関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Tag:ご当地グルメ

今回の山梨旅では、
ガソリン代と高速代が嵩んでしまった。

千葉から山梨は遠すぎるから、
ガソリン代は、まぁシャアないな。坂道多いし…


それより、とにかく首都高が高くて困る(T_T)

行きは錦糸町から乗る筈だったけど、
箱崎を頭に錦糸町の後から渋滞していた為、
江戸橋から利用し、都心環状線~新宿線~中央道~圏央道経由で高尾山で降りてそこから下道だ。
これでも1220円(T_T)

帰りは中央道の調布手前から首都高の永福まで渋滞していたので、延々と下道で、首都高は幡ヶ谷から京葉道の原木まで利用。
これだけ節約しても1100円掛かった。

箱崎あたりで渋滞するのは分かってはいたが、
新宿駅の真ん前を突っ切る勇気が無いからなぁ…(-_-;)
時短効果は、行きは約30分、
帰りは10分差があるかどうかって感じだった。

宿代はいつも6000円を目安にしているが、
今回は8000円。2000円オーバー
これだけで5000円近く余計にかかる。

宿は温泉付きで夜と朝に楽しんだので、
今回は日帰り温泉は無し。
夕食&飲み代が約4000円。
その他諸々、買い物が多かった事もあり、

合計23000円と大火傷だ(゜ロ゜;ノ)ノ


とにかく千葉ケンミンにとって、
中央道方面はかなりキツい(T_T)
俺みたいなビンボウ人は
年に何度も行ける場所じゃないな。。。


さてさて
夜8時前に自宅に着いた後、
早速吉田のうどんを茹でて食べてみた。
20170712_210820


日本酒は土産の五合ビンで700円クラスの奴だ。

サラダは、昨日ほうとう屋の小作にて食べた奴が美味だったんで、つい真似してしまったゾ
マヨネーズをベースに、ヨーグルトとカンタン酢など、少し混ぜてみた。


吉田うどんのゴワゴワした感じは、
以前買った茹で麺の方が強かったような。。。

なるべく太いモノを買ったほうが、
吉田のうどんらしさを感じられるかと。



2日後、今度はおざらを作る。

20170719_200627


汁は市販のめんつゆをベースに、
人参・ゴボウ・鶏肉・ネギを入れた温かいスープ。

まぁ、うどんに例えたら「ひやあつ」(あつひや??)
ラーメンに例えたら「つけ麺」みたいな感じ。

ほうとうより少し細目で、ツルンとした食感だ。
吉田のうどんみたいなモチモチゴワゴワした食感とは全く違う、なめらかさが特徴だな。。。


ちなみにほうとう・おざら各二人前、合わせても400円以内。
スーパーで買えるヤツは要冷蔵なので、
発泡スチロール持参は必須だ!!
後、スーパーで氷貰うの忘れない様にσ( ̄∇ ̄;)




桃はもうすぐ終わり。
桃とブドウ、両方味わいたいなら、今がチャンス!!
果物フェチには天国だろう。

あ、果物といゃあ、鎌ヶ谷の梨だけど、
今年は天候不順にて梨が成長せず、かなり小さい。
もうすぐ香水が終わるので、急いだ方がいい。


今シリーズの山梨編の記事、
「情報発信系ブログ」の禁忌と言われる「日記」風になってしまった。
最近書き方が分からなくなってきたな(T_T)



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ


さてさて、
今回は5年前にやり残した事を思い出し、
先日、急遽八王子方面に向かった時の事を…


高速は首都高のみ使用、
後は20号直で、途中から野猿街道へ

お目当ての場所は
帝京大八王子キャンパスの通学路脇にある。


お~(^^)

あったあった

20151027_125933



塩釜温泉ス○○ド(観音温泉)は、実に5年振りの再訪(^^;

タイトルに温泉とあるが、
ここには日帰り温泉とかある訳では無い。

ここで汲んで、自宅に持って帰って風呂に突っ込むのだ…



前回はピンぼけ写真しか撮れなかったので、
新たに1枚(^^)

学生さん多いので車の運転は要注意かな(^^;


でも相変わらず~20Lで400円は高いなぁ~(T_T)


20151027_125713


ここの温泉○タンド、
見てくれがガソリンスタンドに近いわ


塩分を含む琥珀色の温泉水は、
風呂に8L程入れただけでも、かなり温まる。

…ってか、真夏には温まる必要は無いと思われるもしれないが、意外に用途はある。

腰痛とか、
エアコンによる冷えすぎとか
あせもとか…結構重宝するのだよ(^^)

女性な方なら、歓迎しない来客がいらっしゃった時にも効果が見込める。

個人差はあれど、
何れの症状に対しても、
温めにお湯を張った湯船に8L入れて、
15分も浸かれば効果は見られるかと。

尚、追い焚きは浴槽とかガス釜傷めるからね。。。
後、残り湯はすぐ流すこと。


ここに限らず、ナトリウム塩化泉の温泉であれば、
同様の効果はある。

ちなみに、

茨城なら大洗、
埼玉ならときがわ、
群馬なら渋川、
神奈川なら横浜温泉チャレンジャー、
栃木なら高根沢か矢板が泉質的に似ている。

痛み止めが効かない方は、是非試して欲しい。

興味がある方は、弊ブログの初期の記事、
2016年3月のところで
各県別に温泉販売の一覧をまとめて掲載しているので
参考にしてくださいm(__)m

尚、近くに温泉販売が無い方は、
ヒマラヤ岩塩を試してみてね



…話が明後日の方向に行ってしまったんで、
本題に戻そう( ̄▽ ̄;)


で、この後、
車で10分以内の場所にある
多摩動物公園へ…

駐車場、安い場所でも600円は痛いが、
まぁシャアないね(-_-;)


この日は平日の為か、お客さんチョイと少な目~

ライオンも暇そうで…( ̄▽ ̄;)

20151027_134643


顔と胴がアンバランスな…( ̄▽ ̄;)
20151027_132749


キリンさんも長~い首をもてあまし…

20151027_141139




前回の見学がたった2時間だった上、像やキリンが厩舎に引き揚げられてユックリ見れなかったので、
今回はそのリベンジ(^^)

前回5分しか居られなかったコアラ舎へ…


普通は、なかなかコアラの顔は拝めないのだが…

20151027_152624


超~ラッキーw(゜o゜)w

コイツは凄い!!(゜ロ゜ノ)ノ



とんでもないレアな場面



コアラがエサ喰っている\(◎o◎)/


20151027_152744


こんなん観れて、非常に感動や(T_T)



さてさて、ここからが本題!!

ここには
コアラをモチーフとした弁当が売っている。

コアラ弁当@580円也
20151027_150120


具は錦糸玉子、耳の部分が肉団子を割ったもの
鶏の照り焼きのスライス
下のメシは山菜混ぜご飯みたいな味だ。
少しもち米が混じっているのかな??
おこわみたいな感じだった。
コアラの顔の部分は何だったか忘れてしまった(T_T)

まぁ、味は可も不可も無くって感じ。


ちなみに、写真上部のカレーみたいなヤツは、
普通のハヤシライスでございます(^^)


あっ、
多摩動物公園の入園料って、年に何回か無料になる。
確か春と秋だったかな??

調べてみても良いかも。
ただこの時は、かなりの混雑になるので、
電車利用が無難かもしれないね(^^)

あと、新撰組が好きな方は、
高幡不動に寄るのも良いかな。。。
土方歳三の像も立っているし、

廻りを歩けば、面白いモノあるかもしれない。。。

多摩の動物園からも近いしね(^^)



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

夏の千葉といゃあ、

海水浴だけど、
俺は30年近く海水浴に行ってないなぁ…

で、その海水浴ついでに行ける、
取って置きの場所を紹介するとしよう。


でも、その前に…

俺は今まで、

千葉は高いだの

努力が足りないだの

茨城に負けるだの


散々地元千葉を貶していた事を

素直に詫びねばならないm(__)m


こんな凄い店が、
千葉にもあったなんて…( ; ゜Д゜)!!


その場所は

片貝海岸の最北、片貝漁港にある観光施設の中にある店の中の一画にある。


20170523_144100


2階のフードコートがあり、
いずれも素晴らしい海の幸を提供する店舗が3つ入っているのだが、今回の目当ては一番奥の店!!


20170523_142531


先月頭に、この海の駅の記事は書いたのだが、
一番の人気メニューは、行列がハンパ無いんで、食べそびれてしまった。。。

今回はその一番人気の品、
船盛り定食を食わしてくれる
みっちゃん食堂にリベンジだ!!

20170523_135437


平日13時前で、待ちは20人!!
前回はこの倍のお客さんが居たので、
無事ありつけそう。。。


待つ事20分
その一番人気の品、
船盛り定食とご対面だ(`Д´)ノ!!

20170523_135904


これで、
何と
1000円


しかも、
税込み価格!!



生マグロ迄乗っていたのにはビックリ( ; ゜Д゜)

ただ、一部の刺身は一切れずつしか載っていないのは
、ご愛敬(^^;


ただ、ここに来たのに刺身だけでは勿体ない。
刺身は手羽先紅葉サマとネズミん子婆さんから少しだけ失敬する事にし、違うモノを食べたいって事で…
俺は煮魚定食を注文。
20170523_135921


スズキ系の魚とサバだった。
甘辛く煮付けられていて、酒が欲しくなる味だ。
なんと、コレで
500円!!\(゜o゜;)/



ただ、これはホンの一部にしか過ぎないので、
これからも行く機会が増えると思う(^^)

それにしても、
この店なら、

那珂湊にあるヤマサ水産の回転寿司や、
大洗の直売センターのチラシ寿司、

水戸市内の激安海鮮の店「魚いちず」や
回転寿司の「まるくに」

常陸南太田インター近くの「日立南ドライブイン」
土浦市の「土浦魚市場」

(寿司部門の営業があれば)徳次郎食堂のチラシ寿司

…といった、
茨城の激安海鮮の有名店とタメ張れるな…♪



後日談

残念ながら、千円船盛りは無くなってしまったようです。テナントも変わったようで、全体的に値上げされています。
さすが千葉は強気だね。。。。

20180626_140504




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

GWも、もうすぐ終盤だねぇ…
今回から数回は
日帰りで行ける千葉を掲載しとこう(^^)

行ったのはまだ暖かくな少し前…
自宅を10時過ぎに出発し、浜金谷駅近くに着いたのは
昼1時前…

金谷~久里浜迄のフェリーターミナル周囲には、
レストランや土産屋の入っている場所がある。
(昔は無かったが…いつの間に出来たんだ??)


20170124_143319


土産屋も、かなりの賑わいを見せている

20170124_134233



いい加減腹が減ったんで、何か食おうとしたが、
そこはやはり観光地…
どこも、海鮮丼系は最低1500円~2000円の
ブルジョア観光地価格で、手が届かない。


但し、どこにも例外は存在するもので、
周囲には激安で食える店がひっそりとあるもの。

…って事で、少し歩きまわり価格を比較した結果、
今回最安値のココにお邪魔した。

20170124_143309


ここはパッと見ラーメン屋だが、
磯トロ丼というモノも存在する。

20170124_143258


価格は1000円と、このエリアにしては
かなりリーズナブルだ

この日は、ワラサ・ヒラメ・鯵・烏賊の4種の具
それにネバネバな海草が載っておる。

20170124_142059



具は水揚げで左右されるが、
原則地物がメインなんで、
鮮度面ではハズレは無い。

手羽先紅葉サマは、
鯵天丼を注文

20170124_141639


こちらは新鮮な鯵の天ぷらが3つに、野菜天が3つ
1000円でなかなかのボリウムだ。

鯵はとにかく鮮度が良い。

観光地にありがちな、地魚でも何でも無いものを
ボッタで食わされたらたまったモノでは無いが、
この店ならその心配は無用だ\(^^)/


この後、フェリーターミナルの裏で
海をポーッと眺めた。

20170124_143923


晴れた冬の日は、富士山がハンパなくキレイだ。


20170124_134058


ウチらはこの後、少し南下して鴨川方面に向かうが、
クルージングを兼ねる方は、
ここからフェリーで、神奈川の久里浜迄40分。
750円位かな。
軽自動車だと運転手一人込みで3200円位。
帰りは神奈川を回って帰るのも悪くない。
(まぁ、チョイと大変だが )

上手くいけば道の駅にて、フェリーの割引券が置いてある事がある。
上手く活用したいね(^^)

この店の情報
↓↓
https://s.tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12014409/


役に立ったかな??立ったらポチっと!!
↓↓

B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

千葉の大多喜は、
知る人ぞしる蔵の街

20161107_140918



鉄道資料館は、土日祝日のみらしい。
20161107_140814



鉄道といゃあ、懐かしい車両が

20161107_134043




駅前にある、交流センターでは、
土産モノや惣菜が売っている。

20161107_140508


千葉の山間部らしい、
山菜系の素朴な寿司に惹かれた
20161107_140334


中は、イートインコーナーあり。
お茶のサービスもある。
20161107_135555


うちらは、三種類が1つのパックに入ったセットを、シェアして食ってみた。
まぁ、有料試食って事だわな(^^)

20161107_135639


山菜と酢飯と玉子のフックラ感が絶妙にマッチ、
花寿司の流れを汲む味だ。
生姜の炊き込みご飯もやや薄焼の玉子とマッチして、
なかなか美味かった(^q^)



蔵の家、かっこいいなぁ~
20161107_141202


千葉といえば、菜の花が春の到来を告げてくれる。
辛かった冬はおサラバなのたが、

俺の財布は四季問わず万年冬なり…(T_T)


いつか俺にも春は来るだろうか


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ