関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:宇都宮餃子

さて、わざわざ塩原温泉まで来て、
この日限定の無料入浴イベントについて一切無視するのも気が退けるので、
今回のみ『温泉』という単語を解禁
(この単語を使わないと意味が通じなくなってしまうので、已む無く使う事を温泉マニアの方々はご了承ください。。。)

20190929_202118

ますは一湯目。
おぉっ‼️
マニアの方々が写真撮ってらっしゃる。。。📸


こういう方々って、
ブログなら1日400uu&1000PV、
インスタやTwitterなら、
4~500人位のフォロア―がいるんだろうな、、、きっと😓羨ましい限りだよ🙄🙄🙄、、、

でも最近は、コロナで温泉ブロガーは苦労しているんだろうなぁ( ω-、)


俺はマニアに成り切れなかった人間だから、
あまり温泉については語る資格は無い(´Д`;)



グルメや貧乏旅行主体に切り替え、
やっと最低限1日平均600PV&250UUを下回らない位
相撲に例えたら、たまに『十両戦』に出れる幕下上位クラスの『一瞬ブロガー=1日関取』になれたが、
以前書いていた温泉ブログでは、
1日平均ベースで、たった150PV&45UUしか集められず、三段目下位から卒業出来なかった。

(※最近は何かの間違いか星4つ状態が続いているが
俺の実力で『十両★★★★』に居続けられる訳が無い…😅そのうちすぐ『幕下★★★』に転落しますよ…俺が堂々とブロガーを名乗れる日は来るのだろうか😅?)

という訳で。
元々温泉に関しては大した知識も無いし、ブロガーには程遠い家畜野郎なので、
元温泉マニアもどきだったなんて、口が裂けても名乗れない。。。恐れ多すぎるよ。。。




あ、話がズレたね、、、
本題に戻り道ましょう😅


塩原古式湯まつりの分湯式は、大地の恵みに感謝する儀式の1つだ。
つまり、塩原のこの温泉のお祭りは、
『温泉を恵んでくれた神様に感謝し、その一環として、今日だけは、みんなに分け隔てなく神の御加護として無料で温泉を振る舞いましょう。』って主旨なのよ。。。

よってマニアになれなかった俺でも、その恩恵を遠慮無く受けられるって訳なのさ。

さぁ、2湯目もありがたく浸からせてもらうか…
20190929_201948



山の上に登り、2湯目は濃いヤツを戴こう。
かなりの硫黄成分だった‼️
20190929_140119


近くには、天然入浴剤の販売施設があった。

20190929_140302


これがその中身。

20190929_140240


この様に紙に包まれて販売。

20200210_051102


1本1000円也。
駄洒落ではないが?高価だが効果抜群❗

120Lの真湯を湯船に張り、
これを大さじ1杯に、矢板城の湯にある温泉販売機の塩化泉系の温泉水を10L入れれば、
『グンマの八ッ場ダムエリアの温泉』っぽいモノが完成❗

この割合で風呂作れば、まず湯冷めはせず、腰痛も楽になる。
温泉感も十分味わえる上、その割には浴槽や配管は痛めない程度の濃さだ。


宇都宮はカクテルの街なので、
さしずめ俺がやっている事は『温泉カクテル』だな


まぁこんな実験して楽しむのは、
俺みたいな『奇人変人変態』だけだろう。
温泉マニアからしたらブッ飛ばしものだろうな、、、



ま、それはともかく、再び山を降りて3湯目

ここの露天は素晴らしい。


20190929_150042


一度麓まで戻り、蕎麦食ってから、
また塩原温泉街に戻る。

4湯目。仕上げの場所。
臭くなった体は、ここでキレイにする
源泉が少し薄くなったかなぁ、、、
鶏ガラ臭がしない🐤
20190929_163841


このお祭り、
初めて日曜開催になった2014年から比べると、お客さんは半分以下になったんじゃないかな⁉️
参加施設も減ったし、、、

まぁ2014年があまりにも大盤振る舞い過ぎたのか⁉️

10分浸かっただけで次から次に移動し、
10箇所以上回る、若い兄ちゃん姉ちゃんの気合いの入ったグループは皆無だった。。。




さて、ここから、宇都宮市内まで直行❗

途中スーパーで、
翌朝につまむパンと飲み物をゲットし、
宇都宮東口の近くにある宿に着いたのが、夜8時前。



この近くの居酒屋で飲み食いする予定だったが、
フラれてしまい、、、😭

駅前の餃子屋さんはどこも終わっていたので、
駅ビルの中にある餃子屋『宇味家』さんにお邪魔した


20190929_211623


まずは、ハイボールで乾杯(^^)/\(^^)
ツマミはチャンジャで、、、

20190929_205617



ススメ!!栃木部にも載っている、
『ダブル・スイ』を再現❗

20190929_205926

20190929_210312

勿論『ダブル・スイください!!』
…なんて、ツウを気取った注文はしなかった😓


20200218_221105



けっこうアッサリとして、食べやすいタイプの餃子なので、何個でも行けてしまう\(^-^)/


ここは夜9時前がラストオーダーなので、
駅前の餃子屋に振られた方には保険的店になるかと

他に2店が入っているので、どこにしようか悩んでいると閉店時間になってしまうので要注意だね(^_^;)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さて、
昨年みんみんにて、宇都宮餃子をクリアしたのだが、
やはり沢山の餃子を食べ比べないと、クリアした事にはならないみたいだ。


一度に少しずつ、違う餃子を楽しむならここしかない

って事で、向かうは『来らっせ』という店。


宇都宮のメガドン・キホーテの地下1階にあるこの店には、沢山の種類の宇都宮餃子が集結しているのだ。

ただ困るのは、駐車場。
どこも20~30分100円。

メガドンキの提携駐車場もあるにはあるが、
トータル2000円買い物しないと割引にならない。
(ちなみにJR宇都宮駅から1.5Km離れているので、電車組はさらに大変かも、、、東武宇都宮からは近い)

時間も無いし、
ここは駐車場料金を最低限にすべく、
ダッシュダッシュ🏃

20190520_183037


よし、入口みっけた

20190520_183025


メガドン・キホーテの階段に看板があり、

20190520_183014

ここを下り、長い通路を歩くと

20190520_182958

奥が来らっせだ。

この来らっせには、日替わり店舗と常設店舗の2店舗があり、

20190520_182946


うちらは日替わり店舗を選択。
20190520_182921



さぁ、悩んでいる暇はない。

これとこれで行こう。

20190520_182851


席に着くなり、早速オーダー



翔んで埼玉のポスター、、、
こんな所まで日本埼玉化計画が進んでいるとは…

20190520_182906


待つこと5分、御対面である。
20190520_182831

餃子のタレや特製ラー油は必需品だな。

梅、そば、よもぎを練り込んだ皮は、
それぞれの風味を感じられる。餡との相性も良い。
20190517_150153



そして、ジャンボ餃子

20190517_145757


これは普通の餃子の倍はある、、、

20190517_145858



中身は、八角の風味が強いので、好き嫌いが別れるかもしれないが、俺は大好きだ。



店の前には、当然お土産の冷凍餃子の販売コーナーを完備している。

20190517_150752


駐車場は、30分100円で、ギリギリ28分で到着。
何とか100円で済んだ😅









宇都宮餃子をクリアしたと認定されるには、
2件以上の食べ歩きが必須らしい。。。



先程食べた、ラストオーダーギリギリでかけこんだ
みんみんさんだけじゃ物足りず

もうチョッとだけ何かないかと、駅前を徘徊。
20180816_215917


ただ、思うような場所が見つからず。。。

すでに営業終了している店も多い。
餃天堂さんやうまいやさんなどの有名な店で、半端ない行列に並ぶか、
誰も並んでいない店に入るかの二者択一を迫られる。

20180816_204827



ちなみに後発組ながら宇都宮餃子の最大チェーンに成長した宇都宮餃子館さんは、
駅前に4ヵ所ある店のうち、
何故かここだけ半端ない行列。。。


かといって、離れている東武宇都宮駅方向までは歩く気になれず、

JR宇都宮駅前にあった空いている餃子屋さんに入ってみる事にした。

20180821_191412



水、焼き餃子のセット、単品で揚げ餃子に焼き餃子、ツマミとしてナムル。
ビール2杯ずつ、計4杯注文。。。
ライスは手羽先紅葉サマから、少しだけ失敬(^-^;

20180816_212702



ここの焼き餃子は、羽のついているタイプ。
肉汁はそれほど無く、いたって普通


揚げ餃子は、甘酢とマヨ、そして沢山のネギに覆われ
ている。まぁ、餡かけなので、それほどパリッはしておらず。
餃子としてより、中華料理として楽しめた。

20180816_212359


水餃子は、皮が厚くかなりモッチリとしており、
俺が好きなタイプ。
肉汁も適度にあって、これが一番美味かった。。


よくみていると、働いている方はアチラの方。

焼き餃子よりも、
水餃子や蒸し餃子、揚げ&餡掛けの方が得意な筈なので、これには納得だな。

だが、大幅に予算オーバー。。。(T_T)

2ヶ所ハシゴで、5000円越えてしまった。。。

20180821_192110



宇都宮といえば、バーで有名。
関東でもかなりレベルの高いバーテンダーさんが沢山集まっていたらしいが、今ではどうなんだろ❔


折角だから「カクテル界のコハダ的存在」である、
「ギムレット」に、
オーソドックスな「ホワイトレディ」、
ステアの技術と、バーテンさんの志向や店の味の方針がモロに出る「マティーニ」を飲んでみたかった…

(嫌な客かもしれないが、この三種は腕のいいバーテンダーさんが作ると、ホントにハンパなく美味いんだよ(´ρ`)…)




…が、
本格的なオーセンティックバーに行くと、どんなに安くても2人で10000円近くはかかるし、
近くに比較的安い立ち飲み系のバーも見当たらず。

第一、今の俺には分不相応だしね(^o^ゞ

餃子で腹が苦しいし、、、
これでお開きとして、宿で大人しくしていました。




宇都宮に行ったら、名物の餃子は食べてみたい…

だが、有名店は、割と駅に近い場所に集中しており、
渋滞にハマるから行きにくい…

…そんな方々には、
この店をすすめる(^^)

20161111_140437


店の名前は、画像を参考に。。。
この店は、宇都宮インター真ん前にある。


日光道や東北道を降りたら反対車線にあるので、
1度ぐるっと回らなければ行けないのが難点だが…

この店には、
餃子は幾つも種類がある。

が、ウチらは餃子だけでなく、
後で色んなモノを食うのが目的なんで、
餃子単品二種類に、
口を拭う目的で小ライスのみ注文!!

20161111_142122



健太餃子がオーソドックスな餃子だが、
他にもしそ餃子が美味(^^)
共に300円以下だ。

定食にも出来、そちらがメインだが、
餃子の単品だけを二種類程味わって、
サササッ…。。。。(ノ‥)ノと店を出る人もいたんで、

「それほど空腹で無いけど、
とりあえず名物の宇都宮餃子は喰っておくか…」
って人には、入りやすい店だね。。。


土産も充実している。
日光・鬼怒川からの帰りに、冷凍餃子を買って帰るのも有りかと…

20161111_141349


尚、ここに行ったのは
この旅を敢行した2年前と昨年の2回…
店は近年に建て替えられたのだ。

よって、このコースで行ったのは2年前だが、
店の全景画像は昨年末のモノを掲載とした。


この後は、塩原辺りまで一気に移動

塩原の山奥、
湯荘白樺の脇には、3つの無人の公衆浴場があり、
300円程で本格的な硫黄の湯を楽しめる。
宿に行く迄時間があったんで、寄ってみた。

20150428_121136


お金はキチンと入れなきゃダメだぞ~

宇都宮餃子の評価


さすかが本場(^^)
皮と具のバランス、バッチリだわ(^^)
折角なら金かけて、あと二種類は楽しんでほしい。
ニンニクが気になる方は、まいちゃん餃子で!!



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ