関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:B級グルメ

俺が、関西の肉そばが好きな事は、
以前記事にした。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/16448393.html

関東に比べるとだだっ辛い醤油の味が薄くて出汁と塩分が効いた蕎麦に、
それに牛丼屋の牛丼から玉ねぎを減らした様な具がマウントされている。

ちなみに関東では、肉そばと言えば豚肉な訳で、
似ても似つかない味だ。。。


という訳で、
関東では関西の肉そばを食えないので、
とうの昔に諦めて、忘れ去っていた。
(都内なら食べられる店もあって、単に俺が知らないだけかもしれないが)





で、買い出しのついでにAEON船橋に寄り、
とりあえずはフードコートで腹を満たそうとして、
久々に覗いてみたら、
新店が出来ているじゃないの、、、!!( ; ロ)゚ ゚


20190514_140730



肉まる商店は、『焼肉 でん』を中心とした、肉の卸売り『ゼンショク』チェーンの1つだが、主に関西で展開しているようだね

http://nikumarushoten.com


肉まる商店は、焼肉の丼を提供している、ファーストフード担当部門ようですな、、、


さすが卸問屋らしい演出。。。
ケースにも美味そうな肉が鎮座されておる、、、


20190514_140649


まぁ、これなら間違いはなさそうだ。

あまり高価なモノは食えないのだが、
どんなもんかと思い、
チョッちメニューを覗いてみると、、、

20190514_140641


カルビ丼、590円かぁ、、、


さらによくメニューを見てみたら、、、


ん、( ロ_ロ)ゞ…

こ、これは、、、😲

20190514_175339



何と、肉そばがあるぢゃないか!!( ; ロ)゚ ゚     

その隣には、関西名物『肉すい』があるようだ。

お吸い物だから、出汁はきっと関西風だな、、、

これはもしかして、、、期待出来るんじゃないか⁉


うちらはカルビ丼と肉そばを1つずつオーダー、
カルビ丼のタレは旨辛ダレにする。

待つこと5分

いよいよ御対麺である、、、


20190514_141203



うん、
青ネギタップリ、薄い出汁、、、
ビジュアルはまさしく、関西の肉そばそのモノだ


だが、
玉子を抜いてもらうのを忘れてしまった
なんたる不覚(--;)    



俺も手羽先紅葉サマも、月見そば嫌いなのよ、、、


取り皿2つ貰ったんで、そこに浮いている玉子をどうにか移したが、白身が少し残ってしまった、、、😭

ま、これくらいはシャアない、、、許容範囲。


早速実食だ\(^^)/


20190514_141320


そばは普通の蕎麦なので期待はしていないが、
出汁は関西の薄くて出汁の効いた味だ、、、
牛肉を煮込んだものがタレ毎この出汁に合わさり、
なんとも言えない味になる、、、


うまい。。。
うますぎる。。。🤤


あっという間に平らげてしまった😅




で、方や余った生卵は、
カルビ丼の半分に混ぜてしまった、、、

カルビの旨辛タレは、コチュジャンが効いていて、結構濃厚だったので、玉子との相性も良かった。

肉は普通のアメリカ産バラ肉だけど、少し赤身が強い部分をセレクトしてあるようで、なかなかジューシーにいただけた。



20190514_141513


肉そばもカルビ丼も590円とやや高めだが、
これだけ楽しませてもらったから善しとしましょ😋


また肉そば食べたくなったら来よう。。。
次は玉子抜きで、、、





さて、ここからは余談。。。

帰りに、リサイクルショップを覗いてみたら、、、

20190514_175221


俺が前持っていたのと、
同じモデルが売っていた!!( ; ロ)゚ ゚


まさしく昔のカノジョと出会ったような感じだ。


そこそこ使い勝手は良いギターだったが、
ネックが広くて薄いタイプで、しかもロングスケール

テレキャスの割には音が枯れずに、ジャガジャガとした音が出ない。
しかも歪ませると、ペケペケした音の割には低音暴れる傾向にあったので、途中から俺とあまり相性が合わなくなり、、、

レスポールスペシャル購入の際の下取りとして、
1年半で手放してしまった😓


あ、ちなみに俺が一番弾きやすいと思ったギターは
かつてグレコから出していたSGの中山加奈子モデル

そして、グレコの廉価ブランドとして販売していた、
ウエスタンスターというブランドの、
ミディアムスケールのテレキャスターモデルだ。


これらが世に出回っていたなら、
初心者がギターを挫折する数がおおよそ半減していただろう。

弾きにくいギターで挫折した人でも、
こうした弾きやすいギターを持てば、
ちゃんと音が出るケースが目立つ。

不思議なことに、一度弾けるようになってしまえば、
元の挫折したギターを弾いても、ちゃんと弾けるようになっている野田よ、、、

ギターとの出会いは、
まさに人との出会いと同じなんだよね。。。

ここ近年、
TVなどの影響からか、
地方にしか無いご当地チェーンが脚光を浴びているようですな、、、


先日のGW10連休の際、
わざわざ関西から、静岡の有名ご当地チェーンの『さわやか』に行き、
5時間以上並んで食べたという強者カップルがいた事をニュースで見た。


スゲぇ根性だ!!(⊃ ⊃)≡゚ ゚


俺はとてもココまでは出来ないが
ジモティのソウルフードを味わうには、
ご当地チェーンを追っていくのが一番簡単だ。


先述のさわやか、
静岡&愛知の寿がきや、
群馬(極一部栃木&長野&埼玉)の、おおぎやラーメンなどがその代表格。
いずれも現地行かなきゃ食えない。


そして、今回紹介する、
和食レストランチェーン「まるまつ」も、
その1つである。




このまるまつは、
宮城を中心とし、
東北地方全体を多店舗チェーン展開している。

普通なら東北のチェーンなんて、行ける訳もなく諦めるのだが、
一部は栃木県内、茨城の西部にも出店しているので、
関東民がギリギリ行ける距離なのだ、、、




main_img-1


まるまつに関しては、
以前は茨城県内の一部でも見掛けた。

特に、ひたち野うしく駅近くにあった店には、
10数年前に約1年半程、
月2回位のペースで、よく利用させてもらったなぁ…

多分、南関東に一番近い店舗は、ここだったかと…



当時、夕食は3日に一度は外食。
しかも俺が二人分出さなきゃならなかったので、
立地とコスパの良いこの店には救われた。


今思えば、東北にしか無い店を関東で利用出来る、
貴重な店だった。
食ったモノ、写真に納めときゃよかったな…


1803grand_menu_007-2



1803grand_menu_009-1


価格帯は、大手に比べて少し安め。
全体的にコスパは良いほうかと。。。

少食の時には、
この辺のミニそばとミニ丼には、随分と世話になった。


東北チェーンの店だけど、
味付けは思った程塩辛くは無かった。
酢メシも普通に美味かった。

天ぷらも揚げたて、カリッとしていたし…
お値段以上だったなぁ…


あの頃が懐かしい…
俺にとって、ここで飯食った日々は、
大事な時間であった(^^)

だが、今はその店はおろか、
茨城県からは総和店を除き、全て撤退してしまった。


今後もし再び、日光や塩原などの温泉旅に行けるようになったら、
宇都宮あたりで懐かしみながら食べようか…


(画像はHPより)

まるまつのHP
↓↓
http://www.re-marumatu.co.jp/marumatsu/menu.html



さて、こんな下書きをしていたら、
今回、栃木に出かける機会が出来たので、
早速まるまつをプランに入れてみる事にした。


結城の店も無くなっていたので、
小山犬塚店に寄ってみよう。。。

20190517_125858


ランチでは、以前うちらが食べていた半そば+半丼のセットに、茶碗蒸し+サラダが付いているセットが格安で食べられるようだ。

20190517_130012


とりあえずうちらは、
ネギトロ丼と温かい蕎麦のセット@580円と、
寿司3貫が着いたセット@480円で、、、、

20190517_131049



まるまつの蕎麦は、
温かい方が美味。
辛い感じではなく、何となく優しい味だ。

20190517_131032


まるまつの茶碗蒸しは、
玉子豆腐然としたタイプではなく、手作りみたいな味
これは食べてみて欲しい。


最近は、仙台名物でもある、
ハラコメシをメニューに入れているので、
より東北の味を身近に味わえるかな、、、


20190808_094054







とりあえずは、
まだまだ狙わなきゃならない品々がある。
まるまつで腹一杯になる訳にはいかぬ野田よ、、、

なので少な目の飯で
更に安いなら大助かり。
ちなみに腹一杯食べたいならメニュー追加しても安価で済むから助かるかと思う。


さて、宇都宮を再攻略だ(`Д´)ノ!!!

三番瀬みなとやに行った後、
目的地のIKEAに、、、


IKEAの今回のシーフードフェアは6月23日まで。
今回はコレが目当てでIKEAに行った野田、、、


ちなみに、
この手のフェアは年何回かやっているので、
気になった方は行かれるとよいかと。

今回はコチラ、、、

20190613_133654


ミッドサマープレート@499円


20190613_134932


サーモン1枚半に、
ニシンの酢浸け二種、
サワークリームとサーモンソース付き。
クリスビータイプのパンに載せてたべる。

ニシンは癖がある味。酸味も強い。
サッパリとした、夏向けの組み合わせだ。

20190613_135302


黒いのは、キャビアの代用品らしいね、、、

キャビアは俺みたいな凡Bには無縁だから、
食った事無いけど、ホンモノと似ているのかな⁉️

他にはパン二枚に、
お馴染みのミートボールという組み合わせ。


ドリンクバーを2つつける。
20190613_134923


本当はコレをアテに、
ワイン行きたいのだが🍷
車なのでググッと我慢だ😣





IKEAから帰った後、
先程三番瀬みなとやさんで買った青鯵を、
早速調理。。。

20190613_181939

しゃもじよりデカイ


船の上で〆て、しかも内臓まで取り除いてある。
まさにいい仕事だ、、、
丁寧すぎるのでビックリ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

20190613_182019



こうして、お値段以上を求める姿勢、
感謝感激や。。。


青鯵は、真鯵や他の魚に比べて価値は落ちるが、
こうして丁寧に処理することにより、
味や価値は、数倍に上がるのだ。。

なんせ、船の上で〆るのは、船に乗っている漁師にしか出来ないことだからね、、、

さすがに鮮度は申し分ない。

俺は魚下ろすのは下手だが、三枚に下ろして骨についた身は、なめろうに回す。


余った骨は唐揚げというのはお約束、、、

20190613_202155

相変わらずグロい料理で申し訳ない😓


肝心の味だけど、語るまでも無い、、、
身はプリプリ、臭みは全く無い。。。

当日付刺身にしたのは半身だけ。
残りは明日楽しんだ。


という訳で、海の幸を堪能した1日でありました‼





三番瀬みなとやさんは、
最近は現地で食べられるメニューが増えている。

それって、
元々それだけの需要があったってことかと…かと。


ここ10年間は定年退職者が増えるので、
平日昼間の来客数も僅かながら見込めるだろう。

お客さんが増えたら、次は品揃えの拡大や、イートインコーナーを設けて欲しいという要望も当然出るだろうし、
そうなると、増築も視野に入れざるを得なくなるだろう。
その費用を回収する為には客単価を上げなきゃならないし、一品でも多く買ってもらう為に、当然置くアイテムも増えていく筈。
究極的には、海洋拠点を兼ねた海の駅化してもおかしくはない。


こうなると、
もっと賑わうようになるのは必然的。
昨今の道の駅ブームを見る限り、それは明らかだ。

弱点と言えば、船橋市街地は渋滞が激し事が嫌われ、そして駐車場用の土地があまり無い為に、車での来客数にハンデがある事だが、
元々のポテンシャルは高く、その気になれば伸び代は十分持っていると思う。


だが、この地には、他所には無いトラウマがある。

かつて存在した湊町市場を、後継者不足や施設の老朽化、そして激しい価格競争に勝てず、衰退して無くしてしまったという苦い過去があるのだ、、、

だからこそ、TV等の取材こそ沢山あれど、あえて直売所を大きくせず、申し訳程度の規模に抑えてきたのだと感じている。


が、先程書いたように、近年は道の駅をはじめ直売所がブームだ。
現に道の駅いちかわ、しょうなん、やちよ共に、平日でも結構な賑わいを見せている。

特に道の駅いちかわは、行徳漁港で水揚げされた海産物を使ったお弁当を販売しており、見る限りはソコソコ売れている様だ。


50代から上のお客さんは、多少価格は高かろうが、鮮度を求めて、多少不便でも買い物にやってくる。
しかも漁港にあるロケーションだけで、心理的効果は絶大かと感じている。

船橋公設市場は、海の幸は朝早くに殆ど売り切れてしまうし、やはりウチら一般市民には敷居は高い。
そこに直売所の存在意義があるかと。。。


市内飲食店とのパワーバランスもあるだろうが、
後はどこまで船橋市が本気を出し、協力するか…
だね…

船橋の『観光』の海鮮部門に関しては、
ここみなとやさんの成功にかかっている、、、と思っております。
これからの更なる飛躍に期待しております。

最近、livedoorブログを開くと、
変なR18な画面が出てきます、、、

エラい迷惑だ(>д<)ノ

バックで戻るのではなく、
すぐに画面をスワイプしましょう。


さて、本題‼️

先日、チョイとだけ出掛けたついでに飲んできたが、
長い時間電車に乗っていたら、地元に着いた頃には酔いが醒めてしまった。

家に着く前に、もう少しだけ飲みたい、、、

って事で、以前から気になっていた、
吉野家の吉呑みってヤツを体験することにした。

20190126_210658


お値段、マズマズ
仕上げには良いかな、、、


ウーロンハイは、なかなかの濃さ😓
強烈だった。。。

で、以前から気になっていた
『だしまかず』をオーダー
20190126_212749


これは、牛丼用のタレ??
薄い出汁を混ぜた卵焼きだった。

なんか、蕎麦屋で出てきそうだな、、、


肉豆腐は、牛皿とは全く違っう、濃く辛い味わい。
ネギタップリ!!( ; ロ)゚ ゚
結構濃い味付けだった、、、

明太子入りのポテトサラダは、
明太子がタップリと入っていてビックリ!!( ; ロ)゚ ゚

20190126_212712


今回はあくまでお試しだったので
そのうちまた行ってみようかな、、、

最後に牛丼食べられる腹は残しておかなきゃな、、、


吉野家といえば、
蕎麦もメニューにある『青い吉野家』もあるけど、
そこで吉呑みをやっているなら、
だしまかずや牛皿をツマミに、
最後蕎麦で〆るのも面白いかもしれないね、、、





Yahoo!ブログの閉鎖だが、
ブログを写真の書庫代わりに使っている身からすれば
他人事では無い危機感を覚える、、、

やっぱ高いSDカード買って、アップした画像を逆にダウンロードしとかなきゃダメだな、、、

アップした画像は消してしまっているし、、、

長野に行った時に毎回利用させていただいていた
長野のローカルチェーンスーパーのマツヤさんは、
数年前に吸収合併されたようだね。


他の店名に名を変えており、
当然ながら、軽井沢町内のこの店舗も大幅に改装されていた。


行けば分かるとは思うケド、
一応、店の名は伏せます。


20181029_215347



ま、会社は変わっても
長野のローカルフードをゲット出来る事には変わりはない。。。

20181029_215459


ここでは、
軽井沢の地ビールに、信州ハムのももハム、
おやきやらをゲット

デザートのリンゴは秋映じゃなく、
長野ゴールドで。。。

会社が変わっても、
地酒が豊富なのは相変わらず。
20181029_215315



軽井沢町は、宿が高いので俺には無縁😭
泊まれる人は、俺から見たらセレブだ。

俺の今回の予算は総額30000円チョイ…
当然泊まれる場所は限られる。


軽井沢では、
どんなに安くても、2人で9000円以上
佐久でも8000円掛かる。
御代田から西にある某地域などに泊まれば、その半額以下で済むからね。。。
これは助かる。


どんな宿かはバレバレだから書くけど、

この宿では、
「時間の止まったジオン公国並」の
古いポスターが貼ってあるのを発見

20181029_211529



レトロやなぁ( ゚Д゚)

コレ間違いなく、
横軽廃止前から貼ってあるだろ、、、!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

ある意味、お宝だな。。。
この保存状態にはビックリだ😓




ま、それはともかく😅
今夜の収穫

20181025_202442


長野といえば、馬刺だな。。。

店にはソースカツ丼もあったけど、今回は見送り。

木曽から群馬にかけては、
カツ丼はソースの文化だそうで、高崎あたりから東側で玉子とじタイプのカツ丼が増えていくみたいだ。



長野なら、野沢菜は欠かせないな。。。
運よく値引き品があり、
100円チョイで買えたのはラッキー

地元スーパーならではだね。。
土産モノ屋じゃこうは行かぬから。。。



地酒三種類のテイスティング
長野のスーパーに置いてある地酒は、
どのサイズも何故か紙パックが多いのが特徴だ。

20181025_203902


当たり前にサラッとこうしたモノが店頭に並ぶ事自体
長野が日本酒王国であるとう一面を垣間見ることが出来る。
七笑は少しクセがあるが、味噌には合いそうだな。
千曲川は飲みやすい。ピリピリした辛味と雑味がない

長野限定のカップ麺もゲット( ´∀`)
土産に購入した。。。

さて、明日は9時には出ないと。。。
早く寝る💤

↑このページのトップヘ