関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:ブログ

数ヶ月前、
面白いブログを見つけてしまった、、、( ロ_ロ)ゞ


以来、
そのブログへのショートカットを作成し、
最低2~3日に1回読むのが日課になっているのだ‼



そのブログの管理人さんは、他県在住ながら、
市川~習志野エリアを題材に取り上げていらっしゃる

https://ameblo.jp/ratabi/


俺は、かつては関東他県に行くのは、日帰りと1泊合わせて約20回/年は行っていたが、
今は年5回程度になってしまった。

近場である三郷や越谷、さいたま市や川越あたりを含めても、精々年10回程度が限度。。。


方やこのブロガーさんは、千葉県内には最低月2回以上は来ていらっしゃるようで、

よって、俺以上に船橋&市川エリアにはお詳しい。
俺が記事を書くのが恥ずかしい位にネ、、、😅


俺は地元千葉北西部に住みながら、
千葉よりも『埼玉群馬栃木茨城推し』である事は、
弊ブログの読者はよく分かっていらっしゃると思いますが、、、、



まさか俺と正反対の事をやっている方がいるとは夢にも思わなんだ!!( ; ロ)゚ ゚


でも、題材として沢山取り上げて戴けるのは、
船橋市民としては、嬉しい限りだネ、、、(^-^)


これからも、船橋エリアに『憩い』にいらっしゃってくださいm(__)m
そしてオイラの知らない数々の『穴場』を場所を教えてください。。。




さて、今回はそんな先輩のブログをリスペクトし、
勝手にコラボさせていただくとしましょう。。。






さて、本題‼️

ららぽーとTOKYO-BAYの西側の出口から歩いて10分チョイ、、、
3つ並ぶ水門を徒歩で渡ると、湊町という地区に出る。

ここは江戸時代からある、歴史ある漁港だ。


残念ながら、
湊町市場は、数年前に無くなってしまったが、
この船橋漁港の一画に、
湊町漁協が経営する、海産物を販売する小屋があり
僅かながらも湊町に市場があった名残を感じさせてくれる。

20170317_131733


地元で有名な、水産物の直売所、
「三番瀬みなとや」さんだ。


100g100円単位で魚も販売しているとの事だが、
昼には残り数匹になっていた。

スズキ、カレイ、カワハギ、コノシロ(コハダ)など

いずれも朝水揚げされたものばかりだが、
刺身には少し厳しそうなので買えず(--;)

店の方によると、鮮魚は予約販売がメインらしい。
少数は店頭に売も申し訳程度に売られているが、
午前中が勝負だね…
20170317_132107


で、うちらはホンビノス貝を買う。

船橋は、以前はアサリと海苔で有名だったが、
最近は漁獲量が減りつつあり、漁師を悩ませてきた。

そんな中で、タナボタ的に湧いて現れた救世主が、ホンビノス貝。
別名白ハマグリともいう。


10個前後入っていて、500円。
それほど安くは無いが、
採れたてという事や大きさ、真っ白い色の高品質を考えれば、妥当な価格かと。
20170317_131854


試食を戴いたが、多少歯ごたえは強いが、
味は蛤と変わらない。
身のプリプリ感は、最高である!!

船橋名物の生海苔も健在だった。
母のネズミん子さんは、
これを佃煮にしようと目論んでおるようだ(^^)


20170317_132116


ここには供食施設が無いので、
ホンビノスは自宅で食らう。

水と酒だけで軽く茹でて、
茹で汁は鍋のダシの足しにする。
ここで売っているホンビノスは、砂抜き等下処理が不要なのがありがたい。
1489749299099


茹でたてのホンビノスは、
適度に弾力があり、
濃厚な味だった。

20170317_203227


残念ながら、この漁協直営店には、
食堂は併設されていない。





…以上が2年前の2017年に書いた記事だが、
今回2019年3月の再訪時には、

何と、
ホンビノスフライが食べられる様になっていた‼️



20190301_120718


やべぇやべぇ😓
ガラスのシルエットに俺が反射して写っているじゃないか😓

ま、それはどうでもいいとして、、、

揚げ立てのホンビノスのフライ、早速食ってみよう。


20190301_120920


揚げ立てのフライは、確かに美味(^-^)
このホンビノス、少しだけ硬いので、
しっかり噛んで、エキスを楽しみましょう。

この日の鮮魚は、
コノシロ、スズキ、カレイ、匕イカ

今は無き湊町市場で買ったイカが、半端無い鮮度だったので、その記憶が忘れられず、、、
今回も美味そうだったので早速購入した。


朝水揚げされたイカは鮮度バツグン

20190301_174853


安くは無いけど、これだけ新鮮なモノは、
なかなか手に入らない。
我が家の晩飯、イカ三昧だ

20190301_200943


イカは大きめの部分は刺身に少し取り、
小さめの部位と目玉あたりはニンニク醤油で炒め、
残りは冷凍庫に眠っていたムール貝と、
セールで買ったバリラのパスタを合わせていただく。

バリラは1.4㎜のパスタが一番美味いと思うのは、俺の勘違いかな、、、
でも、魚介系はこれが一番フィットするような、、、

ブヨブヨにして魚介味をパスタに吸い込ませるなら、1.7㎜がベストなのかもしれないな、、、

ま、これは好みのレベルかと。




オリーブオイルと多めのニンニク、
最後に水菜とパスタを入れてサッと炒める。
本当はこれにホンビノス入れればいいんだけど、
この日は予算的に厳しかったからね…😭

みなとやさんは、水曜日曜は休みなんで要注意。
狙いは土曜日午前中かな、、、



憩って‼️船橋シリーズ、
今月数回書いていきます。

千葉に行くには、遅くとも朝9時前には大泉から外環に入っておいた方が無難。

これでも京葉道に入ると、穴川渋滞にハマる。
大泉から東金経由で九十九里へは、京葉道路とのジャンクションや穴川渋滞を考慮し、最悪3時間半近く時間をみておくべきかと。。。

普通の土日はそこまでじゃないけど、余裕はあった方がいいかな。。

海の駅九十九里で、とりあえずは海の幸だな
ここには遅くとも、13時前には着きたい。
20170523_144100


ここは、千葉では珍しく海の幸が格安で食える、俺オススメの格安スポットの1つだ。


これからまだまだ沢山魚をたべるから、
とりあえずは、左の3色丼か、右のイワシ天丼で良いかな。。。
最近値上げしてしまったが、それでも共に1000円以下なので、千葉としては安い方だとおもう。
(後日再訪したら、かなり値上げされていた😭)

しかもここは地物が多く、いわしは素晴らしい鮮度なので充分満足出来る筈だ。


20170627_132607



フードコートの隣の店の名物である1000円船盛り定食の店は行列。
かなり待たされるから、時間に余裕がある時のみ勧める。
(船盛りも最近値上げしてしまった( ;∀;)…)

20170523_135904



海の駅まで行く時間的余裕の無い方、
食欲に自信のある方は、
不動堂インター近くにある、
ばんやさんのイワシ定食がお薦めだ。


20151125_120240

天ぷら、煮物、刺身、汁物が全てイワシという
まさにイワシ尽くしのコース料理!!
臭みも全く無く、イワシの概念が変わるだろう。
税込みで1400円弱かかるが、是非食べて欲しい品だ。

ま、上記のあたりで飯食った後は、
すこしだけ外房の海を見てみよう。

20160531_162622


但し、7月半ばからは、
不動堂町営駐車場をはじめとした、海近くの駐車場は
かなりの駐車料金を取られるので注意が必要。





時間があれば、茂原から少々内陸部へ。

1時間チョイで、ぽっぽの丘に何とか間に合う。
着いたのは3時。

20140309_155413




ここでは貴重な車輌を無料で見物可能だ!!

20140309_155200


その足で大多喜城へ。
入場料は200円。駐車場はタダ(^^)

20170418_154955


4時半に大多喜を出発すれば、
午後6時前には余裕で鴨川に着ける。


何故鴨川かって??

ここには2食付きなのに、格安の宿があるのだよ…



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

俺はB級なモノが大好きだ!!

いつも買う手羽元や鶏モモ肉はB級品
人参や大根も、曲がったB級品を買う。。。
自宅もB級、給与はC級(-_-;)

持ってるギターもB級(←その腕はC級…)


俺はB級な人生を歩んで来たといっても過言ではない!!

よって魚もB級が大好き…というか、落ち着けるね(^^)




さてさて、そのB級魚の1つが「真イワシ」

近年は漁獲量が減りつつあり、
一流半の魚に出世しつつある。


が、この魚は独特の臭みがあり、
敬遠する人が多いのも事実…

だが、本場九十九里で食えば、
この概念は吹き飛ばされるだろう(⌒0⌒)/~~



以前弊ブログで取り上げた、
超巨大天丼で有名な九十九里の「ばんや」さん。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/5268633.html



俺的には、巨大天丼よりも、
もっと薦めたいメニューがある。

20151125_120240


イワシづくし定食だ。
1200円を越えてしまうが、
イワシの刺身をはじめ、
煮物、天ぷら、そしてツミレ団子にした汁など、
まさにイワシづくしのコース料理である。

天ぷらはフワフワでサクサク、
煮物は身が崩れない絶妙さ。甘辛く仕上げてある。
ツミレも、全く臭みが無いのが不思議だ。

刺身は、脂の乗りがよく、しかも臭みが無い!!

イワシってこんなに美味かったのか??
と、見直す事間違いなし!!


水揚げに左右されるが、
当たりの日は、マジでハンパない鮮度で、
臭みが感じられない。

少々高い気がするかもしれないが、
この品数でこの価格は、間違いなくこの地域最安値!!

これだけ様々なイワシ料理を味わえるのであれば、
かなりのお値打ち価格と言っても過言では無いと思う。


この時期のイワシは入梅イワシと言われ、
一番の旬である。
是非一度お試しあれ\(^_^)/

ばんやさんのHP
↓↓
http://99banya.com/info.html


よろしければ、よろしく
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

遠くまで時間と金をかけてまで行きたくは無いケド、
それらしいモノを食べたい方は
公設市場が良いよ\(^_^)/

…って事で、今回は、松戸の公設市場の話。


松戸には市場が2つあり、
割と間違えやすいので、注意が必要


色んなモノが食えるのは、南部市場の方。
という訳で、
「松戸南部市場」で車のナビをセットしよう。


食堂棟は昼過ぎまで営業している。

ラーメンを始め中華や和食、
イタリアンの店もあるが、

ここはオーソドックスに、
フライと刺身を食える場所を狙ってみる。

その店は、食堂棟の端にある。
市場の食堂とは思えぬ、チョイと洒落た外観の店だ。
20161004_115959


ここは割とサイズがデカい事で有名みたいだ。
昼前には満席になる。
20161004_112725


刺身定食と、フライ定食を注文

20161004_113332


刺身は、マズマズの厚み(^^)
ブリが美味かった。
20161004_113819



フライ定食

20161004_113910



20161004_113947

安いが、白身魚のフライ以外は、
ほぼコロッケの類い。
んでもボリウムは、ハンパなかった…
クリームのコロッケはラードの旨味がしみて、尚且つ表サクサク中ジュワっと…なかなか美味かった。


他のお客さん、カレーを食っていたが、
これも量が凄い( ; ゜Д゜)

2つ注文しても2000円でオツリがくるんで、
「市場メシ」で「B級グルメ認定」って事で。。。




それにしても、キタサンブラックはどうしたんだ??
武が人気馬で優勝宣言していたり、
当日の数レースでいくつも勝ち星をあげていたり、
キタサンの腹がテプテプマルマルしていたし、
こうしたヤバい兆候はあったのだが(-_-;)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

船橋駅北口、ヨーカドーのそばにある、
激安居酒屋のタツ屋さん。

ここは前回書いたけど、
1つ気になる名のメニューがあったので、
別枠にて掲載としましょう(^^)


何気なくメニューをのぞいていたら…
20170408_222414-1


なにっ( ロ_ロ)ゞ
船橋ロールだあっ??


しかも船橋とは縁もゆかりもない
京都の芸人さんの命名らしい(^^;


船橋の「某ご当地B級グルメ」になかなか巡り会えない悔しさがあったので、
どんなモノだか注文してみた。

待つこと10数分

船橋ロール、@450円のご到着

20170408_213842


見た目、インパクトあり。中を見てみよう。

20170408_213919


豚肉とタップリのキャベツを
お好み焼きみたいな皮で巻いて
マヨとソースをかけたもの。。

確かにB級グルメは、コナモノが基本。
薄皮と中身も意外とバランスが良く、
はっきり言って美味い!!


ただね…ひとこと言わせてもらえば…

コレのどこが船橋なんだ( ロ_ロ)ゞ??



まぁ「名物らしい」モノ食えたからいいや!!

地元の居酒屋にさえ
ロクに置いてさえいないホンビノス。
(高い居酒屋には置いてあるケド、俺はとてもじゃないけど行けない。名物は庶民に食われてナンボかと思うのだが…)
船橋の本家の名物がこの有り様なのだから、
とりあえず先に名乗ったモノ勝ちである!!



関東のB級グルメ、他にもここにあるかも
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ