関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:秘密のケンミンshow

関東以外のB級ご当地グルメや郷土料理なんて食べる機会が無いウチらはにとって、
西日本のご当地B級グルメは、まさに未知の世界…

バラ焼きやせり鍋、新潟のイタリアンやカレーの時もそうだが、あまり遠くに行けないオイラは、TV見てヲダレ🤤流しながら諦めるしか無い野田よ、、、😢




で、数ヶ月前ある日、
柏のアリオに行き、フードコートを眺めていたら
以前ネタにした、
M1プレートのオムライスが、

20181214_133107


平日限定で、50円引き
しかもスープとサラダ付きのセットに

あぁ、、、オムライスかぁ、、、
俺は作れないからなぁ、、、


20181214_141303


M1プレートは前にも行ったので、
この時は乗り気では無かった、、、


他にも天丼とかつけ麺とかいきなりステーキとか色々あるので、他も見てから何食うか決めるつもり満々だったんだけど、、、

リードを引っ張られてもデンとして動かない犬の如く
手羽先紅葉サマがM-1プレートの前から動かない。
石ならぬ岩になってしまったようだ、、、(--;)


手羽先紅葉サマ、
数日前に行った横浜の赤レンガの専門店で、
オムライスを食べそびれたのが、余程悔しかったんだろうな。。。


フードコートは、別々の店で注文しても、同じテーブルで食えるのが強みなので
俺は他の店のヤツを何か食べようとしていたが、
目の前に、とある看板が飛び込んできた、、、

20181214_133039




なぬっ⁉️長崎のトルコライスだぁ!!( ; ロ)゚ ゚ ??

今まで何故気がつかなかった⁉️😭


そういゃあ、全国各地のローカルフードを取り上げている大御所の某ブログでも、全国のトルコライスを取り上げられていたよなぁ、、、


長崎名物のトルコライスを千葉で食える、、、
これはいいネタになるな、、、、


って訳で、俺自身も他の店やメニューは眼中になくなり、トルコライスで即決‼️



さて、このトルコライスって、
結構あちらこちらで見掛けるといえば見掛けるし、
俺も何回か似たようなモノは食べた事はあるんだけど、これがバリバリの長崎名物だと知ったのは、
ここ1年位のことだ、、、


カレーピラフに、ナポリタン、
デミグラのかかったトンカツと、少々のサラダがのっているのが基本らしいけど、
大御所の某ブログによると、店や地域によって、様々なバリエーションがあるようだね。。。




さて、待つ事5分
15447621715561129895421923813245


御対麺じゃ

15447622093975416108181051649931


思ったより量は控え目だなぁ、、、
それにデミグラベースのソースも足りないような

ま、文句は言わない。
関東で長崎のB級ご当地グルメが食えるんだから、、、


15447622828233027796831925909957


カツはトンカツで、サクっと揚げられている。
ナポリタンは、かなり甘めのケチャップで和えられている。

さて、カレーピラフには、
雑穀米が使われているようだが、これはM1プレートのオリジナルでしょう、、、

20181214_134350


コイツは、なかなか体によさそうだ。
雑穀米のおかげでシットリとなりすぎず、
ややパラパラした感じに仕上がるし、
個性もあるので、回りの味の濃いオカズには負けない


手羽先紅葉サマの食べた、オムライスセット

15447622440452640594626630296582


こちらの方が、デミグラタップリじゃないか💢

でも、相変わらずのフワトロ感。。。
同じくチキンライスも雑穀米使用。

俺にはこんなに上手くは作れない。


ちなみにM1プレートとは、
明治屋産業という福岡の会社のブランドらしい。
元は精肉に精通している会社のようで、近年はレストラン産業にも力を入れている。
関東では数店舗しか無いので、千葉ではかなりレアな企業である事は間違いないだろう。
↓↓
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

他には、千葉をはじめ関東各地の『神田グリル』という名のチェーンに行けば、長崎系のトルコライスにありつけるようだ。
尚神田グリルには、金沢名物のハントンライスもあるようなので、そのうち挑戦したい。
ただ、共に1000円は超えるけどね、、、
(神田グリルHP)
↓↓
https://www.giraud.co.jp/kanda/


埼玉ケンミンの方は、
AEONレイクタウンの3階にあるフードコートでもトルコライスを食べられる店があるので、
気になった方はgoだな、、、
(こちらは、マンマパスタの系列チェーンらしい)
↓↓
https://www.aeon-laketown.jp/mori/shop/store/food-foo_370.html



このトルコライス、
長崎のものとは全くルーツを異にするトルコライスもあるようなので、ググる際は要注意‼️


特に、関西系のトルコライスは全く要素が違うみたいだし、

東京西部や横浜のトルコライスは、
ナポリタンが載っていないケースが見受けられるようです、、、

詳しくは、ローカルフードブログの大御所のブログを参照してください、、、
俺が語るのと説得力が違う、、、
違いが一目瞭然のいい資料なので、クレーム覚悟であえて紹介しておきます。
↓↓
http://blog.livedoor.jp/e_aji/archives/65945575.html


パスタ、トンカツ、ピラフの『長崎のトルコライス』を食べたい方は、必ず

『長崎 トルコライス 関東』で検索しましょう。






それはそうと、
日本って国は、何故か昔から、トルコ共和国にかなり迷惑かけてきた、、、

このトルコライスだって、本来はイスラム圏のアチラには無いものだし、
サービスが売りの泡の特殊なお風呂だって、昔はトルコと名乗っていた。。。
両方とも、国からクレームが上がったな、、、


後者は『泡の園』に名を変えたが、前者は変えていないけど大丈夫かよ⁉️

しかも、このサイトによると、上記の泡風呂の件を含め、3回のクレームだから、
トルコライスの件を合わせると4回って事になる。

https://ruhiginoue-exblog-jp.cdn.ampproject.org/v/s/ruhiginoue.exblog.jp/amp/23657568/?amp_js_v=a2&_gsa=1&usqp=mq331AQCCAE%3D#referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=ソース%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fruhiginoue.exblog.jp%2F23657568%2F


さすがにヤバいだろ、、、😧

日本はトルコ共和国に対して、
何か悪意を感じているんじゃないかと疑われても、何も言い訳出来ないよな、、、((( ;゚Д゚)))


日本国内でこれだけの事があったなら、即訴訟レベルだろ、、、

これ以上のクレーム来る前に、
政府は何とかしろや、、、、😧



トルコのチームでプレーしている長友とかが人質にされないか、チョッち心配だな、、、😅

今回の秘密のケンミンshow、
特集で石川県の寿司を放映するらしいので、
ある一点に注目して見てしまった、、、


俺が気になるのは、
ノドグロの刺身や生の寿司が、日本海側(番組では石川県)でしか食べる事が出来ないという
『いかにも描写』があるか否か、、、

そこだけは、どうしてもチェックしとかなきゃ👀

20190405_045413


で、番組では、
俺の期待どうり、
海の宝石・ノドグロの寿司が登場\(^^)/



そして、、、


ハイ、やっちゃってくれました\(^^)/ 

番組の取材スタッフが、
回転寿司屋のお客さんに、
『ノドグロの刺身(生寿司)は、この辺じゃなきゃ食べられないですものね、、、』
と話しかけてたのを
俺は聞き逃さなかった😅



『こいつ、重箱のスミをつっ突くような事ばかり言いやがって‼️なんて性格が悪い奴なんだ💢

…と、思われるのは重々承知しているが、
事実と違う事は、ちゃんと書かなきゃならない。。。


第一、こういうツッコミ(゜゜;)\(--;)どころがあってこその『秘密のケンミンshow』だし、
むしろ近年はツッ込まれたり、時には炎上ありきでネタを作っているようにさえ思えますな、、、



この番組には、いろんな意味でいつも楽しませて貰っています。

時には事実を歪曲したり誇張しすぎていると、
ネット上で炎上したり、批判されること事も多々あるんだけど、
何だかんだ言っても全国各地への経済的貢献度は間違いなく高いので、1つだけフォローをいれとかなきゃね。。。



魚類は、
捕れる場所で味の傾向が変わるかと。
例えばブリ系が、その最もたる代表格。

太平洋の魚は大味、
日本海の魚は身が締まって脂が乗って美味いというイメージを一般的に持たれてしまっているのは事実。
代表例では、氷見のブリが該当するかと、、、


それにノドグロという魚は、非常に傷みやすく、
当日に、しかも獲れてから数時間うちに食べないと、
臭みが出て本来の味が楽しめないのもまた事実なり…


そういった意味では、
日本海のノドグロの味は、
獲れ立ての日本海でしか味わう事は出来ないというのは、全く間違ってはいない。


したがって、日本海産のあの味のアカムツがノドグロとして定義されるなら、
太平洋産のアカムツはアカムツであってノドグロとは言えないし、
東京で食べる日本海のノドグロは、本来の物ではないのかもしれませんが、、、


でも、
『ノドグロ=アカムツという種類の魚』が、
日本海でしか獲れない、
…そして、ノドグロ=アカムツを新鮮な状態で食べられるのは、
日本海側だけという意図にて放映されたのであれば、


多いにツッコミを入れなきゃならない(^-^)



ま、んな訳で、
このブログでは『アカムツという名の魚=ノドグロ』として話をすすめていきます。



さて、みなさん、

番組でやっていた、
ノドグロの生(刺身&寿司も)




ちゃんと関東でも捕れるし、鮮度が良ければ生でも食べられます




そこら辺の大手回転寿司にある、
焼き魚みたいな炙りノドグロで我慢するしかないと思われがちだけど、
生を少しだけ安く食べられる場所があるのです。


関東近海のノドグロは、
神奈川や千葉の南側&銚子などでも、たまにお目にかかれるんだけど

比較的出会える可能性が高いのは、

なんと、
茨城(^-^)


もう、茨城を最下位などと、
バカに出来ないね、、、👀

どこぞのブランド研究所の格付けにより、
茨城は多大なる被害を被っているが、
こういう凄いモノがコッソリと隠れている所が、
茨城の魅力である\(^^)/



まずは、茨城のノドグロの話の前に、、、


どうしても、
金沢の三大回転寿司が食べたいなら、
そのうちの1つである『まいもん寿司』が、
関東にも支店を出していますよ、、、


まいもん寿司 幕張新都心店
AEON幕張新都心の1階にあります。
↓↓
https://www.hanamaruudon.com/menu/

makuharisintosin

(画像はまいもん寿司幕張新都心店HPより)

当然、日本海のノドグロもあります、、、
ここの目玉商品だし。。。
この週末、特に混むだろうなぁ、、、
最低1時間は並ぶんじゃないかな⁉️


値段は2貫780円!!!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
俺みたいな貧乏人には辛い価格だな( ω-、)



他には、埼玉の浦和美園のAEONに、もりもり寿司が入っているようだね、、、
ここでも日本海のノドグロが食べられるみたい。



あ、そうそう、
茨城のノドグロの話だったね、、、

とりあえず、何故関東でノドグロが食べられないように思われてしまっているかの、、、⁉️


それは、
先述した様に、関東では、

アカムツ


と、名乗っており、
釣りマニア以外、アカムツ=のどぐろだという事が
あまり知られていないから、、、なのですよ。





でも、ここ5年程のノドグロブームで、
これらをノドグロとして売り出し始めている。
(逆に、千葉ではノドグロを名乗らず、相変わらずアカムツを名乗っている…商売下手にもほどがあるな…)




肝心の、茨城で地物のノドグロを刺身として食べられたり買えたりする場所をば、、、



まずは、
日立市にある



道の駅日立おさかなセンター     
↓↓
http://hitachi-osakana-center.com/index.html

20180521_133502


ここの1階には、
好きなネタを購入し、別売のご飯に載せて、
海鮮丼として食べられるイートインコーナーがある。


20180521_130044


20180521_130131

浜焼きも可能\(^^)/
20180521_133221


当日の水揚げ状況にもよるが、
ここでは、新鮮なノドグロの刺身を食べられる可能性が高い。

ちなみに昨年、一昨年と水揚げされた実績があるが、
それより前には、地物は見たことがなかった。。。

20180521_130225

画像をクリックして拡大すれば、
二種類のノドグロが置いてあるのがよく分かるかと思います。

この日は2切400円!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

かなり高いし、思いっきり足下見られてボられている気がしないでもないが、新潟や富山&石川までの交通費を考えたら、まだ良心的な方かな、、、



しかも、先述のように、
ユメカサゴもノドグロと名乗っている。
これは良く分からないなぁ、、、

和歌山などでは、もうひとつのノドグロと言われているらしいけど、見た目も味もよく似ているし違いが分からない。
誰か詳しい方、教えてください
オネガイシマスm(__)m


ま、それはともかく、
こんな感じで、海鮮丼を自分好みで作る…

現地では、
『身勝手丼』なるネーミングがついています。

ここは土日になれば行列が出来るので、早目に行った方がいい。市場は日曜休みなので、土曜日に行くべきかと、、、
↓↓
20180521_131621

ちなみに画像の身勝手丼は、ノドグロを入れつつも、2つで1800円位なるように、かなり質素に盛って価格を抑えたモノ。。。
予算的には、1人1300円を目安にすれば、
もう少しゴージャスな海鮮丼が出来上がるかと…

これからの時期は、茨城名物である、
シラスを入れることをオススメします。



ちなみに、行ったのは昨年5月。
これからの時期は、
もっと水揚げされる可能性が高くなるね、、、



でもね、、、
やっぱりノドグロは高い。
べらぼうに高い( ω-、)
ヒラメや鯛やイクラよりも高い‼️

自分で下ろすから、
新鮮なノドグロを、もう少し安く買えないか⁉️
と、お考えの方、、、

那珂湊おさかな市場に行ってみてくだされ、、、

20160321_133308


このエリアでは、
規格外の小さいノドグロが獲れることがある。

朝水揚げされたばかりのモノを
かなり安く買う事が可能。

20180522_172023


鰺よりもひとまわり大きい位のサイズで、
刺身に出来る鮮度の日本海産のノドグロは、
1匹2000円は下らないが、

これなら10匹

500円以下‼️    

ま、金魚よりもひとまわり大きい位の
可愛らしいサイズですが(^-^)


この手のモノに出会えるのは運だが、
寄ってみる価値はあるかと。

ノドグロは、サバを刺身で食べるのと同じ位に考えておけば、取り扱い上間違いない。

十分な氷を貰い、発泡スチロールを自宅から持参し、
買って帰ったら当日のうちに下ろして食べなきゃならないので要注意ですかね、、、

身は柔らかく骨は固い。
なかなか下ろしにくいので、
片面は刺身、反対は唐揚げや煮物にまわすと良いと思います。
細かくなったり、バラバラになってしまった部分は
アラ汁にすると非常に美味\(^^)/

20180522_200226

これだけ小さいので、脂の乗りとかが心配かもしれないが、
そこは腐っても鯛、
小さくてもノドグロだ‼

それなりに脂は乗っているよ。
煮物やアラ汁にすると、
半端ない濃い出汁が出る。



万が一、ノドグロが売っていなくとも、
地魚を安く買える事が多々あります。

20160321_133748


地魚は、朝捕れたモノが地べたに無造作に並んでいて、この様に格安で売っているケースもあるが、
そこは自然界のモノなので、日によって水揚げバラつきがあるので、売っていなかったとしても、そこはご了承いただきたいっす。。。


そしてこのおさかな市場では、
ヤマサ水産の回転寿司。
何度も書いているけどね、、、


20160321_120036


20160321_130123


20160321_130213


20160321_131006


ネタは大きさは、
ケンミンshowで取り上げられていた、
金沢の寿司に引けは取らないっす、、、\(^^)/
値段も少し安いし、、、

舌の肥えた新潟出身のブロ友でさえ、
ここの寿司ネタは美味いと言っていたので、
間違いは無いかと思う。



だが、残念ながら、
ここではノドグロを見掛けた事は無い。。。


ノドグロの刺身を食べられる可能性が高いのは、
先述の日立だね、、、

ま、とりあうずは


ノドグロ食いたくなったら
遠くの石川よりも
近くの茨城へおいで\(^^)/



だが、
どうしても日本海のノドグロを刺身で食べたいなら、
前述のまいもん寿司のAEON幕張新都心店に行くか
角上魚類に行って買うしか無いね、、、

この2ヵ所なら、TVのアレに近いモノが食べられる。



あっ、そうそう、
ケンミンshowでもうひとつ取り上げられていた
アコウという魚は、
別名、キジハタという名で、
関東でも釣れるらしい。

今度千葉や茨城で、探してみようかな、、、

先日ケンミンshowにて、
秩父のみそポテトが取り上げられた。。。

ケンミンshow放映11年にて、コレが取り上げられるのが初めてとは意外や意外。。。!!( ; ロ)゚ ゚

番組製作スタッフ、やっと「埼玉B級グルメ」の魅力と奥深さに気がついたか…(^-^)

遅い!!遅すぎる(*`Д´)ノ!!!

埼玉は、ご当地B級グルメ界の原宿・渋谷といえる、
最先端県。。。
開発系、発掘系とも奥が深い野田‼


これからは、北関東と同じ位にスポットを当ててくれる事を期待しております。
(オマケで千葉もヨロシクー。。。)


ご当地B級グルメブログを標榜していながら
このB級グルメ中のB級グルメ「みそポテト」を
何度も取り上げたにも関わらず、自分の趣味の記事が先行し、秩父のグルメを十分にアピール出来なかった事に関して、責任を感じております。。。(≧口≦)ノ


これじゃイカンって事で、
来春迄には、埼玉のご当地B級グルメ一覧をまとめた記事を掲載する予定です。



今回は反省の意味を込めて、
今一度、このみそポテトに関して、色々と書いてみたいかと。。。

81cae02c-s



まずは、番組の補足から。。。


寒冷地・長野の名物といえば「信州味噌」だが、
長野同様に寒冷地であり、
群馬を経由して信州の文化が入ってきやすかった秩父エリアは、当然の様に昔から味噌の産地でもある。

20180810_125402


そして味噌同様、醸造文化の象徴として、
日本酒も質の良いものが作られてきた。
何たってこのエリアは、水がかなり上質だからね…

20160311_113528


そしてこのエリアはセメントの会社があるように、
良質の石灰も入手しやすいので、
農作物を作り終えて痩せた土を再生させるのにこの石灰を使える。
もっと気温に恵まれていれば、もっと色んな二毛作がさかんになった事だろう。

割と手っ取り早く、比較的容易に生産出来るじゃがいもの栽培には適している土地だった。



これは番組でも触れられていた事だけど、
秩父は農家が多かったので、
その一服タイムのオヤツ、お茶うけとして食べられるのが、「小昼飯」と言われるモノ。

いわば、日本風の点心みたいなモノで、
この中には、発掘系ご当地グルメのベースとなるものが幾つか存在する。

その中の代表格が、
このみそポテト

ご当地B級グルメのあるべき姿は、
このみそポテトに凝縮されているといっても過言ではない。
いわば、全国でも見本というべき存在な野田。。。


番組にて作り方を視ていると。。。
じゃがいも、ふかしているんじゃなくて茹でているのは知らなかった(-_-;)
勉強になりましたm(_ _)m



じゃがいもは、サクッ&フックラしたじゃがいもの唐揚げとでも例えようか。。。
意外に衣は厚めだね。。。

みそは普通の合わせ味噌だけど、甘さ、辛さ、味噌の風味、いずれもバランスがいい。

店によって味の違いも様々で、中には柚子を混ぜてサッパリしているのもから、より濃厚なモノ、酒感が強いもの、串に刺していないもの、
そして味噌ポテトというより佐野のいもフライに近いものなど、バリエーションに富んでいる。

20180628_133317


いずれにせよ、同じ秩父名物であるコンニャクを使った味噌おでんを一緒に食べても良い。。。
コレに日本酒があれば最高だな\(^_^)/




このみそポテトは、市内あちらこちらで入手出来る。
一番手軽な価格で買えるのは、スーパーだね

20150808_160310


大体1本100円が相場。
市内のスーパーなら例外なく買えます。

やおよしさんなどのご当地スーパーをはじめ、
このエリアにあるヤオコーやベルクなどの有名スーパーでも当然の様に売っているので、
ロストする方が難しい。。。(^-^)


(秩父地方のヤオコー2店舗)

https://www.yaoko-net.com/store/store01/131.html

https://www.yaoko-net.com/store/store01/104.html


(やおよしの店舗一覧)

http://www.yaoyoshi.jp/tenpo.html


スーパーじゃ嫌だ‼という方は、
道の駅ちちぶや、
秩父鉄道の秩父駅構内にある「ははそ食堂」や、
駅前近辺、
お花畑駅前の立ち食い蕎麦屋、
西武秩父駅の仲見世エリアでも当然ゲット可能。


ちょっと離れた長瀞の駅近くの沿道でも買えます。
このあたりだと、大体200円~300円かな。。。
食べ歩きに丁度よい。



ま、この様に、とにかく犬も歩けば棒に当たる位に
ゲットしやすいんだけど、
Googlemapでは、一店舗しか出てこないので、
まぁ市街地を歩いてみることだね。。。


赤味噌系のみそポテトを俺は見た事が無い。
これと出会う事が今後の課題かな。。。





B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ


そうそう、
埼玉にも、某川下りのある駅近くは、駐車場に気をつけたほうがいい。
客を怒鳴り付けるトンでもない奴がいるからね。。。

客は車を停めてキョロキョロしていたのだが…



駐車場の停め方などがしっかり表記してあれば良いだけのこと。。。


近年、客のマナーにも問題があるかもしれないが、
コレはやりすぎ。。。

怒られたのは俺じゃないけれど、
まわりに居た連中、みんな見ていたよ。。。
昨年の11月のことだったかな、、、


こういう横暴さ1つ1つが、観光地のイメージを悪くする。
関係者は、もう少し気をつけて振る舞ったほうがいいね。。。

毎度おさわがせの
秘密のケンミンshowによると、

ゆにろーずのラーメンは、
茨城のご当地ソウルフードの1つに数えられているらしい(-_-;)


確かにゆにろーずは、
茨城特有のチェーンの1つかもしれないが、
さすがにソウルフードの域までとは…??(^^;

(ご当地ラーメンチェーンは他にゆきむら亭もあるし、山岡家1号店だってあるし、それにつくば市内はラーメンのレベルも高く、埼玉からもラーメンマニアが訪れるくらい激戦区なんで、個人的には、少々無理矢理感は否めないような気が。。。)


で、俺からこのチェーンの事について少々補足を


このゆにろーずはある意味、
埼玉やグンマにある自販機食堂の、もう1つの発展形である。。

どちらもロードサイドのオートレストラン&ゲーセンがルーツなんだけど、ゆにろーずの場合は有人式の食事サービスを重視して展開していった。


ゲーセンの併設はその名残りだし、
ある一定以上の年齢の人にとってゆにろーずは、
ラーメン店というよりも、ゲーセンのイメージが強いのは確かみたいだね…

20180320_134604

以前は少々ヤンチャな連中の溜まり場だったが、
近年のゆにろーずは、遊ぶ場所からメシ食う場所へとチョイと立ち位置が変わってきた事は確かかな…


いったいどれ位味が良くなったのか興味がある…
千葉から一番近いのは取手店。ここならさほど遠くないので、早速足を伸ばして行ってみた。

20180320_140829


この店は。R6号沿いの上り線
藤代と取手の中間位にある。


ケンミンshowのポスターが貼ってあった、。。。

20180320_140817



メニュー、いつの間にか豊富になったんだなぁ…
食券方式。食券買えば自動でオーダーが入る。
自分の番号が呼ばれたら取りに行く方式。
20180320_134427





まずは、オーソドックスな、にんたま醤油ラーメン
20180320_135145


見た目に反して、味はしつこくは無いね…
まろやかな感じのスープ
20180320_135201


で、以前に比べると、麺は太くなっている。
スープは前から良かったが、
最近は麺にも気を使う様になったみたいだ。
以前は生のニンニクをすり潰して入れてるようになっていたんだけど、今回はそのようなものはセットされておらず。。。

20180320_135207


こちらは、その数日前に行った時に食べた
あかたまラーメン。
スタミナ系ってことで、水戸みたいな感じの品をイメージして行ったのだけど、チョイと違った。
レバー入りのアレは、やはりつくばの先か、水戸あたりでしか出会えないみたいだ。

20180320_135152


玉子、にら、ネギ、モヤシが結構入っている。
韓国のチゲ鍋みたいなスープ。結構なピリ辛

玉子が混ざっているので好き嫌いが別れるかもしれないけど、俺は許容範囲…チゲ風なら許せる!!
どこか家庭的なラーメンだね…


漫画も沢山置いてあった。

20180320_140757





今回から書く茨城ご当地グルメ旅シリーズは、
この取手市の「ゆにろーず」からスタート。


千葉の自宅を朝9時前に家を出て、

少し空腹を満たす為にここに再訪し、
とりあえずにんたまラーメンを二人でシェア。
軽い朝飯代わりにした。

これから色々食べるから程々にせんと。。。(^_^;)


ちなみに、ケンミンshowに出てきた小美玉店は、
同じくR6沿いにあり、取手から80分位。

20180521_104354

この店舗は、
別名トラックセンターと呼ばれ、
長距離ドライバーの為の施設。
他のゆにろーずとは、若干毛色が違うかな。。。


風呂は450円也
ちなみに鉱泉でもなんでも無かった。。。


ゆにろーずのサイト
↓↓
http://www.unirose.net/home/index.html



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回もわずか27日間で、
またもや幕下☆☆☆から三段目☆☆に転落

まぁ、コレが本来の実力だからシャアないな…


いつか幕下に再々昇格出来る様、
反骨心と劣等感を糧に
鬱にならない程度に頑張りますm(__)m



さてさて
今まで何度も取り上げた高崎パスタ

今回は、高崎パスタの凄さにも触れながら、今一度書いておこうかな(^^)



高崎パスタは、この界隈に150店もある。
高崎前橋伊勢崎合わせても、人口100万に満たないこの地域で、この数は驚異的かな…


で、その殆んどは個人店やご当地チェーンらしい。


大手チェーンはその強固な地盤に手も足もだせず、
大手のカプリチョーザでさえ、
群馬県には僅か1店舗にしか出店出来ていない。

価格帯やカテゴリーが微妙に違うサイゼリヤでさえも
関東甲信越ではダントツに少ない9店舗のみの出店しか果たせない程、地元の牙城は強固らしい。


うどんチェーンの丸○製麺が讃岐うどんの本場・香川に出店したものの、地元に全く受け入れられず。
僅か3年で閉店した事が近年話題になったが、
まさにそれに良く似たパターンだな。。。


丸○製麺の閉店の要因は、値段で本場に敵わなかったらしいが、高崎パスタの場合はチェーンよりも安いとは言えないので、これ以外が原因か??

あるいは大手チェーン特有のマニュアルが邪魔し
1食あたりのパスタの量を群馬県仕様として増やす事が出来なかったからか??
あるいは群馬県民好みの、あの濃くて甘辛い味が出せなかったかな…??


まぁ専門家じゃ無いので詳しいことは分からないけど
大手チェーンを駆逐したと言う結果だけ見れば
香川の讃岐うどんと群馬の高崎パスタは同列に並べても良い筈だが、
讃岐うどん程、高崎パスタはリスペクトされていない


同様の境地に達したんだから、ご当地グルメとしてもっともっと認知されるべき存在だと俺は思っているんだけどね…




その高崎のパスタの中でも
有名なのはココ

言わずと知れた高崎パスタの老舗。
今まで散々書いてきたので、
今更店名を書く迄もないだろう…

5c4a8e5e


この店のこのメニューが無かったら、
高崎パスタは認知されなかったかもしれないね…

シャンゴ風スパデッテイ
TVでよくやっているし、おまグンTV版にも登場した代表メニュー

20151012_205238-1



デミグラベース??の濃厚で濃い目かつ甘辛い味付け…
焦がした感じと隠し味は味噌とシナモン??

高崎では、
大体のパスタ屋で、濃い味付けの品は必ず1品は置いてあるみたいで、、、
コレが高崎パスタを特徴付ける要素の1つである事は間違いの無い事実かと。。。

しかもシャンゴ等で修行していた人が独立して個人店を経営しているのだから、この流れはある意味自然かな



他県や外国産の乾麺パスタを使っている店が多い中、
このシャンゴでは一部のメニューに群馬県産の小麦を使っているらしい。。。


そう考えると、シャンゴこそ本当にご当地グルメを名乗るに相応しいのかもしれないな…
(セントラルキッチンを持つ強みと言えなくは無いが…)


さて、高崎のパスタ屋全体に言える事だけど、
単品よりもセットメニューを売りにしている店が多い傾向にある。大体1200~1500円で展開している。

シャンゴでも同様で、
俺のオススメはアンティパストのセットと、
レディスセット。


アンティパストのセットは前菜・パスタ・デザート・ソフトドリンク。
レディスセットの方は、サラダ又はスープ・グラタン・小パスタ(といっても他所なら普通サイズ)・デザート・ソフトドリンクという展開だ。


又、期間限定メニューのコース料理をイベントとして開催している時がある。
パスタの種類は選べないけど割と格安なので、
料理の内容によってはコチラが一番コスパがいいかな

例えば2018年1月なら、
こんな感じのメニューが¥1280+税だった様だ。
画像はHPのを拝借(・・;)
ちょっと見にくいので、もうチョイいい画像を観たい方は、アドレスは最後に載せます。

150x150_square_78994863-1



サラダをアンティパスト替わりとし、
ファーストピアット(セカンド??)として
セットのパスタ
そしてメインとパン
最後はデザートって感じで、
一通りのイタリアンのコースになっている。


大人二人で行くなら、このコースにシャンゴ風スパゲッティを注文すれば、とりあえずは満足出来、しかも安上がりかも…


ただ1つ言わせてもらえば、
ワインが500mLのデキャンタで約1500円なのが、チョイと辛いかな…(T_T)





アグーリという、シャンゴのサテライト店は、
残念ながら閉店してしまった😢⤵️⤵️

20161224_204534




参考資料…シャンゴのHP
↓↓
https://shango.co.jp/



今迄のように地元だけにこだわらず、
たまには都内で開催されるご当地B級グルメのイベントに積極的に参加し、都内や近県の方に食べられる機会を作って欲しい。

あれだけTVで取り上げられているのだから、これを機に1度は食べてみたい…という客で行列が出来るのは必至だと思うよ。。。


最後に…
高崎は、
こういう情熱を持った人材がいるから強いんだね…
パスタの麺に情熱を注いでいらっしゃるようだ。
↓↓
https://faavo.jp/takasaki/project/1885



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ