関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:なめろう

ここ4日、
観光案内ばかりで、まともな食レポして無かったんで
ここらで激安品を一発‼


一宮の海水浴場を調査した後、
その辺をプラプラしていたが、
ボチボチ飯にするかぁ

…ってことで、向かうは「たから亭」さん。
なんと、上総一ノ宮駅の真ん前にある。

ここは、とにかく安い\(^_^)/

20180703_114133


駐車場が無いので、
近くの一時間100円の駐車場に停めなきゃならないのがたまに傷だが。。



ここの刺身は、
松1000円
竹800円
梅は500円
いずれも税込だ。

店内はこんな感じ。

20180703_114444

魚フライや煮魚も気にはなったが

とりあえず、刺身定食の梅と竹を注文


梅は三切れずつの二点盛り
竹は四点盛りだった。

20180703_114901


20180703_114916


さらには、千葉ご当地グルメのなめろうも
600円と、よそに比べ100円安いんで、
これも注文してみた。

20180703_114708


鯵の身に、生姜、ネギ、大葉、酒、味噌を入れて
ねばねばになるまで叩いてある。

20180703_114740


よそよりなめろうの価格が多少安いので、
千葉の名物、なめろうをリーズナブルに体験するには
いい場所かもしれないね。。。



千葉の観光地で、しかも駅前で、
刺身定食を500円で出している事自体凄いよ。。。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

千葉の海鮮系のご当地メシ・B級グルメで、
面白いモノを食える店を見つけたんで、
先に紹介しておきましょう。

ターゲットは、木更津アウトレット
20170808_111947


ここのフードコートにある、
「わっぱ茶屋かわな」さんは凄い!!
フードコートにありがちな、ありきたりのチェーンとかじゃなく、
地魚で有名な地元の高級旅館の経営らしいね…
↓↓
http://www.kawana-inn.com/enjoying/wappajaya.html


千葉は海鮮丼系の相場が高いが、
ここはアウトレットの中という立地条件ながら、
他所よりもリーズナブルな価格設定にはビックリ

レストランではなくフードコートでの出店ってのが凄いなぁ…
高級店なのに思い切った事をやるもんだ。
このセンスには脱帽する。

船橋のブルーカナリア3edしかり、
木更津の魚や77しかり…
センスある人は高級店を営んでいても、庶民に何らかの形で還元する形でサテライト店を作る。

この手の店は原価のかかりすぎるモノを無理してまでは使わず、さすがと唸らせる技術やサービスなりでカバーする傾向にある。
(サテライト店を作る余裕の無い高級店は、ランチタイムで還元する傾向にあるね…)



俺には不可能だが、この手の店をほぼ毎日日替わりで掲載出来る知識の深いブロガーが、外食グルメブログ界を制するんだろな。。。

ま、それはともかく、
「見せてもらおうか!!高級店の支店の実力とやらを!!」
byシャア=アズナブル


20170808_113143


20170808_112641-1


また写真ブレブレだぁ(T_T)

海鮮丼の「並」は980円、
なめろう茶漬け丼の「並」も同額!!

悩みに悩んだが、
結局後者をチョイスしました。

ブログ的には、ただの海鮮丼よりも、
千葉名物の「なめろう」を取り上げたほうが絵になるからね。


ちなみに「なめろう」とは、
鯵と生姜・ネギ・大葉などを細かく刻んで、味噌と極少量の酒をたらして包丁でたたいて混ぜたもので、
漁師料理がルーツ。
ここ数年でメジャーになってきた、千葉のご当地B級グルメの救世主になりうる存在の料理だ。
鯵の他にイナダや鰯、カツオで作るのも美味。

我が家では、刺身にならない細かい切れ端とか、
骨についた身をこさいで作る。

胡麻を混ぜても美味いし、
鯵で作るなら、コレに小麦粉を混ぜて焼けば、
もうひとつのご当地B級グルメ「サンガ焼き」に変身する汎用性がある。


話がズレてしまった。。。


もう1品はフードコートの他の店でシンプルなラーメンを注文し、予算に余裕が出たので、
地魚のトッピング@200円を付ける。
多少割高になるが、ワンランク上の「上」よりは安い

20170808_112746



待つこと10分
かなりのボリウムだ(゜ロ゜;ノ)ノ

20170808_114403


20170808_114407

食べ方も書いてあるな。。。
20170808_114410



まずは海鮮丼として食べよう。
マグロ&ネギトロ、鯵などの魚に、
キュウリやミョウガが混ざっている。

さて最後は、いよいよ茶漬け。
出汁は、魚のダシに酒が混ざっていて、
これに醤油・味噌・胡麻の入ったタレをまぜます。

20170808_115344


20170808_115445

何味か例えるなら、
しいていえば宮崎の冷汁の温かいバージョンだな…

とにかく魚のダシが出ているし、
キュウリとの相性も良いし。。

限られた環境で、さらに低予算で、魚の美味さを最大限引き出す食わせ方を教えてくれている。。。
20170808_115658


地魚をトッピングしなければ税抜き980円だし、
なめろうは千葉のご当地郷土料理なんで、
とりあえずご当地B級グルメ扱いで良いよね\(^^)/

味は超A級、価格はB級
ある意味、究極のご当地B級グルメだ!!


俺は貧乏なんで、酒の入らない普通の外食時には、
なるべく一人あたり平均1000円を超えない様にしている。
それに、この1000円を超えるかどうかが、
B級グルメと普通の外食との「境界線」だと解釈している。
安ければ安い程良いが、明らかに不味いものや、あまりありきたりなモノは載せられない。

掲載している記事・料理の内容がこれ以上の価格だと
「只の外食ブログ」になってしまう( ̄□||||!!

食べ歩きのカテゴリに移る手もあるが、
あちらの競争の激しさはハンパない。
まずはこのカテゴリで地力をつけねば。。。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ