関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:関東B級ご当地グルメ

千葉には、
とても有名なラーメンブログがある。
今回はそれにあやかり、縁起を担ごうかと、、、😓


さて、数ヶ月前になるが、
B級ご当地グルメであるアイテムの捕獲と鉱泉をゲットする為に、茂原~九十九里まで、
『ヤブイヌ号』で出掛けてきた。
(前ブログではこの名前を出していたが、ここでは初めてだな…ただ単にタイトルにこじつけたかっただけな野田よ、、、ちなみに車の所有者は家内であり、元HNを名付けてある。略称『イヌ車』だ😅)


目指すは小○優子嬢の故郷・茂原だ‼

ここには、街興し系のアイテム
もばらーめんが存在する。



このらーめん、味付けの指定は無いが、
地元の豚バラ肉を沢山入れるのが定義らしく、
現在、茂原市内の4店舗で取り扱いがある。


元祖は三軒屋という店らしく、
ここは他に色々こだわりがある人気店のようだ。

もばらーめん以外も凄く美味そう、、、
スープも豚骨だし、、、

この店に『lock on』しましょう


さて、三連休の14時過ぎ到着
待ち客8人、、、


20200223_140634


20分待って、席に案内。

さ~て、、、みんな美味そうだし、
気になるメニューがイッパイあって目移りしたが…


20200223_142054


今日はラーメンを食べに来た訳じゃない。

『千葉B級ご当地グルメ・もばらーめん』
というアイテムを『捕獲』しに来たのだ。
俺は当然、『もばらーめん』一択だよ一択、、、😣


20200223_141601

肉二段盛り、麺大盛り、脂多目でいきましょう、、、


待っている間、読んでみようか、、、
半端ないこだわりだ‼️
20200223_142424


さて、僅か6~7分で出来上がり。
待たされるのは覚悟していたが、意外に早かったなぁ

さぁ、いよいよ、『御対麺』である‼️



20200223_143718


おおっ(丿 ̄ο ̄)丿
なかなかのボリウムぢゃないか。
さっそくイタダキマス🍴🙏

20200223_143900


麺は縮れの太麺。かなりスープが絡みます。
しこしこ系の麺。

そして背脂と豚バラスライス
20200223_144016


スープは塩かと思っていたが、
豚骨醤油系だったのね、、、
塩ラーメンあまり好きじゃなかったから助かった。

背脂と豚骨醤油はしつこすぎず、、、割とアッサリ
あっという間に完食してしましました。


うまいようまいよ~間違いない‼️


だが、折角九十九里あたりまで来て、
これで終われる訳がない。。。
ついでにチョイと楽しむか、、、

さいたま市近郊では、
『スタカレー』なるものが何年もの間、若者の胃袋を支えてきたホンモノのソウルフードらしく、
どんなモノなのか、これを調査しに昨年末に埼玉迄出掛けて、以前記事にした野田が、、、

そのスタカレーと双璧を成すのが、
今回紹介する『スタミナラーメン』
前回は写真だけしかアップしなかったので、
今回独立した記事としてUPすることにした。



このスタミナラーメンは、元々『娘々』という街中華の店が考案したメニューで、その暖簾分けした店などで提供されているようて、
各店で、微妙に味やスタイルが違うらしい。

上尾の店が一番有名らしいが、
群馬や埼玉西部に行くには便利ではあるものの、あちらは昼休みもあるのでスルーする事に、、、

調べたら、北浦和の駅前の店が一番安いらしい。
しかも昼休み無しで営業。

ドケチな俺はここに行く事にした。

20191205_142532


いかにも辛そうな色だなぁ🔥🔥🔥

20191205_142546


麺は街中華らしいオーソドックスなストレート。
餡は硬め。

ぶっちゃけ、以前書いたスタカレーのルーそのもの…

麻婆豆腐の豆腐減らしてモヤシとニラと挽肉を少し増やしたバージョンだが、スタカレーよりは幾らか薄い印象。こちらはラーメンの上にかかっているからねぇ…

そのラーメンのスープは、まさに魚介系の醤油味。
近年魚介系といえば、煮干しドロドロ系だが、
それとは無縁の、ややアッサリとした感じだが、味は濃厚だ。

スタカレーとのコラボ。
ダブルで辛さがやってくる。

おかげで冬にも関わらず、
『暑いよ暑いよ~、間違いない‼️』状態だ💦

20191205_142537


芸能人のサイン、イッパイだぁ、、、

20191205_143409


娘々について、そのルーツとか場所とか、詳しく書いてあります。
↓↓
https://www.stib.jp/stamina/shop.shtml


千葉の海鮮系のご当地メシ・B級グルメで、
面白いモノを食える店があるので、
先に紹介しておきましょう。

行ったのは一昨年。
ターゲットは、木更津アウトレット
20170808_111947


ここのフードコートにある、
「わっぱ茶屋かわな」さんは凄い!!
フードコートにありがちな、ありきたりのチェーンとかじゃなく、
地魚で有名な地元の高級旅館の経営らしいね…
↓↓
http://www.kawana-inn.com/enjoying/wappajaya.html


千葉は海鮮丼系の相場が高いが、
ここはアウトレットの中という立地条件ながら、
他所よりもリーズナブルな価格設定にはビックリ

レストランではなくフードコートでの出店ってのが凄いなぁ…
高級店なのに思い切った事をやるもんだ。
このセンスには脱帽する。

船橋のブルーカナリア3edしかり、
木更津の魚や77しかり…
センスある人は高級店を営んでいても、庶民に何らかの形で還元する形でサテライト店を作る。

この手の店は原価のかかりすぎるモノを無理してまでは使わず、さすがと唸らせる技術やサービスなりでカバーする傾向にある。
(サテライト店を作る余裕の無い高級店は、ランチタイムで還元する傾向にあるね…)



俺には不可能だが、この手の店をほぼ毎日日替わりで掲載出来る知識の深いブロガーが、外食グルメブログ界を制するんだろな。。。

ま、それはともかく、
「見せてもらおうか!!高級店の支店の実力とやらを!!」
byシャア=アズナブル


20170808_113143


20170808_112641-1


また写真ブレブレだぁ(T_T)

海鮮丼の「並」は980円、
なめろう茶漬け丼の「並」も同額!!
(※現在は若干の値上げされています)

悩みに悩んだが、
結局後者をチョイスしました。

ブログ的には、ただの海鮮丼よりも、
千葉名物の「なめろう」を取り上げたほうが絵になるからね。


ちなみに「なめろう」とは、
鯵と生姜・ネギ・大葉などを細かく刻んで、味噌と極少量の酒をたらして包丁でたたいて混ぜたもので、
漁師料理がルーツ。
ここ数年でメジャーになってきた、千葉のご当地B級グルメの救世主になりうる存在の料理だ。
鯵の他にイナダや鰯、カツオで作るのも美味。

我が家では、刺身にならない細かい切れ端とか、
骨についた身をこさいで作る。

胡麻を混ぜても美味いし、
鯵で作るなら、コレに小麦粉を混ぜて焼けば、
もうひとつのご当地B級グルメ「サンガ焼き」に変身する汎用性がある。


話がズレてしまった。。。


もう1品はフードコートの他の店でシンプルなラーメンを注文し、予算に余裕が出たので、
地魚のトッピング@200円を付ける。
多少割高になるが、ワンランク上の「上」よりは安い
(イクラ、あまり好きじゃないしな、、、)

20170808_112746



待つこと10分
かなりのボリウムだ(゜ロ゜;ノ)ノ

20170808_114403


20170808_114407

食べ方も書いてあるな。。。
20170808_114410



まずは海鮮丼として食べよう。
マグロ&ネギトロ、鯵などの魚に、
キュウリやミョウガが混ざっている。

さて最後は、いよいよ茶漬け。
出汁は、魚のダシに酒が混ざっていて、
これに醤油・味噌・胡麻の入ったタレをまぜます。

20170808_115344


20170808_115445

何味か例えるなら、
しいていえば宮崎の冷汁の温かいバージョンだな…

とにかく魚のダシが出ているし、
キュウリとの相性も良いし。。

限られた環境で、さらに低予算で、魚の美味さを最大限引き出す食わせ方を教えてくれている。。。
20170808_115658


地魚をトッピングしなければ税抜き980円だし、
なめろうは千葉のご当地郷土料理なんで、
とりあえずご当地B級グルメ扱いで良いよね\(^^)/

味は超A級、価格はB級
ある意味、究極のご当地B級グルメだ!!


この記事は2年前近くに下書きしたものだが、
先日所用のついでに千葉県のB級グルメの宝庫・木更津に再訪する予定なので、行ったらまたレポします。

本当であれば、3月頭に行ったレポを書きたいのだが
バカコロナのせいでそれは叶わず、、、😢

このご時世、
何も考えずに外食の記事なんてノウノウと載せようものなら、
たちまち拡散され、ネット上で袋叩きに合う…

みんなストレスたまっているからなぁ、、、(--;)



でもね、、、
この店は紹介せずにはいられない‼
もの凄いポテンシャルを持つ店なんで、
ちょっとだけ御勘弁m(__)m




今回は3月頭に、
千葉B級ご当地グルメ『滋養めし』を捕獲しに、
とある店に行った時の事を書いてみたい。



その店の名は、横芝光町にある
ほっこりごはん・くるりさん。


20200324_131416

田んぼが広がるのどかな場所にある、
洋風の居酒屋さんだが、
ここはランチにも力を入れている。


20200324_122825

↑ランチメニュー

とりあえず俺は、『滋養めし』一択!!
千葉のB級ご当地グルメをコレクションしている俺は
これを捕獲しに来たんだから、、、
(他にも目を引くモノが幾つもあったが🤤)


手羽先紅葉様はハンバーグ定食をオーダー。



ランチタイムは、
イケメンで渋い声のオーナーさん1人で料理とホールを回しているが、
客への気配り目配りがとにかく凄い

レストランバーと和食、ホールと厨房、
両方で修行されていたんだろか、、、??

コックさんとしてのキャリアだけじゃ、あの目配りや接客は出来ないゾ、、、
ただならぬお方とお見受けした( ロ_ロ)ゞ!!




そして、何より特筆すべき点は、

料理が激ウマな事である(^q^)


まずはお目当ての
横芝光町名物『滋養めし』

20200324_124212


豚モツ煮がご飯の上に乗っているのだが、
全く臭みが無く、半端ない柔らかさ。
しかもその辺の居酒屋にあるモツ煮がご飯の上にかかっている訳じゃない。

ちゃんと計算されつくしている上品な味。
まさに体に吸い込まれていく感じのだ。

もう、顎が抜け落ちるっていうのは、
こういう事を言うんだな、、、
例えようの無い美味さ🤤

その名の通り、滋養強壮・栄養補給に最適だ\(^^)/

20200324_124219


そして、ハンバーグ定食。

こちらは柔らか目のハンバーグだ。
ワイルドな中に繊細さがある。
肉汁でハンバーグソースを作るから、
美味さが逃げない‼



そして、ここは付け合わせのサイドが凄い。

まず、付け合わせの鳥ハム、激ウマ‼

そして付け合わせのドライフルーツは、
何と手作りだ!!( ; ロ)゚ ゚
まさに拘りが凝縮されている。。。



そして、ランチを注目した人には、
200円で白身魚のお茶漬けがオーダー可

20200324_130122

腹イッパイだけど、オーダーせずにはいられなかった

一切れ半生で戴き、残りはしっかり浸けて出汁を取りながら戴く。

これも激ウマだ🤤



これだけ楽しめて、
計2000円しないのだから怖れいる!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚



しかもまわりを見ると、
お客様が笑顔で『美味しかったです』
と、一言告げて店を後にしていた。

こんな店、初めて見たよ、、、

さすがGoogle評価4.5は伊達じゃない。

こんな店はいつまでも繁盛して欲しいっす。




さて、バカコロナのせいで、外食する事がタブー視される傾向にあるので、

普通なら例え過去行った場所であっても、
あまり載せられないんだけど、、、



でもご安心ください。


この『ほっこりごはん・くるり』さんでは、
テイクアウトを始めたみたいです

20200421_033357


何と、
Google評価4.5の味をテイクアウトして、
自宅で楽しめちゃうのです!!


本当は俺も買いに行きたいのだが、
不要不急の外出が禁じられている以上、
ここまでは出掛けられない😢

あまり遠出は出来ないけれど、
近隣市町村の方々は、
これを機にいかがでしょうか⁉️



詳しくは、くるりさんのFacebookにて
↓↓
https://m.facebook.com/hokkorigohan/?locale2=ja_JP


落ち着いたら、改めて紹介させて戴きます。
それまで頑張ってくれぇ~👍


-----------------------------------------------------------------

あ、ついでに、、、

空港のある某市に、鉱泉らしきモノがあるとの情報を聞きつけ、
行く途中に立ち寄って、どんなモノだか触れてみたのだが、、、

ただただドバドバと捨てられている水は、
間違いなく鉱泉、、、

いや、、、
30℃近くあったし、強い塩気やヨード臭のある、
かなり立派な温泉だった、、、!!( ; ロ)゚ ゚

20200325_012902


棄てるなんて勿体ないなぁ~👋
温泉スタンド作ってオイラに売ってくれぇ~💲


ーーーーーーーーーーーーーーー

みなさん、そこらのモノを触ったら、
とりあえず手洗いだ‼️
ハンカチで額を拭う時も、
まずは手洗いが先。

アビガンの有効性が立証されるまで、
何としてでも予防しなきゃな、、、

何かコロナでエライ事になってきているな…😓




今回の群馬旅で寄った訳じゃないけど、
旅行から帰る途中に寄ってみるには丁度良い店があるので、ついでに紹介しておきましょう。


先日、越谷に出掛けた際、
以前の群馬旅の帰りに下見しておいた、この埼玉B級ご当地グルメを捕獲しに、
岩槻区まで脚を伸ばして遠征してきた。


捕獲を狙っている一品の名は、
『岩槻ねぎ塩焼きそば』


岩槻といえば『岩槻豆腐ラーメン』が有名だけど、
こちらも負けず劣らず、双璧を成す一品である。

現在4店舗にて提供しており、
その殆どが中華料理店だ。


今回行った『永楽』さんという中華料理屋は、
岩槻駅から徒歩10分以内。
ヤオコーのすぐ近くにある。
ありがたいことに、駐車場完備❗
IMG_20200309_143948_286



この店は昼間から深夜までの通し営業。
群馬や栃木に行った帰りにも気軽に寄れるのがありがたい。

岩槻インターから再度高速に乗れるし、
越谷方面に斜めに抜けられる裏道もある。

このブログの対象である城東三区や千葉北西部民には
休憩にはもってこいの店だ。


さて、店内入口
ねぎ塩焼きそば、始めましたという張り紙が
20200309_124905



メニューを拝見( ロ_ロ)ゞ

20200309_124458


俺は岩槻ねぎ塩やきそばを、
手羽先紅葉サマはあんかけかた焼きそばをオーダー


待つこと10分、いよいよ御対麺である。。。


20200309_125302


ネギ、盛りだくさん。
(甚さん、絶対食えないな、、、)
さっそく御解剖タイム


20200309_125405


麺は柔らかめ

具はネギの他、人参、ニラ、キャベツ、キクラゲ、
豚肉。上には糸唐辛子が振りかけてある。

粗びきコショウがピリッとしているかな、、、



手羽先紅葉サマのかた焼きそば

20200309_125610


椎茸の味が効いている、強めの餡。

ネギ塩焼きそばもそうだけど、夜間は呑む方も多いせいか、味付けは濃い目、辛め、油多目に仕上がっている。ライスが欲しいとこだな、、、


さて、お会計は、
2人で約1580円。
間違いなくB級グルメの範囲だ。

今回は捕獲成功‼️メデタシメデタシ\(^^)/



『永楽』さん
さいたま市岩槻区西町1-4-7

ネット上では深夜4時迄営業になっているが、
現在は深夜2時迄。




帰る途中、越谷梅林公園に寄ったが、
梅は散りかけ。。。

散った梅を埼玉ポーズと共に、、、
IMG_20200309_143948_282


梅の木自体はなかなか立派なものが多い。
ここは穴場だな、、、来年また行くぞ❗



そして、越谷市内のとある神社にて、
鉱泉湧水を戴く…

ここの湧水はパワフルだ。。。

飲用に回すのが前提だけど、
残った水は無駄にはしない。
何に使ったかは、ご想像にお任せします。


経験上、この手の『鉱泉と井戸水の境界線湧水』は、アトピーなどの皮膚炎に効果ありそうだ。

20200228_132414


お賽銭、忘れずにのぅ、、、

↑このページのトップヘ