関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:さわやかハンバーグ

日本各地の食の個性や文化を奪うと言われている、
大手チェーン、


日本全国、どの地方都市に行っても同じく様な光景に出くわし、まるで金太郎飴だとよく言われ、
我々ご当地グルメファンからは一方的に敵対視されがちである。


が、大手チェーンのおかげで、
本来なら地元では食べられない筈のものが、
日常的に食べられるという恩恵を受けている事も、
忘れがちである様な気がする。



まずは流通。

大手が設備投資をしたおかげで、新鮮な刺身が日本全国で食べられる様になった。


内陸部の中小スーパーを覗いてみると、
かつては明らかに鮮魚の質が、値段の割に悪い店が多かった。

マグロの柵もややくすんでおり、
光モノには張りと弾力が無い。

内陸部であるほど、鮮魚は大手との品質の差は開いていた。

大手が『参入していただけ』の頃は大した事は無かったが、長きに渡るグルメブームに便乗して、より新鮮なものを確保し流通させる方法を確立した結果、内陸部にもある程度の鮮度を持つものが入荷されるようになった。
これは中小の力だけでは無理だった。




そして専門店チェーンの力はバカに出来ない。

最も有名な例はリンガーハットだろう。

長崎名物のちゃんぽんを、どこでも食べられる様にした功績は大きい。

これがあるからこそ、本場のちゃんぽんはどんなものだろうか⁉と、興味を持つ事が出来る。


幸楽苑は喜多方ラーメン全体の知名度向上に役立っており、本場へのサテライト的な役割をも担っている。


賛否あるが、はなまるや丸亀だって、打ちたてのうどんをリーズナブルに食べられる様にし、うどんを更なるメジャーなものに押し上げた功績は認めなきゃならない。


またまた前置きが長くなったが、
今回のテーマはハンバーグ。

静岡のハンバーグ『さわやか』の『げんこつハンバーグ』と比較する為に、
大手チェーン『ビックボーイ』に『大俵ハンバーグ』を食べに行ってきた。



このビッグボーイは、ゼンショー系のグループ。
すき屋が有名な様に、肉に強い企業だ。

ファミレスではココスも吸収。
スーパー事業においても『マルヤ』や、
一時TVで何度か取り上げられた、千葉の『マルエイ』も傘下に収め、更に巨大化が進んでいる。。。


20191204_125731


日替わりランチ、税抜き650円かぁ、、、
カレーライスとスープが飲み放題。
これもありがたい。
大手の仕入れがあってこそ、やれる価格だ。

20191204_125752



さて、俺は日替わりランチでいいとして、
手羽先紅葉サマにはちゃんとしたモノ食わせなきゃ

20191204_131920


って訳で、ベーシックランチメニューの中から、
大俵ハンバーグランチ@1080円+税をオーダー



とりあえず空腹なので、
先にスープとカレーを戴きましょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ!!

20191204_130800

スープはコーンスープと中華スープの二種。

ライスは普通のごはんと、ガーリックライスの二種だ


20191204_131252

あまり食べ過ぎると、後でハンバーグの味がわからなくなるんで、控え目に、、、(^_^;)
カレーは割と具が多いが、味はややアッサリ。


しばらくして、日替わりランチが到着

20191204_132251

この日はチキンとエビフライだ。
チキンの面積は拳の大きさくらい。

これを2人で少しずつつまんでいたら、
背後から、台車をガラガラ押す音が、、、👂

そして、ウチらのテーブルの前でピタリと止まった。


おっ‼コレは⁉️
20191204_132602


さわやかでの『儀式』は、テーブル上で行われたが
ビッグボーイでは、台車上で『挙行』されるようだ

では、、、
20191204_132608



でっかいナイフで、ザクザクザク…20191031_231310


↑↑
(だから、チャうってば、、、)

20191204_132613

ペッタンペッタン

20191204_132646

はい、どうぞ(*´∀`)つ

黒い容器は、自分で焼き加減を調整する為のモノで
固形燃料が下に入っている。
これはありがたい配慮だ。


では早速、割ってみよう

20191204_132804


なかなかの肉肉しさだ🥩
さわやかより、幾らか赤いか、、、??
とりあえずこのまま、塩コショウでいただく。

肉々しいというより、肉の旨みがあるなぁ、、、
余計なつなぎは無いようだ。

20191204_132836


次に、さわやかと同様の条件、オニオンソースをかけていただいた。
さわやかはモモ肉メインなので、モサモサして噛みごたえがあり、
赤身の旨味を強調しているのとは対称的に

ビッグボーイの方は、様々な部位を入れて、
脂を含む旨みで勝負している。

ランチ時はさわやかの方が安いが、
こちらのカレーライス食べ放題も捨てがたいなぁ…


さわやかのげんこつハンバーグ
↓↓
20190824_115141



さぁて、、、
これでデータは揃った。
次回は、ハンバーグチェーンのハンバーグを、自宅で真似てみようか、、、



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さて、
整理券ゲットが10時半過ぎで35組。
駿府城跡を1時間見学して、
ささわやかまで戻ってきた。

20190824_114700


呼ばれたのが12時10分。
いよいよ、あの『さわやか』に入店。

20190824_114615



宿のプランで、さわやかの500円お食事券が人数分ついてくるプラン。
計1000円分。ここで使わせていただきましょう。



さわやかは日祝及び指定日以外は、
土曜でもランチをやっているので、
レギュラー価格よりも安く食べられる野田‼️

20190824_113739


20190824_113757



手羽先紅葉サマには、
名物の『げんこつハンバーグ』@1188円をオーダーしてもらい、

俺は普通の『手作りハンバーグ』@853円だ
お互いに小腹がすいた程度だったのと、予算を少しでも抑える為だから、これ位で丁度良い。。。


実は大きさと付け合わせが違うだけだが、
げんこつハンバーグにはshow timeがある野田。


では、静岡らしく、
この決めセリフでご登場願いましょう(*´∀`*)ノ



さわやかハンバーグ、カモ━━━щ(゚ロ゚щ)━━━ン!!!
20190824_115030


まずは普通のハンバーグ、
コレだけでも、なかなかのボリュームだ。



そして、手羽先紅葉サマの前には、
あの、夢にまで見た
げんこつハンバーグ様が鎮座され、
店員のお嬢による解体showがはじまった‼️

20190826_080801

でっかいナイフで、ザクザクザク…20191031_231310

(ちげぇよ、、、このザクじゃ無いだろ💢💢↑↑)


20190826_080816

ペッタンペッタン



20190826_080830

ハイどうぞ



まずは普通のハンバーグ
ソースは、さわやかオススメのオニオンソースがかかっている。

中はミディアムレアって感じかな、、、

20190824_115131




そして、げんこつハンバーグ
普通のハンバーグ2つ分弱の大きさ。
約250gなんだそうな。。。
20190824_115039



こちらの方が、少し火は通っている。
20190824_115141


さわやかのハンバーグは、勿論ビーフ100%‼️
赤身の味が強く、歯ごたえもある。
結構ナツメグが効いております。

これはほぼ肉って言っても過言じゃない。
この歯ごたえは、つなぎが沢山入ってると出せない。


一体、正体は何だろう、、、❔

さわやかのHPや動画に、その秘密は隠されていた。
↓↓
https://www.genkotsu-hb.com/professhonal/brand/


HPによると、さわやかの牛肉はオーストラリア産で、さらに飼育の産地までも東部に指定しているのだとか

アンガス種の120日穀物肥育牛(グレインフェッド)は
オージービーフの中でも上級クラス。
本来ならステーキに使える部位も入れているらしく、
それを冷凍で輸入。まぁ冷凍の方が安全面だと無難だからね、、、

スパイスは当然企業秘密で、ここの部分の解説は当然無いが、ナツメグをベースに数種類か⁉️


肉汁はやや少な目、
咬んだ感じがハンバーグにしては歯応えの強い食感なので、『ハンバーグ版牛のタタキ』みたいなのを目指しているのだろうと感じた。



肉の部位は、動画見ていると、ランイチ、シルバーサイド(外モモ)のハバキ抜きが確認出来る。
ランイチのうちランプはステーキの部位なので、
ステーキ用の部位も使うというのはこの事だと思う

オージーの脂は臭みがあるので、大幅に取り除いているかな、、、
表面を火で炙り、削った部分は惜しげも無く捨て去って中身を使用。


まぁ、簡単に言えば、厚生労働省の牛ユッケのガイドラインに準じた衛生的な処理だ。




さて、肉のウンチクで話は長くなってしまったが、
お会計タイムだ\(^^)/

宿で付いてきた、さわやかの500円券2枚を使い、
現金は1041円で済んだ。

20190824_121307


そういゃあ、北関東にも、
フライングガーデンというチェーンが、
同じようなミディアムレアが売りにしているなぁ…

そのうち食べ比べてみるかぁ、、、

↑このページのトップヘ