関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:千葉ご当地チェーン

梨とファイターズ以外、対外的な売りが無く、
市の面積も小さい事から、
これと言った特徴が無い鎌ヶ谷市。。。
(まぁ日本の市町村は、観光資源を持っている場所の方が圧倒的少数派なんだけどね…例え二軍でも、ファイターズがあるだけ凄い観光資源なのだが…)


その昔、
新京成の駅名になっている『鎌ヶ谷大仏』を
見学しに観光客が来たらしいが、
幾らさがせど見つからず、
近所の人に聞いたら、
うんざりした顔で指を指された先にある大仏を見て、
『こんなに小さいのか‼』と、
ガックリうなだれて帰って行くのは、
当時の鎌ヶ谷市のアルアル話であるようで。。。



さて、そんな鎌ヶ谷だが、
それでもそれなりに名の通った、食品・飲食企業が幾つかある。


まずは、茂野製麺さん。

割とリーズナブルな即席麺が売りの
初富近くにある製造工場。
ここでは直売もしており、鎌ヶ谷では代表格の地場産業である。
長野にも支社があるようだ。



飲食店では、博士ラーメンかな、、、

医食同源を地で行くラーメンは、昔に何回かマスコミに取り上げられ、一時有名になった。

ここ20年程は、タイ料理レストランとして営業しており、割と地味になっているが、ラーメンはメニューに現存し、今でも健在だ‼



そしてもう1つが、

コーヒーの焙煎販売&喫茶店経営をしている、
イデカフェという企業だ。

以前は付近にUCCの看板があったような、、、


創業20年という比較的歴史の浅い企業だが、
ここ数年の間に、千葉県北西部に積極的に進出を図る様になり、現在他ブランドを含め15店舗を運営し、
ご当地チェーンに育ちつつある。

今回は3月に、AEON新鎌ヶ谷の店にお邪魔した時の事をば、、、

20200401_145158


まぁ、大手チェーンじゃないから、値段は高いが、
この店の前を通ると、いつもいい匂いがするんで、
昔から一度行って見たかったんだよね、、、


ランチは1000円以上するので、
俺としてはかなり痛い出費だが、
地元を語る上では絶対に欠かせない企業なので、
ここは奮発‼️


ランチにドリンクをオーダーすると、
コーヒーがお代わり自由になる。
ややシステム的に分かりにくい。

では、ランチが来るまで、
コーヒーを楽しみましょう。

20200401_133608


コーヒーは二種類。
ブレンドは、酸味が強め。焦げた匂いが強め。

20200401_133736


『平成』は、ブランドよりもやや酸味が抑えられ、豆の風味が生きている


さて、
そうこうしているうちに、
ハンバーグが到着。
20200401_135942


ライスは別売り200円で量は少ないが、
有機栽培米らしく、オーガニック&安全性を売りにしているので、ある意味仕方ないか、、、

ハンバーグも手作り。
少し臭みがあるタイプだが、牧草で飼育された安全な牛なんだろう。


さて、喫茶店と言えば、
やっぱオムライスかカレーだよなぁ~

今回はオムライスで行ってみましょう‼️

20200401_140142


喫茶店系のオムライスは、やっぱデミグラスソースがかかっているタイプを期待してしまう。


卵は丁度よい感じ。
レア過ぎず固まりすぎず、
そしてオレンジ色の感じが強い、良い卵だ。

20200401_140228


中のチキンライスも優しい味。
オニオン、ピーマン、大きいベーコンが具に入っている。

そして、デミグラスソースは、苦味とコクがかなりあり、全体を引き立てる。


さて、デミグラスソースを味わう前と後に、
コーヒーを飲むと、双方の味が引き立つ。

特にアイスコーヒーとの相性は抜群だった。


今回、約2600円の出費👛
予算、1100円オーバー

また機会あったら次は名物のカレーかな、、、
と思っていたが、

20200506_162218


後日この店の前を通ると
テイクアウト販売を始めたみたいだな、、、
近々買いに行ってみようかな。。。

さて、今回はご当地B級グルメか広義のB級グルメか、
分類が難しいモノをひとつ、、、


俺の中でB級グルメ=地方食の中でもリーズナブルなもの、街興し系ご当地B級グルメ、及びご当地チェーンだが、
世間一般的なB級グルメは、安くて美味しい麺・丼・粉モノ、そして安価なデカ盛り定食・その他安いモノならなんでも良いという定義らしい。


今回は、千葉のご当地チェーンになりつつある会社の
1000円以下の安くて美味しい丼の話だ。




はな膳グループは、千葉県のご当地チェーンに成長しつつある和食…いや『割烹チェーン』だ。
2019年現在、グループ全体で34店舗を運営中。


法事などの会食や仕出しを主要事業にしているが、
この手のスタイルのチェーンって珍しい。

今後、少子高齢化と共に法事が増える事を念頭に置いた展開だろう。
葬式&法事のシンプル化は凄い勢いで主流になりつつあるが、
ある一定の需要を押さえる事は間違いない。


割烹チェーンをご当地チェーンとしてカウントして良いものかどうか悩んだが…


ま、他所から客観的に見たら、ある程度の規模と知名度を持ち、しかも県内で完結していれば、立派なご当地チェーンだろう。
今の所、はな膳グループに無いのはご当地チェーンとしての知名度だけ。
逆言えば、俺が一番乗りしたって事だな、、、



で、このはな膳さん、
法事などで使う割烹スタイルなので、
ランチタイムとて安くは無く、いわゆる高級店。

1人あたりのランチ単価は、2000円近く。。。
はっきり言って、このブログの範囲外だ。


だが、俺にも行ける『はな膳』がある野田よ、、、


(写真は、以前撮った昼間の画像)
d680875c




今回紹介する『高橋水産』さんは、
はな膳グループの居酒屋部門。


居酒屋さんといえば、俺的にはランチかな、、、
なんせ、ワンランク上のものが安く食えるからね…

つまり安く食べられる『はな膳』って訳で
ここなら俺でも何とか手が届くよな。。。

20190524_154524



エビと野菜の天丼は、
当然揚げ立て。
少し時間はかかるけど、アツアツのサクサク
これで700円しないのだから恐れいる。
ホント、ここの天丼はレベルが高い‼️
しっかりとした調理法が確立されているんだろう。

20190524_154634


海鮮丼は、これだけボリウムがあって、1000円切るリーズナブルさ、、、

20190524_154606

具材もさすが、鮮度も違う‼


高級店・はな膳の味がリーズナブルに楽しめるんだから、ありがたやありがたや、、、だね\(^_^)/

この高橋水産さんは、は現在柏松戸エリアを中心に8店舗あるが
居酒屋形態ながら住宅地に展開し、白井店以外は駅から遠いのが特徴なので、電車組以外は行きにくいかもしれない。


ま、何であれ、
大手や埼玉&茨城チェーンの草刈り場になっている千葉県に、こうしたご当地チェーンが増えるのは、俺としてはありがたい限りだ、、、
としまや弁当、オランダ屋に次ぐ第三の勢力の、今後の展開に期待したい。


例え大きい会社になっても、サイゼリヤの様に千葉を見捨てないでね(/_;)/~~

↑このページのトップヘ