関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:節約

印西のジョイフル本田まで行ったら、
回らない回転寿司なるモノを発見

20180612_122218


これが噂のアレかぁ~💡

確か、かっぱ寿司が導入して話題になったけど、
積極的な導入は魚米が多いみたいで。。。


珍しいんで早速入ってみたが、
ほんとに回らないんだなぁ。。。

20180612_114330


配送レーンは三段あり、常にフル稼働
割と早く届く

品が届いたら、タッチパネルを押すのを忘れずに



で、ここ魚米ならではのオススメのネタは、

20180612_115008


マグロたたき

けっこうな盛りだったなぁ(^^)


20180612_115613


珍しいネタは、赤魚。
これは他の回転寿司では見たことがない。

どうやら湯引きしてあるようだ。

最後の方に少し癖を感じるが赤魚の証。。。

俺は好きだぞ❗こういうの。。。




そうそう、
回転寿司でパックに詰めて持ち帰りが出来る店があるけど、正月にはかなり役に立ちそう。

年末年始はスーパーの鮮魚店もかなりの値段になるし
通常よりもグレードが上がるので、

『そこまで豪華なモノじゃなくてもいいから、とりあえず寿司っぽいモノが食えればいい…』
って方には回転寿司チェーンは頼もしい味方になる。


但し、持ち帰りのセットはかなり高くつくので、
席に着いて自分で選んだほうがいい。

マグロとハマチ(ブリ)、エビ、イカ、玉子、白身系1種、鉄火巻、サラダ軍艦あたりを入れておけば、とりあえず形はなるでしょう。。。


後ね、、、
回転寿司でも正月前後は、
お値段据え置きで、ネタのグレードがちょっとだけ上がるケースが多々ある。


という訳で、
正月こそ、回転寿司チェーンを上手く活用して
予算を浮かせましょう(^-^)

川越シリーズ、ちょいちょい中断
取り急ぎの情報、載せたいんで(^^)

俺の中で年末年始とは、
小売店vs消費者のバトル期間だと思っておる。


正月前になると、なんでもかんでも値上げするが、
これは意外に、売り手は儲からない。
特に生鮮三部門の利益は、微々たるものだ。

というか、小売店は大手以外、
年末は身を削って売っているのが実情。

売れる価格の上限は決まっているからね…



例えば普通のブロイラーの国産鶏モモ肉だと、
通常は100g100円前後が売価の相場。
銘柄鶏ならまだしも、誰も100g150円出して買わないだろう。
己と売価設定額の上限は決まってくる。

ところが、仕入れ価格は容赦なく上がるのだ(T_T)

仕入れは価格は、
相場の他に会社の力によって大幅に変わる。


仮に鶏モモの仕入れは、
通常は50円から70円の範囲で推移するとして、
年末は通常の小売買価=仕入れ価格になったりするのだ。

かといって、
出荷する方もそれ程儲かっていないらしい。

ここまで書けば、
一番誰が儲けているかは、
すぐ分かるわな(^^)
ズバリ、中間業者以外考えられん。。。
具体的にどこが儲けているかは、怖くてコレ以上は書けないが…( ̄□||||!!


まぁ、年末年始は、
需要と供給のバランスが著しく崩れるので
こうなるのは仕方ないのは分かるが、
結局は消費者、
特に俺みたいな貧乏人が一番の被害者となるのは
紛れも無い事実である(T_T)


鶏肉を例に出したが、
他にも色々えげつないモノがある。

和牛は、
お馴染みのA5とか4とかのランクが有名だが、
この他にSだのSSだのAだの、
メーカーでランク付けがされる。

で、中には、
「Sの上」だの普段では聞きなれないランクを
勝手に作り上げ、値段を吊り上げる中卸も存在したりする。
まったくもって、とんでもない事だ!!


この傾向がもっと顕著なモノの代表格といえば、
やはり蒲鉾だろう。

倍の重量でも値段が3倍以上に跳ね上がるのだから、
たまったものでは無い。

いくら普段の蒲鉾よりも上質とはいえ、
これはやり過ぎだ。

その証拠に、普通の蒲鉾も需要があるから、
本来は売り場の端にでも置くべきであるが、
普通の蒲鉾が売り場から消して
高い蒲鉾を強制的に買わせている。
これでは便乗と言われても仕方がないだろう。


農産物は、相場により、
常日頃から値段の変動が激しいので
慣れてはいるし諦めはつくが、
根野菜も多少相場が上がるのはシャア無いとして、
三つ葉や絹さやなんて、5倍以上(T_T)

(うちでは三つ葉を値段が上がる前の12月20日位に買って水栽培して正月まで「延命」させている。途中で切って使うので、やや短足になるが…)


まぁ、またまた前置きが長くなったが、
売り手には売り手の都合があるのは分かるが、
消費者は、それに付き合う義務は無い。

要は、相応の価値の無いものに、
金は払いたく無い訳で。。。


正月だから仕方無くオセチを食べる方の為に、
なるべく安い食材が売っている店を紹介したい。




まずは、神戸物産が展開する、業務スーパー

http://www.kobebussan.co.jp/sp/index.php


ここでは、鯛要りの高級蒲鉾が
何と298円。
よそなら400円クラスだろう。

又、年末は、普通の100円クラスの蒲鉾がスーパーから消える時期だが、ここでは28日位迄ゲット出来る可能性がある。

他には、伊達巻も普通のサイズが、
同298円と、非常に低価格で買える。


他には、
黒豆、丹波豆の甘露煮が69円(^^)
栗の甘露煮も、150円以内だった。

上記二つは中国産だが、
少し位食う分には問題無いでしょう。

栗きんとんや黒豆は高いし、
そんなに食わないのなら、
これらでの代用にて、かなり出費が抑えられる。


さらには上州鶏の新鮮な生の鶏モモ肉が、
税込2キロ1580円以内で売っている。

俺は、二キロなんて使い切れないんで買わなかったが、
この時期にしては破格の安さだ。
ただ、品切を起こしやすいので、運が必要かな。

鶏肉は正月迄は持たないので、
1枚1枚ラップに包装し、冷凍すれば良い。

輸入冷凍モノの鶏モモで良いなら、
2㎏700円以下で買える。
30日の夜から大晦日早朝にかけて解凍しよう。

正月に来客が来て唐揚げを出すなら、
解凍がてら醤油酒味醂で味付けをしてしまえば、
3日は余裕で保存可能だ。




とりあえずオセチ買い出し第一弾として
昨日ゲットしたのがコレ(^^)
1482732301929


これだけでも近場のスーパーの年末年始価格に比べ
500円以上浮いた(^^)


似た様な価格帯のスーパーに、
トライアルがある。

https://www.trial-net.co.jp/shops/index_map

ここは多少品揃えが違うが、
似た様な価格で買えるモノも多い。

少量で良いなら、
100円ローソンも選択肢になるかな。


何はともあれ
これらはすぐに売り切れるので、
28日位迄にはゲットしておく事だね。。。



問題は、海産物系…

とにかく、海老位は何とかしないとね。。

で、有頭海老は刺身用の中でも、
大きめの奴で代用しよう。

これらは1度解凍されて売られているので、
予め味付けして煮てから冷凍し、
大晦日に解凍すべし。

これで500円は変わってくる。

刺身は、正直どうにもならないから、
高いモノを買うしかない。


しいていえば、正月2週間前位はまだ、
マグロの柵はいくらかマシな値段で売っているので、
溶ける前の半解凍状態の時に、
冷凍庫にぶちこんで保存する位しか手はない。



正月にすき焼きをする方は、
牛の切り落しを明日にでもゲットして冷凍しておこう。
すき焼きなら、この手のモノでも十分楽しめる。


肉屋は、28日からは完全に正月臨戦モードに入る。

正月モード中は、
高い部位を売って売り上げを伸ばしたいしたいので、
抱き合わせで付いてくる安い部位の切り落としは
この日迄に売りさばいててしまいたいのが本音。

そして、豚や鶏で損した分の利益を
容赦無く高級牛肉に乗っけてくる

その上、年明けはみんな金が無く、
和牛なんて買わなくなるから、稼げる時に稼げって感じになるのだ( ̄0 ̄;)

安い部位を今のうちに買う事が、
勝敗を大きく左右するのだ(^^)



とまぁ、色々書いてきたが、
色々工夫すれば、最低でも1000円、
上手くいけば3000円以上変わってくるので、
皆さん色々工夫してみてね。。。

浮いたお金で、B級グルメを食ってくれ(^^)


とにかく、本日27日には、
買い出しの行動を起こそう(^^)

年末忙しくて買い物行けない方は、
正月休みのスーパーが近場にあるなら、
31日午後から半日スーパーに張り付いて、
値引き合戦に参加するしか手は無いわな( ̄0 ̄;)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

ブログネタ
■おいしいもの■ に参加中!
前回、米国産牛リブロースステーキ用を、「ちょに~らいでん風リブロースステーキ」なるヘンテコな激辛ステーキを作ってしまった(-_-;)

実はこのリブロース、カタロースが化けたものなのだ!!

さっきまで前回の記事に、補足でいろいろ書き足していたのだが…

書いている最中ムキになり熱くなってしまい( ̄▽ ̄;)

文章も長くなっちまったんで、
別記事として仕立て直してみました(^^;



現在参加しているのは、「食べる側」のブログカテゴリーだが、
たまには「売る側」の話も面白いかな(^^)
↑↑↑
(目立とう精神旺盛でウザいか??( ; ゜Д゜)……)
20160410_150030


牛カタロースは、肉屋にとっては売りやすく面白い食材。
(まぁ、モモ肉の1つである芯玉という部位や、肩の一部であるシャクシと呼ばれるウデ肉も違う意味で面白いのだが…)

高級肉に化ける部位と、低級??な部位とが混ざっており、どう上手く使うかによって利益が左右されるのです。

和牛やホルスタイン、及びその交雑種と、輸入牛とでは商品作りや売り方が変わってきますが、
共に面白味がある食材で事には変わりありません。

和牛バラ肉にも同じ事が言えますがね~

ちゃんと筋を取り除いてやれば、和牛カタロースの使いにくい部位との合わせ切りの切り落としも高級肉に様変わりして面白い。

如何に高級感を出すか、
付加価値を付けるか、
そしてその価値に偽りの無い商品に仕上げるか
残った価値の低い部位をどう売りさばくか…

ここが腕のみせどころなのだよ


ただ、量販店などはここまで手を掛けていられないのも実情…
カタロースはカタロースとして売るしかありません。

例えば
「安い和牛のカタロース1本回すから、焼肉用を中心として売りさばけ!!」
との命令がバイヤーから下ったら…

和牛特選カルビ焼用(カタロース・手切り)100㌘730円
和牛上カルビ焼用(カタロース・手切り)100㌘630円
和牛徳用カタローススライス焼肉用100㌘550円
の3段階に分けて商品造りをします。

特選カルビには、クラシタ(ハネシタ、ザブトン、アンダーブレードとも呼ばれる)という霜降りの強い部位を回します。
上カルビはその上に付いている部位で固く無い場所。
徳用スライスはそれ以外をつかいます。

リブロース側の数㌢は、リブロースそのものと全く変わらないので(というかリブロースがカタロースにくっついている。境界は数㌢の範囲で曖昧)、リブロースすき焼き用又はしゃぶしゃぶ用で薄めにスライスし、100㌘650円程で、200㌘×4~6パック程で少々利益をいただき(^^;
↑↑
(カタロースはリブロースよりも評価が低く原価も安いので、カタロースにくっついているリブロースは利益の対象となる)

片やアタマに近い部位やネック部位、固い部位なら和牛バラ肉や、和牛モモ肉の細かくて商品として作りにくい部位や、スネの比較的スライスで耐えられる部位と合わせて和牛カタ・モモ・バラミックス切り落としと100㌘350円位で売ります。(スネは広義ではカタやモモの一部)


ただ、数を捌くタイプの店には、そんな手間をかける余裕が無いので、
ある程度はスライサーという機械でガーッと切り、包丁にて焼肉サイズに切る位しか余裕が無い訳で…
固い部位は、単独で小間切れにして売る位でしょう。

主要部位は、全て同値段のカタロース焼肉用100㌘598円として売るしか無い訳です。(あくまで売り方の一例ね…)


逆手にとれば、客サイドが目利き出来るならば、同じカタロースでも、より良い部位を同じ値段でGET出来るチャンスとなります。

4c9fca2b-1



一方、輸入モノであるアメリカ産牛カタロースは、リブロースとカタロースの境界が国産モノよりアバウト…というか雑。カタロースなリブロースが付いている可能性が高いのです。

最近、コス○コ等でカタロースブロックで売っていますが、
同じカタロースでも部位によっては、ステーキに使えるところ、カルビに使えるところ、煮込み等にしか使えない所等様々なので、購入の際は多少の目利きが必要です。
(これはここ8年間にどこの店でも売る様になった、流行りの売り方「カタロースステーキ」にも同じ事がいえます。カタロースステーキって、基本的にカタロースブロックをただ単に薄く切っただけのモノですから)

ちなみに例として載せた写真のカタロースは、
真ん中の脂から上がカルビorサイコロステーキ、
下が筋を取り除いてサイコロステーキ(運よけりゃリブロース風の大きいステーキがギリギリ1枚取れるかな)
左から1/4、及び最も下の筋の混じった部位、真ん中の脂等はシチュー向きの部位となります。


何れも一時間位冷凍庫に入れると切りやすくなります。

バラバラになってしまった所、煮込みにしか使えない所は、さらに冷凍庫に入れて半冷凍状態にすると、薄切りに切りやすくなります。

薄切りにすれば、牛丼にも使えますから…
切るのが失敗したら、ビーフシチュー行きかハンバーグ行きが増えるだけ…
割りきっていれば、それで善し(^-^)

今度機会があったら、牛カタロースのお徳な使い方を実演し、写真付きでしてみましょう。

ただ、輸入牛の相場は、ここ3年位ありえない価格で高止まりしており、その差は一時の倍以上…

家計を直撃しているだけでなく、外食産業を苦しめているのも実情なのです…

食肉業界を離れて久しい俺にとって、牛を安価に買えるルートは皆無…(>_<)

価格の上がった牛は喰える機会が減る一方…
悲しいなぁ~

本日まで、今月の食費がちょいとヤバイ(;゜∇゜)

赤字じゃないケド、このままでは4月末に1泊旅行が出来ん(@_@;)何とかせねば(*`Д´)ノ!!!


…でも寝ずの仕事から帰ったばかりで、とても自炊する気にはなれず、
かといって金のかかる外食は、今は控えねば~

という訳で、車で10分のスーパー迄、昼メシの弁当と晩メシを買いに行ったのだが…

このスーパー、
今日はどえらい事になっとりました( ̄▽ ̄;)

20160410_133512


20160410_133526



…おい!!
なんだよ
この価格!!(゜ロ゜ノ)ノ

安いのは助かるけどさぁ…

購買意欲ソソリ過ぎだろ~
仕入れ値に近すぎ!!
店、大丈夫なのか??と心配にもなりましたが、


結局~

20160410_141558


20160410_143200



20160410_143228


この他にもいろいろ
余計なモノ買いまくり…

3000円越えてしまいました( ; ゜Д゜)
はっきりいってウチら、この予算あったら西船橋に外飲みに行ける~

でもまぁ、これで1ヶ月は肉を買わずに済みます。


さてさて、写真の国産豚小間切れ…
案外モノが良いので、ここで錬金術を繰り出す事に~

20160410_141721


見たところ、豚もも肉使用、薄く1枚1枚がデカいので
、ここからしゃぶしゃぶ用と小間切れに分け…

20160410_142511

100㌘68円の豚小間から、しゃぶしゃぶ用が完成(^^)

こいつでしゃぶしゃぶなら、贅沢にはならんだろう。
早速冷凍だ!!


で、肝心の昼飯は、
惣菜は何も買っていないので、
冷凍メシを解凍して、2枚351円の牛カタロースステーキ用を焼いて載っける事に。

まぁ、ペッパーランチ風にしようって事で( ̄▽ ̄;)
二人でこの値段だから、惣菜コーナーで弁当よりは安いでしょう。
でも結局俺が料理するハメに…
まぁ、焼くだけだがね~

カタロースは、頭寄りよりロース寄りを買うのがポイント。
模様がリブロースっぽいヤツを選びます。

これなら、ほぼリブロースと変わりません。

牛脂とオリーブオイルにニンニク1かけらと沢山の唐辛子を入れ。
塩・胡椒・ごく少量の醤油と白ワインのみ…

野菜も安かったので、肉汁を焼肉のタレを絡めてサッと炒め…

20160410_150030


牛ロースステーキの完成だ!!
唐辛子系を沢山加えたので、結構ピリ辛だぜ♪
見た目は悪いが豪快だろ??

豪快で辛口のイメージ…

これぞ正にジ○ニーライデン風だな~
ワイルドな彼なら喰らいそうだ…

(ジョニーは料理なんてやらんだろうから、…
「ちょに~らいでん」風とでもしとくか(-_-;)……)


でもこんなん喰ってたら、
てぷてぷまるまる一直線
メタポ間違い無し(>_<)

まぁいいや…
24時間寝てないし、疲れているからこれくらいは…

ごっちゃんですm(__)m



さてさて、この貧乏旅行での行程と予算について書いてみようかねぇ~

行ったのは丁度1年前位なんだケド、以前はこのあたりはしょっちゅう行ってたんで、記憶が混ざっているのだよ…

断片的な記憶を繋ぎ合わせて書くのでご了承を…


行ったのは3月末の日曜だったかな??
自宅を朝8時過ぎに出て、新4号を直進

この新4号国道は、たかが一般道と侮る事無かれ…

他の道との交差部分が立体交差になっている場所が多く、信号がとても少ないので、割とスムースに移動出来ます。

map


以前は上の表の様に、茨城県内の五霞あたりからから春日部まで一車線でしたが、今はこの「春日部古河バイパス」部分も全て四車線になっているので、五霞から古河迄の渋滞はそれなりに解消されています。多少は混みますが…

埼玉東部や千葉県から東北方面に行くなら、高速使うよりコスパはかなり良いかと。
…というか、高速は遠回りだし、千葉方面からは乗る必要ありません。

途中、上三川のジョイフル本田で休憩がてらガソリンを給油すれば、さらに安上がりになるかな(^^)
宇都宮市内、特に日光・鬼怒川地区はガソリンが少しだけ高いので、ここで給油すれば多少は予算を浮かせられますかね…

この時は渋滞も無く、昼過ぎに東照宮近くに着いて、そのまま湯葉定食を食べて…

東照宮脇の公営の有料駐車場に車を停め、
東照宮は周囲の見学のみで、輪王寺のみお金払って見学
ここまでで15時位

そこから車を走らせ霧降の滝へ…

途中、今市市内の道の駅近くの酒蔵に寄り、日本酒の試飲を家内にしてもらい、少量のみ購入(^^;

20150427_164805

これがその酒蔵。道の駅のそばなので分かりやすいかな
~
どうせ買うんだから、色々試飲しなきゃ損だと家内を煽っていたら、店のおっちゃん、苦笑い( ̄▽ ̄;)…


17時過ぎに今市のAEONと、鬼怒川のリオンドールに寄り、今夜の酒と肴を買い込み
(AEONでは豆腐や湯葉、厚揚げ、(酒以外の)飲料を、リオンドールでは会津の馬刺と湯葉刺し、日本酒少しとその他の惣菜1品、朝飯のパンを少し)

じゃらんで予約した激安宿に着いたのは19時位だったかと…



翌日は宿で朝風呂(温泉)に入り、パン食って軽く腹ごしらえして10時前に宿を出発、湯西川まで直行…

周囲を少しだけ散歩して、温泉入って…


13時過ぎに道の駅湯西川に寄ってダムカレー食って
鬼怒川に戻って来たのは15時前。

当時の趣味で、ここに寄ったかどうかは、俺の記憶がム○サメ研究所によって消されたんで定かでは無いが…
↑↑
(何言ってんだか…( ̄▽ ̄;)…)
俺のことだ…多分寄ったんだろう…

20141112_131539



ついでに鬼怒川の吊り橋にて見学と休憩…
16時過ぎに出発し、道の駅しもつけに寄りながら帰った様な。

多分このペースなら、自宅着いたのは21時位かと。
詳しくは、過去4回の記事を見てねん~(^^;


で、今回の総決算(概算)をば…

高速・有料道路…400円(日光道)
ガソリン代…2500円位
湯葉定食…二人で3800円位
駐車場…500円
輪王寺見学…二人で800円
酒・夕飯の買い出し等…3500円位
宿代…二人で6300円(素泊まり・各税込み)
湯西川温泉…二人で1000円
ダムカレー等…二人で1500円
その他、帰りのおやつ代等…1700円

合計22000円で収まったかと(^^;

以前なら、この宿はもうちょい安かった時期あったし、昼飯をワンランク落とせば20000円で収める事も可能。

H21年に行った時には最安値17000円で行けた記憶がありますな~
今はこの予算では無理でしょうが、工夫次第では20000円以内に納める事も可能かと。

具体的に言えば、湯葉定食を宇都宮インター近くにある宇都宮餃子にするか、大沢地区の蕎麦にすればコストダウンは可能かな…(^^;


最後、参加しているこのカテゴリーはB級グルメなんで、何か1品載せないとね…

日光といえば湯葉(湯波)ですが、その切り落としが安価で今市のAEONに売っています。
形の整った湯葉の半値で…(^^)
後は、鬼怒川手前にある農産物直売所にてキノコ汁が100円チョイで味わえます(^^)

気になった方々は探してみてくだされ。

売っていない日もあるので、その際はご了承ください…m(__)m

来月も、まだ余裕があるので2~3日に1度のペースで更新していきます。

↑このページのトップヘ