関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:茨城

毎度おさわがせの
秘密のケンミンshowによると、

ゆにろーずのラーメンは、
茨城のご当地ソウルフードの1つに数えられているらしい(-_-;)


確かにゆにろーずは、
茨城特有のチェーンの1つかもしれないが、
さすがにソウルフードの域までとは…??(^^;

(ご当地ラーメンチェーンは他にゆきむら亭もあるし、山岡家1号店だってあるし、それにつくば市内はラーメンのレベルも高く、埼玉からもラーメンマニアが訪れるくらい激戦区なんで、個人的には、少々無理矢理感は否めないような気が。。。)


で、俺からこのチェーンの事について少々補足を


このゆにろーずはある意味、
埼玉やグンマにある自販機食堂の、もう1つの発展形である。。

どちらもロードサイドのオートレストラン&ゲーセンがルーツなんだけど、ゆにろーずの場合は有人式の食事サービスを重視して展開していった。


ゲーセンの併設はその名残りだし、
ある一定以上の年齢の人にとってゆにろーずは、
ラーメン店というよりも、ゲーセンのイメージが強いのは確かみたいだね…

20180320_134604

以前は少々ヤンチャな連中の溜まり場だったが、
近年のゆにろーずは、遊ぶ場所からメシ食う場所へとチョイと立ち位置が変わってきた事は確かかな…


いったいどれ位味が良くなったのか興味がある…
千葉から一番近いのは取手店。ここならさほど遠くないので、早速足を伸ばして行ってみた。

20180320_140829


この店は。R6号沿いの上り線
藤代と取手の中間位にある。


ケンミンshowのポスターが貼ってあった、。。。

20180320_140817



メニュー、いつの間にか豊富になったんだなぁ…
食券方式。食券買えば自動でオーダーが入る。
自分の番号が呼ばれたら取りに行く方式。
20180320_134427





まずは、オーソドックスな、にんたま醤油ラーメン
20180320_135145


見た目に反して、味はしつこくは無いね…
まろやかな感じのスープ
20180320_135201


で、以前に比べると、麺は太くなっている。
スープは前から良かったが、
最近は麺にも気を使う様になったみたいだ。
以前は生のニンニクをすり潰して入れてるようになっていたんだけど、今回はそのようなものはセットされておらず。。。

20180320_135207


こちらは、その数日前に行った時に食べた
あかたまラーメン。
スタミナ系ってことで、水戸みたいな感じの品をイメージして行ったのだけど、チョイと違った。
レバー入りのアレは、やはりつくばの先か、水戸あたりでしか出会えないみたいだ。

20180320_135152


玉子、にら、ネギ、モヤシが結構入っている。
韓国のチゲ鍋みたいなスープ。結構なピリ辛

玉子が混ざっているので好き嫌いが別れるかもしれないけど、俺は許容範囲…チゲ風なら許せる!!
どこか家庭的なラーメンだね…


漫画も沢山置いてあった。

20180320_140757





今回から書く茨城ご当地グルメ旅シリーズは、
この取手市の「ゆにろーず」からスタート。


千葉の自宅を朝9時前に家を出て、

少し空腹を満たす為にここに再訪し、
とりあえずにんたまラーメンを二人でシェア。
軽い朝飯代わりにした。

これから色々食べるから程々にせんと。。。(^_^;)


ちなみに、ケンミンshowに出てきた小美玉店は、
同じくR6沿いにあり、取手から80分位。

20180521_104354

この店舗は、
別名トラックセンターと呼ばれ、
長距離ドライバーの為の施設。
他のゆにろーずとは、若干毛色が違うかな。。。


風呂は450円也
ちなみに鉱泉でもなんでも無かった。。。


ゆにろーずのサイト
↓↓
http://www.unirose.net/home/index.html



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さて先月末、
またまた茨城の那珂湊まで行ってしまった‼


20180522_125405



他の茨城の記事は、また後日書くとして…
このあたりでは珍しい魚が破格の値段でゲット出来たので、先行して報告しときましょう。


その魚は
何と
ノドグロ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

20180522_172023


日本海側で獲れる事で有名な高級魚だが
実は千葉県の南方でも獲れるのだ。。。

けど九十九里から上で獲れるとは聞いた事が無いゾ

事実、昨年にここ那珂湊に行った時にも売ってはいたが、
長崎あたりからから仕入れたモノだった。


これはもしかして、
海の中で何か異変でも起こっているのか❔



…まぁそれは置いといて😓、

普通は刺身に出来る奴は、大体金目かそれより高い価格で販売しているのだけど、
行った日は、あり得ない価格で投げ売りされていた。

昨日のケンミンshow的に言えば、
まさに「かっぽり価格」だな


でめきんを一回り大きくした程度の
小ぶりのサイズではあったが、
何と!!驚愕の
一盛り200円!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

それにしても、
スゲエ身の張りで鮮度バツグンだ(o゚Д゚ノ)ノ
これなら生で食える。

これは買って速攻帰るしか無い‼


保冷バックに氷をシコタマ詰め、
途中実家に寄って少しだけおっそ分けをして、
3時間弱、休憩無しで帰宅する。



自宅に持ち帰った12匹のノドグロ。。。

なるべく重ねず、
多量の氷でしっかり冷してきたおかげで、
臭みは全く出ていないようだ。

とりあえずノドグロは鯖以上に傷みやすいし、しかも骨は固くて身は柔らかい。
小ぶりなので、刺身に失敗する可能性がある。

万が一ダメだった場合の刺身用として、
那珂湊で一緒に買ったイワシと、
自宅近くのスーパーで見つけた、生マグロの激安品@280円を予備に準備しておく。(生マグロの一部は余ったら冷凍しても良いしね)

20180522_172017


さてさて、まずは鱗を取るのだが、
小さいからあまり無いようだ。
なるべく大きい奴を刺身用に下ろてみよう。
20180522_174634


頭と内臓を取ったら、
念のため洗って塩振って、キッチンペーパーで巻いて少し冷蔵庫で放置。
万が一臭みが出ると困るからね。。。
20180522_175645


少し経ってキッチンペーパーをとりのぞき、
もう一度洗って水気を拭き取り、
三枚に下ろしてみた。


20180522_182444


身のシコシコした硬直は残っており、
臭いも出ていない。
これなら生でいけそうだ(よい子は真似しちゃダメ!!)

だが、いくら硬直がある身だからといって、
ほねや皮は固いので、どうしても身がボロボロになってしまう。

20180522_181207


そこで、最終手段‼
よゐこの浜口が、かつてワンパターンにチネリに頼っていたように、
千葉ケンミンの俺が馬鹿の1つ覚えで頼る最終手段、
それはもちろん

なめろうだ‼

20180522_182813


形の崩れた所や、骨についてしまった身を削ぎ落として、味噌とネギと数滴の酒にあえて叩く。


頭と骨も、大事に使わせていただきます。

20180522_175540


1度アツい湯に潜らせ
鍋仕立ての味噌汁のだし汁に使う。

房総土産のノドグロの茶漬けは、ノドグロが5%程度しか入っていないが、
オレが作る味噌汁は、ノドグロ100%だ\(^_^)/
エライゼイタクだな。。。

20180522_184211


で、後は内臓とエラだけ取り出して、
4匹は煮付け、
4匹は唐揚げに回した。

唐揚げは、片栗粉と小麦粉と塩胡椒のみ。
煮付けもオーソドックスに。

20180522_190146


さてさて、調理開始から約1時間半
ようやくこんな感じだ。

20180522_200226

オレハ料理が下手なもんで、
こんなもんしか出来ないのが悲しい😢😢😢

予備で買ったイワシは2匹を刺身に。
生マグロも、今日のうちに少しだけ添える。

いゃあ、ノドグロ、煮付けも唐揚げもうまいわ

あら汁も、ダシが出ている。

小さいからもう少し淡白と思ったけれど、
これは凄いや。。。

普通なら総額2500円以上かかるものを
約500円で作る贅沢。。。
これぞ、俺の旅の醍醐味だ。。。


俺がこのブログでみんなに伝えたいテーマは、
金かけずに出来る贅沢もあるって事。。。

つまり、
幸せは探す努力をすれば、
それなりに転がっているってことさ。。。
これは食い物だけに限った事じゃない。

食べ物は、あくまでそのツールに過ぎない。
金がそれほど無くても、
「安いけど美味いじゃん‼」…って
笑いあえる事こそ、俺にとっては至高の贅沢である。


偉そうな事散々書いたが、
何だかんだ言って、
ウマい食い物自体の記事も書くのは好きだ(^q^)

こういう素晴らしい食材の記事を書けるのは、ブロガー冥利につきる。
ありがたやありがたや(^人^)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回は、久々に海鮮ネタを一発!!…


千葉や埼玉・茨城南部在住の方々にとっては
茨城で美味い魚が食える場所といえば、
那珂湊や大洗が思い浮かぶでしょう。


…だけどこうした沿岸部は、
一部を除き、観光地価格化に拍車がかかっている。


今回は、もっと安く刺身を食べられる店を紹介しとこうかな(^^)


水戸市内にある、魚いちずという食堂
午後3時迄しか営業していない、
鮮魚ランチ専門店だ。

20170831_134129


入口は、屋根付き駐車場の奥にある。
チョイと入りにくいかな…

20170831_134059


以前はもっとメニューの種類があったが、
最近は大部絞っているみたいだね…

この日は、旬のサンマの刺身、カツオの刺身、カツオのタタキ、鯛の刺身、煮魚定食、イワシの刺身の六種類のみ。

水揚げによって、メニューは変わるようだ。

20170831_131526


コレはカツオのタタキ定食。
ニンニク味噌タレを、野菜とあえて食べる。

20170831_131800


タタキは手作り。
けっこう味は濃い目( ̄▽ ̄;)
野菜と混ぜて丁度良い。


20170831_131611


手羽先紅葉サマは
鯛の刺身定食に、マグロのアラ煮@150円だ。

鯛はかなりプリプリ。

で、この店は、
定食が全て
600円( ; ゜Д゜)

驚愕の安さ!!

味付けは、
北関東らしく全体的にかなり濃い目。。。
ライスの盛りは少な目かな…

人気店なので、行列が出来る時も多く、
食事時間は30分の制限がある。

お茶はセルフ、
下膳も自ら行わなきゃならないが、
この価格なら納得だ(^^)


ライスの盛りが少な目なのを逆手にとり、
昼前後にここで食事した後、あちらこちらを観光
夕方に帰る際、
水戸駅や水戸インターの近くで、
茨城名物・スタミナラーメンを味わうのも良いかも…


(※残念ながら、この魚いちずさんは、閉業してしまいました。)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

……………………………………………………………………………………………

ご心配おかけした各位にご報告をm(__)m

とりあえずガンではなかったので安心

でも要手術ということにて、まだまだ油断大敵(-_-;)

心臓など、色々リスクが高い。。。

来春までは、病との戦いがいつ勃発するか分からん!!

という訳で、
とりあえず食わせまくって体力つけさせるしかないな…

今回は、茨城でも知る人ぞ知るB級スポットをば


友部や笠間の近くにある、この日帰り入浴施設は、
国道50号から奥に入った場所にあるが、
ホント秘境感・B級感満点なのだ。

f9808bfd-1


かなかな味のある建物だっぺ

風呂は3人も入れば満員だが、
そこがまた良し
入浴料は一人500円也。

5f5e5655-s

休憩室はこんな感じだね…
ブレブレの画像で申し訳けない(T_T)…

20140709_141805


ここがどんな鉱泉なのかは、
この写真アップで見て判断してね…
↓↓
312f5847-s


温泉の基準にこそ適合していないが、
かなり効果はあると思われる。
首都圏のその辺にある、使い回しの循環加水消毒の温泉水とは無縁の、100%純粋なモノだ。


さて、ここの名物といえば
卵かけごはん


20140709_155212


400円位で、食べ放題。
これにコロッケをつければ、二人で1000円位だね…
少々貧乏臭いが給料日前は、助かる(^^)



新鮮な卵は、黄身がふっくら。
色も濃い黄色だ!!
味も濃厚(^^)

まぁ、一応食べ放題だが、常識の範囲が無難だね…
丼2杯、玉子一人3つ位が無難かな…
それ以上食べるなら、何かオーダーしてあげてくださいな(^^;…


手打ちではないが、ここは蕎麦も美味い(^^)


そしてここは、「鉱水」の持ち帰りも可能ダ!!
煮沸して、なるべく早めに使い切る方が無難だね…
飲用に浴用、どちらでも可
実際、俺の皮膚病に効いた不思議な鉱泉だ(^^)
6b846fe0-s



「ぶんぶくの湯」のHP
↓↓
http://park16.wakwak.com/~sun/bunbuku/bunbuku1.htm



ここをポチっと押したら、3秒後にヒイロ・ユイが自爆します。(意味不明)
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

TVでアブラっぽいラーメンを放映すると、
この手の濃厚なラーメンを食べたくなる事がある。


ただ、野菜の乗ったアレの系統や、家系では無いラーメンで、濃厚な奴を食べたい。。。

で、この店の事を思い出し、
休みの日に行ってみる事にしました。

20160509_135718



国道6号
取手キリンビールの手前にあるこの店


アブラの魔術師を名乗っておる( ̄▽ ̄;)


20160509_135728


腹が減ったらこれを食え!!
的なオススメメニューが、この
背アブラック@850円



20160509_140647

野菜がド~ン!!って乗ったラーメンは
食わない筈だったが、
オススメとあれば、いっちゃうしかないわな(^^)


黒マーユが入ったこのラーメン、
いかにもしつこそうたが、
ビジュアルに反して
意外にアッサリしているのにはビックリ( ; ゜Д゜)


俺みたいなメタポッポ野郎にも
無理なく戴けました(^^)



手羽先紅葉さんは
普通のラーメンを注文!!

こちらの方がアブラ感が強いですな~
アブラ増し、麺の固さ、スープの濃も選択可能

アブラリストの欲望を
満たせる味だった♪


ガッツリ行きたい人には、
普通のラーメンを濃いめ、硬め、脂濃いめで、
必要なモノを有料トッピングで
注文する事をオススメします。


※取手のラーメン宮本は、2018年7月に無くなってしまいました。



そうそう、
そのTVでは、ラーメン屋でコース料理を出している店の事もやっていたが、
番組の途中で用事があり、最後まで見れなかった(T_T)

その数日後、自宅にて、想像を働かせながらラーメンコース料理を作ってしまった…!Σ( ̄□ ̄;)

ラーメン編最終回は、その時の事を書いてみたい。





ブログランキングのB級グルメカテゴリには、
他にもアブラリストの方々が沢山おりまっせ!!
どうせ入るなら、コチラから入ってくれると助かるなぁ(^^)
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ