関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:海の幸

夏の千葉といゃあ、

海水浴だけど、
俺は30年近く海水浴に行ってないなぁ…

で、その海水浴ついでに行ける、
取って置きの場所を紹介するとしよう。


でも、その前に…

俺は今まで、

千葉は高いだの

努力が足りないだの

茨城に負けるだの


散々地元千葉を貶していた事を

素直に詫びねばならないm(__)m


こんな凄い店が、
千葉にもあったなんて…( ; ゜Д゜)!!


その場所は

片貝海岸の最北、片貝漁港にある観光施設の中にある店の中の一画にある。


20170523_144100


2階のフードコートがあり、
いずれも素晴らしい海の幸を提供する店舗が3つ入っているのだが、今回の目当ては一番奥の店!!


20170523_142531


先月頭に、この海の駅の記事は書いたのだが、
一番の人気メニューは、行列がハンパ無いんで、食べそびれてしまった。。。

今回はその一番人気の品、
船盛り定食を食わしてくれる
みっちゃん食堂にリベンジだ!!

20170523_135437


平日13時前で、待ちは20人!!
前回はこの倍のお客さんが居たので、
無事ありつけそう。。。


待つ事20分
その一番人気の品、
船盛り定食とご対面だ(`Д´)ノ!!

20170523_135904


これで、
何と
1000円


しかも、
税込み価格!!



生マグロ迄乗っていたのにはビックリ( ; ゜Д゜)

ただ、一部の刺身は一切れずつしか載っていないのは
、ご愛敬(^^;


ただ、ここに来たのに刺身だけでは勿体ない。
刺身は手羽先紅葉サマとネズミん子婆さんから少しだけ失敬する事にし、違うモノを食べたいって事で…
俺は煮魚定食を注文。
20170523_135921


スズキ系の魚とサバだった。
甘辛く煮付けられていて、酒が欲しくなる味だ。
なんと、コレで
500円!!\(゜o゜;)/



ただ、これはホンの一部にしか過ぎないので、
これからも行く機会が増えると思う(^^)

それにしても、
この店なら、

那珂湊にあるヤマサ水産の回転寿司や、
大洗の直売センターのチラシ寿司、

水戸市内の激安海鮮の店「魚いちず」や
回転寿司の「まるくに」

常陸南太田インター近くの「日立南ドライブイン」
土浦市の「土浦魚市場」

(寿司部門の営業があれば)徳次郎食堂のチラシ寿司

…といった、
茨城の激安海鮮の有名店とタメ張れるな…♪



後日談

残念ながら、千円船盛りは無くなってしまったようです。テナントも変わったようで、全体的に値上げされています。
さすが千葉は強気だね。。。。

20180626_140504




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さてさて、昨日の続き。

海のの駅九十九里の三店舗あるフードコートの
真ん中の店は「イワシ天丼」が人気

20170523_132142


後は九十九丼という、日替りの地魚が三種類載っている海鮮丼がある。


一度に、ホイ(^^)

20170627_132607


イワシ天丼の甘辛いタレは、汁だくだわ(^^)
新鮮なんで、勿論臭みは無い。

九十九丼は、平目、イナダ、タイ(??)などが各3切れずつ
他に焼きサーモンと玉子焼きがひと切れずつ。


小さいお子さま用の皿を拝借し
昨日掲載のイワシ刺身定食と合わせ、3人で分けあって食べたが、
シェアは二人で2品が丁度良かったな。。。
コメが少ない(T_T)


今回はたべられなかったが、
そのうち一番奥の店の船盛定食、
再チャレンジしてみたい。




……………………………………………………………………………………

H30年半ばに、どうやら値上げしたみたいです。

GWも、もうすぐ終盤だねぇ…
今回から数回は
日帰りで行ける千葉を掲載しとこう(^^)

行ったのはまだ暖かくな少し前…
自宅を10時過ぎに出発し、浜金谷駅近くに着いたのは
昼1時前…

金谷~久里浜迄のフェリーターミナル周囲には、
レストランや土産屋の入っている場所がある。
(昔は無かったが…いつの間に出来たんだ??)


20170124_143319


土産屋も、かなりの賑わいを見せている

20170124_134233



いい加減腹が減ったんで、何か食おうとしたが、
そこはやはり観光地…
どこも、海鮮丼系は最低1500円~2000円の
ブルジョア観光地価格で、手が届かない。


但し、どこにも例外は存在するもので、
周囲には激安で食える店がひっそりとあるもの。

…って事で、少し歩きまわり価格を比較した結果、
今回最安値のココにお邪魔した。

20170124_143309


ここはパッと見ラーメン屋だが、
磯トロ丼というモノも存在する。

20170124_143258


価格は1000円と、このエリアにしては
かなりリーズナブルだ

この日は、ワラサ・ヒラメ・鯵・烏賊の4種の具
それにネバネバな海草が載っておる。

20170124_142059



具は水揚げで左右されるが、
原則地物がメインなんで、
鮮度面ではハズレは無い。

手羽先紅葉サマは、
鯵天丼を注文

20170124_141639


こちらは新鮮な鯵の天ぷらが3つに、野菜天が3つ
1000円でなかなかのボリウムだ。

鯵はとにかく鮮度が良い。

観光地にありがちな、地魚でも何でも無いものを
ボッタで食わされたらたまったモノでは無いが、
この店ならその心配は無用だ\(^^)/


この後、フェリーターミナルの裏で
海をポーッと眺めた。

20170124_143923


晴れた冬の日は、富士山がハンパなくキレイだ。


20170124_134058


ウチらはこの後、少し南下して鴨川方面に向かうが、
クルージングを兼ねる方は、
ここからフェリーで、神奈川の久里浜迄40分。
750円位かな。
軽自動車だと運転手一人込みで3200円位。
帰りは神奈川を回って帰るのも悪くない。
(まぁ、チョイと大変だが )

上手くいけば道の駅にて、フェリーの割引券が置いてある事がある。
上手く活用したいね(^^)

この店の情報
↓↓
https://s.tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12014409/


役に立ったかな??立ったらポチっと!!
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今月入ってから連日、
千葉の特集第一弾を書いているが、
とりあえずそれも明日で終わり。。。


第二弾は、夏迄に掲載する予定である。

今年頭からネタを集めをして、
現地レポ&下書きをしているが、
検証しなければいけない事がまだ幾つかあり
まだまだレポとしては不完全(-_-;)

当ブログの情報を
当てにしている方は殆んどいないとは思うが、
もし気にしている方がいらっしゃったら、
もう少しだけお待ちくださいm(__)m


さてさて、この記事は過去記事の再編。
皆さんに是非知って戴きたい店なので、
再び掲載することにした。


千葉は茨城に比べ、
海鮮系の料理の相場が少しだけ高いと、
何度も書いてきたが、
千葉にも例外的に、安い場所が幾つかある。


中でも、
千葉の内房の海の幸を一番安く食べられるのは
間違いなくこの、ととや77であろう。
[一見、(魚"や司)と書いてあるように見える青い店]


20160816_121555


木更津駅東口から東に直進する大通りから
左に入った場所にある。
細い道路沿いという目立たない場所なので
少し迷うかもしれないが、
電車組にも、十分に行ける場所にあるのが良い(^^)


尚、
昼の部の営業終了時間は、11時~13時半位まで。
時間に制約があるので、注意が必要だ。

木更津といえば、アサリ料理
そして富津といえば、穴子丼の類いのB級グルメ、
はかりめ丼が有名だが、

この店は、きちんとそのツボを押さえた
メニューを安価で提供してくれる。

20160816_120905


木更津丼は、アサリをメインにした丼。
バカ貝は、アオヤギの別名。
これを使ったカレーも、現地らしいメニューだ。
穴子はお重と、天丼の二種類。


我々が行った時は、
俺が地魚天丼を
手羽先紅葉サマは海鮮丼を注文してみた。

尚、地魚天丼はここでの調理ではなく、
すぐそばにある系列の高級店で揚げて来るみたいで、
お得感満載ダ!!

10分チョイ待つ間に、店の写真とか様子をば
20160816_123507



ここは本来は弁当屋であるが、
ここで食べる事も出来る。
イートインコーナーは、
壁側に2席、窓側に2席の計4席


俺らが待つ間も、注文予約の電話がひっきりなしだった

ジモティにもかなり人気ある店みたいだね…
やはり海鮮丼がNo.1の人気みたいだ。

20160816_123356

そして、煮物が幾つか売っていた。

この日はカマス、カレイ、イナダの三種類
一緒にカレイの煮物@120円もつまんでみましょう。

20160816_122103




地魚天丼は、アジ・カマス・あなごに
茄子・ニンジンなど。甘いタレがかかっている。

20170418_132817



海鮮丼は、マグロ・イカ・イナダなど、
日替わりのネタをはじめ
何と甘エビやイクラまで載っている( ̄▽ ̄;)
こいつはさスゴイお得感がある。


20160816_122107



しかも、イートイン客には、
イナダのアラを使ったお吸い物まで
ついてくるのダ\(^^)/

いざ、実食

天ぷらはサクサク、タレも甘く
ただ、ゴハンの量は少な目だ。

海鮮丼は酢メシで、マグロもトロトロ感あり。
これで2つ計1080円はお得。
カレイの煮物も120円とお買得

(※H30年時点では、海鮮丼は700円に値上げ。夜は営業
せず、3件隣のマルシエにて定食屋として営業し、全体的に値上げされているので要注意‼️)


尚駐車場は、系列店の場所が使える場合もあるが、
ウチらは店の真ん前の駐車場を利用。

20160816_123909



20160816_123937


平日扱いだったから、一時間100円で済んだが、
平日夜間と土日祝日は一時間800円かかるので注意が必要(-_-;)
横浜も真っ青な価格だ(-_-;)


もし店が満員であれば、
木更津港にある公園移動して
富士山を見ながら食べるのも良いだろう。

岸壁に腰掛けながら食べると、
なかなか良い雰囲気を味わえると思う。

尚、この公園の駐車場は無料だ(^^)




20160816_130517




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

たまには、行ったばかりの新鮮な記事をUPしよう(^^)


千葉の鋸南には、
新鮮な海の幸を食べさせてくれる店が多い。

だが、このエリアは
一部の店以外、一人あたり、
1500円~2500円の予算を必要とするのは
避けられない。。。

オイラみたいなボンビーには、
本来無縁である筈の場所である


このブログは本来、
あまり金を使わずに、
いかに食や旅を楽しむ事をテーマにしているが、

まぁ、誕生日も近いし…
たまには良いでしょうってことで…(^^;


でもどうせ、
チョイと高いモノ食うなら、
せめて値段以上に良いモノを食べたい

ってのが人情だろう。。


で、この鋸南で、
前からずっと気になっていた店があったのを思い出し
急遽行ってみる事にした。


竹岡から浜金谷の間の国道沿い、
カーブの手前にあるこの店だ。

20170306_134450


20170306_134504



「まるとし」という、魚屋直営の食堂らしい。

1階の扉を開けると、
脇の入り口から2階に上がってくれと言われる。


この絶景を見ながら
海の幸を堪能してほしいという配慮なのだろう。

20170306_124339



行ったのは雨の日だったし、
写真じゃ伝わらないかもしれないが、
晴れた日には、富士山が良く見える筈だ。


20170306_124522


さてさて、ここはランチが税込1500円から。


他には、本日採れた魚が書いてあり、
値段や料理法は要相談みたいだが、
高そうなので無理はしなかった(^^)


うちらは、セットに刺身がつくので、
名物の黄金アジのフライと、
カジキのフライを注文


20170306_125324




さすが、黄金アジ

ここのアジは、いつ食っても美味い。

身が適度に柔らかくも、締まりがある。
臭みも無く、肉厚だ!!

カジキはパサパサとは無縁。
中身しっとり皮サクサク
脂も濃厚…まるで肉だな(^^)

刺身は日替りで、マグロ、ブリ、ヒラメ、蛸の4種。

いずれも少しずつではあるが、
ブリの脂の乗り、
ヒラメの歯応えと臭みの無い繊細さが
ハンパではなかった。。。

この店は、間違いないホンモノだぁ~\(^-^)/




と、喜んだのも束の間




ここで、思わぬアクシデントが…( ; ゜Д゜)



後から入店したお客さんが、
今日のオススメを聞いていた。
「今日は、アカムツがありますよ」

(ふ~ん、アカムツってのがあるんだ…
ま、どうせ高くて無縁なんだろ~なぁ…)
など、聞き流していたが、、、




「……アカムツは、ノドグロとも呼ばれて…」




…………………えっ(;゜∇゜)??




…なにっ( ̄□||||!!
ノドグロだぁぁぁぁ~??( ; ゜Д゜)




このノドグロという魚、
TVなどで最近何かと話題になっているが、
傷むのがすこぶる早く
扱うのが非常に難しい魚で、
形の良いものは10000円以上する高級魚だ。



その美味さは、
新潟出身のブロ友であった
青ぺん氏から何度か伺っていたものの、
日本海でしか獲れない魚だと思って、
今迄食うのを諦めていたが…
まさかこの千葉で…??( ; ゜Д゜)



この日は激安の1匹2500円~らしかった。
高い様に感じられるが、
モノを考えたら、これは安すぎるだろう。



で、食後、
レジにお金を払いに行った後、
ご主人が手があいた様なので、
恐る恐るノドグロについて質問してみたら、
ご丁寧に、現物を見せてくれた。


ノドグロには、様々なネーミングがあるみたいで、
アカムツが一般的。

一部、アカムツでは無いカサゴの類いも
ノドの黒いモノがあるとも。。。


又、
「このノドグロは地物。
うちは地元産しか使わないんです。
時々入ってくるんですよ。刺身でも大丈夫」

と、自信アリの表情で話されていたのが
印象的だった。


こちらはホンモノのノドグロを見せてもらい
関東にも居る事に興奮したのと同時に

食べそびれた事に対して
かなりガッカリしてしまった。。。。゛(ノ‥)ノ


ちゃんとボードにもアカムツと書いてあったのに
アカムツをノドグロと知らない俺のミスだ
(今までユメカサゴだけがノドグロだと思っていた…)

無知を恥じねばならない…


ノドグロの旬は寒くなる時期から。

もう今シーズンは終わりなので、暫くは無理だが、
来年頭にでも必ず行ってみよう\(^-^)/


来年迄待てない方は、
今すぐ速攻行かれた方がいいかも。。


でもノドグロの有無は運だ!!
この日の在庫も数匹だけだったらしいし、
せめて市場からの仕入れのある土曜が良いだろう。


この店の場所などは、
食べログだけど、参考に
↓↓
https://s.tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12025816/



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ