関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:千葉海鮮

昨年の晩秋、墓参りに行ったついでに、
道の駅九十九里に再訪。


台風の暫く後だったが、
ここのフードコートは割と早く復活していたようだ。


海の駅九十九里名物の1000円船盛り定食は、
運営店が変わってから、
値上げされてしまった事を以前書いたけど、

単なる値上げだけじゃなく、
嬉しいオマケが追加になっていた、、、


20190320_140432


それに伴い、葉武里定食と、
名を変えている。


さて、1300円のこの定食をオーダーすると、

20190320_141523


イワシの天ぷらが追加されていた。

俺的には、これはありがたいなぁ、、、

フックラした揚げ立てのイワシ天は、
臭みも無く、脂も乗って美味い\(^^)/


ただ、
ライスの量が少ないのが難点、、、かな😭
ライスがすすんですすんでシャアない



で、ここのオススメの品は、、、

1500円とA級メシになってしまうが、
黄身ダレ鯛メシ

20190320_141531


鯛をタップリ使った海鮮丼系で、
まずはそのまま、お刺身ライスとして、
次に黄身ダレに鯛をつけていただく。

最後は、玉子の黄身をライス&鯛刺を混ぜて、
豪快にガッツリと頬張るノダ‼️


これは美味いよ。。。
マジオススメします。

(※この記事は1月に行った時のものです。)

今回はこの店の激安海鮮を取り上げるにあたり、
温泉入浴がセットという条件になっている関係上、
今回は止む無く『温泉』という単語を解禁します。

温泉関係者の方々、ごめんなさいm(__)m💦


さて、50を超えちまった俺は、
最近は肩やら腰やら頭やらが痛くて痛くて仕方がない
とりあえず、これを何とかせにゃとても働けない。


近所の温泉でも良いが、どうせなら日帰り旅に出掛けて入浴したい。。。
しかも平日空いている場所で🈳


…って事で以前から気になっていた、
富津にある『天然温泉海辺の湯』に行く事にする。


ここは以前取り上げた、漁師料理かなやという、
観光客向け施設の2階にある。

IMG_20200116_134601_574

ここが入口。1階はお土産屋さんになっている

20200116_122223



ここは日帰り入浴と刺身定食のセットがあったのを思い出し、現在もやっているかを検証する事がメインだった。

20200116_122916



入口を入ると、



20200117_173316


おおっ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
今でもあるじゃないの
空腹を我慢した甲斐があったわ\(^^)/


このセット、
日帰り温泉入浴+船盛り定食で、

何と

1350円!!( ; ロ)゚ ゚


房総の観光地らしくない価格だ。
(ちなみに土日祝日は1450円らしい。それでも割安だ)


まずは風呂だな風呂♨️ 腰痛なんとかしなきゃ💦


浴室は撮影🆖なんで、
パンフの画像をば、、、

1579153947201662078354458514120




さて、店の前にある足湯は無料なので、
温泉の色に関してはそちらの画像で、、、

20200116_150754


千葉らしい黒湯。炭酸水素塩泉。
結構温まる。
露天風呂からは、天気が良けりゃ富士山も拝めるが、
このひはあいにく、富士山は見えず。
対岸の久里浜は目と鼻の先だ。
(露天風呂にスマホ持ち込む訳にやいかず…駐車場からの眺め。角度的には変わらない)

20200116_150836




そして、内風呂の端には電気風呂あり⚡

割りとソフトなタイプ。
お陰で頸と腰がすこしだけ楽になった。

湯上がりに食堂へ。

20200116_125742


食事代も入浴チケットに含まれる(まぁ前原いだ)
受付にてあらかじめ貰っておいた札を店員のバサマに渡し、、、

後は店の中を見物。
漁師料理かなやの店だが、
この定食以外、刺身は無い様だ、、、


20200116_130550


さて待つ事10分、
船盛り定食とご対麺であるΨ( ̄∇ ̄)Ψ

IMG_20200116_134601_561


船盛りには何故か唐揚げも同船なさっておる🐤

では、イタダキマスΨ( ̄∇ ̄)Ψ


ありきたりのマグロ2切れに解凍のエビが1匹だが、
他に肌色の魚がが2切乗っている。

どうせビントロだろうと口の中に含んでみたら、
あらあら、違うじゃないの!!( ; ロ)゚ ゚

イサキみたいな味だが、これが何かは分からなかった
白身魚か赤身魚の何れかだろう、、。


20200116_131503

この定食には、カジメという海藻がついてくる。

かなり粘り気があるが、これは味噌汁に全ていれるのは勿体無いので、ワサビ醤油で少量ライスに混ぜる。

まさに磯の香りがして美味\(^^)/

これだけ楽しめて1350(土日祝日1450円)は、
千葉らしくないコスパ。。。

入浴料金は780円を差し引くと、
この定食は700円以下になる訳だから、
このブログの対象内としてカウントだぁ\(^^)/

あらかじめ入口の券売機で入浴セット券を買う事が条件となるので要注意‼️


みんなにオススメしますよ、、、




さて、
この店に行く前には、
袖ヶ浦のいきいき農産物直売センターに寄り、
150円の地元産の甲イカをゲットしておいた。


帰りは、
恒例のおどやや道の駅とみうらには行けず、
吉田屋という地元スーパーで、黒鯛をゲット。



養老渓谷と上総鶴舞で鉱泉を、
久留里で湧水をゲットし帰宅。



県民showで北陸や山陰を特集していたが、
千葉の地魚は山陰や北陸の蟹には負けないよ、、、

ちょっとした事情にて、
かなりアクセスが減ってしまった、、、

ま、ネガティブな事書いていたからシャアないわな…


俺に期待されているのは、
千葉県の格安海鮮、、、

って訳で、
ここで温存しておいた、千葉のお得な海鮮の記事を
アップしておきます。。。



今回は、前日に少しだけ触れた、
袖ヶ浦の海鮮の名店『わかせい』さんについて…



ここは10年以上前から気になっていたが、
何故か今迄行きそびれていた店だった。。。


袖ヶ浦のR16号沿い、坂道にある、
海鮮の看板の目立つこの店、、、
いかにも、、、ってオーラを放っていたんだよね

千葉市の奥地⁉️にある『よかった』さんもそうだけど
良さげな店には、独特のオーラがある。。。


で、君津市の温泉に行くついでに、
オール下道で、このわかせいさんにチャレンジしてみる事にした

20190312_125812



このわかせいさん、
ネットで見てもすこぶる評価が高いようで、
ランチ時にはいつも満席🈵との噂が、、、



駐車場は、喫茶店の看板がある所に停めていいらしい
運良く2台分相手いて助かった(^o^;)

平日の昼1時で、店内は8割程埋まっており、
流石に凄い、、、

さて、何にしようかな⁉

20190312_125856


あら煮が名物らしいが、
残念な事に売り切れ。

刺身定食とフライ定食で行ってみよう。


お客様が多いので20分位は待たされたが、
無事ご登場\(^^)/

20190312_133126


刺身は六点盛り。勿論水揚げ次第で内容がガラリと変わる。。。
この日は、鯛やイカ、鯵、方々など


一方、フライ定食にも、小さいお刺身が付く。


20190312_133455


フライは4種。
絶妙のカリッと、中フックラ、
絶妙の揚げ加減だ\(^^)/

最初は醤油数滴で楽しみ、
後はドロッとしたソースで楽しんだ。


これで2人計税込2160円は、ギリギリ予算内。
それにしても、中身から考えると恐ろしい位のコスパ(o゚Д゚ノ)ノ‼️

ライスが小盛りだが、
あまり大っぴらにはなっていないけど、
ランチではお代わり可能です。


どうもご馳走さまでしたm(__)m
次は夜に行って見たいな、、、

木更津アウトレットや潮干狩りに行くついでに寄るのも良いかもしれないね、、、
ずっと高速使うのも遠回りになるから、
姉崎袖ヶ浦インターを使うと良いでしょう。




hot paperのページで、
たまにここのクーポンが登場するみたいなので、
要チェックだ👀‼









個人的記録
PV713VS670
PVベースでは、今日はとりあえず花を持たせてもらった。

でも多分、UU対決では負けているかもな、、、
俺のUUは今日は211

UU基準である明日のB級グルメランキングで彼が勝っていれば、
彼は220UU以上は越えている筈。。。

俺はこの数日しか、今のアクセスを維持出来ないので
今日明日位しかしか味わえない、
念願のYahoo!ブロガーとのバトル。。。
願わくは、全盛期のアクセスで勝負したかったのだが
それは贅沢か、、、



ランキング争いは、ある意味俺の集大成、、、
この時間は俺にとっては非常に貴重だ、、、

当ブログは、
2~3日後には、確実にアクセスが激減する。。。
たった数日、今しか味わえないだろう
Yahoo!ブロガーとのセッションだ


※後日、そのブログ、
良く見たら食べログでも書いていたのね、、、
どうりで集客力あった訳だ、、、😅

ここは価格的にB級グルメ店の範疇からほんのチョッとだけ越えてしまうかもしれないが、
特に印象に残る店だったんで載せておきましょう(^^)

…といっても、録った画像が紛失してしまったんで、あまりイメージが伝わらないかもしれん

その店は、「いいとこ」という店。
TVで取り上げられて割とメジャーな店みたいだね…
メニューのキレイな画像は、店のHPをご覧あれ
↓↓
http://kominatoiitoko.com/


鴨川市のご当地グルメとして、
「おらが丼」というものがある。

これには料理形態については定義は無く、店によって出てくる形態は様々。

大体の店は海鮮丼やチラシ寿司風になっているが、
ここ店のおらが丼は、鯛の炊き込みごはんスタイル
つまり「鯛メシ」だ!!
小湊らしいといえばらしい品だね…
今回の旅の目的の1つは、コレを食う為だったのだ!!



で、この店の凄いところは、
料理だけでは無く、その接客にある。

噂には聞いていたが、
このギャグの流れにについて行けるかが、大いに「不安」だったのではあるが…

ウチが寄ったのは、数年前の12月24日…

店に入って着席するなり、

「クリスマスなのに、カップルでこんな店に来てていいんですか??」


「へ。。。???σ( ̄∇ ̄;)」

さっそくジョークのジャブが飛んできおった


料理の到着迄、マスター、ずっと喋りっ放し

料理に漫談が付いてくるスタイルは、
全国ここだけかも。。。
待たせている間も退屈させない配慮だろうか…??

家内は、千葉のご当地B級グルメの「なめろう丼」と、鴨川のご当地B級グルメ「おらが丼」のそれぞれ少しずつ乗ったセットを注文したんだけど、
お店の方曰く

「ハイおまちど、ダブル炭水化物セット」


20171204_194213


確かに炭水化物ダブルには違いはないなぁ(^^)
と納得しつつ、思わずうぷプッと笑ってしまう

料理はギャグとうって変わり、真面目そのものだ。
傘がなかなかお洒落ですな…

このダブル炭水化物セット=鯛メシとなめろう丼のセットは@1300円。まさに小湊らしいメニュー


俺は刺身定食@1100円を注文

20171204_194130



鯛メシも、なめろうも、お刺身も
さすが本場の味。
二人で2400円と、少しだけA級グルメの価格帯に入ってしまったが、
房総でこれなら全然安いほうだろうね…


それから数年間、何回もこの店の前を通った事があるが、店が跡形も無くなっていて心配していた。

なんと建て替えられていたのね。。。
どうりで気が付かなかった訳だ(^^;

tenpozenkei





B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

とにかく暑いですなぁ~

夏といゃあ、海水浴だが、
最近は、昔程人気が無いような気が…

日立のサメが上がってきているのも気にはなるが、
稀な事例を出してもシャアない
とりあえずは、サメが居ない事を前提に書いてみる。


海水浴といゃあ、
とりあえず関東では神奈川・千葉・茨城だが、

ここぞとばかりに、
メチャメチャ高い駐車料金をふっかけたりする場所が目立つ。

場所は明記出来ないが、中には海の家を経由しないと浜に行けない様な意地悪な構造になっている場所すらあり、なにかとお金がかかる…(-_-;)


まぁ、稼ぎ時である為に仕方ない部分はある。
ここ10年以上、異常気象だし、
下手すりゃ月の半分は海水浴が出来ない年さえある。

稼げる時に儲けておかなければならないのは、充分に理解しているつもりではあるが。。。


天気に左右される海水浴場だけでなく、最近の世の中全体傾向として、取れる所からゴッソリ取ることが年々顕著になってきている(-_-;)
(特に関西の某テーマパークへ行く客に対する宿泊業や旅行会社の便乗商売がハンパ無い様だからね…東京よりも酷い)


でも、
「本来なら払わなくて良いモノ、 又はそれに見合う価値の無いモノには金を使いたくない」
という俺みたいに頑固でドケチなアマノジャクオヤジも世の中には一定数居る訳で(^^;

(その分浮いたお金で、現地で何か美味いモノを食べればいい。地元にお金が落ちるという面では変わりはない)

そこで、あまり金を掛けずに
それなりに設備の整っている海水浴場が無いか、
先日千葉の外房に出掛けて調べてきた。



まずは、いすみ市の大原海水浴場

大原漁港から北にある川を渡った場所にある。

20170717_134353


ここは駐車場は無料。
しかもシャワーや足洗場がトイレ脇に完備!!

20170717_134657

ウチらは水着を持っていなかったので、
遊泳禁止の場所で足を冷していたが。。。

その脇の海水浴場は、
家族連れの海水浴客で賑わっていた。

ウチらか行った日には、
大原漁港にてイベントが行われており、
沢山の漁船が勇ましく出港していた。


いすみの大原は、
万が一荒波や荒天で海水浴が出来なければ、
車で30分弱のポッポの丘などでお茶濁せるし。。。
若いパパには何かと強い味方かも。

浜は遠浅なので、とりあえずは安心だね。。。
ただ、波は少し荒い場所もあるので、
その点は注意が必要。
特に子供は、必ずロープの内で泳ぐよう、
注意して見ていなきゃならない。

海は押し寄せる波よりも、
引く波の方が怖い。
これはどこも同じなので、注意が必要だね。


後、もう1ヶ所
安房小湊駅から程近い場所にも
臨時無料駐車場とシャワー無料の
内浦海水浴場がある。

コンビニが近いのもありがたい。

20170717_154314


20170717_154415


写真では伝わり難いが、
ここは水深が階段2段分位、すぐ深くなる場所がある。

俺もうっかりしていて、深みにハマってしまい
ジーパンの股近くまで濡れてしまった。
アブナイアブナイ( ̄▽ ̄;)


波は穏やかだが、
小さいお子さまにはオススメ出来ない。

20170717_154747



浜の端の方は多少浅瀬なので、小さいお子さまとその家族はそちらで遊んでいた。

多少は安心だろうが、
監視員の居る場所からは、やや離れているので要注意だ。
繰り返すが、波は退く時が怖い!
特に底の部分が急激に退く場合がある。
くれぐれも気をつけて!!

万が一海水浴不可日に当たってしまったら、
シーワールドあたりに行くしかない(T_T)
スマホがdocomoの人はポイント3000分を
予めテーマパークのクーポンに変えて準備しておこう。
シーワールド以外にも、マザー牧場などで使える。

金かけたくないなら、南房総市近辺には道の駅が沢山あるので、そこを巡るのも良いかも。


尚、大原・安房小湊共に小規模ながら海の家はある。
メシや飲み物には困らないだろう。


車組は更衣室を使わず、無料のシャワーを使って、
後は車で着替えればよいのだが、
一方、電車組はチョイと困るかな。
素直に海の家を利用するしか無いかもね。



他にも幾つかの場所を書いておこう。


意外に予算が掛かるのは、
勝浦といすみの間にある、「砂漠」で有名な某町だ。

駐車場はどこも1000円( ̄▽ ̄;)
しかもシャワーとかはバカ高い海の家を利用するしか無い。
ただ、眺めとか雰囲気は良いので、
後は価値観の問題だろう。

九十九里の片貝海岸あたりは、駐車場は500円だった。
波も荒く、俺個人的には、一番泳ぎたい場所だ。
トイレはシャワー駐車場に無料の場所がある。

岩井海水浴場は、駐車場は無料だが、
近くにシャワーが無いらしい。
車組みは、水を入れたポリタンクは必須だね。。




何れの場所も、公式の海水浴場なので、監視員はちゃんと常駐しているが、
海は怖い場所なので、
ご両親はくれぐれも安全に留意して!!

あくまで、浜遊びの延長位のつもりでいる方がいいね



さてさて、
ここまで海水浴場の事を書いてきたが、
偵察ついでに行った、大原漁港の食堂の事にも触れておきたい。


20170717_133305


この食堂は観光地価格なので、
俺のブログの主旨とはかけ離れている場所だが、
お刺身三点盛りのモノが良かったので、
参考にまで掲載しておく。

20170717_131705


刺身三点盛り単品1000円、
定食にすると1500円…(^^;


神奈川の小○原市場の食堂に行った時よりも高くついてしまったが、
鯛??とカンパチは弾力があり鮮度抜群だった。
サスガに市場は伊達じゃない!
臭みとは無縁\(^^)/
アラ汁も美味だった(^q^)


同じ高いモノに金を落とすなら、
駐車場料金よりもこの手のモノに使いたいね。。

まぁ、もっと安く済ませられそうな場所は、
探せばいくらでもありそうだが、
とりあえず迷ったらココが無難だね。。。

いすみ市内から上総一ノ宮あたりの国道沿いには、
他にも海の幸が味わえる場所が山ほどあるが、
それを比較する上での、基準的存在になりそうだ。




2018年バージョンの海水浴場レポはこちら
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/32586927.html




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ