関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:幕張

本題に入る前に、、、
つい先程、ショッキングなニュースが飛び込んできた

神保町にある、黒いカツカレーで有名な、
キッチン南海さんが、閉店してしまうらしい!!( ; ロ)゚ ゚

古き良き時代の昭和然とした洋食屋の雰囲気、好きだったんだけどなぁ、、、

味もコスパも最高。
コクのあるカレーも、パンチの効いた揚げ物も美味かったのに、、、

『会えない辛さ、あぁ~あぁ~あああ~😢あぁ~😭』

こんな事なら、昨年行っておけば良かった、、、
後悔してもしきれない位ショックだぁ😨



だがお弟子さんが、この神保町にて、この店の味を引き継いだ店を出す予定らしい。
何とか黒カレー法灯は引き継がれそうなので、それに期待したい。。。



さて、本題

千葉海鮮といえば、
新鮮な魚を使った刺身、そしてアラ煮をメインのネタにしたがる俺だが、
千葉の海鮮は刺身に出来る魚のみにあらず…

タダで拾える貝も地元ならではの味わいな野田…

って事で、ここは趣向を変えてみようかと。




さて、とある日曜日、
潮の引きが良く、潮位7㎝とマズマズ。。。

1年前は、散々貝を拾って堪能したなぁ。。。

今年も、
『思い出をもう一度、baby came back』し、
貝でも採ろうかと思い付いたが、、、

ただこのご時世、
あまり派手な事をやらかす訳にはイカぬ…( ´△`)


何とか地味にヒッソリ獲る方法は無いか、
ニワトリ並の小さな脳ミソをフルに使い、
無い頭で悪知恵を働かす。。。



船橋にある某公園の浜は、
アサリ&ビノス&シオフキ、運が良ければツブ貝やマテ貝をも狙えるが、日曜日は路駐の取り締まり激しそうだし、何より駐車場は500円かかる、、、💰

第一、狩漁権のが広く立ち入り禁止の場所が多いのでそこにうっかり立ち入ったら最後、
『ただ一度の過ちなのさ~』では許されぬ野田⤵️



千葉ポートタワーあたりもビノスとアサリがあるらしいが、確実性では何とも言えぬ、、、

そして上記二ヶ所は、

間違いなく密になる




市川の行徳橋近くでは、
ビノスとオキシジミが狙えるのだけど、
オキシジミは不味いし、ここのビノスは水質が良くないせいか、そのままだと真っ黒でヘドロ臭くて不味いので、処理に一苦労を要す。。。



同じ川(江戸川放水路)の河口あたりもビノスとマテ貝を狙えるものの、潮が余程引かないと立ち入れないし、
ここも取締りの絶賛ポイント😢

駐禁切られ『泣いている 叫んでいる』状態になっては洒落にならない。。。



で、候補として思い付いたのは、
幕張の浜~検見川浜エリア。

ここは人が多数来ても、海岸自体が広いから、
密集までは至らなさそうだ‼


ここはマテ貝が一番期待出来るらしい。
しかも秘密の無料駐車場がある。

とりあえず今回は、
マテ貝をメインターゲットにして、
あわよくばビノス、最低シオフキ貝を取るという作戦を立て、
ここ幕張~検見川浜エリアをセレクトし、
どれ位貝が拾えるか試してみる事にした。


マテ貝捕るのは実に40年振り😓
まさしく俺は、
貝に『心を求め合う』状態だ‼


さて、実際行ってみると、
結構お客さん居るなぁ、、、


だが、やはり密までには至っていない。

2mの『星空のディスタンス』は保てそうだ。
20200607_110739


さて、準備万端。
俺の超ド短足が目立ってしまった、、、、💦


20200607_110327

んな事はどうでもいいな、、


狙うは、稲毛方面ではなく、少し歩いた幕張方面。
こちらの方が少しだけ遠浅になっている。
『例え500マイル…(500m)離れていても』
これだけで大分違う野田‼️

おっ‼結構、潮が引いているゾ!!
『激しい風が今』は無いし、絶好の潮干狩り日和だ。

20200607_111736


さて、掘る事数分、シオフキ貝が幾つか捕れたが、
メインはコレじゃない‼️

穴が幾つか空いている場所を狙い、10センチ程やみくもに掘ると、手に何やら細長い硬い物が手に触れた

だが、それはみるみるうちに下に潜って行く‼

マテ貝は殻が柔らかいので、力を入れすぎると
『突き抜けろ愛のレジスタンス』状態になり、
パキッと折れてしまう。。。


こうなったら先回り、
右手で軽くマテ貝を持ち、
左手で深く掘って下から先回りしてしまおう(*`Д´)


って事で、ようやくゲット( ゚ロ゚)!!

20200607_120401

ちょっと見た目がアレだな、、、
『燃え上がれ愛のレジスタンス』を具現化したような姿(なんのこっちゃ💦)


まぁ、こんな事しなくとも、少し掘って塩振りかけて数分待てば、ニョキニョキと姿を現すのだが、
俺はこのやり方は経験が無く、いつも強引に掘っていたからなぁ、、、


20200607_113336


まわりを見渡すと、みなさんなかなかの収穫。
貝は1個見つけたら、その回りを掘るのがお約束。
高い確率で何個か捕れる。
まぁ、これぞホントのクラスター潰しだな😓



ビノスを狙おうともう少し深い場所に行ったが、
さすがに無理っぽい。
海パンじゃ無きゃダメだな、、、


尚、浅い場所で家族で貝を取っているのは日本人の家族連れ、

深い場所へ行けば行く程、近隣諸国の方々の割合が多くなるのはお約束😅

ここはビノスは諦め、マテ貝とシオフキに専念するが
あまり長い時間居ると熱中症やら感染やらのリスクに晒されるので、1時間で終了。


で、本日の獲物はコチラ

20200611_050258


マテ貝44本、シオフキ貝28個、
オマケでアサリ1個、バカ貝1個だった。。。


この後、千葉ポートタワー近くに移動した。
無料駐車場はほぼ🈵だったが、少しだけ待ってたら何とか車を停められたので、
潮が満ちてしまう前に速攻海を漁ってみた野田が…

20200621_131657

獲れたのは小さいアサリだけだった😧

これらは取るのは禁止されているので、海に返すしかない。

20200621_131814


ちなみにここは、
足が海藻だらけになる。
まぁ、足洗場があるからいいんだけどね…

20200622_131403




さて、自宅に持ち帰り、早速調理。

まずは昨年同様、
シオフキ貝で、アオヤギモドキを作る。
20200607_173600

生だと怖いので、
口が空いても少しだけ茹でて、
引き上げて冷水にさらす。

20200607_174019


剥いたら、内臓を潰しながら数回洗い、
砂を除去する。
まぁ最低7回はやらなきゃな、、、

20200607_174225

指で押して内臓を除去しながら、
とにかくよ~く洗うしかない。
20200607_174721


あれだけの量なのに、中身はコレぽっち😅

20200607_175219


以前も書いたが、
シオフキはバカ貝の親戚。
中身はかなりの砂を含んでいるので、食べられる場所は少ない。
味はバカ貝より落ちるが、酢味噌で食えばそれなりにイケるのだよ。

20200607_200830

上記の画像少しブレたが、
左がバカ貝、右がシオフキ。
大きさが違うだけで似たような中身の形が一目瞭然なのがお分かり戴けるかと、、、


一方、マテ貝は、貝殻部分が柔らかい分痛みやすく、
あまり市場には出回らない。
まさに地元でしか味わえないご当地食材だ。
見た目は少しグロいが😅

20200607_181323


砂抜きは二時間で充分。
単純に酒蒸しとバター炒めが美味い。

こちらは茹でたら、殻が2つに折れるような感じで開く。生きた貝か死んだ貝か見分けがつきにくいので
初めての方は注意が必要。
しかも殻は破れやすい。
捕る時皮が破れてしまっても、捕った時に生きて動いていたなら、その日のうちに食べるなら充分だ。
20200607_181326


今夜の晩飯は、小松菜とアサリとマテ貝のバター風味パスタ、
マテ貝の酒蒸し、シオフキのヌタ、
一匹398円で買ったイナダとマグロの新鮮なアラを実家とシェアし、刺身と煮物にした。

20200607_200806

マテ貝は、アサリよりも淡白でやや癖があるが、
それがまた美味いんだよなぁ、、、

見た目がアレなんで戸惑う方も居るかもしれないが、
味は保証します\(^-^)/



さいたま市近辺からであれば、
外環&南関東道経由、多少の渋滞を考慮しても二時間チョイあれば着くので、
機会あれば是非行ってみて欲しい。

保冷袋にアイスノンや保冷剤は持参で。。。
ビニール袋半分の塩と、水入りペットボトルは忘れずに(キレイな塩水で、帰りながら塩抜きするのに有効)

ネット上には塩を使ったマテ貝の捕り方が載っているので、参考にして欲しい。
有料駐車場は1日500円。

次に貝拾い出来るチャンスは、7月20日前後。

以降は干潮でもあまり潮が引かないので、これが年内最後のチャンスだろう。

免許の書き換えに、
幕張にある免許センターまで。。。

いつもは車なんだけど、今回は電車で行った。。。


珍しく連休。。。
こんな時じゃないと、
出来ない事があったからね、、、


お目当ては、
AEON幕張新都心店の
ワインコーナー

ここではWAON使用にて、
高価なワインの有料試飲が可能なのだ、、、

20190416_154610


1本500円以上のワインは、
自宅では禁止

ましてや、5000円以上のワインなど、
夢のまた夢である、、、

それが有料といえど、試飲出来るんだから、、、


まず飲んだのは、
7000円相当の貴腐ワイン

20190416_154629


デザートワインとも言われている、
甘くフルーティーな白ワインだ。

30mL300円するが、
こんなのボトルじゃ買えないし、
ワインバルなどで飲むとドえらい金額になる。

これがこの価格で有料試飲出来るんだから、
いかない手は無いな、、、


お店の人に申し出て、署名をして、
グラスを貰い、
説明を聞いて、タッチパネルを押すだけ。

20190416_154356


さぁ、

早速高級ワインで乾杯だ(^^)/\(^^)
20190416_154041


やはり凄い!!( ; ロ)゚ ゚
フルーティーさが半端ない、、、

甘いがしつこくはない。
でも全体的にかなり濃厚な味で、
舐めながら、鼻から抜けるフルーティーな匂いをユックリ楽しみながら飲むワインだな、、、

15年以上前に船橋のbarで飲んだ、
まさしくあの味だ、、、


で、他に甘口のチリ産白ワインがあったので、
これは100円で試飲。

20190416_154603



貴腐ワインに比べて、さすがに味はスカスカだが、
ただ単に、比べる相手が悪かっただけ、、、
1本1200円相当でこの味は、なかなか凄い。
これなら年1回位は買えるな、、、


もう1杯は、1本2500円クラスの
フランス産赤ワイン
AEON直輸入らしい。。。
20190416_155043


これも30mL100円で試飲可能。

これは不思議とスモーク感があるワイン。
薄い肉やチーズとの相性は良さそう。

料理と味わうより、
軽いオードブルや、
ちょっとしたツマミと味わいたいワインだった。



さて、この後は、
懐かしい南船橋に移動。
無料バスでららぽーとへ。



少しららぽーとウエストで時間を潰した後、
湊町方面に向かう。
20190416_171900

夕陽がよく似合う。
っうか、こういうオサレなロケーション、

俺から言わせてもらえば、

こんなの、船橋らしくない(--;)


ららぽーとが出来て約40年経つが、
最初の数年間はオサレな感じはららぽーと内で完結。
よって、ららぽーとから道路を挟んだ反対側は、
全く異質な空間になっていた。



俺的には、
この船橋港周囲の昔の風景といえば、、、




・ヨシズみたいなヤツに、四角い海苔がペタペタ貼って乾かしてある船着き場、、、😓(45年前)


・穴ぼこだらけで今にも倒れそうな木の橋の上で、そこらに転がっている雑種犬のフン😓(43年前)


・透明感が無く、黄緑に濁った臭い海、、、(40年前)


・ハズレ馬券&車券が散乱した歩道、、、(35年前マデ)


・船橋オートの轟音と、ハンチング帽を被ってしかめっ面したおっちゃんの団体と、おっかない黒服グラサンの髭ダンディー、、、


・オートレース場から競馬場の間の露店で売っていた、砂埃にまみれた露店のイカ焼き、、、(40年前)


・ヘルスセンターの廃墟にあった、
カレーの匂いがしてお化け出没の噂のあった、怪しい建物、、、(42年前)


・通学路に堂々と掲げられていた、スト○ップ劇場や日○ロ○ンポ○ノ映画の、エ○い看板と、
駅前のメインストリートのバス停前にあった、沢山のビニール本自販機(35年前まで)


・氣志團みたいな髪型のお兄ちゃん達が海やら団地の階段やらで、ビニール袋を顔に近づけてタムロっていたり😓😓😓😓😓(最後に見掛けたのは23年前だな)




そして極めつけは、、、

いかにも某東欧って感じのオッサンが、
日の出前の早朝、駅やら団地やらマンションから、軽トラにチャリを山積みにして運び出している風景
(朝に湊町市場に行く途中で見掛けたけどさぁ、コレってチャリ盗んで外国に売るじゃね??…これは18年前)


何れも怪しさ満点だった

が、
『まぁあの船橋だからなぁ、、、シャアないな…』

で、済まされるユルい一面もあった。。。



怪しくなければ船橋じゃない     

と、当時はよく言われたものだった、、、

川崎や多摩ニューも相当危なかったらしけど、
船橋もなかなかのモノだったよ、、、😓


…って、
これじゃ立派な『犯罪都市』じゃねえか😧‼️

今もあまり治安良くないけどさぁ…


よってそんな『船橋』で呑むには、
それ相応の器や経験が必要だった。
(特に当時は、船橋駅北口から西側はヤバかった💦)


もし現代でもこんな感じだったら、子育てには最悪な環境と話題になり、船橋はかなり叩かれてていただろうね…😅



ま、色々ウルサイ現代、
そんな『船橋らしい妖しい風景』は、
表面上はかなり喪われてしまっている。。。


が、重厚なこの水門は当時のまま健在\(^^)/
当時の船橋の生き証人みたいなもんだ、、、

20190416_172229


子供の頃、ここはよく通ったなぁ、、、
水門、相変わらず迫力あるよな、、、


20190416_172301

相変わらず水門の下はオッカナイなぁ😅

一歩踏み違えて落下したならば、
まずは助からない。。。

まさに昭和の船橋を象徴する場所だ。。。

そんな当時のおっかない船橋において、
『憩い』を感じられた方々がいたならば、
まさに『プロの呑兵衛』だったんだろなぁ、、、




さて、過去の船橋の話はこれぐらいにして、
目当ての店で呑むかぁ、、、

最近は、犬も歩けば棒に当たる位、
AEONのショッピングセンターが乱立しているが、
その中でも、幕張新都心店と越谷レイクタウンは規模がハンパ無い…( ; ゜Д゜)

AEONのフードコートでは、
アブラーなラーメンを食べられる場所も多く、
一人前を食べ切れない俺みたいな中年には、
ホントありがたい。


今回は、幕張新都心店にある、
麺屋「心」のフジヤマについて

20170424_162722



そう。名前の如く、
モヤシの山を富士山に見立てているから
フジヤマなのだ!!
(下の画像は、過去のモノなのであくまで参考資料)
↓↓
20160720_145242




スープは例にもれず、当然豚骨系だが、
この系統にしては、しつこい感じでは無かった。

カウンターにて、フジヤマのタレという醤油タレと
ニンニクを入れられる様になっているのが特徴。
麺の大盛は有料だ。

20170424_163734

ウチらは、別皿にタレとニンニクを入れて、
二種類の味を楽しんだ。
タレが多いと結構辛くなるので要注意!!


ここは昼時ともなれば、長い行列が出来る。

AEON越谷レイクタウンに入っている「ジャンクガレッジ」や、AEON船橋の「どてちん」もそうだが、この手のラーメンは、やはり人気だね(^^)
それだけ、客が望んでいるモノなのだろう。


「本家本元」がフードコートに入る事は、
天と地がひっくり返ってもあり得ないだろうけど、
もし出店でもしたら、行列がどうなるやら、
それはそれで見てみたい気がするし、俺も一度は食べてみたい。
食べる時間を気にしなくて良いので、意外と女性にも受けたりして(^^)



個人的評価

コスパ良し(^^)味良し
他にもいろいろなブランドで展開しているチェーン店らしい。ホンモノのラーメンマニアには物足りないかもしれないけど、俺みたいな初心者には、なかなかだわぁ~と思わせる味だね。。。
↓↓
http://www.j-style2011.co.jp/shop.html#kokoro



最近は、livedoorブログの☆☆☆クラスへのハードルが、グングン上がっている。
以前と同じアクセス数では順位が下がるばかりである。順位を上げるには、分母・底辺を広げるしか手は無い。
伸び悩みんでいる方は、この人気ランキングへの参加をオススメしたい。
登録し、毎日ルーレットを回すだけでも、順位が多少上がる。
上がれば人目に付く機会も若干増える。俺もこれで、1日3人~5人来客が増えた。

自作自演で上げた順位自体には意味は無いと思われる方も多いとは思うが、集客の為には背に腹は変えられない
方には、有効なツールである。
まずは、覗いてみては??
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ