関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:那珂湊

先日、茨城のB級グルメネタ開拓の帰り、
魚を求めていつもの様に那珂湊おさかな市場に寄る。


そこで、
皿に一盛り100円で投げ売りされている鯖を発見

大きさにして、大体イワシと鯵の間位。。。


普通なら、
生で食えない魚には
見向きもしないのだが、

あり得ない位の鮮度の
キラキラ光った鯖は、
明らかに俺らを誘っておった


手羽先紅葉サマが鯖をジーっと見つめていると、

店のおっちゃん、近づいてきて、

「ンなもんさ、竜田揚げさすりゃ あっという間だど!!
余ったら3枚におろして冷凍庫さ入れりゃいいから。
少しオマケ入れたげるからよ」


と、しきりに勧めてくる。

じゃあ、いいか??と
買う事にしたのだが…

店のおっちゃん、
盛った鯖を袋に入れるだけでなく、

「ど~れ(^^)オマケ入れてやっから♪」
と、スチロール中から別の鯖を取り出して
これでもか!!…とばかりに突っ込み始める。

ウチらが目を丸くしているのを面白がっているのか、
そのオマケがハンパな量ではなかった(゜〇゜;)


15匹位だったら鯖が
あれよあれよとエラい量に!!


いくら地魚が安い那珂湊でも、
普通ならあり得ないサービスだな。
余程処分に困ったのか??

氷をしこたま貰い
三時間かけて自宅に帰った後、
自宅で袋を開けてみたら

20170324_165507



その数、何と、
39匹( ̄▽ ̄;))


その数に圧倒され
俺はパニック状態(/ロ゜)/
吉田美和が歌う、ネスカフェのダバダが頭によぎり

♪鯖だ~~あ~~ぁ~~
♪あ・サバだぁ~サバだ~~
♪サバだ~~あ~~あ~~
♪サバだぁ~サバだぁあ~~
♪鯖だ~~!!
♪鯖だ~~!!
♪う・わぁ!!~~~(((((((・・;)



と、ゴールドブレンドのあのメロディーを
口ずさまずにはいられなかった( ̄▽ ̄;)


それはともかく
とても使いきれないので、
実家寄り10匹程母に渡すと…

「こんなキレな鯖、滅多無い!!」
「これならシメサバにしなきゃ勿体ない」
と言い、早速仕込みを始めた。。。
やっぱ、かなりの鮮度みたいだね…


ならば、うちらも…



だが、この数の鯖をさばくのは容易ではない
とにかく、コストコ気分だ。


残り29匹、とりあえず大きさ別に分ける。


比較的大きい8匹は、すぐに三枚におろし、
シメサバに回してみる。

20170324_212905



水洗いして水分を良く拭き取り、
両面に塩を振り、二時間置く。

臭みのある水分が沢山出るので、
それを水洗いして、さらに水分を拭き取る。

そこに酢お大匙3、本みりん大匙1、砂糖小匙1を加え
20時間置くと、シメサバの完成


頭と内蔵は使え無いので捨てるとして、
骨は勿体ないので、唐揚げに。

そして一部は揚げてから南蛮浸けにする。


手羽先紅葉サマは、
頭と内蔵を取りのぞき、
圧力鍋にて味噌煮にしてくれた。



一番大きい4匹は、軽く塩を振り、翌日焼き鯖に

小さめの10匹は、
3枚おろして冷凍!!
これは後日竜田揚げに回わす予定だ。



他にカナガシラを刺身にした残りを
アラ汁の鍋仕立てにし、

翌日その残りに、
鯖で作った団子を入れ、またまた汁で戴く。


とりあえず、この日の晩飯はコチラ

20170324_202625


シメサバと、カナガシラの半身の刺身用は
翌日に楽しんだ。


鯖の骨の南蛮浸けと鯖の味噌煮は
3日間楽しめた(^^)

貧乏人のオイラさえ驚かせるこのコスパ、、、
まさに最高だ!!

鯛1匹、カナガシラ2匹、小鯖39匹
しめて600円

何れもその日の早朝に水揚げされたモノなので、
鯛やカナガシラに関しては、3日は刺身で食える。

アラ汁は日替り(^^)
この3日間は、正に至福の一時であった。



利益とれる時はシッカリ取るけど、
とうにもならない時には投げ売りする潔さ
茨城万歳だね\(^-^)/


千葉には真似出来ねぇだろうな

こういう事は那珂湊でも滅多無いのだが、
千葉も魚で街興しをしたいなら、
たまにはこういうバカやらないとね…


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

ただいま、GW真っ盛り!!

いつも「偉~い偉~いトミン様と神奈川ケンミン様」
を除く関東5県に対して、
何かしら因縁をつけてくる秘密のケ○ミンショー、

この番組表曰く、
茨城は何をやっても「魅力ダントツ最下位」
で、目立った観光名所も無いんだそうな。。。


でも俺に言わせれば、
んな事はありません( ̄▽ ̄;)
正直、この時期の茨城は、けっこう混雑する場所も多いのだ!!


特にココは
↓↓
20170428_131759


って事で、今回は
「ひたちなか海浜公園」について。。


ここは数年の間、
TVで取り上げられる事が多くなった為に、
関東各地から客が訪れる様になった。

GWは、このネモフィラが有名。
なんたってキレイだからね…


20170428_133414


どうだ!ケンミンshow!!
恐れいったか(*`Д´)ノ!!!

茨城にもちゃんと客集められる場所はあるのだよ!!
茨城バカにするのもタイガイにしやがれ!!
(悔しかったら、たまには東京と神奈川をディスってみてください)
↑↑
というか「ハウ○ルズ」さんに、ケ○ミンshowやア○街用のネタとして取り上げて戴いたから有名になった…ともいえなくもない。。。
今では他ケンミンも知る有名スポットになった。

20170428_133449


だが、この素晴らしい眺めを観ようと沢山の観光客が訪れる為、当然駐車場に入るのも一苦労だ。

ネモフィラのある西駐車場は混むので、
観覧車近くの
中央口駐車場に停めるのが無難。
料金所に300mの渋滞があっても、10分も待てば入れる。


ただ中央口からネモフィラのある丘へは、
15分位歩かねばならないので、覚悟は必要(^^;

でも子供を遊具で遊ばせるなら、中央口の方が良かったりする。
ちなみに入場料は420円、駐車場は510円。
遊具は別途かかる。



そうそう、
このひたちなか海浜公園は、
屋台で様々な
「茨城のご当地B級グルメ」も売っているのだ!!

20170428_141456



20170428_141546


以下はイメージ画像になるが、
那珂湊焼きそばや
20160912_172829



印籠弁当

33a16672-s-1


けんちんそばも

5fe3d31d-s





土産にこんなカレーもいかが??

20170428_144931





B級グルメよりも、海の幸を食べたい方、
ここから那珂湊お魚市場迄は車で15分位です。

但し、みんな考える事は同じみたいで(;´д`)
当然ここもかなり混雑する。
駐車場も寿司屋も行列!!

20160321_123734


20160321_123557


これを見て、諦めようと思っている方々…
チョッチ待たれよ


日帰りを強行するなら、
昼11時迄に那珂湊に着けば、ここまでは混まない。
(逆に、この時刻を過ぎたら、市場かネモフィラどちらかを諦めなきゃならない)
b_2-01

カーナビどおり行くと、
東側の一番混む場所(黄色い部分)に誘導されるので、
西側の駐車場を狙おう。
東側の駐車場は、一般道迄渋滞するので
那珂湊おさかな市場の建物の裏(青い道。一通ではない)に出てしまう方がいい。
これで時間をかなり節約出来る。

又、かなり歩くが、東側には無料駐車場が臨時に作られる時もあるので、少し早い時間に着いたなら、そちらに停めるのも有効だ。

それでも混んで混んでどうしょもなかったら、
大洗漁港近くの産直センターが第2の選択肢になる。
那珂湊から車で約10分です。


又、那珂湊から、ひたちなか海浜公園の順で巡る方が
幾らか混雑を回避出来るので、
是非参考にして欲しい。

東水戸道路は終点まで乗らず、1つ前で降りる。
那珂湊を出たらなるべく海側からひたちなか海浜公園に向かおう。
コレ、鉄則ね(^^)


そうそう、ここ那珂湊お魚市場では、
東北直送の生かきが、
何ヵ所かの魚屋の店頭で食べられる。

20170428_123558

そのうちの1ヵ所は、2つ300円と、
激安価格である。
味はもちろん、プリプリで濃厚♪

20170428_123736


生食牡蠣は、よそでは倍はする。
寿司を一皿減らしてでも、食べといた方がいい。


尚、この市場では、
毎年この時期になると、カツオやメジマグロなどが
1本1000円前後で売っている。
包丁捌きに自信のある方々は、
発泡スチロール持参でどうぞ!!

那珂湊おさかな市場の過去記事
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/5983781.html


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

このネタは、以前書いていた記事に新しい写真を載せたり大幅編集して、
下書きして後日に公開するつもりだったのだが、
うっかり公開にしてしまい…

またやっちまった( ̄□||||!!
と青くなったケド…

折角GWなんで、
まだ行く場所が決まっていない方々の為にも、
書き足して公開としようか…


そうそう…
秘密のケンミンショーで、
茨城ネタの際には
必ず、ここの港や市場が出てきます。
そしてそこでインタビューを受けている
茨城弁バリバリのおっちゃんが必ず出演されますが…


その市場こそが、今回のネタ
『お魚センター』なのだよ(´∇`)


ただ…
ここはホントは
GWには紹介したくは無いのだ…( ̄▽ ̄;)


なんせ、混雑がハンパ無い

駐車場に入るまで一時間の行列

まるで一時期の
ららぽーとの「駐車場待ち渋滞」並(@_@;)

でも…そんな思いしてでも
行く価値がある場所だと思うよ


この寿司を見たら、納得してもらえるかも…

20160321_131006


美味そうだっぺ
事実『通常の3倍』位美味いのだよ…

某人気ブログの「蒸し豚」を名乗る御方が
誕生日に水戸へ行かれた際、
是非ついでに行って欲しかったのだが…(T_T)

また話が反れた…( ̄▽ ̄;)

そうそう
連休中にコイツにありつくには、
この人数を待たなきゃならん(@_@;)

20160321_123557


こんなんじゃ、とても無理だぁ~


と、諦めるのは尚早!!
実は家族会議にて作戦を決めれば
十分に攻略可能なのだよ…

かなり待つ事には変わりないのだが、
幾らかはマシになります。


ハッキリ言いましょう


各おとうちゃん方々…
黒い三連星のガイアの如く


『俺を踏み台にしたぁ~??』


などと怒らず、

素直に家族みんなの為に犠牲になって下さい( ̄▽ ̄;)



お父ちゃんが駐車場待ちの車の中で待機、

又は、お母ちゃんに駐車場待ちを任せ、

お父ちゃんは回転寿司屋を偵察し、
沢山人が待っていたら、
先に順番待ちの紙に名前を書いてしまいましょう。

その後、お母ちゃんとハンドルを再度チェンジし、
お母ちゃんと子供らを先に市場の見学に行かせ、
お父ちゃんはずっと車で
ジッと我慢の駐車場待ち…


この戦法、
ジェットストリームアタック並みに有効


(写真は混雑している時の駐車場待ちの列。。。混雑のイメージを掴んでくだされ)
20160321_123734


20160321_115749



尚、駐車場入口から12~3台位になってから
この作戦を敢行すること!!

タイミングを間違うと、
名前が呼ばれてしまう可能性があります。

一度呼ばれてしまうと、キャンセル扱いになり、
また初めから並び直しになるので
注意が必要です。

並び直しとなると
ガンダムにジェットストリームアタックを破られるより
惨めな思いをします(-_-;)


写真位の混雑だと、
名前を書いてからお寿司にありつけるまで
一時間位は余裕で待つ事になります。

その間は、魚売り場でも見学して
品定めしときましょう(^^)
但し、時々は回転寿司屋に戻り、
紙を見ながら順番確かめてね…

これもお父ちゃんの役目

20160321_132851


魚の販売店は5つありますが、真ん中のヤマサ水産と、
森田水産がオススメかな…

そうそう

回転寿司だけど、全部で3ヶ所ありますが、
やはり海の駅は別格。

マグロが一皿150円位。

普通の回転寿司チェーンどころか、
回らない寿司屋でもあまり見掛けない
イサキ・ホウボウ・メダイ・キンメなどは
230円位。
写真の網皿のヤツは340円位
(いずれも税込み参考価格)

全体的に高めだけど、
これら2皿で、
普通の回転寿司3皿以上の量になるので
トータルで見れば、かなり得かと。

鮮度は、さすが海っ端…
なかなかのモノです。



続きは後日ね(^^)

↑このページのトップヘ