関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:のどぐろ

今回の秘密のケンミンshow、
特集で石川県の寿司を放映するらしいので、
ある一点に注目して見てしまった、、、


俺が気になるのは、
ノドグロの刺身や生の寿司が、日本海側(番組では石川県)でしか食べる事が出来ないという
『いかにも描写』があるか否か、、、

そこだけは、どうしてもチェックしとかなきゃ👀

20190405_045413


で、番組では、
俺の期待どうり、
海の宝石・ノドグロの寿司が登場\(^^)/



そして、、、


ハイ、やっちゃってくれました\(^^)/ 

番組の取材スタッフが、
回転寿司屋のお客さんに、
『ノドグロの刺身(生寿司)は、この辺じゃなきゃ食べられないですものね、、、』
と話しかけてたのを
俺は聞き逃さなかった😅



『こいつ、重箱のスミをつっ突くような事ばかり言いやがって‼️なんて性格が悪い奴なんだ💢

…と、思われるのは重々承知しているが、
事実と違う事は、ちゃんと書かなきゃならない。。。


第一、こういうツッコミ(゜゜;)\(--;)どころがあってこその『秘密のケンミンshow』だし、
むしろ近年はツッ込まれたり、時には炎上ありきでネタを作っているようにさえ思えますな、、、



この番組には、いろんな意味でいつも楽しませて貰っています。

時には事実を歪曲したり誇張しすぎていると、
ネット上で炎上したり、批判されること事も多々あるんだけど、
何だかんだ言っても全国各地への経済的貢献度は間違いなく高いので、1つだけフォローをいれとかなきゃね。。。



魚類は、
捕れる場所で味の傾向が変わるかと。
例えばブリ系が、その最もたる代表格。

太平洋の魚は大味、
日本海の魚は身が締まって脂が乗って美味いというイメージを一般的に持たれてしまっているのは事実。
代表例では、氷見のブリが該当するかと、、、


それにノドグロという魚は、非常に傷みやすく、
当日に、しかも獲れてから数時間うちに食べないと、
臭みが出て本来の味が楽しめないのもまた事実なり…


そういった意味では、
日本海のノドグロの味は、
獲れ立ての日本海でしか味わう事は出来ないというのは、全く間違ってはいない。


したがって、日本海産のあの味のアカムツがノドグロとして定義されるなら、
太平洋産のアカムツはアカムツであってノドグロとは言えないし、
東京で食べる日本海のノドグロは、本来の物ではないのかもしれませんが、、、


でも、
『ノドグロ=アカムツという種類の魚』が、
日本海でしか獲れない、
…そして、ノドグロ=アカムツを新鮮な状態で食べられるのは、
日本海側だけという意図にて放映されたのであれば、


多いにツッコミを入れなきゃならない(^-^)



ま、んな訳で、
このブログでは『アカムツという名の魚=ノドグロ』として話をすすめていきます。



さて、みなさん、

番組でやっていた、
ノドグロの生(刺身&寿司も)




ちゃんと関東でも捕れるし、鮮度が良ければ生でも食べられます




そこら辺の大手回転寿司にある、
焼き魚みたいな炙りノドグロで我慢するしかないと思われがちだけど、
生を少しだけ安く食べられる場所があるのです。


関東近海のノドグロは、
神奈川や千葉の南側&銚子などでも、たまにお目にかかれるんだけど

比較的出会える可能性が高いのは、

なんと、
茨城(^-^)


もう、茨城を最下位などと、
バカに出来ないね、、、👀

どこぞのブランド研究所の格付けにより、
茨城は多大なる被害を被っているが、
こういう凄いモノがコッソリと隠れている所が、
茨城の魅力である\(^^)/



まずは、茨城のノドグロの話の前に、、、


どうしても、
金沢の三大回転寿司が食べたいなら、
そのうちの1つである『まいもん寿司』が、
関東にも支店を出していますよ、、、


まいもん寿司 幕張新都心店
AEON幕張新都心の1階にあります。
↓↓
https://www.hanamaruudon.com/menu/

makuharisintosin

(画像はまいもん寿司幕張新都心店HPより)

当然、日本海のノドグロもあります、、、
ここの目玉商品だし。。。
この週末、特に混むだろうなぁ、、、
最低1時間は並ぶんじゃないかな⁉️


値段は2貫780円!!!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
俺みたいな貧乏人には辛い価格だな( ω-、)



他には、埼玉の浦和美園のAEONに、もりもり寿司が入っているようだね、、、
ここでも日本海のノドグロが食べられるみたい。



あ、そうそう、
茨城のノドグロの話だったね、、、

とりあえず、何故関東でノドグロが食べられないように思われてしまっているかの、、、⁉️


それは、
先述した様に、関東では、

アカムツ


と、名乗っており、
釣りマニア以外、アカムツ=のどぐろだという事が
あまり知られていないから、、、なのですよ。





でも、ここ5年程のノドグロブームで、
これらをノドグロとして売り出し始めている。
(逆に、千葉ではノドグロを名乗らず、相変わらずアカムツを名乗っている…商売下手にもほどがあるな…)




肝心の、茨城で地物のノドグロを刺身として食べられたり買えたりする場所をば、、、



まずは、
日立市にある



道の駅日立おさかなセンター     
↓↓
http://hitachi-osakana-center.com/index.html

20180521_133502


ここの1階には、
好きなネタを購入し、別売のご飯に載せて、
海鮮丼として食べられるイートインコーナーがある。


20180521_130044


20180521_130131

浜焼きも可能\(^^)/
20180521_133221


当日の水揚げ状況にもよるが、
ここでは、新鮮なノドグロの刺身を食べられる可能性が高い。

ちなみに昨年、一昨年と水揚げされた実績があるが、
それより前には、地物は見たことがなかった。。。

20180521_130225

画像をクリックして拡大すれば、
二種類のノドグロが置いてあるのがよく分かるかと思います。

この日は2切400円!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

かなり高いし、思いっきり足下見られてボられている気がしないでもないが、新潟や富山&石川までの交通費を考えたら、まだ良心的な方かな、、、



しかも、先述のように、
ユメカサゴもノドグロと名乗っている。
これは良く分からないなぁ、、、

和歌山などでは、もうひとつのノドグロと言われているらしいけど、見た目も味もよく似ているし違いが分からない。
誰か詳しい方、教えてください
オネガイシマスm(__)m


ま、それはともかく、
こんな感じで、海鮮丼を自分好みで作る…

現地では、
『身勝手丼』なるネーミングがついています。

ここは土日になれば行列が出来るので、早目に行った方がいい。市場は日曜休みなので、土曜日に行くべきかと、、、
↓↓
20180521_131621

ちなみに画像の身勝手丼は、ノドグロを入れつつも、2つで1800円位なるように、かなり質素に盛って価格を抑えたモノ。。。
予算的には、1人1300円を目安にすれば、
もう少しゴージャスな海鮮丼が出来上がるかと…

これからの時期は、茨城名物である、
シラスを入れることをオススメします。



ちなみに、行ったのは昨年5月。
これからの時期は、
もっと水揚げされる可能性が高くなるね、、、



でもね、、、
やっぱりノドグロは高い。
べらぼうに高い( ω-、)
ヒラメや鯛やイクラよりも高い‼️

自分で下ろすから、
新鮮なノドグロを、もう少し安く買えないか⁉️
と、お考えの方、、、

那珂湊おさかな市場に行ってみてくだされ、、、

20160321_133308


このエリアでは、
規格外の小さいノドグロが獲れることがある。

朝水揚げされたばかりのモノを
かなり安く買う事が可能。

20180522_172023


鰺よりもひとまわり大きい位のサイズで、
刺身に出来る鮮度の日本海産のノドグロは、
1匹2000円は下らないが、

これなら10匹

500円以下‼️    

ま、金魚よりもひとまわり大きい位の
可愛らしいサイズですが(^-^)


この手のモノに出会えるのは運だが、
寄ってみる価値はあるかと。

ノドグロは、サバを刺身で食べるのと同じ位に考えておけば、取り扱い上間違いない。

十分な氷を貰い、発泡スチロールを自宅から持参し、
買って帰ったら当日のうちに下ろして食べなきゃならないので要注意ですかね、、、

身は柔らかく骨は固い。
なかなか下ろしにくいので、
片面は刺身、反対は唐揚げや煮物にまわすと良いと思います。
細かくなったり、バラバラになってしまった部分は
アラ汁にすると非常に美味\(^^)/

20180522_200226

これだけ小さいので、脂の乗りとかが心配かもしれないが、
そこは腐っても鯛、
小さくてもノドグロだ‼

それなりに脂は乗っているよ。
煮物やアラ汁にすると、
半端ない濃い出汁が出る。



万が一、ノドグロが売っていなくとも、
地魚を安く買える事が多々あります。

20160321_133748


地魚は、朝捕れたモノが地べたに無造作に並んでいて、この様に格安で売っているケースもあるが、
そこは自然界のモノなので、日によって水揚げバラつきがあるので、売っていなかったとしても、そこはご了承いただきたいっす。。。


そしてこのおさかな市場では、
ヤマサ水産の回転寿司。
何度も書いているけどね、、、


20160321_120036


20160321_130123


20160321_130213


20160321_131006


ネタは大きさは、
ケンミンshowで取り上げられていた、
金沢の寿司に引けは取らないっす、、、\(^^)/
値段も少し安いし、、、

舌の肥えた新潟出身のブロ友でさえ、
ここの寿司ネタは美味いと言っていたので、
間違いは無いかと思う。



だが、残念ながら、
ここではノドグロを見掛けた事は無い。。。


ノドグロの刺身を食べられる可能性が高いのは、
先述の日立だね、、、

ま、とりあうずは


ノドグロ食いたくなったら
遠くの石川よりも
近くの茨城へおいで\(^^)/



だが、
どうしても日本海のノドグロを刺身で食べたいなら、
前述のまいもん寿司のAEON幕張新都心店に行くか
角上魚類に行って買うしか無いね、、、

この2ヵ所なら、TVのアレに近いモノが食べられる。



あっ、そうそう、
ケンミンshowでもうひとつ取り上げられていた
アコウという魚は、
別名、キジハタという名で、
関東でも釣れるらしい。

今度千葉や茨城で、探してみようかな、、、

笠間まで行ったので、
このまま筑波山近くを通って帰るか、
少し遠回りして那珂湊に行くかで悩んでいた


前日に日立で、少しだけどノドグロを食べる事が出来たし、昨年も5月に地魚が激安で売っていたので、
何か面白い食材があるかもしれない…と思い、
念のため那珂湊に行ってみることにした。


20180522_122222



河口付近に車を停め、海をながめる。

川の反対に見えるのは、
大洗の水族館「アクアワールド」だ。

ちなみにアクアワールドのフードコートは、
水族館に入らずとも入場可能。
シェアも可能だし、寿司を少しだけつまむことも検討したが
朝飯食べすぎて、まだ腹が減らない。。。

前日海鮮丼を食べたし、結局諦めることにした。


ここは、大洗まいわい市場や、那珂湊おさかな市場の食堂がが混雑して入れない場合、第三の選択肢になりえる事を覚えておいて損はないかと。。。



まぁ、それはともかく、
那珂湊おさかな市場で食材探しだね

20180522_125405

この日は、地物のイカやタコなど豊富に売っていた。

20180522_123555

生シラスも(@_@)
これは悩んだが、量が量だけに諦める。。。


この他に、鰹が1本800円から
ブリが1本千円から

やはりチバラキ産の地物が入荷すると
ここはダンチに安くなる‼

でもうちらには、
カツオやブリ買っても、デカイと下ろせない。
大き目の出刃包丁持って無いから、出来てイナダや花鯛がせいぜい。。。

それに、俺が「魚屋界のコストコ」と勝手に命名する位に販売単位がエラくデカいので、腐らすの必至…


で、他に何か良さそうなモノが無いかうろちょろしていると、
かなり小ぶりだが、地物のノドグロが
何と200円で投げ売りされていた。。。
朝捕りだから、かなりの鮮度だな。。。

20180522_172023


イワシもアジより大きめの奴が
10匹200円。。
これは凄い‼いかにもすごそうな脂だ。
速攻買ってしまった。。。

イワシも20匹200円
これも当然ゲットした。


こうなったら、鮮度との勝負だ。

氷をしこたま貰い、帰路を急ぐ💨




20160912_131831


途中、焼き芋屋と小休止の道の駅、
スーパータイヨーに寄った以外は
ノンストップで三時間半で実家のある鎌ヶ谷に着く。


イワシは頭を落としてしまったが、
本日の収穫はコチラ

20180522_172017


デカいイワシ10匹200円
デメキンよりひと回り大きい位のノドグロが
17匹200円

実家に何匹か置いて
とりあえず自宅に急ぎ
ノドグロを自宅で調理した

あまりうまくはいかないなぁ…😓
でも刺身で食っても全然平気だった。

20180522_200226


以前のレポ。結構今回と重複してしまいますが。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/31793053.html


昨年同所での大量のサバ購入の記事
↓↓

http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/19756493.html

ちなみに、
那珂湊おさかな市場のヤマサ水産の回転寿司は
この日も激混みでした。。。😓

手前味噌だが、
ヤマサ水産の回転寿司を食べる為の攻略法を書いた過去記事を参考に。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/5983781.html





B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

茨城編、一時中断。

毎日暑くてエライ目にあう方、沢山いるかと。。。

で、こう暑いと、怖いのが熱中症。。。(--;)

脱水を知らず知らずおこして、
気がついたらトンでもない事になるのが、この病の怖さでもあります。

脱水には水分不足の奴と塩分不足のタイプがあるんで
水ばかり飲むのはススメられない。

例年書いていることだけど、
アクエリやポカリを半分飲んだ後、
これを冷水で薄めて満タンにし、
常に持ち歩く事をオススメします。

これだけで大分死のリスクは減ります。
後、尿量や色には気をつけてくだされ。
腎不全も怖いからね。。。



さて、本題。。。

ここ2ヶ月、回転寿司を食べに行く場所は、専らスシローと魚米ばかりになっていたが、
大トロサーモンとあおさの味噌汁が急に恋しくなり、
2ヶ月振りににはま寿司へ行ってみた。
20180715_131935


いつの間に改装したんだ??
レーンが無くなっていてビックリ!!( ; ロ)゚ ゚
20180715_122808


どうやら在来レーンの店舗を順次改装して、注文レーンのみに切り替えているみたいだね。。。

で、このレーンは他所のチェーンみたいに飛行機やら新幹線に乗ってくる感じではなく、
皿がそのまま滑って行くようなコンベア方式。。。

20180715_123607


少々無機質に見えなくもないが、
返却ボタンを押す手間は省けるんだな。。。

さてさて、今はフェア中らしいね。
年数回、のどぐろの炙りを期間限定で食えるフェアを開催しているんだけど、タイミングよくありつけた。

20180715_123110



まかない軍艦の大盛りもフェア品なんで、
まとめて早速注文だ!!
20180715_123700


ハマチもデカくなっていた。
これはこれで良いが、お気に入りの生サバの寿司が無くなっていたのはショックでかい😨


メニューには相盛りも増えており、
色んなモノを少しずつ食べたいというニーズにも答えられるようになっているようだ。
20180715_122922



さてさて、今年の春まで、
はま寿司でやっていた声優シリーズ、
何と、今回は第4弾が開催中であった。。。

第3弾は、ちびまる子で有名なTARAKOさん
この時は思わず吹いてしまったが(((*≧艸≦)ププッ


今回はなんと、あの野沢雅子さん。
この人、もう80くらいになるよなぁ…
すげぇな。。。

20180715_125216


「オッス‼オラ悟空‼」

…みたいな声を期待していたが、
全く違った。。。一瞬誰だか分からなかった(-_-;)
意識して変えたのか❔
悟空より、幼少時の星野鉄郎の声かも。。。




次回から茨城編に戻ります。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

ここんとこ、珍しいお客さんが
チバラキの各漁港で水揚げされるようだ。

20180522_172023


このノドグロって魚、
旅行関係者は、あたかもニイガタ~フクイでしか食えない魚のように情報操作している様だが、
実は関東でも獲れるのだ。


だが通常は、
館山や下田とかよりも南にある、
深い場所でしか獲れない。

だが今回は、
なんと九十九里から上で水揚げされているようだ…

これはたまたまなのか❔
もしかして、海の中で異変が起きているのか❔
だとしたらチョイと心配だなぁ。。。


ま、それはともかく、
このノドグロ、鯖よりも傷みやすいので有名。
買ったらすぐ料理しなきゃならないが、
味はすこぶる美味な高級魚。


売っていたのは、那珂湊おさかな市場。

かなり小さい為に激安価格になっているが、
美味い事には変わり無い。
上の画像の大きさや量で、200~600円。

普通なら、まずあり得ない。
これが、あのノドグロなら尚更だ。。。

商売やっている方なら、日替わりメニューとして唐揚げにでもして出せば、利益率9割貰えるだろう。

しかも地元で揚がった魚なので、当然当日の水揚げ。
鮮度はバツグンなノダ
唐揚げ、煮物にいかがかな❔

20180522_200226


これに関しては、そのうち調理録を記事にするけど
気になった方は那珂湊に急げ‼





さて、本題。。。

ここ近年、横浜家系ラーメンの店が、
あちらこちらでやたらと目につく。

でも、なかなか行く機会は無いんだよなぁ…

歳いったら、尚更食べる機会は減ってしまった…

家系って、
麺の固さ、脂の量、濃さを選べるんだよね…
俺はいつも、
麺固め・脂多め・味濃い目で注文し、
ライスは必ず付けていたっけ…

今は一人前食える自信無いから、フードコートあたりで家系ラーメンを家内と半分ずつ食えれば良いのだが、
近場にはなかなか無いんだよなぁ…


あの豚骨醤油のスープが、やたらと恋しくなったら
俺はコレでガマンだぁ

20180202_122302


セブン&アイグループと明星で開発された、
六角家のカップ麺だ(^^)


これも脂は別入れタイプ

20180202_122342



カップ麺なら、濃い目・麺固めは自由に出来るな(^^)


20180202_122901


今回は薄めにした。

冷凍庫に残っていた焼豚の切れ端しを細かく切り、
焼き鳥のタレをかけて両面焼きの目玉焼きを入れて
なんちゃって「焼豚玉子飯」を作ったから、
そのスープ代わりって事で
20180202_123046


けっこう豚骨の匂いがある。
コレは今度、濃い目で試してみたいな…


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

以前、はま寿司のノドグロ炙り寿司を記事にしたが、
スシローでもノドグロの炙りが始まった。

…が、価格は1貫180円。。。
この値段ではチョッと手が出せず、

流れている他の人が注目さたノドグロが目の前を通過
どんなものか凝視してみたが( ̄▽ ̄;)やっぱりしっかり炙られていた。
俺としては、もう少し生っぽい方がいいな…

って事で食うのは諦める。


で、鱈の白子軍艦・2貫100円、大トロ1貫100円×2
そして一番気になっていた、
桜肉のロースト2貫100円を注文した。

20171217_110912


鱈の軍艦、大トロは割とどのチェーンでもお目にかかれるんで、ここでの詳細は控える。

注目は、桜肉のローストだ。

生姜により臭みが消えている。
なかなかの厚切りで、盤もデカ目
肉の美味さが閉じ込められているし、案外柔らかい。
噛めば噛むほど味わいが最高(^q^)
下手なローストビーフより100倍美味い\(^^)/


ここ近年、牛肉の相場が上がり続けている。
今後は、牛肉に代わる新たな材料として、輸入の馬…いや、桜肉が注目されていくようになるのかな…??



以前も書いたが、
スシロー行くなら、開店して日が浅い店が良い。
ネタが厚めだからね…
厚切りのネタならブリ系がオススメです。



ついでに行った近所のコストコでは、
ローストチキン(ロティサリーチキン)売場の前に、
半端無い長い行列が出来ていた。

そりゃそうだ。。。
コストコで本当に安くて美味くてお得度ナンバーワンの品って、コレだもんなぁ~

並んでたみなさんは、
冷凍してクリスマスパーティーで食うのかな??

尚、クリスマス前日・当日は、
2時間位は並ぶ覚悟も必要でしょう。
でも並んで買う価値はあるね…


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ