関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:ホンビノス貝

数ヶ月前、
面白いブログを見つけてしまった、、、( ロ_ロ)ゞ


以来、
そのブログへのショートカットを作成し、
最低2~3日に1回読むのが日課になっているのだ‼



そのブログの管理人さんは、他県在住ながら、
市川~習志野エリアを題材に取り上げていらっしゃる

https://ameblo.jp/ratabi/


俺は、かつては関東他県に行くのは、日帰りと1泊合わせて約20回/年は行っていたが、
今は年5回程度になってしまった。

近場である三郷や越谷、さいたま市や川越あたりを含めても、精々年10回程度が限度。。。


方やこのブロガーさんは、千葉県内には最低月2回以上は来ていらっしゃるようで、

よって、俺以上に船橋&市川エリアにはお詳しい。
俺が記事を書くのが恥ずかしい位にネ、、、😅


俺は地元千葉北西部に住みながら、
千葉よりも『埼玉群馬栃木茨城推し』である事は、
弊ブログの読者はよく分かっていらっしゃると思いますが、、、、



まさか俺と正反対の事をやっている方がいるとは夢にも思わなんだ!!( ; ロ)゚ ゚


でも、題材として沢山取り上げて戴けるのは、
船橋市民としては、嬉しい限りだネ、、、(^-^)


これからも、船橋エリアに『憩い』にいらっしゃってくださいm(__)m
そしてオイラの知らない数々の『穴場』を場所を教えてください。。。




さて、今回はそんな先輩のブログをリスペクトし、
勝手にコラボさせていただくとしましょう。。。






さて、本題‼️

ららぽーとTOKYO-BAYの西側の出口から歩いて10分チョイ、、、
3つ並ぶ水門を徒歩で渡ると、湊町という地区に出る。

ここは江戸時代からある、歴史ある漁港だ。


残念ながら、
湊町市場は、数年前に無くなってしまったが、
この船橋漁港の一画に、
湊町漁協が経営する、海産物を販売する小屋があり
僅かながらも湊町に市場があった名残を感じさせてくれる。

20170317_131733


地元で有名な、水産物の直売所、
「三番瀬みなとや」さんだ。


100g100円単位で魚も販売しているとの事だが、
昼には残り数匹になっていた。

スズキ、カレイ、カワハギ、コノシロ(コハダ)など

いずれも朝水揚げされたものばかりだが、
刺身には少し厳しそうなので買えず(--;)

店の方によると、鮮魚は予約販売がメインらしい。
少数は店頭に売も申し訳程度に売られているが、
午前中が勝負だね…
20170317_132107


で、うちらはホンビノス貝を買う。

船橋は、以前はアサリと海苔で有名だったが、
最近は漁獲量が減りつつあり、漁師を悩ませてきた。

そんな中で、タナボタ的に湧いて現れた救世主が、ホンビノス貝。
別名白ハマグリともいう。


10個前後入っていて、500円。
それほど安くは無いが、
採れたてという事や大きさ、真っ白い色の高品質を考えれば、妥当な価格かと。
20170317_131854


試食を戴いたが、多少歯ごたえは強いが、
味は蛤と変わらない。
身のプリプリ感は、最高である!!

船橋名物の生海苔も健在だった。
母のネズミん子さんは、
これを佃煮にしようと目論んでおるようだ(^^)


20170317_132116


ここには供食施設が無いので、
ホンビノスは自宅で食らう。

水と酒だけで軽く茹でて、
茹で汁は鍋のダシの足しにする。
ここで売っているホンビノスは、砂抜き等下処理が不要なのがありがたい。
1489749299099


茹でたてのホンビノスは、
適度に弾力があり、
濃厚な味だった。

20170317_203227


残念ながら、この漁協直営店には、
食堂は併設されていない。





…以上が2年前の2017年に書いた記事だが、
今回2019年3月の再訪時には、

何と、
ホンビノスフライが食べられる様になっていた‼️



20190301_120718


やべぇやべぇ😓
ガラスのシルエットに俺が反射して写っているじゃないか😓

ま、それはどうでもいいとして、、、

揚げ立てのホンビノスのフライ、早速食ってみよう。


20190301_120920


揚げ立てのフライは、確かに美味(^-^)
このホンビノス、少しだけ硬いので、
しっかり噛んで、エキスを楽しみましょう。

この日の鮮魚は、
コノシロ、スズキ、カレイ、匕イカ

今は無き湊町市場で買ったイカが、半端無い鮮度だったので、その記憶が忘れられず、、、
今回も美味そうだったので早速購入した。


朝水揚げされたイカは鮮度バツグン

20190301_174853


安くは無いけど、これだけ新鮮なモノは、
なかなか手に入らない。
我が家の晩飯、イカ三昧だ

20190301_200943


イカは大きめの部分は刺身に少し取り、
小さめの部位と目玉あたりはニンニク醤油で炒め、
残りは冷凍庫に眠っていたムール貝と、
セールで買ったバリラのパスタを合わせていただく。

バリラは1.4㎜のパスタが一番美味いと思うのは、俺の勘違いかな、、、
でも、魚介系はこれが一番フィットするような、、、

ブヨブヨにして魚介味をパスタに吸い込ませるなら、1.7㎜がベストなのかもしれないな、、、

ま、これは好みのレベルかと。




オリーブオイルと多めのニンニク、
最後に水菜とパスタを入れてサッと炒める。
本当はこれにホンビノス入れればいいんだけど、
この日は予算的に厳しかったからね…😭

みなとやさんは、水曜日曜は休みなんで要注意。
狙いは土曜日午前中かな、、、



憩って‼️船橋シリーズ、
今月数回書いていきます。

さくら~♪
さくら~♪
は~な~ふぅ~ぶぅうきぃ~♪




ここ数日で関東の桜が満開になるらしいね…

…という訳で、
昨夜は海老川ジョギングロード迄、
夜桜見物に出掛けてきた。

20180329_193050


とにかくここは
まぁ~犬連れが多いこと多いこと…( ̄▽ ̄;)

露店のいい匂いに、
みんな鼻をヒクヒクさせ
飼い主におねだりしておった(^^)

これでは夜桜お七じゃなくて
夜桜お犬だな( ̄▽ ̄;)



まぁ、人様の犬を撮る訳にゃいかないので、
桜の画像だけで( ̄▽ ̄;)

20180329_200649


ちなみにハワイの古典的な言語で、
イヌっていう単語は「酒を飲む事」を指すらしい。

夜桜を見て酒を飲む=夜桜おイヌしている方々もかなり見掛けたなぁ…
夜桜おイヌは、犬の散歩と、花見で酒を飲む事をかけた言葉なのだよ(^^)



で、本題!!

ここの露店にて、
船橋名産のホンビノスの浜焼きを見つけた。

以前記事にした、
三番瀬みなとやが出店しているらしい。

以前の記事
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/19437158.html

20180329_193233-1


20180329_193259-1


どこか地元産物の売り込みに消極的だった船橋
やっと本気を出してきたようだ。

ホンビノスのテーマソングなんて、あったのか??
初めて知ったゾ( ; ゜Д゜)
20180329_193220


ホンビノス貝とは、
船橋で獲れる白ハマグリの事。

ホンモノのデカい蛤よりは少し小さめだが、
風味も良く、味の傾向も蛤とあまり変わらない。

しかも安価(^^)

元は外来種なのだが、繁殖力も強く、
お値段以上の存在なので、
アサリがあまり採れなくなった船橋の救世主的な存在にまで成長した。


夜の出張販売は3個で300円と割高だが、
折角の機会、食ってみよう。


20180329_193251


20180329_193453


ただでさえ味が濃いホンビノス、
醤油を垂らして焼いているから、さらにしょっぱい。

でも、これは絶対酒に合う!!
あぁ、ビール飲みてぇ~


あ、他にも色々露店出てるよ。

焼きそば食いながら、
川のほとりで観る夜桜は格別だなぁ~(^q^)

20180329_194338



ここの露店は、平日なら夜だけかな??

いつまでやっているかは分からないので、
明日明後日のうちに行くべきかと。。。

駐車場が無いんで、路駐注意だね!!


勿論、ウチらがホンビノス食っている間、
そこらの「夜桜おイヌ」の犬様達が、
いい匂いのするこちらを見つめていたのは、
お約束だやぁ…(^^;


追記
このホンビノスの浜焼き、
2019年も、ここで出店していました。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ