関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:激安

千葉に行くには、遅くとも朝9時前には大泉から外環に入っておいた方が無難。

これでも京葉道に入ると、穴川渋滞にハマる。
大泉から東金経由で九十九里へは、京葉道路とのジャンクションや穴川渋滞を考慮し、最悪3時間半近く時間をみておくべきかと。。。

普通の土日はそこまでじゃないけど、余裕はあった方がいいかな。。

海の駅九十九里で、とりあえずは海の幸だな
ここには遅くとも、13時前には着きたい。
20170523_144100


ここは、千葉では珍しく海の幸が格安で食える、俺オススメの格安スポットの1つだ。


これからまだまだ沢山魚をたべるから、
とりあえずは、左の3色丼か、右のイワシ天丼で良いかな。。。
最近値上げしてしまったが、それでも共に1000円以下なので、千葉としては安い方だとおもう。
(後日再訪したら、かなり値上げされていた😭)

しかもここは地物が多く、いわしは素晴らしい鮮度なので充分満足出来る筈だ。


20170627_132607



フードコートの隣の店の名物である1000円船盛り定食の店は行列。
かなり待たされるから、時間に余裕がある時のみ勧める。
(船盛りも最近値上げしてしまった( ;∀;)…)

20170523_135904



海の駅まで行く時間的余裕の無い方、
食欲に自信のある方は、
不動堂インター近くにある、
ばんやさんのイワシ定食がお薦めだ。


20151125_120240

天ぷら、煮物、刺身、汁物が全てイワシという
まさにイワシ尽くしのコース料理!!
臭みも全く無く、イワシの概念が変わるだろう。
税込みで1400円弱かかるが、是非食べて欲しい品だ。

ま、上記のあたりで飯食った後は、
すこしだけ外房の海を見てみよう。

20160531_162622


但し、7月半ばからは、
不動堂町営駐車場をはじめとした、海近くの駐車場は
かなりの駐車料金を取られるので注意が必要。





時間があれば、茂原から少々内陸部へ。

1時間チョイで、ぽっぽの丘に何とか間に合う。
着いたのは3時。

20140309_155413




ここでは貴重な車輌を無料で見物可能だ!!

20140309_155200


その足で大多喜城へ。
入場料は200円。駐車場はタダ(^^)

20170418_154955


4時半に大多喜を出発すれば、
午後6時前には余裕で鴨川に着ける。


何故鴨川かって??

ここには2食付きなのに、格安の宿があるのだよ…



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回は、久々に海鮮ネタを一発!!…


千葉や埼玉・茨城南部在住の方々にとっては
茨城で美味い魚が食える場所といえば、
那珂湊や大洗が思い浮かぶでしょう。


…だけどこうした沿岸部は、
一部を除き、観光地価格化に拍車がかかっている。


今回は、もっと安く刺身を食べられる店を紹介しとこうかな(^^)


水戸市内にある、魚いちずという食堂
午後3時迄しか営業していない、
鮮魚ランチ専門店だ。

20170831_134129


入口は、屋根付き駐車場の奥にある。
チョイと入りにくいかな…

20170831_134059


以前はもっとメニューの種類があったが、
最近は大部絞っているみたいだね…

この日は、旬のサンマの刺身、カツオの刺身、カツオのタタキ、鯛の刺身、煮魚定食、イワシの刺身の六種類のみ。

水揚げによって、メニューは変わるようだ。

20170831_131526


コレはカツオのタタキ定食。
ニンニク味噌タレを、野菜とあえて食べる。

20170831_131800


タタキは手作り。
けっこう味は濃い目( ̄▽ ̄;)
野菜と混ぜて丁度良い。


20170831_131611


手羽先紅葉サマは
鯛の刺身定食に、マグロのアラ煮@150円だ。

鯛はかなりプリプリ。

で、この店は、
定食が全て
600円( ; ゜Д゜)

驚愕の安さ!!

味付けは、
北関東らしく全体的にかなり濃い目。。。
ライスの盛りは少な目かな…

人気店なので、行列が出来る時も多く、
食事時間は30分の制限がある。

お茶はセルフ、
下膳も自ら行わなきゃならないが、
この価格なら納得だ(^^)


ライスの盛りが少な目なのを逆手にとり、
昼前後にここで食事した後、あちらこちらを観光
夕方に帰る際、
水戸駅や水戸インターの近くで、
茨城名物・スタミナラーメンを味わうのも良いかも…


(※残念ながら、この魚いちずさんは、閉業してしまいました。)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

……………………………………………………………………………………………

ご心配おかけした各位にご報告をm(__)m

とりあえずガンではなかったので安心

でも要手術ということにて、まだまだ油断大敵(-_-;)

心臓など、色々リスクが高い。。。

来春までは、病との戦いがいつ勃発するか分からん!!

という訳で、
とりあえず食わせまくって体力つけさせるしかないな…

俺はB級なモノが大好きだ!!

いつも買う手羽元や鶏モモ肉はB級品
人参や大根も、曲がったB級品を買う。。。
自宅もB級、給与はC級(-_-;)

持ってるギターもB級(←その腕はC級…)


俺はB級な人生を歩んで来たといっても過言ではない!!

よって魚もB級が大好き…というか、落ち着けるね(^^)




さてさて、そのB級魚の1つが「真イワシ」

近年は漁獲量が減りつつあり、
一流半の魚に出世しつつある。


が、この魚は独特の臭みがあり、
敬遠する人が多いのも事実…

だが、本場九十九里で食えば、
この概念は吹き飛ばされるだろう(⌒0⌒)/~~



以前弊ブログで取り上げた、
超巨大天丼で有名な九十九里の「ばんや」さん。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/5268633.html



俺的には、巨大天丼よりも、
もっと薦めたいメニューがある。

20151125_120240


イワシづくし定食だ。
1200円を越えてしまうが、
イワシの刺身をはじめ、
煮物、天ぷら、そしてツミレ団子にした汁など、
まさにイワシづくしのコース料理である。

天ぷらはフワフワでサクサク、
煮物は身が崩れない絶妙さ。甘辛く仕上げてある。
ツミレも、全く臭みが無いのが不思議だ。

刺身は、脂の乗りがよく、しかも臭みが無い!!

イワシってこんなに美味かったのか??
と、見直す事間違いなし!!


水揚げに左右されるが、
当たりの日は、マジでハンパない鮮度で、
臭みが感じられない。

少々高い気がするかもしれないが、
この品数でこの価格は、間違いなくこの地域最安値!!

これだけ様々なイワシ料理を味わえるのであれば、
かなりのお値打ち価格と言っても過言では無いと思う。


この時期のイワシは入梅イワシと言われ、
一番の旬である。
是非一度お試しあれ\(^_^)/

ばんやさんのHP
↓↓
http://99banya.com/info.html


よろしければ、よろしく
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今月入ってから連日、
千葉の特集第一弾を書いているが、
とりあえずそれも明日で終わり。。。


第二弾は、夏迄に掲載する予定である。

今年頭からネタを集めをして、
現地レポ&下書きをしているが、
検証しなければいけない事がまだ幾つかあり
まだまだレポとしては不完全(-_-;)

当ブログの情報を
当てにしている方は殆んどいないとは思うが、
もし気にしている方がいらっしゃったら、
もう少しだけお待ちくださいm(__)m


さてさて、この記事は過去記事の再編。
皆さんに是非知って戴きたい店なので、
再び掲載することにした。


千葉は茨城に比べ、
海鮮系の料理の相場が少しだけ高いと、
何度も書いてきたが、
千葉にも例外的に、安い場所が幾つかある。


中でも、
千葉の内房の海の幸を一番安く食べられるのは
間違いなくこの、ととや77であろう。
[一見、(魚"や司)と書いてあるように見える青い店]


20160816_121555


木更津駅東口から東に直進する大通りから
左に入った場所にある。
細い道路沿いという目立たない場所なので
少し迷うかもしれないが、
電車組にも、十分に行ける場所にあるのが良い(^^)


尚、
昼の部の営業終了時間は、11時~13時半位まで。
時間に制約があるので、注意が必要だ。

木更津といえば、アサリ料理
そして富津といえば、穴子丼の類いのB級グルメ、
はかりめ丼が有名だが、

この店は、きちんとそのツボを押さえた
メニューを安価で提供してくれる。

20160816_120905


木更津丼は、アサリをメインにした丼。
バカ貝は、アオヤギの別名。
これを使ったカレーも、現地らしいメニューだ。
穴子はお重と、天丼の二種類。


我々が行った時は、
俺が地魚天丼を
手羽先紅葉サマは海鮮丼を注文してみた。

尚、地魚天丼はここでの調理ではなく、
すぐそばにある系列の高級店で揚げて来るみたいで、
お得感満載ダ!!

10分チョイ待つ間に、店の写真とか様子をば
20160816_123507



ここは本来は弁当屋であるが、
ここで食べる事も出来る。
イートインコーナーは、
壁側に2席、窓側に2席の計4席


俺らが待つ間も、注文予約の電話がひっきりなしだった

ジモティにもかなり人気ある店みたいだね…
やはり海鮮丼がNo.1の人気みたいだ。

20160816_123356

そして、煮物が幾つか売っていた。

この日はカマス、カレイ、イナダの三種類
一緒にカレイの煮物@120円もつまんでみましょう。

20160816_122103




地魚天丼は、アジ・カマス・あなごに
茄子・ニンジンなど。甘いタレがかかっている。

20170418_132817



海鮮丼は、マグロ・イカ・イナダなど、
日替わりのネタをはじめ
何と甘エビやイクラまで載っている( ̄▽ ̄;)
こいつはさスゴイお得感がある。


20160816_122107



しかも、イートイン客には、
イナダのアラを使ったお吸い物まで
ついてくるのダ\(^^)/

いざ、実食

天ぷらはサクサク、タレも甘く
ただ、ゴハンの量は少な目だ。

海鮮丼は酢メシで、マグロもトロトロ感あり。
これで2つ計1080円はお得。
カレイの煮物も120円とお買得

(※H30年時点では、海鮮丼は700円に値上げ。夜は営業
せず、3件隣のマルシエにて定食屋として営業し、全体的に値上げされているので要注意‼️)


尚駐車場は、系列店の場所が使える場合もあるが、
ウチらは店の真ん前の駐車場を利用。

20160816_123909



20160816_123937


平日扱いだったから、一時間100円で済んだが、
平日夜間と土日祝日は一時間800円かかるので注意が必要(-_-;)
横浜も真っ青な価格だ(-_-;)


もし店が満員であれば、
木更津港にある公園移動して
富士山を見ながら食べるのも良いだろう。

岸壁に腰掛けながら食べると、
なかなか良い雰囲気を味わえると思う。

尚、この公園の駐車場は無料だ(^^)




20160816_130517




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

大洗海鮮市場について触れたので、
ついでにその周辺についても触れてみよう。

以前も記事にしたカキ小屋という店は、
この大洗海鮮市場の裏に位置する。

20160912_150837


最近話題になっている新興店で、
豊富な貝類を、豪快に焼いて食べられる。

20160912_142848


ここからトレイに海鮮を取ってきて、
レジでお金を払うシステム。
ちなみに各定食は、レジで直接注文する。

注意書き↓↓

20160912_150954


20160912_143020

定食も様々なメニューがあるようだ。

これから様々なモノを食う予定があったので、
ウチラは一番小さくて安い、バラちらし丼を注文!!

時期によっては、生シラス丼もある。

20160912_143819


普通の男用のお茶碗サイズで小振りではあるが、
ちゃんとアラ汁も小鉢も着く。

これプラス、海鮮バーベキューを注文してくれ!
…という事なのだろう。


店の名の通り、
特にカキの食べ放題が名物なのたが、
これは3000円近くするので、
俺はチョイとパス(T_T)


他の貝もそれなりに値は張るし、
他のモノも食べたいので、
あまり満腹にする訳にもいかず…

かといって、折角来たのだから、1品位は食べたい…

って事で、バイ貝が10個位入って300円のヤツを見つけたので、これを食う事にした。

20160912_143618


う~ん…ちと淋しいが…(~_~;)

あくまで、雰囲気だけ味わうという事で…


で、コレは網焼きでは無く、
専用の釜で蒸し焼きにする
「ガンガン焼き」
として食う貝らしい。

釜はコイツだ!!

20160912_144019


蒸し焼きは、店ん中を巡回している、おっちゃんがやってくれるのだ。
で、10分待って出来たのがコレだ!!
20160912_144730


かなり熱いんで、貝を取る時は注意が必要だ。

貝の中身は、クルクル回しながら取るのだが、
最後の方…内蔵迄キレイに取るのは、チョイと苦労するかも…。内蔵は美味なので、上手く取ってね。


で、食い終わって気がついたのたが…

20160912_150530





このカキ小屋と、前回掲載したアンコウ汁の店って、
繋がっていたのね…(@_@)
知らなかった( ̄□||||!!

尚、繋がっているからといって、アンコウ汁とここの海鮮丼を一緒に食えるかは、不明である(・・;)

又、アンコウ汁の店側では、別コーナーにて、店員が焼く浜焼きも販売している。
コレを狙うのも手だね。。。



とりあえず、二人で1460円で済んだ(^^;
この価格でこれだけ楽しめれば十分だわな\(^^)/


※H29年頭より、小さいバラチラシ丼はメニューから消えてしまいました(T_T)大サイズは、900円以下であります。もしかしたら平日ならメニューにあるのかな??



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ