関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:静岡B級グルメ

もう18きっぷは使い切ってしまったので、
金券ショップで熱海までの回数券を購入。
1人1270円(増税前)だった。

セノバからJR静岡駅迄地上を歩いていると金券ショップがあるし、昨日に地下道で静岡駅から紺屋町に向かう途中にも発見したので、ロストする事はまず無いかと思う。






少し時間があったので、
静岡駅ビルの1階にて、18きっぷ民が旅に使えそうな店が無いか、ちょっくら偵察してみよう( ロ_ロ)ゞ!!

例え食わなくとも、どんな店があるか記録して紹介おくのは、情報発信系グルメブロガーとして重要なミッションだと思う。
20190824_135653


おっ👀‼️
少し画像がブレブレだが、
おまかせ海鮮丼880円なんてモノを発見❗

値段もリーズナブルだし、
もし次行く機会があった時には狙うか…

後で調べてみたら、
ここは静岡のご当地チェーンのようで、地魚が食えるらしい。この立ち食いコーナーは、少し安目の値段設定みたいだ。
18きっぷ使用者で、さわやかが時間的に難しいなら、ここに切り替えるのもアリかと…
↓↓
http://www.uogashizushi.co.jp/shop/m-shop/asty_shizuoka/



さて、本当は清水に寄りたかったのだが、
満腹だし時間も無い。清水~熱海の回数券が静岡の金券ショップにも無かったし、早々に諦める。

静岡から熱海迄一気に移動。3時過チョイぎに到着❗

20190823_164112



行きに見掛けた『熱海そば』も気になるが、
腹はまだ空いていない。

まずは足湯に浸かった後、
駅ビルやその周辺を散策。

20190824_155027



浜に降りる坂道の途中に、目を引く店が、、、👀

20190823_170208


生しらす丼、980円かぁ、、、

熱海にも、それなりにリーズナブルな食堂があるんだなぁ…と、感心して見入ってしまった。

相場的には、駅前より坂を下った方が安いのかな⁉️



以前は坂を下りる途中に、
相模湾名物・アジの干物の規格外品を50円で買えるスーパーがあったが、
影も形も無くなっていた( 。゚Д゚。)

まぁ10年も経てば、
無くなっていても不思議じゃないわな、、、

これはマジで美味かった( ̄¬ ̄)

いつかは温泉付きマンションタイプの格安コテージに泊まって、朝飯にコレ焼いて食ってみたかったのだがそれは叶わぬ夢となってしまった、、、😭





とりあえず浜まで降り、散策。
帰りに坂登るのが大変そうだが、、、

20190824_163105


気になって現地でググってみたが、
熱海には、今はスーパーが1軒しか無いらしい。

余計なお世話だが、
ここらに住んでいる方々は、
普段何食ってんだ(´・ω・`)?
と、心配してみたりして、、、😧



さて、カロリー消費のため坂を登り、
いい汗かいた後は、
熱海の駅前銭湯へ
20190824_175149


ここは以前、旅の締めくくりによく寄った場所だ。
通算5回位行ったかな⁉️


今も昔と変わらず、500円。

では、入口だけ

20190826_224347


休むスペースも無いけど、熱海の相場を考えたら安い

塩辛さは、大分無くなったな、、、
磯の香りが僅かにする。


浴室を写す訳にはいかないのが残念。
公衆浴場らしい、簡素な造りだが
それがまた良い‼️



こういう公衆浴場は、お局ジモティが居るケースがあるので、女性は要注意。

まぁ、どこの蛇口は誰専用だから使っちゃダメとか、
そのくせ身体を洗わずに湯船に浸かるな、、、とか、
港区麻○にある某銭湯みたいな、無茶苦茶理不尽な因縁を付けられる事は無い。。。


が、身体を洗わなきゃジモに怒られるケースがあるので、マナーとして石鹸位は持参しときましょう😧

(俺はこれが温泉を嫌いになった1つの理由なんだけどね、、、身体は余程汚れていなければ、十分なかけ湯をすればいい。
身体を流すのはレジオネラ対策だからね、、、ましては掛け流しの風呂ならレジオネラのリスクはあまり無いし、科学的根拠は無い。中にはかけ湯禁止なんて無茶苦茶危険なローカルルールのある温泉浴場もあるし…無知は恐ろしい)


話は大分それたが、
ここで約1時間近く入浴し、

その足で駅構内を散策。



3年前に開業した熱海駅ビルの3階には、
幾つかレストランが入っているが、
やっぱ観光地価格。。。俺には用無しだったが、

その中で1ヵ所惹かれる店が、、、
20190823_171825


ややっ( ロ_ロ)ゞ
浜松餃子じゃないか🥟🥟🥟


静岡最西端の名物B級グルメを、最東端の熱海で食えるのは、いいネタになりそうだ。

ギョービーも牽かれたが、
まだまだクリア出来る程空腹じゃないし、
それに予算もかなりヤバイ‼️


って事で、ここはまたそのうちだな。。。

さて、次回でこのシリーズはラスト‼️

さて、
整理券ゲットが10時半過ぎで35組。
駿府城跡を1時間見学して、
ささわやかまで戻ってきた。

20190824_114700


呼ばれたのが12時10分。
いよいよ、あの『さわやか』に入店。

20190824_114615



宿のプランで、さわやかの500円お食事券が人数分ついてくるプラン。
計1000円分。ここで使わせていただきましょう。



さわやかは日祝及び指定日以外は、
土曜でもランチをやっているので、
レギュラー価格よりも安く食べられる野田‼️

20190824_113739


20190824_113757



手羽先紅葉サマには、
名物の『げんこつハンバーグ』@1188円をオーダーしてもらい、

俺は普通の『手作りハンバーグ』@853円だ
お互いに小腹がすいた程度だったのと、予算を少しでも抑える為だから、これ位で丁度良い。。。


実は大きさと付け合わせが違うだけだが、
げんこつハンバーグにはshow timeがある野田。


では、静岡らしく、
この決めセリフでご登場願いましょう(*´∀`*)ノ



さわやかハンバーグ、カモ━━━щ(゚ロ゚щ)━━━ン!!!
20190824_115030


まずは普通のハンバーグ、
コレだけでも、なかなかのボリュームだ。



そして、手羽先紅葉サマの前には、
あの、夢にまで見た
げんこつハンバーグ様が鎮座され、
店員のお嬢による解体showがはじまった‼️

20190826_080801

でっかいナイフで、ザクザクザク…20191031_231310

(ちげぇよ、、、このザクじゃ無いだろ💢💢↑↑)


20190826_080816

ペッタンペッタン



20190826_080830

ハイどうぞ



まずは普通のハンバーグ
ソースは、さわやかオススメのオニオンソースがかかっている。

中はミディアムレアって感じかな、、、

20190824_115131




そして、げんこつハンバーグ
普通のハンバーグ2つ分弱の大きさ。
約250gなんだそうな。。。
20190824_115039



こちらの方が、少し火は通っている。
20190824_115141


さわやかのハンバーグは、勿論ビーフ100%‼️
赤身の味が強く、歯ごたえもある。
結構ナツメグが効いております。

これはほぼ肉って言っても過言じゃない。
この歯ごたえは、つなぎが沢山入ってると出せない。


一体、正体は何だろう、、、❔

さわやかのHPや動画に、その秘密は隠されていた。
↓↓
https://www.genkotsu-hb.com/professhonal/brand/


HPによると、さわやかの牛肉はオーストラリア産で、さらに飼育の産地までも東部に指定しているのだとか

アンガス種の120日穀物肥育牛(グレインフェッド)は
オージービーフの中でも上級クラス。
本来ならステーキに使える部位も入れているらしく、
それを冷凍で輸入。まぁ冷凍の方が安全面だと無難だからね、、、

スパイスは当然企業秘密で、ここの部分の解説は当然無いが、ナツメグをベースに数種類か⁉️


肉汁はやや少な目、
咬んだ感じがハンバーグにしては歯応えの強い食感なので、『ハンバーグ版牛のタタキ』みたいなのを目指しているのだろうと感じた。



肉の部位は、動画見ていると、ランイチ、シルバーサイド(外モモ)のハバキ抜きが確認出来る。
ランイチのうちランプはステーキの部位なので、
ステーキ用の部位も使うというのはこの事だと思う

オージーの脂は臭みがあるので、大幅に取り除いているかな、、、
表面を火で炙り、削った部分は惜しげも無く捨て去って中身を使用。


まぁ、簡単に言えば、厚生労働省の牛ユッケのガイドラインに準じた衛生的な処理だ。




さて、肉のウンチクで話は長くなってしまったが、
お会計タイムだ\(^^)/

宿で付いてきた、さわやかの500円券2枚を使い、
現金は1041円で済んだ。

20190824_121307


そういゃあ、北関東にも、
フライングガーデンというチェーンが、
同じようなミディアムレアが売りにしているなぁ…

そのうち食べ比べてみるかぁ、、、

さて、翌日は寝坊して9時に起き、
ホテルの軽朝食で、軽く腹ごしらえ。。。

やばぃ、、、飯は9時半迄だ。。。
急がねば‼️🏃‍♂️




プラン見たら食事無しや素泊まりの記載があっても、
ビジネスホテル系は、こうした軽い朝ごはんの無料サービスを用意していてくれているケースも多々ある。


ありがたやありがたや🙇
なんまんだぶなんまんだぶ(・人・III)
では、いただきましょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ!!
20190824_085207


ドリンクバーで、暖かいスープも飲める。
20190824_090258


パンはこんな感じ。

オイオイヾ(--;)
さわやか行くのに、こんなに食っていいのかよ…😧


いえいえ、
作戦あるからコレでいいんですよ、、、👌

20190824_085431


ロビー脇の朝食スペース。
ビジホらしく、カウンター中心だね、、、

20190824_090155


一度部屋に戻り支度を整え、
10時にチェックアウト

まずは、さわやかセノバ店に速効行って、
整理券をゲットしなきゃならない。

20190824_100458


ここの5階に、
メディアでよく取り上げられているハンバーグ店
さわやかのセノバ新静岡店がある。

さわやかと言えば、待ち時間が長い事でも有名で、
今年のGWには御殿場店の8時間待ちが話題になった。

待ち時間チェックのページも設けられている。
↓↓
https://airwait.jp/WCSP/storeGroup/SGC7OxFeSm


さて、10時に整理券の配布開始、
11時開店。
最初の26組は11時入店が保証されているらしい。


さわやかの一番の混雑店は御殿場店だが、
このセノバ新静岡店もベスト4に入っている。

ロードサイド店の多いさわやかの中で、
JRの駅から徒歩10分以内に店舗を持っているのは、
御殿場店以外では、このセノバ新静岡店だけ。
(今年秋には浜松に新規開店するらしいが…)

なので簡単にはありつけない。
普通なら2~3時間待ちは当たり前なのだ。


電車旅行組にとっては、
選択肢はここしか無いのだから混雑するのは至極当然

ましてや18きっぷの期間内なら尚更だ。
移動距離を稼ぎたい18キッパーにとっては、
時間はかなり重要。ロスは防ぎたい。

ただ単にさわやかの食レポなら静岡ケンミンに任せておけばいいが、
電車旅行者目線で書く事は、余所者にしか出来ない。

って事で、旅行者向けの攻略方法を考えるのは、
俺にとって重要な『任務』でもあるのだ。



肝心な予約状態は、
18きっぷ期間中の土曜日10時10分時点ではこんな感じ。

20190824_100839


ここで整理券を取ると、11時入店になってしまう。
さすがに朝飯食って間も無い時間になるのは辛い。

で、20分位、現地の観察に時間を割くことにした。

どれくらいのペースで客が来るのか見ていたら、
これ以降は、1分間に1~2組のペースで予約がすすんでいく。
僅か7分後は、こんな感じ。
20190824_102130


もうちょいだな、、、

セノバの3階迄降りて、
何かフードコートに目ぼしいモノが無いか確認に行くが、ありきたりのモノしか無かった。
5分後、再び5階のさわやかに戻ってみると、、、

更に人数が増えていた。

20190824_102637


よし、ここらで一枚整理券ゲットだ。

更に5分後、さらにひどくなってきたので、あわててゲット


なんでこんな事をするかというと、
さわやかの整理券は時刻を過ぎると無効になってしまうので、万が一の為に二枚ゲットは必須だ。

あまりいい方法じゃないのは承知しているが、
こちらも背に腹は変えられない。
15~20分の誤差を修正出来る方法はこれしか無い。


だが、予約のキャンセルは迷惑にもなってしまうので
2枚貰ったら、不要な1枚は、速効でスマホサイトからキャンセルしたほうがいいね、、、

二枚目は、あくまで予備。なるべく一枚目に間に合わせたほうがいい。

とりあえずは、12時過ぎに戻ればいいでしょう。。。



自分の順番は、整理券のQRコードを読み取れば確認可能だ。



何故ここまでするのかって⁉️
それは待ち時間を有効に使いたいから。

上手く待ち時間を使って、ここから徒歩5分の場所にある、観光スポットを見学する為なのさ、、、

それがどこか、、、⁉️
続きはまた次回

先程の店で予算を使い果たしてしまったが、
後少しだけ飲んで食べたい(^q^)

でも疲れたので、あまり歩きたくは無いし、
静岡おでんと、緑茶ハイがあれば何でもいいや…

宿にチェックインし少し休んでから、
ホテル近くの激安店に向かう事にした。。。


このエリアの激安店といえば、
かぶら屋 静岡紺屋町店さん


静岡のブロガーさんのブログで
その存在を知った野田‼️

20190823_205634



かぶら屋は、最近都内を中心に、
小面積の店舗を中心に展開する、
激安居酒屋チェーンらしい。



『静岡まで来てチェーンかよ、、、、オマエ本当にB級グルメブロガーなの⁉️』
って声が聴こえて来そうだけど、、、、


…いやいやいや、ナメてはいけません。

刺身や静岡名物は無いけれど、
仕上げとして、
静岡タイプのおでんと緑茶ハイを飲むなら、
実はここでも十分なんです。。。



カウンター席の目の前で、
漆黒の出汁に漬け込まれ、
スタンバってる静岡おでんの数々(^q^)
20190823_210002



さて、
抹茶ハイ@298円
おでん各100円からは、
玉子×2、黒はんぺん×2、大根×1をオーダー


Every オーダー、
カモ━━━щ(゚ロ゚щ)━━━ン!!!
(↑↑だからコレ本人から苦情来るから止めれ‼)

20190823_210104


ここのは緑茶ハイではなく抹茶ハイと名乗っているが
店のお客様は八割がたコレを飲んでいた。

お客さんは全員が全員、旅行者って訳じゃ無いだろう

…という事は、静岡市民にも認められているって事だろうなぁ、、、



静岡の日本酒って、
マイナーながら外れは無いらしい。
よって、何飲んでも安心。

って訳で、日本酒も1杯飲んでおかないとね、、、

ここにあるのは、喜平という銘柄だった。
雑味も少なく、美味しい。


後、目立ったところでは、
静岡はどの居酒屋も例外無く、
焼き鳥を推しているのが異様に目についた。

看板には焼き鳥がデカデカと、、、( ロ_ロ)ゞ
静岡のジモな方々は、焼鳥好きが多いと見た‼️

もしかしたら隠れたソウルフードなのかもしれない。

後、餃子の店も幾つか目についたかな、、、


こういう下地があると、宇都宮餃子や高崎パスタの様なパターンで新しいご当地B級グルメ文化が興っても不思議じゃない。
なので、見逃す訳にはいかない。

せめてタンとモモ串は食べておくか、、、
ついでに牛肉コロッケも、、、


20190823_212055


抹茶ハイ×3、日本酒×1、
串焼き4本、おでん×5、コロッケ×1で、
約2400円。。。

安い‼安すぎる‼


やはり店内は、若いお客さんばかり、、、
俺が一番じじぃだった(--;)
場違い感、パネぇ感じだ。。。


メニューは、こんな感じ。
20190823_205750


20190823_205742


全店舗共通価格、
メニューも大体同じらしい。

逆いえば、
都内で静岡の雰囲気味わいたいなら、
かぶら屋行けば間違いないかもしれないな、、、

かぶら屋さんのサイト
↓↓
http://www.kaburaya.bz/shop/post-30/


さて、静岡編の前半は終わり。
幾つか他地区の記事を挟んで、
来週あたりに2日目の記事を書いていきます。

さて、伊東から熱海に戻って、
JR東海に乗り換え。


20190823_184131

313系見ると、遠く来た気がするんだよなぁ…

写真ブレブレだが、
20190823_174644

静岡県内は、関東在住の18きっぷ初心者が、関西や中部に向かう際に、
この切符を使う事への厳しさの洗礼を浴びる場所として有名である。


当然俺も例外ではなく、
負担を減らす為、行きは途中下車し、
静岡県内で必ず休憩を取るようにしていた。

(これって、下道を使い車で群馬に行く途中に埼玉を克服するパターンによく似ているなぁ、、、)

清水で寿司食ったり、
静岡市内の温泉や、焼津黒潮温泉、熱海の駅前温泉に寄って汗流したり、
そして観光は掛川城や新居の関所などに寄っていたなぁ…


帰りは浜松駅から徒歩1分の金券ショップに寄り、
静岡までの新幹線の回数券を買ってワープしたものだった。。。
あぁ、、、あの頃が懐かしいのぅ



13年振りに18きっぷを使ってこのエリアに来てみたが
近年は以前より更に輪をかけ移動環境は悪化して、
更なる難所と化したようだ。


なんせ4両から3両編成に短縮されたり、
混雑が激しくなっているという噂は本当だった。


更には夕刻だった為か、通勤ラッシュと重なり、
ウチらは当然首都圏並みのギュウギュウ詰めの中、
ずっとムンクの叫び😱状態で、身動き1つ取れず固まっていた(;´Д`)
昨夜寝ていない事もあり、いい加減疲れたゾ😖


こうした『JR』の姿勢が、もし静岡県全体のイメージを悪くする遠因になりうるのなら、それはちょっと問題であるかと…

乗り鉄以外の18キッパーは、少額ながらも旅先でお金を落とし観光振興にもなるから、
各種格安切符が次々廃止された今の時代でも18きっぷは生き残ってこれた。


18きっぷこそ旅の素晴らしさを若者に教えるバイエルでもあり、旅行に魅せられた彼らが歳をとったら、
新幹線を利用する『上級な旅行客』になって旅行のリピーターとなる。

毎年ある一定の数の『かつての若者』が上級客の年齢になっているが、
彼らに静岡=苦痛のイメージを持たれてしまえば、
当然見向きもされなくなり、
結果、静岡=通過する場所化に拍車がかかる。


逆に『静岡=楽しい』とのイメージを植え付ける事に成功出来れば、やり方によっては、ガラガラのこだま号を静岡目当ての客で満席にする事だって可能な筈だ。


JRは目先の事だけに捕らわれ、この長期的な効果を忘れてはいるまいか⁉️



あ、また熱くなっちまった、、、💧
話を元に戻そう。。。

20190823_184149


それにしても、JR東海の車掌さんは凄いなぁ

車内放送は録音じゃなく肉声なので、
当然英語放送も車掌さんが話す事になるのだが、

どの車掌さんも
英語ペラペラ🇬🇧
思わず唸ってしまったゾ😕



さて18時前に、やっと静岡に到着
宿のチェックインは20時だが、19時半過ぎには着きたい。タイムリミット迄は二時間しか無い。
その前に駅前の居酒屋を何件かザッと見てみよう。

南口から徒歩3分圏内は、居酒屋が密集。

20190823_185124


当初予定した、この酒場に行こうとしたが、
緑茶ハイで500円近く。
おまけにお通しが幾ら取られるかが不明なり。
これでは怖くて行けないのでパス。。。







20190823_184811


次に、そのすぐ近くにある、
この店に入ろうとも考えた。

食べ物もスゲぇ美味そう、、、
大皿に盛られたお惣菜が俺においでおいでと誘っていたが、
酒の値段がどこにも書いていない。。。

普段なら飲み放題950円らしいが
この日は金曜日だったので1580円。

多分お通しは250~400円だろう。

宿まで歩かなきゃならないので2杯でいいのに、
これでは4杯以上飲まなきゃ元はとれないだろうし、
宿のチェックインまで、時間そんなに無い。
泣く泣く脚下。。。( 。゚Д゚。)


で、第2候補である、
1本隣の道路沿いの居酒屋にする。

ここも静岡駅から徒歩1分。

ビール199円セール中だったし、
これならお通しは400円位でも大丈夫かな⁉️

100x100_15654604





では、、、イザ入店‼


駿河区南町の、ふじのくに酒場・轟屋さんⅠⅠⅠⅠ|_・))))


20190823_185802




生、ください。(≧~≦)o[]

20190823_190158

ホントに199円だわ、、、


お通しは塩キャベツ サクサクサク((#・д・)、;'.・


しぞ~かおでんは、
とりあえず牛スジと黒はんぺん、


20190823_190426



20191101_221337






それはそうと、時間限定で(もう削除済み)
某ブログを模倣してみて分かったんだけど、
文章じゃなくて画像をメインで表現するのは、
相当テクが必要だなぁ、、、

そして、思ったような画像を撮るのは、
本当に難しい事を再認識させられた。。。


俺のブログは、
いかに写真が悪いのが良く分かったわ…⤵️
これからも勉強せねば、、、



そうそう、この店は、しぞーかおでんは110円から。
牛スジは190円。

とにかくトロトロで美味い。
臭みは全く無いな、、、

漆黒のおでん汁は、苦くも辛くもなく、
いい出汁がでておりました。


青のりとカツオの粉末がかかっているのが静岡おでん
の特徴だけど、俺は正直、両方ともやや苦手だったが
コレが無いと美味しくない。。。

黒はんぺんには欠かせないかもしれないなぁ、、、



この店の続きはまた明日✋


ふじのくに酒場・轟屋本店さん
〒422-8067
静岡県静岡市駿河区南町14−25
エスパティオ 1F

↑このページのトップヘ