%9B%87%E5%8F%A3/?mobile=1
宿は自家源泉を持っている所も多いが、
小さい宿は、大体はこれを引いている。

これを汲んでいけば、自宅で名湯が味わえる。
是非ポリタンクを積んで、土産に持って帰ろう。

ちなみに、浴用水一覧は、その殆んどを
一番古いページに移動した。
古めのデーターだからねぇ…


因みに、
大子から塩原って、
下道で約1時間で行けちゃうんで、
塩原に行くついでに、
ちょっとだけ遠回りして寄るのも面白いですな。。。


軍鶏カレーと軍鶏天蕎麦の個人的評価

鶏2匹イヌ2匹
このあたりではリーズナブルな方だね

滝と風呂と、土産用こんにゃく込みで、
トータルでこの評価に。
まさに、初心者用の奥久慈体験コースって事で…


今回は、過去に何回か行った時の事をまとめた記事。
次回から、今回アド街で見た場所を
後追いして攻略してみましょう。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

沼津から富士宮に向う途中、
土産モノの物色とトイレ休憩を兼ね、
富士市内のスーパーに立ち寄る。


観光客をバカにした様な
「ボッタ価格」の土産モノ屋よりも、
地元に根付いているスーパーの方が、
その土地らしいモノを安価に買えたりするのだ(^^)

地元で食べられているもの=真の郷土料理だからね…


それに、ジモティの生活観も分かりやすく、
異文化に触れられるチャンスでもある。

20160715_111612



ここのスーパーは、寄って正解だった。
相模湾から伊豆にかけて採れる魚「しいら」は
まず東関東ではお目にかかれない。
旅の最終日だったら、絶対に買っていただろう。


20160715_111823



ジモティがよく買っていた「がんもどき」

片方は甘口のがんもどき。
まぁ、黒糖稲荷のアレンジだね。
こいつは、甘さと旨みが絶妙にマッチ
静岡おでんの新な名物具材になるかも…

これはオヤツ用に購入し、
車の中で喰った(^^)
具だくさんで、ジュワッと甘みが(^^)


他には、静岡の地酒コーナーで日本酒をGET

前回書いたが
静岡の日本酒はハズレが無く、
どれを買っても間違いが無いらしい。
これは義父への土産だね…
山梨の地酒とツインで持って行こう。


ここに寄ったのは、
7月盆の最中であった為か、
生花・造花コーナーには、
他所では考えられないモノが売っていた…


それは、
墓石の後で見掛ける、コレだ( ̄▽ ̄;)

20160715_114329


普通なら、法事法要の際に寺に頼むと
大体1本3000円から、
下手すりゃボッタ系の寺なら10000円弱するが、
ここでは100円チョイ( ̄▽ ̄;)


ただ、これは法事法要で立てる塔婆とは違い
お供えの花の後に添えて、
名刺がわりに使うものらしい。
つまり、塔婆であって塔婆では無いのだ。
サイズも普通の塔婆の1/4程度しかない。。

よって、
坊さんがお盆の塔婆で得られる食い扶持が
失われる事は無いようだね




正式名は、花立塔婆というらしく、
静岡東部特有のモノだそうな。

http://en-park.net/words/7817

こういう異文化に触れられる事こそ、
旅の醍醐味の1つといえると思う。


さてさて、次回は富士宮市内に
あるB級グルメを求めて潜入しましょう。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

前回と話が前後するが、
海老名サービスエリア下り線には、


昔ながらの
ヤンキーで族ッキーなツッパリ風のコスプレ??と、
マー油で有名な、あの店の「あの麺」が食えるようだ。

ちなみにSAにある、この店自体はヤンキーでは無い(^^)
あくまでヤンキーな店の商品を
提携して出しているだけ。。。

(パートのオバチャンも、
クルクルパーマで長いスカート引きずって、
閣下みたいな化粧して、
昔のレディースの格好してりゃ
それはそれで面白いかもしれないが…)


以前に系列店で食ったが、
クリーミーで濃厚な豚骨醤油??と、
柔らかく、燻された様な味のチャーシュー…
そして黒く焦げた様なマー油のコンビネーションが、
堪らなかったなぁ~((´∇`)))
家系ほど、くどい味じゃないし…
俺が今まで食った中では、ベスト3に入るわな…


スープとか自慢のマー油は、
ホンモノの店から運んでくるのかな??
どうなんだろ??

20160714_135201-1


俺は本来、この手のモノは大好きではあるが、
さすがに30度を越える暑さで熱いモノは喰えない…
中性脂肪も心配だし

それに、茅ヶ崎市にある激安海鮮丼の店に行こうとしたし、以前系列店で食べた事あるし、、、


…という訳で残念ながら
今回は見送る事になった(T-T)

今年か来年頭に箱根行くんで、
その時に再チャレンジかな??


その後、前回の記事にとりあげた
激安・激ウマ回転寿司を食った後、

ちょに~らいでんの過去の人格の
欲求不満を解消すべく、
目当てのブツをGETしに、鶴巻温泉駅近くの某所へ…


事前に駐車場が有料だと知り合いに聞いていたので
Googlemapにて無料駐車場を探してはいたが、

そんな都合の良いモノは無く、
時間も押していたし
探すのはムダっぽかったんで、
仕方なく150円払って有料駐車場に停めた。


今回は、諸々の事情により、
入浴は無しなんで、
まずは、足湯を味わう事に…

20160714_153939


チョイ塩素が強いのはシャアないね。足湯だから。

20160714_152956

ご丁寧に、足洗場もある。


で、今回の本命はコレ
↓↓
20160714_152554


20160714_152558


これが何かは、マニアには失礼だから
あえて書かない…(´д`|||)
蛇口から持ち帰り可能なモノだ。
俗にいう温○水ってヤツだ。


ボトルに入れたら結構泡立ちがありました。
しょっぱさは、僅かかな。

立札の内容に従い、
俺と手羽先紅葉サマ
そして俺らに依頼してきた某夫婦の分、
計四人分戴いた( ̄▽ ̄;)
↑↑
(オイオイオイ…何しとんねん(°Д°)…)


んな訳で、サッサと退散。。。。゛(ノ‥)ノ


足湯だけでも、暑さはハンパねぇ~(°Д°)
汗だくダ~



そうそう、マニアックな事はこれくらいにして、
ボチボチ本題に戻らないと、
客足が逃げちまう…(^^;

冒頭の「ヤンキーなモノ」があるのは、
SAのココのコーナーね
↓↓
20160714_135222

チョイとピンぼけだが、
他にも色んな麺類があるよ。

フードコートだから、二人でシェアも可能。

ここでトンコツマー油ラーメン@920円を食って
鶴巻温泉に入浴したり
湘南の海を見たりして小腹を空かせてから、
帰りにあの回転寿司に行くのも良いかもね。。。





バナーを貼っただけで
見た目だけは、
いっちょまえのブログに早変わりだぁっ!!!

なんつって~♪(о´∀`о)ノ
↓↓↓


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ