関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:格安宿

茨城への旅の予算を安く抑えるキモは
水戸での宿泊費にかかっている。
…と言っても過言じゃない。

水戸のビジホの価格相場は、
関東では高崎に次ぐ安さかと。


なんせ1泊朝食付き、税込み、駐車場込みで、
平日なら大人二人5500円~6000円
土日なら同7000円前後で泊まれる宿が幾つかある。



で、今回の旅は、
距離的には充分に自宅に帰れる距離・時間だったが、
前日寝ていないし、車にも負担かけられないし

病み上がりのカミさんを休ませなきゃならないし、
あえて水戸で10年振りに泊まってみることにした。


運良く水戸駅から歩いて5分程の場所にある、
格安ホテルが取れた。
(名前は画像を参考に。。。)

20180522_093930


じゃらん経由で、5月の平日に予約したのだが、
何と、1泊朝食付きで
5000円。。。!!( ; ロ)゚ ゚

但し、先着25台しか無料駐車場に停められないんで
夕方5時にはチェックインした。
(尚、車の鍵はホテルに預けなきゃならないので、抵抗感のある人には勧められない。)

さらにここは、
レストランも併設し、ウェルカムドリンクのグラスビール🍺又はグラスワイン、ソフトドリンクが付き
しかも軽い夜食がサービスになっているのだ

20180522_082531


昼間に海鮮丼とスタミナ冷やしを食ったので、
まだ腹が減らない。。。

腹ごなしに水戸駅近辺を歩いてみる。

20180521_175931


さすが県庁所在地だな(^^)
納豆の看板が。。。


町中の居酒屋さんを幾つか覗いてみたりもしたが、
腹が空いていない為か、
俺の中にある「食バイオセンサー」が働かず、食べたいものを見つけられない。。。


気になる串揚げ屋や、モツ焼き屋もあったが、
わざわざここまで来て…って感じでもない。
価格はそれなりに安かったが。。。



で、結局ホテルに戻り、
併設のレストランにお世話になる事にした。


ただ、無料サービスに頼りすぎるのもなんなので
ツマミを何品か注文した。


まずはウェルカムドリンクのグラスビールに

イバラキケンミンが愛してやまない蛸は食わなきゃって事で、蛸の唐揚げ@480円をオーダー

そして昼に刺身は食ったけど、
また違うインパクトの生魚を味わいたく、
本日のカルパッチョを@780円を注文。
この日は鯛だった。

20180521_194137


蛸はともかく、鯛のカルパッチョは
なかなかの量で、鮮度がかなりよい。


案の定、ビールはすぐに無くなった....
だが、ちょうどワインのフェアの最中だったので、
格安のワインの赤と白を注文。。。
宿泊者は、1杯200円で飲めるのだ。。。
20180521_204139


腹はそれほど空いてはいなかったが、
酒が入ると調子は上がる。。。

勢いで、ガーリックトーストと、
ウインナーとポテトフライの盛り合わせをオーダー

20180521_195935


二人でワイン5杯のみ、酔っ払ったところで
最後は、本日の宿泊者用のサービス夜食
おにぎり茶漬けで締める

20180521_203132

コレが出ると最初から分かっていたら、
鯛一切れ残しておきゃよかった(-_-;)
鯛茶漬けにしたら、さぞ美味だったろうに。。。


それはともかく、
これだけ注文して
3200円(^^)
これには助かった‼


さて、この宿に泊まる事にしたのは、
近年この地域にて育てている、街興し系ご当地B級グルメが目当てだったからさ。。。

これについては、また次回。。。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回は数ヶ月前に、鬼怒川へ出掛けた時の話…


…といっても今回泊まるのは、
いつも利用する「楽器の弾ける宿」ではない。

この宿は5年前に比べれば倍に、
2年前に比べ1000円増しという感じで、
どんどん値上げしてしまい、
ウチらの手からどんどん離れていってしまった(T_T)
(まぁ、今迄が安過ぎたのだが…)


で、この宿に素泊まり大人二人8300円払うならば、
もう少し予算を上げて
飯も付いて、
酒も付いて
設備の充実している宿がいいなぁ…って事で、
1泊2食付き、
大人二人で全て込み込みで15000円以内で、
どうにかならないかなぁ…??

などと虫のよすぎる宿を
冗談半分で探していたら…


あるじゃん!!
大人二人14990円!!

しかも、90分の飲み放題付き(^^)


ここしかねぇ!!
って事で、早速予約したのは
鬼怒川の吊り橋近くにある、
ハチミツみたいな名前のホテルだ。

20170428_173951



ここは天下の伊○園グループで、
7800円+消費税+入浴税を売りにしている。

が、俺らはそこ迄は出せない(T_T)
今回は一人当たり1000円安い
訳あり部屋を予約!!


6畳でトイレ付き
蒲団はすでにセット済み。
悪くないな(^^)
20170428_174842


で、障子を開けたら、

20170428_174822

目の前に建物が~(/ロ゜)/


まぁ、これ位はノンプロブレム(^o^;)

鬼怒川の絶景は飽きる程見てるから、
問題ナッシング!!
(少し機械の音うるさいので、後500円安ければもっと良かったのだが、贅沢言うのは止めておこう)


で、昼前に海鮮のブランチを
たらふく食ってしまったんで、なかなか腹が減らない


晩飯は最終の夜7時からにしてもらい、
その間温泉を楽しみに大浴場へ
20170428_183823


ここからは流石に写真は無理( ̄▽ ̄;)
広い浴槽と露天風呂がある。

源泉は鬼怒川1号2号の混合泉、
要は、鬼怒川の温泉スタンドと同じモノらしい。

湧出量に比べ浴槽は広いので
当然水は加えているだろう…

…とたかを括っていたが、
一見特徴は無いが、
鬼怒川温泉の特徴は、ちゃんと残っている。

アメニティも充実していた。


さてさて、ここは卓球も予約無しで可。
予約無しで使えるカラオケの部屋は大部屋1つだけ。
みんな交代で歌うようだ。
20170428_203325


20170428_183757


歌に自信のある方々は是非チャレンジ


…あ、俺はどうしたかって??σ(^_^;)?

何もしないの勿体無いんで、
誰も居ない隙狙って、
1曲だけ歌ってきた( ̄▽ ̄;)


んな事はどうでもいいわな…
とりあえず飯だ!!

チケットを渡し、会場に入ると

平日にも関わらず
まぁ~結構な人・人・人だわ( ̄▽ ̄;)

20170428_190313


料理はバイキングだから、
まぁ食べ放題分で実質2000円相当、
酒入れてトータル3000~3500円相当だろうから、
どうせ大した事は無いだろうと、過剰な期待はしていなかったのだが、

ところがドッコイ!!

品数は豊富!!


刺身や寿司はイカやエビ、貝、カツオ、ワラサ??
そして炙ったビンチョウマグロ。
山間部なのに、かなり無理して頑張ってくれている。
20170428_190505


天ぷらは、板前さんがおり、
揚げたてを提供してくれる。
20170428_193019


20170428_191051

でもやっぱ、味の濃いモノや油っこいモノが多いのは
止を得ないところだろうけど、
それ以上の満足度である事は間違いない。

今回は、日光名物を食べるのは諦めていたが、
ちゃんと日光湯波まであるでは無いか!!

20170428_194004


湯葉好きな俺は、
当然トランプタワーを作ってしまうわな…


で、全種類制覇を目論み、
こんなんなってしまった(^o^;)
20170428_191435


珍しいマスの刺身もあった。

かつてブログで親しくさせて戴いた、
某ナースお嬢や某宝石お嬢がこの場に居たなら、
きっと鱒を喜んで食べていただろうな。。。



ビールもホンモノのビールだ!!
グラスも冷え冷え(^^)

で、この宿の特筆すべき点は、
日本酒の種類が豊富なこと!!

20170428_201416


八海山まであったが、こちらはすぐ品切れ(T_T)
だが制限時間近くになり、
「折角なんでいっちゃってください!!」と、
新しいのを開けてくれたんで無事飲む事が出来た。
なんて太っ腹なんだ!!


ビールは程々にし、
日本酒全種類を試飲したのは言う迄もない。

こんなに試飲したの、
越後湯沢のぽんしゅ館以来だな。。。


俺がテイスティングして一番美味いと思ったのは
杉並木という日光の地酒だ。

かつて楽器の弾ける某宿に泊まる前に、
リオンドールで買って持ち込んで何度も飲んだ事はあるが、
他と飲み比べてみると、フルーティさがダンチなのが良く分かった。(他の酒がやや辛口傾向の品が多かったから、余計にそう感じたのかもしれん)

俺的には、真澄や八海山より好きな味だ。


ちなみに同系列の、
山を1つ越えた某温泉地にある某宿は、
8時ピッタリになると
ハイ!!終わり!!と、ドリンクコーナーのカーテンを締め切られてしまい、
当然酒や料理の補充も無かったが、
ここはちゃんと90分を保証してくれたし、
刺身も追加が出てきた。
(日本酒も訳わからないのが二種類だったし)


このグループの宿の中では、
ここはかなり頑張ってくれている。
やる気がヒシヒシと伝わるわ!!


いゃあ、愉快愉快\(^o^)/
卑しさ満開でチャレンジしたが、
かなり満足だわ(///ω///)♪


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ