関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:B級ご当地グルメ

さて、海野宿まで来たら、折角だから上田あたりまでは脚を延ばしたい。


って事で向かうは、
以前から気になっていた温泉を汲める施設。

正式な名をここに書くのは控えるが、
マニアには有名な場所らしい。


向かう途中、山の崖が豚の鼻に見える場所を発見

20181026_130258


うーん
どこからどう観ても豚鼻だな。。。🐽
ま、地面に埋もれたハリネズミにも見えなくはない

正確には、ここは岩鼻と呼ばれている、ちょっとした名所になっているようだ。


今回の目当ての場所は、この岩鼻の下にあるトンネルをくぐった場所にある。

トンネルを出て、
R18を左折し、
県道に入ると、お目当ての看板が出現👀
20181026_122331


いよいよ御対麺である。。。

20181026_122110



一見、フェンスがあるので汲め無さそうたったが、
扉には鍵とかはかかっておらず、
まさにご自由にどうぞ状態。
採取禁止の札とかも書いてないし、、、


折角千葉県からはるばるここまで来たんだ!!
ここは少しだけサンプルをば、、、

コックを捻ると、かなり硫化水素の匂いのする鉱泉水が流れてくる。
微量に塩分を含む良質な冷鉱泉だ。




長野では、
20L10円程度で、硫化水素を含む良質な温かい温泉を汲める温泉スタンドは何ヵ所もあるし、
この手の冷鉱泉は、
ジモティーには誰にも見向きされないのかも、、、

箱根も山梨もそうだったけど、
有人式の温スタは、最初の冷たい部分は棄てて、温かい温泉水になってからタンクに汲む傾向にある。

泉質の良いのは当たり前で、温度を重視する傾向にあるように思えるのは、俺だけだろうか…⁉️


仮にこのクラスの鉱泉が千葉&茨城&埼玉にあったら
マニアの間でエラい騒ぎになる筈だけど、
この手のモノがヒッソリあること自体、
いかにもレベルの高い長野県らしい。。。



さて、この後、
近くにある「道の駅道と川交流センター」に向かう。

20181026_122905



ここに来たのは、
坂城地区のご当地フード、
おしぼりうどんを味わう為だったが、、、


毎度お馴染みの

20181029_132857


品切れ( 。゚Д゚。)

何でいつもこうなんだよ。・゜・(ノД`)・゜・。
わざわざ千葉から来たのに、このザマだ、、、



ここのうどんや蕎麦も美味いらしいが、
先ほど蕎麦食ったばかりなのでキャンセル

ほかに何か無いか見てみたが、

面白いモノを発見した

20181026_124454


小馬鹿バーガー400円
馬鹿バーガー500円
大馬鹿バーガー600円の三種類。

小馬鹿と普通の馬鹿の違いは、
スライストマトの有無。
大馬鹿は、パテが倍らしい。

尚、いずれもドリンク付きだ。

ウチらは、自分達の脳ミソの重さを勘案し、
普通の馬鹿をオーダー(^^)

ネーミングは、ウマシカバーガーというらしいが、

お姉さんの注文コールは、


『バカ1つ入ります!!』

じゃあなんだ、
トマト無しのウマシカバーガーなら、
『小バカ一丁!!』とでも言われるのか⁉️

注文した方、やたらこっ恥ずかしいぞ(*ノ▽ノ)


ま、何はともあれ
待つこと10分


20181026_125321



馬鹿登場!!

バンズはややモッチリとしている。
80gのパテは、思ったより大きめ。

専用ソースがしたたるので、食べる時に手や衣服を汚さない様に要注意だな、、、

20181026_125334


馬肉と鹿肉らしい、やや鉄分多めの野趣ある味わい
臭みはあまり無い。
トマト系ソースで臭みを中和している。

これなら、照り焼き味でも合いそう。
開発してくれないかなぁ。。。


道の駅 上田 道と川交流センター
↓↓
http://www.otoginosato.jp/news/news1438/

千葉の柏には、
かつて、惜しまれながら閉店した名店のカレー屋があった。

その名はボンベイ

その店の常連さんの1人が、この無くなったカレーの復活に情熱を注ぎ
伝統の味を復活させることに成功した事は、何度もTVで取り上げられた有名な話。


そのボンベイのサテライト店が、
柏駅東口のファミリ柏の3階にあるフードコートに出店している。

20180523_181351


このビルだ。駅の真ん前。
フードコートは同じ買いだから分かりやすいかと。

20180523_180106


お~
あったあった( ロ_ロ)ゞ!!!


20180523_180248


日替わりカレー540円。
早速、イートインコーナーでいただきましょう。

20180523_180447




辛さはそれほどでもなかった。

かなりサラサラ。スープカレーみたいな感じかな。
玉ねぎが多め。。。
薬膳カレーみたいな味を想像していたので、
イメージとは違ったが、これはこれで美味い。
香りは独特だね。。。

20180523_180538


機会あったら、次はホンモノ行ってみたいなぁ✨

以前から気になっていたが、なかなか買えなかった
名物B級グルメ
「東松山のヤキトリ」
を求めて市街地を徘徊していた。



ネットで検索すると色々な店が出てくるが…
市街地なので、どこも駐車場に不安がある。

駅前に行ってみると、
ロータリーの駐車場は、何と20分無料!!

20170223_113335


さあ、制限時間20分で店探して買うべし!!


…と、意気込んでいたが、

何と、やきとり店は駅の真ん前にあった!!

これには思わずズッコケた((((ヽ(;^^)/
まぁ、ついている時はこんなモノだ(^^)

20170223_113321


しかも有名店であり、テイクアウト可能
これは行くしなない!!

20170223_113553


店の方に、
一番東松山らしいヤキトリを聞いたら、
豚のカシラだよと即答された!!
(↑↑まぁ、当たり前だが、ただの焼き鳥やだったら嫌だから、一応念の為聞いてみた(^^)…)


他にオーソドックスな鶏もも串も注文した。
共に1本160円+税

20170223_114237


豚のカシラは、ネギマになっている。
これに秘伝の味噌タレを付けて食べるのが東松山流。

ピリ辛の味噌タレは、肉の旨味を引き出す(^^)


20170223_113648


もっと買って持ち帰り、
自宅でビールと共に味わえばヨカッタと後悔した。
この味は、ビールに合う事間違いなし♪

もも串も、非常にジューシーで
濃厚な味だった。



この後、休憩を兼ね川越に寄る。

「時の鐘」は、
見事復活していた。
↑↑
(失礼しました。コメントにあった様に、
火事になったのは菓子横町で、時の鐘は無事だったそうです…前行った時に覆われていたので、焼けて修復しているのだとばかり思っていました( ̄▽ ̄;))

20170224_152650


駐車場は、蓮馨寺の前にある横断歩道を渡り、
まっすぐ2~3分程歩いた場所に
平日一時間200円の安価な場所があった。
川越なのに他所の半額以下の駐車料金は助かる。


20170224_152600

川越の蔵や建築物は、
確かに1つ1つが重厚でいい雰囲気だが、
何故か内装が大幅に近代化されてしまっている場所が多すぎる。

折角の建築物を生かせていない感じがする。
これを残念だと思うのは俺だけだろうか??

俺なら金払ってでも、
古いままの蔵の中に入って
江戸を感じてみたいのだが…( ̄▽ ̄;)

時の鐘入口交差点より北にある施設では、
それらしいものが期間限定で公開されてるみたいだね…
今度行ってみよう。
↓↓
http://www.kawagoe.com/kzs/




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ


それはそうと、
僅か開設1ヶ月、記事が10程の某麺類のブログが
いきなり40位前後にランクインしとる…(/ロ゜)/

羨まし過ぎる~(^q^)

月1500人を目標としながら、
なかなか順位が上がらず常に悪戦苦闘して、
ランキングの僅かな上げ下げに一喜一憂している、
俺みたいな底辺の家畜とは違うね…

駄馬と良血のサラブレッド位の違いがあるなぁ~(T_T)


↑このページのトップヘ