関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:千葉ご当地グルメ

市川松戸エリアの何割かの果樹園直売所にて、
本日から幸水梨が販売開始になりました。



20200731_154124

特に国道464号の松戸~市川エリアは、
梨街道と呼ばれ、梨農家があちらこちらに点在。

20200731_130647


とある農家では、
キズものが7つ500円だった。
20200731_130617


なかなかみずみずしく、甘~い梨。
小さくとも侮どれない(^q^)



さて、梨を買うだけじゃツマラナイので、
松戸市場近くのマミーマートに行くと、
100円パン屋があるじゃないか‼

20200731_132521


しかもイートイン完備。
今日の昼飯は、ここだな、、、

20200731_133755


さて、お邪魔しやす。

20200731_144206


20200731_133048


このパン屋さんは100円パン100種類を謳っているが
マジ凄い種類の豊富さだ。

調べてみたら、この会社、、、
まさかの埼玉企業
埼玉とを中心に、隣接する栃木や都内、そして我が千葉に約20店舗を展開している様で、、、

http://bakery-aqua.com

まぁマミーマートに併設されている時点で、
そうじゃないかとは思っていたが、

埼玉はスーパーでは飽きたらず、
パンでも千葉に侵略をかけてきたのか⁉️


冗談はコレくらいにして、、、
俺は安くて美味ければ何でも良いのだが(^^)


20200731_132952

パンの耳、発見( ロ_ロ)ゞ!!
これでネタが書けそうだ‼️

さて、室内のイートインスペース
天井見ても換気扇が見当たらず。

念のため、屋外のテラス席で頂いてみましょう。

20200731_140718


このご時世、テーブルと椅子のセルフ消毒は欠かせませんな、、、
20200731_140723


本日の収穫。

20200731_140830
 
手前から左からカレーナン、バケット、
アップルデニュシュ、卵トースト、パンの耳、
ミニパン数種、塩パン、、、

かなり買ってしまったが、
これでも700円チョイ。

まぁさすがに高級パン屋の様な訳にはいかないが、
これはこれで充分美味しくいただけました。。。

何種類か残ったが、後は晩飯だな、、、、


表なら、ちゃんと手や物品の消毒、手洗いさえすれば
コロナの心配は無用。

限られた制約の中でいかに楽しめるか考えるのも、
ストレスを貯めない為には大事だなぁ、、、


そうそう、ブーランジュベーグさん、
そのうち茨城に、
…出来ればパンの街・つくばに進出して来てくれれば(´^ω^)

百円パンっていう分野が無いから、
受けると思いますよ、、、、、


東松戸駅のベルクスに帰り寄ったのだけど、
2階にある魚民では、
8月3日から、こんなのをやるみたいで、、、


20200731_150305


俺もビールが恋しいなぁ~🍺

千葉の海鮮系のご当地メシ・B級グルメで、
面白いモノを食える店があるので、
先に紹介しておきましょう。

行ったのは一昨年。
ターゲットは、木更津アウトレット
20170808_111947


ここのフードコートにある、
「わっぱ茶屋かわな」さんは凄い!!
フードコートにありがちな、ありきたりのチェーンとかじゃなく、
地魚で有名な地元の高級旅館の経営らしいね…
↓↓
http://www.kawana-inn.com/enjoying/wappajaya.html


千葉は海鮮丼系の相場が高いが、
ここはアウトレットの中という立地条件ながら、
他所よりもリーズナブルな価格設定にはビックリ

レストランではなくフードコートでの出店ってのが凄いなぁ…
高級店なのに思い切った事をやるもんだ。
このセンスには脱帽する。

船橋のブルーカナリア3edしかり、
木更津の魚や77しかり…
センスある人は高級店を営んでいても、庶民に何らかの形で還元する形でサテライト店を作る。

この手の店は原価のかかりすぎるモノを無理してまでは使わず、さすがと唸らせる技術やサービスなりでカバーする傾向にある。
(サテライト店を作る余裕の無い高級店は、ランチタイムで還元する傾向にあるね…)



俺には不可能だが、この手の店をほぼ毎日日替わりで掲載出来る知識の深いブロガーが、外食グルメブログ界を制するんだろな。。。

ま、それはともかく、
「見せてもらおうか!!高級店の支店の実力とやらを!!」
byシャア=アズナブル


20170808_113143


20170808_112641-1


また写真ブレブレだぁ(T_T)

海鮮丼の「並」は980円、
なめろう茶漬け丼の「並」も同額!!
(※現在は若干の値上げされています)

悩みに悩んだが、
結局後者をチョイスしました。

ブログ的には、ただの海鮮丼よりも、
千葉名物の「なめろう」を取り上げたほうが絵になるからね。


ちなみに「なめろう」とは、
鯵と生姜・ネギ・大葉などを細かく刻んで、味噌と極少量の酒をたらして包丁でたたいて混ぜたもので、
漁師料理がルーツ。
ここ数年でメジャーになってきた、千葉のご当地B級グルメの救世主になりうる存在の料理だ。
鯵の他にイナダや鰯、カツオで作るのも美味。

我が家では、刺身にならない細かい切れ端とか、
骨についた身をこさいで作る。

胡麻を混ぜても美味いし、
鯵で作るなら、コレに小麦粉を混ぜて焼けば、
もうひとつのご当地B級グルメ「サンガ焼き」に変身する汎用性がある。


話がズレてしまった。。。


もう1品はフードコートの他の店でシンプルなラーメンを注文し、予算に余裕が出たので、
地魚のトッピング@200円を付ける。
多少割高になるが、ワンランク上の「上」よりは安い
(イクラ、あまり好きじゃないしな、、、)

20170808_112746



待つこと10分
かなりのボリウムだ(゜ロ゜;ノ)ノ

20170808_114403


20170808_114407

食べ方も書いてあるな。。。
20170808_114410



まずは海鮮丼として食べよう。
マグロ&ネギトロ、鯵などの魚に、
キュウリやミョウガが混ざっている。

さて最後は、いよいよ茶漬け。
出汁は、魚のダシに酒が混ざっていて、
これに醤油・味噌・胡麻の入ったタレをまぜます。

20170808_115344


20170808_115445

何味か例えるなら、
しいていえば宮崎の冷汁の温かいバージョンだな…

とにかく魚のダシが出ているし、
キュウリとの相性も良いし。。

限られた環境で、さらに低予算で、魚の美味さを最大限引き出す食わせ方を教えてくれている。。。
20170808_115658


地魚をトッピングしなければ税抜き980円だし、
なめろうは千葉のご当地郷土料理なんで、
とりあえずご当地B級グルメ扱いで良いよね\(^^)/

味は超A級、価格はB級
ある意味、究極のご当地B級グルメだ!!


この記事は2年前近くに下書きしたものだが、
先日所用のついでに千葉県のB級グルメの宝庫・木更津に再訪する予定なので、行ったらまたレポします。

さて、
先々月、久々に柏のアリオに出掛けてきた。

本当は、タカマル鮮魚店さん併設の食堂で、
海の幸を堪能したかったが、
この日は生憎給料前で予算が無い、、、(;つД`)

20190702_155418


でも、ここでは、比較的安価に
海鮮丼を現地で食べる方法がもうひとつある野田


それは、向かいに併設された、
タカマル鮮魚店の総菜コーナー

20190702_155838


あまり堂々と撮る訳にもいかないので、
文章で説明。

ここでは海鮮丼や寿司、煮物や揚げ物、お弁当など
魚総菜が結構充実している。

そして、隣にはイートインコーナーを完備している
食べる場所には苦労しない野田‼️

20190702_155908


さて、ウチらは珍しい魚の載った、
地魚の海鮮丼@580円を買う。

20190702_151919


魚は炙りサワラと、鯛。。。

20190702_151945


サワラの炙りは、たまにここら辺のチェーンの回転寿司でも見掛けるけど、
ここのは炙り過ぎず、盤も大きく、
比較的厚く切られている。

ご飯は酢が効いており、量も充分。
二人で違う海鮮丼を注文して具材を交換すれば、
より充実した海鮮丼になる。

ここ、マジでオススメです。

俺んちから、
南房総まで高速チョイ乗りで、片道大体三時間。
県外の茨城・那珂湊迄も大体同じ位。

だが、同じ千葉でも、
俺にとってそれ以上に遠いのは、

今回書いている『銚子』エリア。

なんせ、自宅から三時間半もかかるからね、、、



なので、なかなか行く機会が無い((T_T))


銚子といえば、
日本トップクラスの水揚げを誇る魚の街

20181122_133847


でもそこで、一般人の買える場所は聞いた事がない

直売所はあるらしいんだけど、早朝しか営業していないようで、俺にはなかなか敷居は高い。


他には、タワー近くに某直売所もあるけど、
観光地価格でお値段高めで
品数も少な目。。。😢⤵️⤵️
鮮度は間違いなく良いとしても、価格は大手スーパー並か、それ以上だ、、、



今回を含め過去に2回程、
市内のスーパーを何店も覗いてみたけれど、
いずれも地元産の魚介は売り場には並んでいなかった

スーパータイヨー位かな、、、
銚子の地魚が置いてあったのは、、、

現にこの店の鮮魚コーナーには、
お客さんが沢山群がって居た。。。

だが何れも、
タイヨーの他店舗でゲット出来る品ばかりで、
特に珍しくは無い。
(この日のイシモチは、刺身に出来る位の凄い鮮度だったが、刺身で食べるのは自己責任で
20181122_201012



タイヨーはどういう仕入れシステムになっているかは俺は知らないが、
直送なら、ここが銚子港から一番近い店舗
タイヨーは食品加工センターを持っていないので、
直送で鮮度が良い魚が並ぶのは間違いない。


だが、他のスーパーはどうか⁉️
ここは大規模なスーパーを一例に出す。


例えば某社は、
銚子で仕入れた魚を、
一度埼玉県等他県の流通センターに持っていき、
再び千葉の支店に配送するという手間をかける。

一見バカらしいように思えるが、
一括仕入れをし、豊洲を通さないので、この方が安く上がるからだ。

逆に築地(今は豊洲か)を経由すると、
鮮度は下がるわ、値段は上がるわで、、、

しかし、築地(豊洲)に出入りしている業者は、色んな魚を持っているので、売り場の品揃えを充実させる為には、なくてはならない存在なのだ。。。




魚の街であれば、
例えば同じ千葉の富浦や九十九里の一部、
そして茨城の那珂湊のように、
余所には出せないようなB級品を安価にゲット出来る恩恵を受けられる筈、、、
スーパーでも一部地物の商品が安価で販売されているかどうか行って調べてみたが、
先述のような調査結果に終わった。



本来なら、豊かな海産物ライフを送っている筈なのだが、
銚子に限っては、地元スーパーを覗いている限り、
現地民がその恩恵を受けている感じがしないんだよね

しかも、値段は高め。。。

水産関係者以外の銚子市民は、
普段は何食っているんだ⁉️
…と、チョッち心配になる位だった。


でも、俺が2回調べに行った時が、たまたま高かっただけかもしれない。

地元の方々、もし何か情報があれば、
提供よろしくお願いしますm(__)m




さてさて、嘆いてばかりでもシャアない。。。


今までなかなか手にするチャンスの無かった、
銚子の郷土グルメをゲットしに行ってみよう。


狙うは、銚子名物の伊達巻。


銚子の伊達巻は普通のモノと違い、
魚のすり身は入れず、出汁と玉子だけで作る。

しいていえば、魚と醤油味の硬めのプリン🍮

1本の相場が、大体1200円と、
かなり高価なんだけど、
一応ご当地グルメだから放っておく訳にはいかない

まずは商店街に向かったが、
販売店はどこもシャッターが閉まっており、
行き先を直売所に切り替える。

20181123_132721
 

銚子セレクト市場

ここなら、何かしらある筈だ。

店を覗いてみたら、
殆どの海産物や惣菜は売り切れ、

だが、よく見てみると、、、

20181122_155205


おおっ👀
これはもしや⁉️

最後の1つが奇跡的に残っているぢゃないか\(^^)/

20181122_155210


1本1000円以上は覚悟していたが、
少々割高でも、こうして少量パックのが売っていると
非常に助かる訳で、、、



早速土産に購入。
自宅に帰ってから食べてみると、、、

やはりかなり甘めで、玉子の風味が強烈。
しっとりとした感触。。。
表の焼き目が甘くて苦目、、、

やっぱ、プリン風だわ(^-^)

現地では巻いてあるタイプより、
扇形のが一般的。
これらは、市内のお寿司屋さんで食べられるようです


俺には無縁だけどね、、、((T_T))

↑このページのトップヘ