関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:栃木B級グルメ

さて、ビルマ汁食べた後は、
少しだけ逆戻りし、
市貝町の町営入浴施設に、、、

20200219_094759



ここの冷泉風呂は秀逸だ。

冷たいのに、上がったら体が火照る、、、
無味無臭無色透明で特徴は無いのに不思議だ。

入浴料は2019年9月末時点で550円。
このエリアでは安い方だ。
詳細情報をアップする為にパンフが欲しかったが、
無いと言われ。。。😭



さて、この後、
行きに食べそびれた下館ラーメンを食べに、
道の駅筑西に向かう。

20191001_155514


厳密に言うとここは茨城だが、筑西市の下館エリアは半分以上が栃木に囲まれているし、
『しもつかれ』や『いちご』をはじめとした食文化もそして『公用語』も栃木そのものなので、カテゴリーは茨城&栃木両方でカウントしておく。



ここは、フードコート方式なのがありがたい。
あちらこちらで色々なものを食べたい欲張りさんには
一人前をシェア出来る場所は貴重な野田‼️



ピーク時間は過ぎていたものの、
ラーメンの注文が後を絶たず。。。

10分経って、ようやく
下館ラーメン@680円と御対麺である。。。

20190930_140033


麺は縮れている細目の麺。

20190930_140052


スープは割とオーソドックスだが、
鶏がやはり強いかな、、、

それもその筈。
鶏皮のスライスが入っているんだから、、、

20190930_140110



後ね、、、

この道の駅でのオススメは、
惣菜販売コーナーの、高菜のオニギリだ。

20190930_140353


大人のゲンコツより少し大きめ。
かなりのボリュームだ‼️

20190930_140424

具もギッシリ‼

これ食べたいが為に、ラーメンもシェアにした野田。


さて、ここから真っ直ぐ自宅までgo

お会計タイムに突入だ。

さて、わざわざ塩原温泉まで来て、
この日限定の無料入浴イベントについて一切無視するのも気が退けるので、
今回のみ『温泉』という単語を解禁
(この単語を使わないと意味が通じなくなってしまうので、已む無く使う事を温泉マニアの方々はご了承ください。。。)

20190929_202118

ますは一湯目。
おぉっ‼️
マニアの方々が写真撮ってらっしゃる。。。📸


こういう方々って、
ブログなら1日400uu&1000PV、
インスタやTwitterなら、
4~500人位のフォロア―がいるんだろうな、、、きっと😓羨ましい限りだよ🙄🙄🙄、、、

でも最近は、コロナで温泉ブロガーは苦労しているんだろうなぁ( ω-、)


俺はマニアに成り切れなかった人間だから、
あまり温泉については語る資格は無い(´Д`;)



グルメや貧乏旅行主体に切り替え、
やっと最低限1日平均600PV&250UUを下回らない位
相撲に例えたら、たまに『十両戦』に出れる幕下上位クラスの『一瞬ブロガー=1日関取』になれたが、
以前書いていた温泉ブログでは、
1日平均ベースで、たった150PV&45UUしか集められず、三段目下位から卒業出来なかった。

(※最近は何かの間違いか星4つ状態が続いているが
俺の実力で『十両★★★★』に居続けられる訳が無い…😅そのうちすぐ『幕下★★★』に転落しますよ…俺が堂々とブロガーを名乗れる日は来るのだろうか😅?)

という訳で。
元々温泉に関しては大した知識も無いし、ブロガーには程遠い家畜野郎なので、
元温泉マニアもどきだったなんて、口が裂けても名乗れない。。。恐れ多すぎるよ。。。




あ、話がズレたね、、、
本題に戻り道ましょう😅


塩原古式湯まつりの分湯式は、大地の恵みに感謝する儀式の1つだ。
つまり、塩原のこの温泉のお祭りは、
『温泉を恵んでくれた神様に感謝し、その一環として、今日だけは、みんなに分け隔てなく神の御加護として無料で温泉を振る舞いましょう。』って主旨なのよ。。。

よってマニアになれなかった俺でも、その恩恵を遠慮無く受けられるって訳なのさ。

さぁ、2湯目もありがたく浸からせてもらうか…
20190929_201948



山の上に登り、2湯目は濃いヤツを戴こう。
かなりの硫黄成分だった‼️
20190929_140119


近くには、天然入浴剤の販売施設があった。

20190929_140302


これがその中身。

20190929_140240


この様に紙に包まれて販売。

20200210_051102


1本1000円也。
駄洒落ではないが?高価だが効果抜群❗

120Lの真湯を湯船に張り、
これを大さじ1杯に、矢板城の湯にある温泉販売機の塩化泉系の温泉水を10L入れれば、
『グンマの八ッ場ダムエリアの温泉』っぽいモノが完成❗

この割合で風呂作れば、まず湯冷めはせず、腰痛も楽になる。
温泉感も十分味わえる上、その割には浴槽や配管は痛めない程度の濃さだ。


宇都宮はカクテルの街なので、
さしずめ俺がやっている事は『温泉カクテル』だな


まぁこんな実験して楽しむのは、
俺みたいな『奇人変人変態』だけだろう。
温泉マニアからしたらブッ飛ばしものだろうな、、、



ま、それはともかく、再び山を降りて3湯目

ここの露天は素晴らしい。


20190929_150042


一度麓まで戻り、蕎麦食ってから、
また塩原温泉街に戻る。

4湯目。仕上げの場所。
臭くなった体は、ここでキレイにする
源泉が少し薄くなったかなぁ、、、
鶏ガラ臭がしない🐤
20190929_163841


このお祭り、
初めて日曜開催になった2014年から比べると、お客さんは半分以下になったんじゃないかな⁉️
参加施設も減ったし、、、

まぁ2014年があまりにも大盤振る舞い過ぎたのか⁉️

10分浸かっただけで次から次に移動し、
10箇所以上回る、若い兄ちゃん姉ちゃんの気合いの入ったグループは皆無だった。。。




さて、ここから、宇都宮市内まで直行❗

途中スーパーで、
翌朝につまむパンと飲み物をゲットし、
宇都宮東口の近くにある宿に着いたのが、夜8時前。



この近くの居酒屋で飲み食いする予定だったが、
フラれてしまい、、、😭

駅前の餃子屋さんはどこも終わっていたので、
駅ビルの中にある餃子屋『宇味家』さんにお邪魔した


20190929_211623


まずは、ハイボールで乾杯(^^)/\(^^)
ツマミはチャンジャで、、、

20190929_205617



ススメ!!栃木部にも載っている、
『ダブル・スイ』を再現❗

20190929_205926

20190929_210312

勿論『ダブル・スイください!!』
…なんて、ツウを気取った注文はしなかった😓


20200218_221105



けっこうアッサリとして、食べやすいタイプの餃子なので、何個でも行けてしまう\(^-^)/


ここは夜9時前がラストオーダーなので、
駅前の餃子屋に振られた方には保険的店になるかと

他に2店が入っているので、どこにしようか悩んでいると閉店時間になってしまうので要注意だね(^_^;)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

コロナの情報が錯綜していて、もう訳わからん💦
いつどうなるか分からないので、
後悔しない様に、今のうちに備忘録の記事を、とりあえず連投しときましょ💦


--------------------
さて、前回の続き。
栃木行ったら一度は食べてみたい『ちたけ』

最近はエラく相場が上がってしまったらしい。


かなり前にも前に食べた事はあるが、
画像も残っていないし、
『ススメ!栃木部』にも掲載されていたので、
再びゲットを狙っていた。


その独特の食感を味わうべく、
無料入浴巡りを一度中断し、
塩原から山の麓まで一度降りてきて、
目当ての蕎麦屋に行く。

20190929_161701


おおっ‼ちたけそばの看板がぁ、、、

さっそくお邪魔する。

お座敷。
20190929_154455


さぁ、俺はちたけそば@1300円、

手羽先紅葉サマは、
盛り蕎麦ときのこご飯のセット@1100円をオーダー

温かいちたけ汁は二人でシェア、
ここの蕎麦はそば粉100%なので、普通の蕎麦として食べてみたいからね、、、

まぁ、千円越えた時点でB級ご当地グルメとは言えないが、今回のテーマは食で巡礼だからなぁ、、、



さて、いよいよ御対麺じゃ

20190929_155715



相変わらず画像悪いなぁ、、、

ちたけ汁、ズームup🔍

20190929_155809


具は、殆ど茄子じゃないか(´Д`;)、、、
と、これは禁句🆖

『ススメ!栃木部』によると、
ちたけは乱獲が進んで今はあまり採れなくなり、
かなり値段の高い高級品になってしまったらしい。


20200218_220519


この回では、どれだけ貴重で見つけにくいものなのか
詳細に(大袈裟に?)書かれているので、機会あったら読んでみてくだされ。



ま、そんな貴重なちたけは、スライスが4枚だけしか入っていなかったが、出汁はかなり出ていたなぁ、、、



早速食べてみたら、、、
ちたけは、
牛蒡やキャラブキみたいな匂いと苦味を持っている。


以前鬼怒川の手前にあった野菜直売所の激安きのこ汁にも入っていたような。。。
10年経てば大分事情は変わるな、、、




手羽先紅葉サマの、
冷たい蕎麦ときのこご飯のセット


20190929_155734


蕎麦の上に大根の千切りかぁ、、、

そして辛み大根も薬味に沿えてある。


どこかで見たなぁ、、、と思ったら、
佐野名物の大根そばにも似ているなぁ、、、


20190929_155901

蕎麦粉100%はボッボツ切れるイメージもあるが、
ここのは割と強い。

蕎麦の風味も豊かだし、
浸け汁は甘辛くてスモーキー。。。
俺の大好きなタイプだぁ、、、\(^-^)/



今回の店、『信吉』さん
↓↓
http://www11.plala.or.jp/sinkichi/


塩原に来たもうひとつの理由。
それは昨年食べそびれた、
『とて焼き』をクリアするのが目的だった。。。



このとて焼き、2011年あたりに販売を始めた、
街興し系B級ご当地グルメ。。。。らしい。

基本、甘味であるものをB級グルメにカウントするのは気がひけたが、、、

現地がこれをB級ご当地グルメと言い張るのなら、
それは間違いなくB級グルメである。。。

甘いも辛いも『街おこし』には関係ない。


まぁ、屁理屈はいいから、
とりあえず買って食ってみよう。

カフェにもとて焼きの看板が、、、( ロ_ロ)ゞ

20190929_123553


20200712_120223



1個450円。テイクアウト可。
早速購入。

20190929_123921


とて焼きとは、
ワッフルと甘くないパンケーキの間の子みたいな味の厚い生地に、
生クリームやカスタードクリーム、サワークリームなどを入れてフルーツでトッピングしたものだった。

20190929_124057


当然、俺が狙っているのは、
栃木だけに、やっぱイチゴの奴だよなぁ、、、🍓


20200711_233602



さて、このイチゴ入りのとて焼きは、
塩原温泉観光協会の駐車場に車を停めて、
向かって右方向にある街の中心街を歩いていると、
何件もとて焼きを販売している店舗を見掛けるが、
一番手前の店で喰える。

このとて焼き、
塩原としては、これをスープ焼そばに次ぐご当地B級グルメに育て上げたいらしい。
気合いの入れ方が違う野田よ🔥

が、とて焼きの店に限らず、
どの店も閉店時間が早いので、午後2時過ぎ迄には訪れたい。


とて焼きには特に定義は無いようで、
アンコや抹茶ソースが入っていたり、
中には肉や魚の甘くないバージョンまで、、、
20190929_142723



バラエティーに富んでいるので、腹に余裕があるようなら食べ比べてみても面白いかもしれない。

コロナの市中感染の様子を見ながらでは、掲載を自粛中断しなきゃならなくなるので、少しペースを上げて記事をリリースしときます。


取り敢えず今の時点では、千葉県民と埼玉県民のうち
東京通勤圏以外の方々は何とかセーフだからな…
(群馬や茨城県民は尚更セーフだろ、、、)



それにしても、政府はキャンペーン実施して大丈夫なのかよ、、、


まさか後から、

実は地獄へgo toキャンペーンだ 

とかマスコミか揶揄される事態にならないよな…😓





さて、昨日の続き。。。

道の駅ゆのか塩原に寄り、
この日に限り、指定された宿のお風呂を無料で入れる最強のチケットをここでゲットΣ(゚Д゚ υ)する
20190929_113650



20190929_124859


栃木は言わずと知れた温泉王国、、、
あの漫画によると、
その源泉数は600程あるんだとか、、、

20200711_232152


その中でも有名な『塩原温泉』にタダで浸かれる、
激太っ腹なイベントは、放っておく訳にはいかぬ!!
(※2020年はコロナの為に中止だとか😭)


このイベントに間に合わせる為に、途中休憩は下館のみで直行し、
急いだ分、いい加減腹減ったので、
道の駅の中を覗いてみようとしたが、
改装中にてかなりアイテムを絞っているからか、
ブログ的に面白いものは何も無く😭、、、

空腹で温泉に入るのは危険。
とりあえずパンでも少しだけ食べて腹を満たそうと表にあるベーカリーを覗いてみると、、、


20190929_114454


何やら面白いモノがあるじゃないか( ロ_ロ)ゞ

20190929_114443


その名も

なすしおばらサンド

20200712_120145



20190929_114550


どんなモノか解説するまでもなく、
その名の通り
茄子と豚バラを使った塩味
のサンドイッチらしい、、、


う~ん、、、やるなぁ、、、
那須塩原市(^-^)

これは食わなきゃなるまい


という訳で、
1個買って、お解剖タイム


20190929_114652


ありゃりゃ、
本当になす・しお・バラだなぁ

バラは豚バラベーコン。
焼いたナスに、
塩味のドレッシングがかかっている。


少しだけ辛いが、これはアリだな、、、


尚他の店では、
『なすしおばら丼』なるものもあるようで、

これらは那須塩原市の新しい街興しご当地B級グルメに発展していきそうだ、、、


↑このページのトップヘ