関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:常総やきそば

茨城のB級グルメ一覧から、
今回は常総市にスポットを当てる。


常総市は、
B級グルメや名物の宝庫である事は、
県外ではあまり知られていない。



近年は第三の名物
『常総焼きそば』に
力を入れているようだ。


実は数年前、
取手花火大会で食べた事があるんだけど、
この手のモノは本場で食べないと、
完全攻略にはならない。。。


って事で、カミさんの父親の還暦祝いに行くついで
どこで売っているか常総市まで調査に行ってみた。


20181102_134308


石下の城に行く途中の交差点の角に、
業務用食品の店があるのだけど、
その一角にて販売しているのを発見( ロ_ロ)ゞ!!



20181102_135058


なかなかの戦績ですな(^-^)

20181102_135018

普通の焼きそばも売っているので、
お店の方に常総焼きそばとの違いを聞いてみたら、

太麺のニンニクベースで、
ベビースターが入っているかどうかの違いらしい。

オーダーして待つ事10分。
いよいよ御対麺である。。。

20181102_135315


麺は何となくモッチリ系 太田の焼きそばの食感だが
味はライトで、明らかに違う系統の味。
ソースも入っているが、醤油も入っているようだ。
けっこうニンニクが効いておりまする。。。


常総市に限らず、
茨城県南エリアの焼そばは、
にんにくが効いているタイプがローカルスタンダードになっている。


こうしてルーツがはっきりしているので
常総やきそばは、一介の創作系ご当地B級グルメとはいえない。
イバラキケンミンなら、誰もが馴染める味かと。



途中から、
付属しているベビースターを混ぜて味変すると、
カリカリ感が倍増するゾ(^-^)

ちなみに店はテイクアウト専門ではあるが、
イートインが3席程あり、その場で食べる事が可能

思ったより計算されて作られている常総やきそば
機会があれば是非‼

そしてイバラキケンミン愛用グルメのイカやタコ、
ここではイバラキの煮イカが楽しめるので、
気になった方はこれもゲットした方が、よりイバラキを感じられるかもしれない。

食べログ うまか亭
↓↓
https://s.tabelog.com/ibaraki/A0806/A080603/8010187

常総市新石下1007

俺はあまり日記みたいな事は書かない主義だが、
来年にも繋がる事なので書いておこう。


取手の花火大会は、約8000発の程度の、
どこにでもある中規模の花火大会だが、
同日に重なる花火大会がほぼ無いので混雑する。

毎年お盆の少し前に開催される、
茨城県南部の夏の風物詩だ。

この花火大会の特筆すべき点は、
駅前のデッキからでもよく見えるのが特徴。


20170812_200939


駅改札迄歩いて1分以内。
しかも、西友やら成城石井があり、
酒と肴に困る事はない。
勿論、トイレも。。。
これだけ環境の良い花火大会は、他には無いかと。


で、今年は3年振りに行ってみたのだが、
昨今のB級グルメブームに便乗したのか、
聞きなれない名のB級グルメを
駅前の西友入口にて販売しているのを見掛けた。


20170812_194313

その名も
常総やきそば


ただ、このやきそばは、
そんじょそこらの
「無理矢理作った系」の街興しB級グルメではない。
ちゃんとルーツが存在するのだ。


茨城県南部の焼きそばは、
勿論ソース味ではあるが、
店でも家庭でも、少しの醤油を垂らした上に
ニンニクを入れる傾向が見られる。

特に先祖代々古くから住んでいる方々は、
更にその傾向が顕著となる様だ。


このように、
ちゃんと地元に根付いた味がベースになっている、
正当派ご当地B級グルメなのだ。


ここの常総やきそばの、
ニンニク度は、例に漏れずこれまた凄い。。。

20170812_184819


普通にニンニクを入れるのではなく、
フライドガーリックを焼きそばの上にかけてある。
まぁ、ひと手間かかっている訳だ(^^)

かなり香ばしく、適度な苦味が焼きそばの味を
グッと引き立てる。

20170812_183234


更に半分食べた所で、
付属しているベビースターを混ぜて、味を変えて食べる様にと店の人からご指導が入る( ̄▽ ̄;)


ベビースターを混ぜると、フライドガーリックの風味がさらに生きるね。食感も面白い。


祭りの時だけでなくて、
普段でも食える所あるのかなぁ…??


その他、
茨城県南部のB級グルメとして定着しつつあるのが、

龍ヶ崎コロッケ


街興しB級グルメブーム初期より存在し、
それなりに有名になってきている。

これも西友前に露店が出ていた。

20170812_182223


その中でも、なにやら賞をとったらしい
たまコロっていうコロッケがあるらしい。
20170812_182347


玉ねぎをふんだんに使っているコロッケらしく
甘さがかなり引き立っている。

20170812_183249


見た目も、玉ねぎだらけだぁ~

20170812_183328


本来龍ヶ崎コロッケには、
みしまコロッケみたいな定義は存在しない。
…なので、定義は決めた者勝ちらしいな。。


livedoorB級グルメのカテゴリでは、
焼きそばとコロッケは何故か人気が無い。

そして不思議なことに
ランキングを見ていただけば一目瞭然だが、
ごく一部のブログ以外、
「ご当地B級グルメ」を取り上げるブログが無い
最近のご当地B級グルメのイベントや大会へのエントリーが、
焼きそばとコロッケが多数を占めている現状への反動なのか??


という訳で、
本来なら記事数稼ぐ為に別々に掲載したいのは山々であるが、
あまりに不人気ネタなので、
合わせ技で掲載することにした。

(※逆にlivedoorB級グルメカテゴリで人気が出る記事は、1000円で食えるデカ盛りの店と二郎系。次に1杯250円程度の安い居酒屋に、1000円以下の食べ放題。たまに目先を変えて安い海鮮と旅モノ。関東地区在住の方なら、都内・神奈川ネタがベスト。たまに千葉・埼玉・静岡。この内容で1年間毎日欠かさず400字以上の記事を書き続けていれば、ザッと見積もって最低1日平均70人~80人の来客が見込める。間違いなく三つ星ブロガーになれるので参考にしてください。ただ健康上かなり問題だが…俺は無理だな。また要らん事書いてしまった、、、)


ちなみに常総やきそばは、500円、
龍ヶ崎コロッケは200円(-_-;)

行列が出来ていたのは、龍ヶ崎コロッケの方だった。

(後日追加)
常総やきそばだけど、
普段でもココで食えるらしい。。。
↓↓
http://www.joso-kankou.com/page/page000181.html





誰か俺を止めてくれ~(T_T)
ブログに精神を乗っ取られる。。。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ