関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:群馬B級グルメ

伊香保や渋川からの帰りは『丈夫な道路』を使用。

多少渋滞する箇所もあるが、所々4車線になっているし信号機も少な目なので、
『法定速度遵守車』が必要以上に低速で走行していなければ、
深谷あたりまでなら1時間以内で行ける、
は非常に『お得』な道路な野田よ💰


さて、この上武道路の途中にある、
『道の駅おおた』

20191111_131704


ここは食堂が併設されていないので、(常にキッチンカーが来てはいるけど)あまりグルメは期待していなかったが、
ここの農産物直売所は他所の道の駅より価格が安く設定されているので、
上武道路で帰宅する際は必ず寄るようにしている。

20191111_125531


さて、お弁当コーナーを覗いてみたら、、、

20191111_124641



むむっ(; ・`д・´)
こ…これは!!( ロ_ロ)ゞ



20191112_183012




なかなか出会えない、
人気の群馬B級ご当地グルメである

茄子の蒲焼き重じゃないか


しかも、平日の午後1時の時点で、ラスト1個‼

これは捕獲するしかないだろΨ( ̄∇ ̄)Ψ!!
ようやくクリアだ\(^^)/


そして、お弁当は他にも、
ソースカツ丼、鳥めし、太田焼そばがあるじゃないか

20191111_124759


どれにしようと悩んだが、


ええぃっ‼
ままよ‼    
全部捕獲しちまえ(`Д´)ノ!!! 


20191111_130145



鳥飯、ソースカツ丼は400円と安価だ‼️
銚子こいて爆買いしてしまったが、
これらは晩飯に回すとして、、、


茄子の蒲焼き重730円、
これだけは今すぐ攻略しちゃいましょう。。。


この道の駅おおたは、イートインスペースを完備❗

20191111_125620

レンジがあり、温める事が可能だ。
ただし、お茶や水の設備が無いのが残念(>_<)


さて、蓋を開けて御対麺じゃ、、、

20191111_130255


うなぎに見えなくも無い、、、かな😅


茄子の下には、やや大きめの鶏の照り焼き2切れが、
海苔とうなぎタレのかかった白井ご飯の上に鎮座されておりました、、、

20191111_182113



さて、お味は、、、
うなタレと茄子と合わせて食べたら、
焦げた芳ばしさが一瞬うなぎだ。

さらに鶏とご飯を一緒に食べたら、
まさにグンマのソウルフード、鳥めしそのものだ。

そして、茄子と鶏肉とライスを一度に頬張ると、
何とも言えない絶妙なバランス。

茄子だけだと物足りない部分を、鶏が補ってくれる。


一度で三回美味しいこの茄子蒲焼き重は、
あの有名なかわとみさんにて作られている。

このかわとみさん、
近年は、ここ『道の駅おおた』の他に、
市内の農産物直売所にも卸しているようだ。

ただ、早い時間に売り切れる事もあるようで、
早めの時間帯での訪問をオススメする。

かわとみさんのサイト
↓↓
https://www.kawatomi.com


この『道の駅おおた』は、
ちゃんとご当地グルメを惣菜という形で販売してくれているが、
その地域の名物グルメを販売していない道の駅も目につく。
俺からしたら問題外‼️


当該市町村じゃなくとも、
近隣市町村に存在する道の駅にも販売経路があっても良いかと思う。


ご当地B級グルメで街興しするのなら、
こうした販売経路の確保と拡充は必須かと。

個人店&企業レベルでは、このかわとみさんの取り組みはいい見本になるかも、、、



近年、少子高齢化に拍車がかかりつつあり、
ご当地グルメの先行きは、決して明るくは無い。

地域の食文化をいかに残していくか、、、

案外、最後まで生き残るのは、
こうしてお弁当に応用の効くモノなのかもしれない…
と感じたよ。。。🍱

先日、山田うどんでダブル埼玉セットを食いながら、
何気なく他の方々のブログ(まぁライバルだわな)を観ていると、

鼻からうどんを吹き出してしまう位の、
ビックリ記事に遭遇した!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


なんと、
静岡県及び一部地域を除く全国のガストで



高崎パスタが食えるらしいじゃないか‼     




慌ててググってガストのHP見てみると、

4月15日迄、
ご当地麺博覧会フェアというものを開催しているらしい。(売り切れ次第終了みたいなので実際はもう少し早く終わる可能性大)
↓↓
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/fair_men/


翌日早朝、急に具合が悪くなって『痛い痛い』と叫びながら病院に行き、、、

痛み止めを打ってもらった帰りに途中で見掛けたガストにも、のぼりが立っていた。。。

20200217_134452

(具合が悪くともカメラに納めるなんて、、、これも一種のビョーキですな😓)


メニューは、
コリアタウンである新大久保をモチーフにした
『チゲうどん』

長崎の有名な名物
『皿うどん』

近年有名になって、各地で取り扱いが増えてきた、
名古屋の『台湾まぜそば』


いずれも有名なご当地メニューだが、

そして最後の一品としてこの中に割って入ったのが、
この『高崎パスタ』だ。


20200213gusto1-544x362

(画像はガストより)



いゃあ~
これには驚いた!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚




これって、高崎パスタが、
メジャーな地方名物料理
の1つとして周囲に認知されたって事だよ。

いゃあ、これってよく考えたら凄い事だ。。。
ある意味快挙だよ、コレは、、、
1つの到達点だよな。。。


高崎のパスタ店をはじめとした関係者の方々が、
長年努力してきた成果とも言える。




だが、他のメニューに比べ
このメニューに関しては、幾つか少し心配な事が…



1つ目は、高崎パスタの概念が分かりにくいこと。

高崎パスタは、『新規街おこし系』じゃなくて、
意外や意外『掘り起こし発展系』
昔から小麦の栽培がそれなりにあり、
パスタは昔から食べられていたという下地を持つ。

ただ、どんな味か定義付けされていないから、表現が難しいんだよね、、、

まぁずっと昔、昭和時代の日本には、ミートソースかバジル無しのトマトソースかナポリタンか和風しか無かったから、そこらへんがルーツにはなるんだろう…


共通点は程度の差はあれど、麺の量が多目の事くらいで、逆言えば多彩なんだよ。


あえて代表的&伝統的な高崎パスタの味を挙げろと言われれば、
間違いなく、辛目の魚介トマトソース(ベスピオ…だっけ?)や
ミートソース系になるんだろうけどね。
(シャンゴだけじゃなくデルムントやボンジョルノも、やや濃い目のソースだし)
グラタン仕立てになっているスパゲッティーや、
スープ多目のものが数多く見受けられる。

パスタはここ30年で急速に発展したので、定義付けが難しいんだよ。。。




2つ目は、ビジュアル的に、あまりにシャンゴのシャンゴ風を意識し過ぎたこと。


ちなみにホンモノのシャンゴ風はコレね、、、
20200217_234634



確かにシャンゴは、高崎パスタの核となる代表格の老舗店だし源流でもあるし一番有名ではあるが、
現在はあくまで高崎パスタの中の1社にすぎない。

シャンゴ風スパゲッティーも、その一社の中の数あるメニューの1つ、、、


しかもこのスタイルのパスタは、シャンゴやそこで修行して独立した方々の専売特許みたいなもので、
模倣を控える店舗も結構多いんだよね、、、

第一噂では、高崎市民は近年あまりシャンゴ風を食べないらしいし、評価は二分される。


それに高崎ではキングオブパスタが毎年開催され、
毎年新たな高崎パスタが開発されており、、、

この常に新しい挑戦こそが、高崎がパスタの街と有名になった源泉でもあると言える。


今回の件で、
『ミートソース系にトンカツを乗せなきゃ高崎パスタでは無い』
という誤った『定義付け』を、さらに世間に広めてしまう恐れがある。

これは市からガストに、
『高崎パスタに誤解を与える様な事をするな』と、
一言だけ釘を差してもいい案件にも思えるのだが、どうだろか、、、⁉️




さて、ガストは全国展開しているので、
当然、ご当地のグンマにも店舗がある。

今回の件、地元群馬ケンミンはどういった反応を示すだろうか…⁉️


我が街の誇りが、ここまで全国的に有名になった事を素直に喜ぶのか、

洒落やネタと笑って済ませるのか、、

無視してスルーするのか、、、


おまグン見る限り、
異文化に不寛容で他ケンミンを攻撃するくらいだから
もしや暴動が⁉️、、、、(笑)


tyuumoku


後日、グンマケンミンの方々によって、
Twitterで賛否両論の賑やかな状態になるかも、、、


俺も、具合が良くなったら、速攻で攻略しに行ってみましょう。
検証して記事にする迄数日お待ちくださいm(__)m





さて、高崎ついでに、、、


俺も昨秋群馬に行き、記事を下書きしているので、
それを今週から放出する予定だったが、、、

色々な面で、思わぬ事態が起きたので、
いつ公開しようかどうしようか考え中…🤔



そこでとりあえず、予告編として、
その時食べたB級ご当地グルメの画像を幾つか先行して期間限定で載せておきましょう。

多分大御所様は、これらのうちの1つをクリするでしょうかららね、、、先物に唾つけとかないと、、、


まずは道の駅おおた
20191111_130145


早い時間に行けば、
太田焼きそばと、鶏メシ、ソースカツ丼、
茄子の蒲焼き重が一度に購入可。。。

グンマ自慢のB級ご当地グルメのうちの何割かは
ここに寄れば体験できてしまう、、、(^^)


中でも今回の目玉は、
新規で『捕獲』に成功した、B級ご当地グルメ
『茄子の蒲焼き重』かな
20191111_130322

まぁ簡単に言うと、群馬ケンミンのソウルフードである鶏の弁当に茄子の蒲焼きが乗っているようなモノ。



やはり群馬はカツ丼と地粉うどんは欠かせない。

グンマはソースカツ丼ばかりだと思われているけど、
それは桐生近辺が目立つだけで、
北部は意外に普通の玉子とじタイプもあるんだよね…

20191112_183823


やはり高崎線沿線の埼玉&群馬は、
モツ煮がソウルフード。

千葉の居酒屋に比べても、モツの量がやや多目だ。
20191110_211602


まぁ、こんな感じのモノを載せていきます。
公開は他のブログの様子を見ながら、、、かな??

ちなみに今回の旅ネタは、肝心のパスタは無し😭

最近は、どこにでもある様な、珍しくも何とも無い店の記事の方が、みなさんお好みのようで、、、😧


まぁ俺としては、
ビンボウ旅と現地で食べたB級ご当地グルメの記事や、関東各県のご当地B級グルメ一覧の記事を読んで戴ける方が100万倍嬉しい野田が、
贅沢は言ってられないよな、、、

読んで貰えるだけ、ありがたいものだ、、、
読まれないよりは、10000万倍マシだ、、、



今回は、
AEONモールなどのフードコートにおいて、最近よく見掛けるパスタ屋の記事でも書いてみようか…



でもそこはアホな俺、、、
ただ『食べた』事を書くのは面白く無い。

ここは自分なりの視点を織り交ぜて書いてみようか…と(^^)



今回食べた店は、
『パルメナーラ』の
AEON船橋のフードコート店だ、、、
20190801_141300



写真ブレブレだが、
なかなかお手軽な価格、、、


20190801_140942


トマトクリームのパスタ@580円を、
麺2倍の大盛り+100円でオーダー



待つこと5分

御対麺じゃ、、、


20190801_142214


結構なモリモリ感⛰️


卵は別盛り。

そのまま割って入れるも良し、
白身と黄身に分けて、黄身だけ入れるも良し、
白身をメレンゲにして後で黄身と合わせるもヨシ、
最初はそのまま食べて、途中からぶちこむのも良し、

食べ方は自由だぁ~


20190801_142456


ウチらはそのままぶち込み、
マゼマゼして喰らう。。。



パスタはかなりモッチリ、、、
どうやら乾麺じゃないらしいね、、、


あ、唐辛子は噛まない事。。。
コイツは強烈ダ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚



出来上がりに掛けるパルミジャーノチーズの演出で有名なこの店『パルメナーラ』は、
マリノグループという名古屋の会社で、
本業はピザのチェーンらしい。


フードコートのパスタ屋としては30店舗弱だが、
最近人気があるし、これからも拡張していくんだろうなぁ、、、
(新規の大規模タイプのAEONモールに出店しているケースが目立つ)





で、このパルメナーラ、

なんと、パスタの街・高崎に出店していた(@_@)

(高崎にもAEONがあるからねぇ、、、しかも2つも)

グンマ県のご当地チェーンや個人店はかなり強く、
特に高崎パスタは、大手チェーンの参入を許さない位の強烈な牙城を持つ事は今まで何度か書いてきた。

今までパスタの大手チェーンが何社か出店したが、
なかなかその牙城を崩せず、閉店してしまった店も多い。

ま、変な例えだが、
静岡ケンミンにとっての『さわやか』的存在の会社が
3つも4つも存在するんだよね…グンマ王国って!!


例えば、本社が数年前に宿敵(??)である埼玉県に引っ越しして千葉から『逃げられ』てしまったが、
我が地元発祥であり(特に船橋&市川の)誇りでもある、最大手のサイゼリヤを例に挙げると、、、


埼玉や千葉は90店舗以上、
茨城29店舗、
栃木16店舗、
新潟&長野各12店舗、
福島16店舗、
静岡26店舗、



ところがグンマ県に限っては、

僅か8店舗
しか出店出来ていない。
(まぁ山梨も6店舗しか無いがこれは例外中の例外)

カプリチョーザに関しては、
僅か1店舗が前橋にあるだけ。


埼玉を中心に関東一円に出店している『馬車道』や、
脅威の外食大手ゼンショー資本である筈の『ジョリーパスタ』に至っては、グンマ王国に1店舗も出せていない💦



大手イタリアン系全国チェーンのファミレスでさえ
グンマ王国で生き残るのは如何に大変なことかがお分かり戴けるかと思う。

特にサイゼリヤは、低価格路線という差別化、棲み分けを図っても、勝負にならないのが現状だ。
(最近は、再開発された高崎駅前のヤマダ電機のビルの中にテナントで入り、巻き返しを狙ってはいるが…)


(参考資料。いずれもチョイと古いが、、、)
https://toyokeizai.net/articles/-/79028?page=2

https://news.livedoor.com/article/detail/5987305/


ちなみにグンマはカツ丼も有名だが、
大手チェーン『かつや』は、
茨城13店舗、栃木10店舗、新潟10店舗、福島8店舗
静岡13店舗、埼玉約40店舗、千葉約25店舗だが、
グンマはやや少ない6店舗だった。
パスタ程極端では無いにしろ、やや似た様な傾向が見られた。


同じくグンマはうどん類も有名である為、
試しに丸亀製麺の店舗数を比較してみたら、
茨城の22店舗よりは少ないが、新潟・長野・栃木・福島と同じく10店舗前後なので、これは該当しないか…

多分、同じ和風スープの小麦麺でも、
うどんはうどん、ひも川はひも川、
おきりこみはおきりこみと、上手く棲み分けがなされているんだろう、、、
水沢うどんは発祥の経緯から昔から観光客用だし…


何より、これに対抗出来る価格帯のグンマ発祥のうどん専門ローカルチェーンが無いのが一番の理由かと。

ちなみに丸亀製麺の埼玉店舗は、千葉の倍以上、63店舗だ!!( ; ロ)゚ ゚



誤解されぬよう予め書いておくが、これは面白半分で書いているのでは無い。

さすが秘境の地・グンマ王国
…だなんて言っている訳じゃない。


地方都市色が薄れ、地方都市総金太郎飴状態になりつつある現在、地方色を残して生き残れているのは、ブレていない商売をしてきた証でもある。

俺はそんなグンマを尊敬しているゾ\(^o^)/



話はパスタに戻す。


高崎のパスタと大手チェーンの関係は、
丸亀製麺が香川に出店したものの、
現地民には総スカン食って受け入れられずに、
直ぐに撤退してしまったケースに似ている。
それと同様の現象がココでは今まで起きていた。


そんなデータもある中、
パスタの街高崎に殴り込みをかけて、
しかもも撤退せず生き残っているとは、、、
パルメナーラ、すげぇ‼️


お客さんに渡す直前に削ったパルメジャーノをふりかける演出もさることながら、
モッチリした生麺と量多めのスープ、
そして何より価格と麺の量が、グンマーは王国民のニーズに一致して受け入れられたのかもしれないね…




そして、あえて本場に殴り込みをかけて、
現地ジモの反応をモニタリングするというのは、貴重なデーターになりうる。

長い目で見れば、数字以上に大切だ。
激戦区で健闘出来た経験値は、何らかの形で役に立つ




その気になれば、
グンマー帝国伝統の『焦げた甘辛いカチャトラ系※』や『ベスピオ』を研究し、パスタの新しいジャンルとして、全国で振る舞う事だって可能なのだ。


幸い高崎パスタは、TVをはじめ各メディアで、
ここ10年の間に毎年最低10回以上、計100回以上も取り上げられているのにも関わらず、
どの会社も外に展開する姿勢を見せずほぼ県内完結。
物産展にさえ出てこない。
(これだけTVで宣伝してもらっているのに、県外に対して何も動きが無い事自体、ある意味凄いことだが…😅)


はっきり言って『早くやった者勝ち』かと。。。


あ、その前に、、、
愛知の会社なら、名古屋名物の『あんかけパスタ』
期間限定でやってくれないかな、、、

名古屋なんて行けないからなぁ、、、
食ってみたい(^q^)


どちらにしろ、今後の展開に期待したいっす\(^^)/


※焦がした甘辛いミート系ソースは、シャンゴで修行して独立した人が何人かいるので、
何らかの形でそのDNAを引き継いでいるようだ。
まさに高崎の味と言っても過言じゃないだろう。

水澤うどんだけ食べて、
お参りしないのは気がひけるので、
水澤観音に2年半振りに寄ってみよう。

20181027_123156


ここは、いつでも参拝客で賑わっている。

板東の札所の1つにも指定されている名刹だ。
20160927_112147


近所にある水澤うどんの各店は、
ここの水を使う事が定義とされているんだけど、
この水を飲めば、それも頷ける。


20160927_111624


水澤うどんは、
この水ありきなんだろうな。。。


さて、このお寺の参道では、
群馬名物の焼きまんじゅうを、
ココでゲットすることが出来る。

20181027_124846


1本200円。
仕上げはちゃんと網で焼いてくれるので
香ばしい焼きまんじゅうを食べられるのだ。
20181027_125307


20181027_125339


今さら解説は必要ないかもしれないが、
焼きまんじゅうとは、
パンに味噌付けて焼きあげたモノ。。。
味的には、みそパンを香ばしく焼いたモノかな、、、
20181027_125425


場所がお寺で観音様のご利益からか、
他ケンミンの俺が焼きまんじゅうを食べても、
この通りピンピンしている。


それにしても、漫画・おまグンに書いてある
『他ケンミンが焼きまんじゅうを食べたら死んでしまう』ってネタ元は、一体何なのだろう❔

20160927_113327


駐車場の野菜売り場を覗くのも楽しい。

よく探せば、安い野菜も売っているよ。




それにしても、群馬は面白い。

観光地である伊香保温泉や水澤観音は、
ラ○ホテル街からすぐの距離(o゚Д゚ノ)ノ

観光地にこうしたモノがあるのは、
おそらく群馬だけだろうな

日本三大うどんの1つである水澤うどん

元々から水澤観音の参拝者向けの観光向けの料理としてのルーツがあり、
その為か価格もうどんにしては観光地価格。

特徴としては、
水澤観音付近で湧き出る良質な水を使って作る。
群馬の他のうどんと比べ透明感があり、少しだけ細め

そうめんに味は似ているかもしれない。


他の地粉うどんの様に、小麦の味を噛みしめて味わうタイプとは違い、ツルツルとした喉ごしを味わうタイプだ。

このエリアのうどんは、
量の少な目のもりうどんでさえ、
香川ケンミンが聞いたら真っ青( ̄□||||になるであろう『超強気価格』800円前後が相場だが
中には安い場所がある。


その筆頭が、この三升屋さんだ。

20181027_114739


入り口に、麺を切る場所が、、、

うちらが待っている間も、
麺を切る包丁の音が、奥から聞こえてくる。
オーダーからうどんとの御対麺まで、
15分かかるのには納得できる。。。

20181027_122324


何と、もりうどんは500円。
しかも小鉢までついてくるのにはビックリ

20181027_120750


では、早速食べてみよう。

不揃い感があるのがその証拠だ。

20181027_120829


つけ汁は、やや薄め。
カツオ出汁の風味も、やや抑えられている。
これもうどん本来の味を味わう為かな❔


コスパ的には、大沢屋の第2店舗で、土日祝日の朝9時迄限定の朝うどんには100円及ばないが、
こちらは通年この価格なのが有り難いな。。。

しかもこちらは手打ちだし、、、(^-^)
お寝坊さんにはオススメですよ、、、

食べログの、三升家さんの情報
↓↓
https://s.tabelog.com/gunma/A1004/A100401/10001352/?lid=header_restaurant_detail_map

↑このページのトップヘ