関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:道の駅

この道の駅は南房総に行ったなら、
1度は寄るべきかな…

鮮魚の販売が割と安い。

昨秋行った際、
何とキンメが一匹980円!!
コレにはビックリした( ; ゜Д゜)

この日の帰りに寄ったスーパーと比べて約100円位安い!!
しかも鮮度は抜群みたいだ。
ウチらは他所で黒鯛を買ってしまったので、
泣く泣く諦めた(T-T)

で、ここは食堂が観光地価格なので、
とりあえずコロッケで空腹を満たす(^^)

サザエコロッケ300円&クジラコロッケ200円

20171014_145539


画像では見にくいけど、サザエのスライス入り
20171014_150054


以前はここでバーガー系を食った。
画像を撮り忘れたので再訪したのだが、
この日は売っていなかった(T-T)


道の駅の外観。

20171014_143703



ここの他にも、道の駅和田浦という場所には
クジラコロッケなるモノもあります。

まぁ、どちらに行くかは、好みでしょうか。。。


道の駅ちくら
↓↓
https://shiokaze-oukoku.jp/


道の駅和田浜
↓↓
http://wa-o.awa.jp/


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さてさて、この道の駅こがでは、
猿島名物らしい小麦まんじゅうがある。

20170918_134722


猿島は茨城の中でも、
古河と共に埼玉や栃木の文化に近いのかな??


20170918_140923


勿論そのネーミングの如く
確かに麦の風味のある饅頭だったな(^^)

あったかい饅頭ならその風味が際立つが、
冷めた饅頭で、コレだけ小麦感のじられるモノははじめてかもしれない。。。


そうそう、
ここのもう1つの名物といゃあ、コレだ!!
↓↓↓
20170918_130941


古河市と焦がしを掛け合わせ
焦がしタレ天丼だとさ( ゜д゜)、;'.・
スゲぇネーミングセンスだなぁ…
さすが茨城栃木!!
他にも焦がしカレーなるメニューもある。

それにしてもとんでもなくデカい天丼
二郎系のモヤシtowerも真っ青だ

写真撮るのが下手で、大きさが正確に伝わらないのがチョイと残念

千葉の九十九里にある「ばんや」さんの
巨大天丼といい勝負かもしれない。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/5268633.html

沢山の方々がオーダーされていたが、
特に御年配の方々が次々チャレンジが目立った。

食べ始めのうちは美味いって声も聞かれたが、
無惨にも巨大天丼の「万里の長城」に阻まれ
スゴスゴと撤退して行く姿を沢山目にした(-_-;)…

もうチョイ食べ物を大事にしましょう。。。

俺らはシェアだから何とかなるだろうけど、
胃もたれしそうだし、まだまだ食べたいモノがあるんで今回はpass(((((゜゜;)
それにしてもコレだけ入ってこの値段は安い\(^^)/
次こそはチャレンジだな。

実物は、厨房から上がりたての品をピシャリと写真に納めたつもりだが…かなりピンぼけだ

20170918_133656-1



そういえば、一組の老夫婦が、この天丼を二人でシェアして食べている姿を思い出した。

俺らも20年後、ああなりたい。
色々あったから切に願うところだ…

さてさて、次はどこ寄ろうか??


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

南房総一帯は、ク○ラで有名な街でもある。

その一画にある「道の駅和田浜」では、
この、某「海にいるデカい某哺乳類」を使った料理や食品がたくさん売っているノダ!!
20170306_155939


20170306_161324


この地域には沢山の道の駅があるので、
どこも個性を出すのが大変そうだなぁ…(-_-;)


俺としては、
温泉や鉱泉を使った足湯を持つ
道の駅が無いのが不思議??だ。

房総にはさほど掘らなくても湧いてくる鉱泉が
腐るほどあるらしいのだが…
これらを上手く活用で出来ないのかな??

別に温泉として申請しなくとも、
地下水の足湯として
営業すりゃあいいだけだから…
沸かすガス代や電気代はかかるから、消極的になるのかな??


とりあえず温泉の話は置いといて、

この道の駅和田浜では、
レストランの他に、テイクアウトコーナーがあり、
ク○ラまん、クジ○コロッケが
お手軽に食えるノダ!!

20170306_160028


20170306_160201


この○ジラコロッケは、中身がホント真っ黒(^^)

20170306_160258



肉まんも、ク○ラ感がハンパないね…

食堂の外に、
テーブル&イス付きのスペースがあるのが助かる。


道の駅とみやまにも似た様なク○ラメニューがあるが
これは旅の行程を組むにあたり、
どちらに寄るか…だね。
後は好みの問題かな…


旅の選択肢は、なにせ多い方が良い!!


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

ゆず塩ラーメンを食べた後は、
道の駅の野菜売り場を見学。


道の駅は、価格の高い場所と安い場所に別れるが、
ここは後者だね…

20170323_122106


でも、モノのクオリティは高そうで、
常に混んでいる。


さて、その脇にはアイス屋がある。

20170323_123244


ここの名物のイチゴアイスは、
注文を受けてから、生のイチゴを潰し、
それをバニラアイスと混ぜるという
手の込んだ作り方をしている。

20170323_123517



20170323_123531

ウチラの注文したものは、
期間限定の、バームクーヘン入りのアイス。

これは更に、バームクーヘンを潰して入れて、
ミックスするという、さらに手の込んだものだ。
20170323_123555



こちらが、完成品

20170323_123705


とにかく、イチゴ(とちおとめ??)の甘さとフルーティさがハンパない(^q^)

ついでに、安いイチゴを見つけたので購入

20170323_122619


大きさにバラつきがあるのでこの価格だが、
必ず当たりは入っている。
取れ立ての、フルーティー感は格別だね(^q^)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

前日書いたオーシャンパーク鴨川を
もう少し詳しく。

20161023_151836


鴨川を過ぎ、太海方面に所在する。
市街地からは離れている。

独特の外観。
海の水をここまで引いており、
時には磯遊び気分が味わえる。

前回掲載した金目鯛茶漬を買ったのは、
1階の土産コーナーだった。

レストランは2階にある。
20161023_151948



メニューは、割と豊富だ。

20161023_151956


ギリギリ1000円以内で食えるメニューもあり、
一応B級グルメ扱いに出来る。
(俺の中では、1000円を超えたらB級グルメ扱いにはしないという鉄の掟があるのだ。まぁ、超えても名物料理などとして掲載するが…)


この中で、個人的にB級グルメとして紹介するのは
地魚の漬け丼だ。

鴨川いったからには、この手のモノが食いたかったし

この日はワラサだったかな??…
あまり臭みは感じられなかった。
タレがいい感じ(^^)
F1000135-1


ここには、鴨川の代表的な源泉、
なぎさの湯を使った足湯が設置されている。

20161023_153408


特徴らしい特徴は無い温泉水だし、
営業していない時もあるが、
知っておいて損は無いと思う。

※周辺情報
足湯でもの足りなくなったら、
民宿こはら荘へgoだ!!
日帰り入浴については、要問い合わせだが、
入浴料は安い。

20141224_105000

他に独自源泉といえば、
曽呂温泉という場所があるが、
1000円と、ちょっち千葉の観光地価格(-_-;)
だが、療養向きの、なかなかの泉質だ。
ここは今でも営業しているのかな??


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ