関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:栃木

栃木の究極の郷土料理といえば、、、

具体的には何かは書けないが、
色々な噂の聞かれる『アレ』かも、、、



某漫画では、モザイクまでかけられ、
しかもグンマを牽制する兵器として使用されるようで、、、😅


その見た目と独特の味から、
栃木ケンミンの間でも好き嫌いが別れ、
ネット上で熱い論議が交わされているとか、、、


その郷土料理は、
自宅で作る習慣があるみたいで、
入れる具も様々。

基本は、鮭を酒粕や野菜などの残り物とつけて保存するが、大根を入れたり、節分で余った豆を入れたりするらしい。

現地のバサマの間では、各家庭で浸けるのがデフォで
うちのがおいしい
いや、うちのが、
…と、自慢しあうそうな。


尚、栃木の郷土料理にはなっているが、
茨城の北西部の筑西市付近でも食べる習慣があるみたいだね。。。


俺も一度は挑戦してみるつもりだったが、
あまり酒かすが得意ではないんで、
なかなか体験出来ずにいた。

俺は食べ物を残すのは嫌いだ。

酒粕が得意じゃないなら、食べられずに捨てるリスクも付きまとう。
とても挑戦する訳にはいかないからね、、、

だが、一度は試食してみたい。


そんな思いを持ちながら数年を経たが、
思いがけず食べるチャンスを得た。



数日前、その料理の噂を職場でしていたのだが、
後日、その職場の仲間が持ってきてくれたノダ(-_-)


20190207_084907


その方の妹さんが栃木に嫁いだようで、
そのレシピを忠実に再現したらしい、、、

コレは本来、家庭料理だから家庭で作られたモノが本式って訳さ。。。




見た目は、現地のスーパーで見かけた、
まさに本場のアレ…だった。


で、スプーンですくって一口口の中に入れてみたが、
酒粕と大根が苦手な俺には、
チョッと無理であった。。。


どんな味かというと、
まずは切り干し大根の風味が全面にくる。
そして間髪入れて、鮭の脂と風味が酒粕と共にやってくる。
鮭は脂の風味が酒粕と共に強調される。

これは確かに、好き嫌いがハッキリ別れる味かも…



同僚のご婦人サマは
この料理は故郷の味だ‼と言ってはいたが、
実物を見るやいなや後退り、、、

完璧スルーのフェイドアウト状態に、、、😅


一方パートのおばちゃん二人は、
美味い美味いと全部平らげていた。




結論!!


味のタイプからすれば、
美味しく出来たコレは、
概念を覆す程の可能性は秘めていると思う。

但し、俺的には、これをごはんのオカズにするのは少し難しいような気がする。

もう少しフレッシュ感が出せるなら、
日本酒の肴に加えれば、十分に美味しくいただけそうなタイプの味かと思う。

ただバランス的には取りずらそうなので、
それをどう補うか、、、かもしれない、、

あまり上手く書けなくて、
栃木の方々、、、ごめんなさい





さて、今回はB級スポット観光の話題。

滝といえば袋田の滝や、華厳の滝など、
メジャーな場所に目が行きがちだが、
他にもまだまだ滝はあるものだ。


茨城方面から、栃木の馬頭方面に進むと、
龍門の滝なる穴場スポットがある。

20170323_131633



意外や意外、なかなかの景観(@_@)

そして龍門の滝の近くに史料館があり、
入場無料だ。
20170323_131234


龍神サマにお賽銭あげると、
チョット仕掛けがありまして、
これがなかなかの迫力(((((((・・;)

お子サマは泣き出す事必至かも(゜ロ゜;ノ)ノ??

20170323_132102



さて、ここから馬頭を抜け、
山1つ越えると、喜連川温泉がある。

ここは割と新しい温泉街だが、
すっかりメジャーになった感がある。

日帰り入場施設が沢山あるが、
オススメの場所は、この第二浴場。
通称、露天風呂だ!!
20170323_143635


風呂の写真を堂々と載せる訳にはいかないので、
パンフの一部を載せておく。

20170323_143400


この第二浴場(露天風呂)と、
車で5分の場所にある第一浴場(もとゆ)は
入浴料金が

たったの300円(^-^)


20170323_143429


第一浴場は、温泉の一部循環させているが、
第二浴場はかけ流し、混ざり気無しのホンモノダ!!

かなり塩辛く、鉱物の匂いも凄い!!
露天風呂しか無いのと、浴槽のお湯が熱いのが難点だけど、
これから秋にかけては、丁度良いかもしれない。


ここでは以前温泉スタンドが設置されていたが、
とうの昔に廃止されており、
無残な姿に(T_T)

F1000274

写真は5年前のモノだが、今も現状は変わらない。

さてさて、
途中で寄った地元スーパーの惣菜コーナーにて、
食べるとスーパーサヤ人になれるらしい、
あの郷土料理

しも○かれ

を見つけてしまった((((((((゜ロ゜;)

地元の人でさえも好き嫌いが別れるらしく、
給食に出されても残す人が多いらしい。。。

画像もモザイクかけないといけないらしいな…

(しも○かれについての記述は、某グンマンガ第2巻より)

俺はどうするか悩んだが、
食べる勇気がなくて
スルーするしかなかったな……(((^^;)

極少量のパックが売っていれば
チャレンジしたのだが( ̄▽ ̄;)

後は、しもつカレーなるカレーに挑戦するか??
ちなみにコレは、
道の駅どまんなかたぬまでGetできるらしい…
挑戦者求む

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

群馬の次には、栃木の「話題の人気グルメ」を
1つ載せとこう(^^)

といっても、
殆んど茨城に近い場所なのだけどね…( ̄▽ ̄;)


向かうは「道の駅もてぎ」

俺の地元、千葉の北西部から車で三時間(--;)
(曲がる場所を間違えなければもう少し早く着いたのだが…)

今回わざわざここに来たのは、
甚さんオススメの、この1品を食う為である。

20170323_121054


その名も、ゆず塩ラーメン…

それにしても…( ロ_ロ)ゞ
グランプリ優勝の品だったとは、知らなんだ(--;)


朝メシはパン1枚だけにして、わざわざ腹を空かせて来たのに、
俺らに待ち受けていたのは、
まさかの試練であった。。(〃_ _)σ∥


20170323_113016


平日昼間なのに
何故行列…(;゜∇゜)??

表の行列は大した事は無いが、
店の中は行列がハンパ無い…(T_T)
合わせて20人チョイといったところか??
下手なジロさんよりも凄いんじゃね??( ̄□||||!!


20170323_114515

待つ事30分、やっと入店。
食券を買い席に着くと、
ゆずポンみたいなものが目に入る。

これを好みでかければ良いらしい。

で、15分程度待って、
やっとゆず塩ラーメン(@¥640)とご対面だ

20170323_115642


麺は細めの、市販のヤツかな??
具はキャベツ、ニンジン、水菜など。

20170323_115706



野菜は茹でているのに、
シャキシャキしておる(^^)

分かりやすく言うと、
柚の香りが効いたタンメンだね…

柚との相性は抜群で、
スープが体に沁みる位、味わいがある。

俺はラーメンに酢は入れない主義なのだが、
残ったスープに、先程のぽん酢を数滴たらしてみた。

さらに、柚の香りや味が強くなったが、
入れすぎ注意!!( ; ゜Д゜)

道の駅で工夫出来る事は限られてくるだろうけど、
出来れば麺にもう少し工夫が欲しいかな(^^;


(周辺情報)
この時期なら、益子に寄るのも良いかもね…
この前にアド街でやっていた所は、
ここから車で20分弱程度で行けるよ(^^)
但し、お祭りで混むかもしれないので悪しからず(^^;



道の駅もてぎ
↓↓
http://www.motegiplaza.com/


押してくれないと、ないてやる(T_T)!!

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

昔から栃木からの帰りは、
新4号~125~294経由で
帰っていた。


五霞の手前から一車線になり渋滞するので、
イマイチ使えない道だったが、
ここ2年で全線で車線が増えた結果、
渋滞大分解消され、
かなり使い易い道になった。
408~298経由で帰るよりも遠回りだが、
信号が少ないので、かなり早く着けるのだ(^^)


その新4号沿いに、数年前に完成した、
規模の大きめの道の駅、「しもつけ」
一体どんなものか寄ってみた。

20161112_144646


かなりの客数で、駐車場の確保が困難(^^;

20161112_141656


野菜以外にも、ハムなどの土産が充実。
栃木土産を買いそびれたら、
ここが買える最後の場所となる。

20161112_144244



しかし残念ながら
ご当地フードやB級グルメを食わせてくれる店は
ここには存在しない。
全てありきたりのモノばかりであった( ̄□||||!!

せめて栃木和牛のカレー&メンチ&コロッケとか
やればいいのに…(-。-;)

そんな中、
一応名物らしい唐揚げを戴く(^^)

20161112_144255


なかなかのジューシーさだった。
さて、これで自宅迄一気に帰るか。。。

今回の旅は、これにてオシマイm(__)m


決算
ガソリン………¥2100
温スタ計………¥250
高速代…………¥850
足利シューマイ¥300
足利学校見学…¥600
宇都宮餃子……¥800
塩原で入浴……¥600
酒やつまみなど…¥1000
塩原近くのB級スポット宿¥10000
元気あっぷ村の総計¥2000
唐揚げ………¥300

大体19000円で納まった(^^)

今回は遠回りして、少々まとまらない旅になったが、
たまにはこういうのも悪くは無い。




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

二日目は、帰りの途中に幾つかの場所に寄る(^^)

元気あっぷ村は、温泉を中心とした複合施設。
ジモな方々をはじめ、いつも混んでいる。


ここは日帰り入浴せずとも、利用出来る設備が整っている。勿論食堂もその1つ。
(ちなみに入浴する方々がメシ後再入場する際には、予め入浴施設から出る際、手にスタンプを押してもらう必要がある)


ここの食堂の名物は、
緑色のちゃんぽんだ。

20140429_161730


この色は、枝豆由来のモノだから御安心を(^^)
スープも枝豆の甘味が生きている。
海鮮との相性はバッチリだ\(^^)/
勿論、地元野菜がタップリ入っているので、
栄養価は満点ダ!!

尚、期間限定で、赤や黄色のちゃんぽんも置いてある事がある。


ほかには足ツボを刺激する廊下や、
電気を体に通す椅子??など、町民の健康に寄与する設備が整っているのが特筆出来る点。
共に2階にある。

これらは入浴客以外も無料で利用出来るのだが、
常に混んでいる。

詳しくはHPを参考に
↓↓↓
http://www.genki-up.info/


ここには浴用水自販機もある。
10L10円単位で買えるのがありがたい。
ナトリウム塩化泉の温泉は、
焼酎はボトル3つ分を風呂に入れるだけで
かなりの浴感が得られる。

ed77ed3d



入浴料金も安く、設備も充実しているので、
ここは隠れたB級スポットと言ってよいだろう。
半日はマッタリと過ごせる施設だ。

チバラキから車で行く方々は、
那須や塩原、日光鬼怒川の帰りに寄るには、
最適な場所かと。




※元気あっぷむらは、2019年6月で閉業します。
この後、道の駅として再出発する為に改装に入りますが、
既存の設備がどうなるのか、、、
温○入浴施設及び付帯設備がどうなるのか、

そしてこの『高根沢ちゃんぽん』はどうなるのか⁉


全く持って不明です、、、





B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ