関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:激安ステーキ

昨日、誤って下書きの記事をアップしてしまい…
ヤバイヤバイ😱速攻削除😓



医療業界の末端では、
未だに使い捨てマスクが不足しており、
薬局等に於いても、なかなか入荷しない状態が続いているが、、、

全く関係無い業種の方々が仕入れて販売しているという、おかしな現象が起きている。

https://maonline.jp/articles/mask_shortage_elimination200423?page=2

これらは普段マスクを取り扱ってなくとも、中国との取引や人脈があるから取り寄せる事が可能な様で、

しかも在庫がダブつきかけてきている程在庫が豊富だとか、、、


20200504_215139


まぁ医療用のモノに比べ性能差はあるものの、
無いよりは全然マシだ。

中国は、なるべく高く買ってくれる所に優先的に回すんだろうな、、、
これは商売としては当然の事なので仕方がないが、


だが、必要性の高い場所で不足し、
それよりは逼迫していない場所にダブついているこの現状を放っておくのはいかがなものか、、、




もう一度繰り返します。


街中ではこうしてマスクが沢山売っているのに、医療現場の末端である中小の病院や診療所では相変わらず入荷が無く苦しんでいます。折角法律作ったのなら、天下の宝刀である強制収用を今やらないで何時やるの⁉️ 

こうした問題を解決出来ないのが、
今の政府の実力なのか⁉️

税金返せ(*`Д´)ノ!!!


----------

どうしょうも無い事を書いていてもシャア無いので、
ここらで本題‼️😅



家具や家電、小物が壊れる時って、
何故か不思議な連鎖が起こるは、ある意味アルアルなお約束かと。。。

俺は前回、メガネが破損して、
ニッチもサッチも行かなくなったが、
今回はよりによって、スマホの充電器がぶっ壊れ😱


もう⚡なんだよ‼️、、、何もこんな時に、、、😭


他にも激安のキッチンブリーチやトイレットペーパー&キッチンペーパーやら、
豆腐や納豆など食料品、酒に割る炭酸水まで、
必要なモノが幾つも出てきた、、、


これらが全て格安&税込み価格で買える印西のトライアルに行ったついでに、
折角なので一駅先の牧の原のビッグホップまで脚を伸ばしてみる事にした。


ビッグホップと言えば、ココだよなぁ、、、

20200505_160050


以前記事にした、ロピアの隣にあるステーキ屋。
『ザ・ビフテキ』

ここでもテイクアウトを始めたようだ。

20200505_223403



持ち帰りは、ステーキ&ライスのセットが
なんと590円

しかもライス大盛り無料という大盤振る舞いだ。

20200505_223417



お隣のロピアが激混みだったので、
屋外で待機。。。


10分程待って御対麺だぁ、、、

20200505_160919



箸や袋は有料なので持参。
ステーキのタレはかけ放題だ。

消毒用スプレーもあり、安心だ。
箸とか持ち帰り袋は有料。
うちらは持参したけどね、、、


20200505_181024


俺とした事が画像を撮るのを忘れてしまったので、
過去に行った時の画像をば、、、

20200505_222530


肉は200Gでも、
意外にボリウムがある。

アメリカンビーフの肩ロースは、持ち帰りだからか、
画像の様なミディアムレアではなく、もう少し火が通っている。

ただ焼きたての状態でステーキソースをタップリかけておくと、肉の旨みがステーキソースに移り、
ステーキ丼として美味しくいただける。

駐車場の車の中で手羽先紅葉サマとシェアして食べたが、
このタレのお陰もあり、充分満足していただけた。


それにしても、GWの印西は、
ビッグホップだけでなく、
ベイシアやジョイフル本田、
そしてコストコも、かなり車が停まっていた。。。

いずれも買い物に入るのも躊躇し諦め、、、🆖


トライアルも混んでいるか心配事だったが、
意外と空いていて、
『星空のディスタンス』を保て(←古すぎる😓)

お陰で安心して買い物する事が出来た。。。

15886862252485197853801716111377


充電器694円。。。
助かったぁヽ(^o^;)ノ



それにしても、、、今日は一抹の不安を感じた。


コロナとは今年1年、最低来年迄は、長く付き合わなきゃならない。


今の時期ならドアを解放しても涼しい風が入って来るが、
これが夏だと冷房効果が半減してしまう為、入口は締め切りにせざるを得ない。

より密閉された空間になってしまわないか心配だ。

後は各店が、普段慣れていないテイクアウトを行う事による、食中毒の発生の恐れがある。

国はテイクアウトのガイドラインも作るべきだ。

これらに対していかに対策するかが、短期的な課題になりそうな気がする。

最近の若いモンは
い○なりステーキによく行っているらしいね…(・・;)

しかも、肉マイレージを貯めまくる位に…


あんな高価なモノを月に何回も食えるとは、
実に羨ましい限り(´ρ`)

俺みたいな盆Bオッサンには無理だぁ。。。(;つД`)
アレはA級グルメだからね。。。


でも、
いきな○ステーキを試したいけど、
予算的に厳しいと感じているのは
俺だけじゃ無い筈。。。


と、いうわけで、、、
今回は千葉近辺在住の肉フェチ野郎どもに、
とっておきの店を紹介しときましょう。




千葉県の印西牧の原にある、
BIG HOPというショッピングモール

一時よく失敗例としてマスコミに登場していたが、
最近は立て直しに積極的で、
結構面白い店が入ってきている。

20181009_125838


退去したスーパーの跡に、
神奈川発症の激安スーパー
ロピアが入ったらしい。


このチェーンは肉に強いスーパーなので、
北総線を挟んだ反対側のジョイフル本田に入っているジャパンミートとドンパチ価格合戦をやってくれる事を期待している( ´∀`)


さて、どんなものか入ってみよう。。。
と、入口まで来たが…


ややっ( ロ_ロ)ゞ
何やら面白そうなモノがガラス奥の左に見えたぞ!!

20181009_130844


何やらステーキが激安で食える店みたいだな



20181009_115921


その名も「ザ・ビフテキ」

ステーキを格安で食べられるようで、
その価格は
何と
200g単位で

500円!!

ロピアに併設されているからこそ、
こんなB級グルメ価格で提供出来るんだろな。。。
これは試してみるしかない‼


ライスは100円で大盛り追加料金なし。
焼き野菜追加は50円とのことにて、

俺は400g、手羽先紅葉サマは200g、
共にライス&焼き野菜追加、計1800円で行ってみましょう。。。

尚、ロピアは撮影禁止とその事にて、写真は最低限しか載せられないのが残念


食券を買い、10人以上居るベンチの列に並ぶと、係の方が食券をチェックにくる。
半券に番号が書かれ、その番号が呼ばれると出来上がりだ‼

尚、店舗内の立席で食べるか、後ろの薬局の脇にあるフードコートスペースで食べるか聞かれるので、
うちらはフードコートを選択。

待つ事10分、
いよいよ御対麺である\(^^)/


20181009_121415


なんだか迫力が伝わらないなぁ、、、
これならどう❔


20181009_121503


これで400gサイズだ。

まさに、

the 肉

アメリカ産の牛肩ロースを次から次に網で焼き、
それを予めカットした奴を計りに載せて提供しているようだ。
ひっきりなしにお客さんが来て、常に行列状態なので
肉は常に焼き立てだ。

容器はプラスチック、フォークは使わず箸で提供する事で洗いものの手間を省いて効率化している。
20181009_121513


肉はミディアムレアなので、付属している石の上に乗せて自分で調整する。
尚、石が冷めたら受付にて交換してくれるので、遠慮なく申し出よう。


上から見た図。


20181009_121404


200と400の差がこれ。
肉を少し手羽先紅葉サマに入れ、これでフェアにした


いざ、実食

まずは、塩胡椒で。

肉は全く臭みが無く、旨味が引き立つ。
ライスを頼まずに肉だけを食べるなら、一番いい食べ方かな。

肉の容器はプラスチックなので、それほど熱くはない
先程の石で少し温める。

次に和風ソース
俺はこれが一番好きだ。
焼きそば野菜にもライスにも合う。

最後はオニオンソース
これはワインビネガーが効いており、むこうの味になる。
焼き野菜&ライスじゃなく、
生野菜とパンが欲しくなる味だ( ´∀`)

20181009_121218


肉は、肩ロースだからか、柔らかい部位と硬い部位が混ざっているが、噛みきれない程ではない。
パサつきも無く、ジューシーな牛ステーキが味わえる

いきなりステーキみたいに塊の肉を自分で大きくカットして、
野獣の如くむさぼり喰いたい人には不向きだが、
それに拘らずに、ただ肉をガッツリ食べたい人にはもってこいだ。

営業時間が短い事と、常に行列なのがネックでもあるが、多少なら並んで食べる価値はあると思う。

これがもしアメリカにあったなら
マイナーリーガはきっと喜ぶだろなぁ…


ちなみに周りに居た他のお客さんは、
肉だけしか注文せず、ひたすらガッツいている男女も数人居たり、メニューにあるチョイと値段の高い国産牛ステーキを食べている夫婦も目立つ。
年齢層も幅広い。


で、ここのロピアは、
他地区のロピアより若干安い価格設定になっている。

肉は勿論のこと、ワイン、豆腐、納豆は業務スーパーやトライアルに対抗出来る価格なので、
ついでの買い物にはもってこいだね。。。

ここのステーキの材料となる、
アメリカ産牛肩ロースステーキ用に関しては、
このエリアでは最安値。
次は自宅で試すのも面白いかもしれない。


ザ・ビフテキの食べログ記事
↓↓
https://s.tabelog.com/chiba/A1203/A120304/12044063/top_amp/

↑このページのトップヘ