関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 関東で食える他地方のご当地グルメや郷土料理、B級ご当地グルメなど

俺が、関西の肉そばが好きな事は、
以前記事にした。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/16448393.html

関東に比べるとだだっ辛い醤油の味が薄くて出汁と塩分が効いた蕎麦に、
それに牛丼屋の牛丼から玉ねぎを減らした様な具がマウントされている。

ちなみに関東では、肉そばと言えば豚肉な訳で、
似ても似つかない味だ。。。


という訳で、
関東では関西の肉そばを食えないので、
とうの昔に諦めて、忘れ去っていた。
(都内なら食べられる店もあって、単に俺が知らないだけかもしれないが)





で、買い出しのついでにAEON船橋に寄り、
とりあえずはフードコートで腹を満たそうとして、
久々に覗いてみたら、
新店が出来ているじゃないの、、、!!( ; ロ)゚ ゚


20190514_140730



肉まる商店は、『焼肉 でん』を中心とした、肉の卸売り『ゼンショク』チェーンの1つだが、主に関西で展開しているようだね

http://nikumarushoten.com


肉まる商店は、焼肉の丼を提供している、ファーストフード担当部門ようですな、、、


さすが卸問屋らしい演出。。。
ケースにも美味そうな肉が鎮座されておる、、、


20190514_140649


まぁ、これなら間違いはなさそうだ。

あまり高価なモノは食えないのだが、
どんなもんかと思い、
チョッちメニューを覗いてみると、、、

20190514_140641


カルビ丼、590円かぁ、、、


さらによくメニューを見てみたら、、、


ん、( ロ_ロ)ゞ…

こ、これは、、、😲

20190514_175339



何と、肉そばがあるぢゃないか!!( ; ロ)゚ ゚     

その隣には、関西名物『肉すい』があるようだ。

お吸い物だから、出汁はきっと関西風だな、、、

これはもしかして、、、期待出来るんじゃないか⁉


うちらはカルビ丼と肉そばを1つずつオーダー、
カルビ丼のタレは旨辛ダレにする。

待つこと5分

いよいよ御対麺である、、、


20190514_141203



うん、
青ネギタップリ、薄い出汁、、、
ビジュアルはまさしく、関西の肉そばそのモノだ


だが、
玉子を抜いてもらうのを忘れてしまった
なんたる不覚(--;)    



俺も手羽先紅葉サマも、月見そば嫌いなのよ、、、


取り皿2つ貰ったんで、そこに浮いている玉子をどうにか移したが、白身が少し残ってしまった、、、😭

ま、これくらいはシャアない、、、許容範囲。


早速実食だ\(^^)/


20190514_141320


そばは普通の蕎麦なので期待はしていないが、
出汁は関西の薄くて出汁の効いた味だ、、、
牛肉を煮込んだものがタレ毎この出汁に合わさり、
なんとも言えない味になる、、、


うまい。。。
うますぎる。。。🤤


あっという間に平らげてしまった😅




で、方や余った生卵は、
カルビ丼の半分に混ぜてしまった、、、

カルビの旨辛タレは、コチュジャンが効いていて、結構濃厚だったので、玉子との相性も良かった。

肉は普通のアメリカ産バラ肉だけど、少し赤身が強い部分をセレクトしてあるようで、なかなかジューシーにいただけた。



20190514_141513


肉そばもカルビ丼も590円とやや高めだが、
これだけ楽しませてもらったから善しとしましょ😋


また肉そば食べたくなったら来よう。。。
次は玉子抜きで、、、





さて、ここからは余談。。。

帰りに、リサイクルショップを覗いてみたら、、、

20190514_175221


俺が前持っていたのと、
同じモデルが売っていた!!( ; ロ)゚ ゚


まさしく昔のカノジョと出会ったような感じだ。


そこそこ使い勝手は良いギターだったが、
ネックが広くて薄いタイプで、しかもロングスケール

テレキャスの割には音が枯れずに、ジャガジャガとした音が出ない。
しかも歪ませると、ペケペケした音の割には低音暴れる傾向にあったので、途中から俺とあまり相性が合わなくなり、、、

レスポールスペシャル購入の際の下取りとして、
1年半で手放してしまった😓


あ、ちなみに俺が一番弾きやすいと思ったギターは
かつてグレコから出していたSGの中山加奈子モデル

そして、グレコの廉価ブランドとして販売していた、
ウエスタンスターというブランドの、
ミディアムスケールのテレキャスターモデルだ。


これらが世に出回っていたなら、
初心者がギターを挫折する数がおおよそ半減していただろう。

弾きにくいギターで挫折した人でも、
こうした弾きやすいギターを持てば、
ちゃんと音が出るケースが目立つ。

不思議なことに、一度弾けるようになってしまえば、
元の挫折したギターを弾いても、ちゃんと弾けるようになっている野田よ、、、

ギターとの出会いは、
まさに人との出会いと同じなんだよね。。。

ここ近年、
TVなどの影響からか、
地方にしか無いご当地チェーンが脚光を浴びているようですな、、、


先日のGW10連休の際、
わざわざ関西から、静岡の有名ご当地チェーンの『さわやか』に行き、
5時間以上並んで食べたという強者カップルがいた事をニュースで見た。


スゲぇ根性だ!!(⊃ ⊃)≡゚ ゚


俺はとてもココまでは出来ないが
ジモティのソウルフードを味わうには、
ご当地チェーンを追っていくのが一番簡単だ。


先述のさわやか、
静岡&愛知の寿がきや、
群馬(極一部栃木&長野&埼玉)の、おおぎやラーメンなどがその代表格。
いずれも現地行かなきゃ食えない。


そして、今回紹介する、
和食レストランチェーン「まるまつ」も、
その1つである。




このまるまつは、
宮城を中心とし、
東北地方全体を多店舗チェーン展開している。

普通なら東北のチェーンなんて、行ける訳もなく諦めるのだが、
一部は栃木県内、茨城の西部にも出店しているので、
関東民がギリギリ行ける距離なのだ、、、




main_img-1


まるまつに関しては、
以前は茨城県内の一部でも見掛けた。

特に、ひたち野うしく駅近くにあった店には、
10数年前に約1年半程、
月2回位のペースで、よく利用させてもらったなぁ…

多分、南関東に一番近い店舗は、ここだったかと…



当時、夕食は3日に一度は外食。
しかも俺が二人分出さなきゃならなかったので、
立地とコスパの良いこの店には救われた。


今思えば、東北にしか無い店を関東で利用出来る、
貴重な店だった。
食ったモノ、写真に納めときゃよかったな…


1803grand_menu_007-2



1803grand_menu_009-1


価格帯は、大手に比べて少し安め。
全体的にコスパは良いほうかと。。。

少食の時には、
この辺のミニそばとミニ丼には、随分と世話になった。


東北チェーンの店だけど、
味付けは思った程塩辛くは無かった。
酢メシも普通に美味かった。

天ぷらも揚げたて、カリッとしていたし…
お値段以上だったなぁ…


あの頃が懐かしい…
俺にとって、ここで飯食った日々は、
大事な時間であった(^^)

だが、今はその店はおろか、
茨城県からは総和店を除き、全て撤退してしまった。


今後もし再び、日光や塩原などの温泉旅に行けるようになったら、
宇都宮あたりで懐かしみながら食べようか…


(画像はHPより)

まるまつのHP
↓↓
http://www.re-marumatu.co.jp/marumatsu/menu.html



さて、こんな下書きをしていたら、
今回、栃木に出かける機会が出来たので、
早速まるまつをプランに入れてみる事にした。


結城の店も無くなっていたので、
小山犬塚店に寄ってみよう。。。

20190517_125858


ランチでは、以前うちらが食べていた半そば+半丼のセットに、茶碗蒸し+サラダが付いているセットが格安で食べられるようだ。

20190517_130012


とりあえずうちらは、
ネギトロ丼と温かい蕎麦のセット@580円と、
寿司3貫が着いたセット@480円で、、、、

20190517_131049



まるまつの蕎麦は、
温かい方が美味。
辛い感じではなく、何となく優しい味だ。

20190517_131032


まるまつの茶碗蒸しは、
玉子豆腐然としたタイプではなく、手作りみたいな味
これは食べてみて欲しい。


最近は、仙台名物でもある、
ハラコメシをメニューに入れているので、
より東北の味を身近に味わえるかな、、、


20190808_094054







とりあえずは、
まだまだ狙わなきゃならない品々がある。
まるまつで腹一杯になる訳にはいかぬ野田よ、、、

なので少な目の飯で
更に安いなら大助かり。
ちなみに腹一杯食べたいならメニュー追加しても安価で済むから助かるかと思う。


さて、宇都宮を再攻略だ(`Д´)ノ!!!

さて、これから数日は久々に、

アクセス急降下間違い無し‼️
非絶賛大不人気連載である、
『ラーメンじじぃブログシリーズ』を
書いてみようと思う。


俺の中では、このシリーズは何とか育て上げたいんだけど、俺がラーメンについて書くのは、ラーメンマニアに対して失礼かもしれない。


だが、他の方から貰った面白いカップ麺の数々を埋もれさせてしまうのは勿体ない事だ。


それに、マニアの方々と違った視点で取り上げるのもいいんじゃないかなとも思うし、
自分のブログで備忘録程度に書いていくのは悪くないんじゃないかな、、、
と考えている次第でして、

年4~5回は、カップ麺以外のラーメンの話を含めて、このシリーズを書いていこうかな、、、
と、思っておりまする。。




昨年末の話になるけど、房総へ行く途中、少しだけ空腹を満たす為に幕張PAに寄った時の事を、、、


ここのフードコートでは、
千葉の数少ないB級ご当地グルメ、
『竹岡式ラーメン』が食べられる店舗が入っている。

20181020_110845


今回は、
この竹岡式ラーメンに辛さを加えてアレンジした
コレ@810円を戴いてみよう。

20181020_110628



ここで、竹岡式ラーメンの定義のおさらいを…

①乾麺を使っている。
②出汁やスープは使わず、焼豚の煮汁で味つけ
③乾麺のゆで汁も入れる。
④玉ねぎのみじん切りをトッピングする


ま、見方によっては
インスタントラーメンの応用みたいなものと言えなくもないけど、
漁師が冷めた体を素早く温める為に、素早くササッと作って食いたいというニーズによって出来たモノらしいので、
この説明には「なるほどなぁ、、、」と、納得してしまいますな。。。



このチャーシューは、かなり濃厚でダシも効いているので、全く違和感はない。
ルーツを見れば、チャーシューは作り置きして保存していただろうから、当然濃い味つけになるんだろう。


ま、とりあえず
この店舗では、僅か3分程で完成( ´∀`)
待たなくて済むのはありがたい。

20181020_110849


特製の辛味が効いて、かなりスパイシー
少し苦味もあるが、気にならない。

麺は乾麺のストレートタイプ
汁は、他のラーメンに比べ、やや淡白かな。。。

だが、焼豚と、焼豚の汁が濃厚なので、
違和感は無い。

本当は一人前食べたかったのだが、
家内とシェア。。。
まだまだ房総内陸部で食べたいモノがあるからね…


さて、目的地に向かう途中、
ロケの聖地、上総鶴舞駅に寄る。


20181020_130832


映画やドラマ好きの人にはたまらない場所かな。
駅舎も昔の形を残しており、
風情があって良い\(^^)/


ただ、俺がここで、風呂用の水を少しだきけ採取していた事は㊙️にしとく、、、(^^;





関東以外のB級ご当地グルメや郷土料理なんて食べる機会が無いウチらはにとって、
西日本のご当地B級グルメは、まさに未知の世界…

バラ焼きやせり鍋、新潟のイタリアンやカレーの時もそうだが、あまり遠くに行けないオイラは、TV見てヲダレ🤤流しながら諦めるしか無い野田よ、、、😢




で、数ヶ月前ある日、
柏のアリオに行き、フードコートを眺めていたら
以前ネタにした、
M1プレートのオムライスが、

20181214_133107


平日限定で、50円引き
しかもスープとサラダ付きのセットに

あぁ、、、オムライスかぁ、、、
俺は作れないからなぁ、、、


20181214_141303


M1プレートは前にも行ったので、
この時は乗り気では無かった、、、


他にも天丼とかつけ麺とかいきなりステーキとか色々あるので、他も見てから何食うか決めるつもり満々だったんだけど、、、

リードを引っ張られてもデンとして動かない犬の如く
手羽先紅葉サマがM-1プレートの前から動かない。
石ならぬ岩になってしまったようだ、、、(--;)


手羽先紅葉サマ、
数日前に行った横浜の赤レンガの専門店で、
オムライスを食べそびれたのが、余程悔しかったんだろうな。。。


フードコートは、別々の店で注文しても、同じテーブルで食えるのが強みなので
俺は他の店のヤツを何か食べようとしていたが、
目の前に、とある看板が飛び込んできた、、、

20181214_133039




なぬっ⁉️長崎のトルコライスだぁ!!( ; ロ)゚ ゚ ??

今まで何故気がつかなかった⁉️😭


そういゃあ、全国各地のローカルフードを取り上げている大御所の某ブログでも、全国のトルコライスを取り上げられていたよなぁ、、、


長崎名物のトルコライスを千葉で食える、、、
これはいいネタになるな、、、、


って訳で、俺自身も他の店やメニューは眼中になくなり、トルコライスで即決‼️



さて、このトルコライスって、
結構あちらこちらで見掛けるといえば見掛けるし、
俺も何回か似たようなモノは食べた事はあるんだけど、これがバリバリの長崎名物だと知ったのは、
ここ1年位のことだ、、、


カレーピラフに、ナポリタン、
デミグラのかかったトンカツと、少々のサラダがのっているのが基本らしいけど、
大御所の某ブログによると、店や地域によって、様々なバリエーションがあるようだね。。。




さて、待つ事5分
15447621715561129895421923813245


御対麺じゃ

15447622093975416108181051649931


思ったより量は控え目だなぁ、、、
それにデミグラベースのソースも足りないような

ま、文句は言わない。
関東で長崎のB級ご当地グルメが食えるんだから、、、


15447622828233027796831925909957


カツはトンカツで、サクっと揚げられている。
ナポリタンは、かなり甘めのケチャップで和えられている。

さて、カレーピラフには、
雑穀米が使われているようだが、これはM1プレートのオリジナルでしょう、、、

20181214_134350


コイツは、なかなか体によさそうだ。
雑穀米のおかげでシットリとなりすぎず、
ややパラパラした感じに仕上がるし、
個性もあるので、回りの味の濃いオカズには負けない


手羽先紅葉サマの食べた、オムライスセット

15447622440452640594626630296582


こちらの方が、デミグラタップリじゃないか💢

でも、相変わらずのフワトロ感。。。
同じくチキンライスも雑穀米使用。

俺にはこんなに上手くは作れない。


ちなみにM1プレートとは、
明治屋産業という福岡の会社のブランドらしい。
元は精肉に精通している会社のようで、近年はレストラン産業にも力を入れている。
関東では数店舗しか無いので、千葉ではかなりレアな企業である事は間違いないだろう。
↓↓
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

他には、千葉をはじめ関東各地の『神田グリル』という名のチェーンに行けば、長崎系のトルコライスにありつけるようだ。
尚神田グリルには、金沢名物のハントンライスもあるようなので、そのうち挑戦したい。
ただ、共に1000円は超えるけどね、、、
(神田グリルHP)
↓↓
https://www.giraud.co.jp/kanda/


埼玉ケンミンの方は、
AEONレイクタウンの3階にあるフードコートでもトルコライスを食べられる店があるので、
気になった方はgoだな、、、
(こちらは、マンマパスタの系列チェーンらしい)
↓↓
https://www.aeon-laketown.jp/mori/shop/store/food-foo_370.html



このトルコライス、
長崎のものとは全くルーツを異にするトルコライスもあるようなので、ググる際は要注意‼️


特に、関西系のトルコライスは全く要素が違うみたいだし、

東京西部や横浜のトルコライスは、
ナポリタンが載っていないケースが見受けられるようです、、、

詳しくは、ローカルフードブログの大御所のブログを参照してください、、、
俺が語るのと説得力が違う、、、
違いが一目瞭然のいい資料なので、クレーム覚悟であえて紹介しておきます。
↓↓
http://blog.livedoor.jp/e_aji/archives/65945575.html


パスタ、トンカツ、ピラフの『長崎のトルコライス』を食べたい方は、必ず

『長崎 トルコライス 関東』で検索しましょう。






それはそうと、
日本って国は、何故か昔から、トルコ共和国にかなり迷惑かけてきた、、、

このトルコライスだって、本来はイスラム圏のアチラには無いものだし、
サービスが売りの泡の特殊なお風呂だって、昔はトルコと名乗っていた。。。
両方とも、国からクレームが上がったな、、、


後者は『泡の園』に名を変えたが、前者は変えていないけど大丈夫かよ⁉️

しかも、このサイトによると、上記の泡風呂の件を含め、3回のクレームだから、
トルコライスの件を合わせると4回って事になる。

https://ruhiginoue-exblog-jp.cdn.ampproject.org/v/s/ruhiginoue.exblog.jp/amp/23657568/?amp_js_v=a2&_gsa=1&usqp=mq331AQCCAE%3D#referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=ソース%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fruhiginoue.exblog.jp%2F23657568%2F


さすがにヤバいだろ、、、😧

日本はトルコ共和国に対して、
何か悪意を感じているんじゃないかと疑われても、何も言い訳出来ないよな、、、((( ;゚Д゚)))


日本国内でこれだけの事があったなら、即訴訟レベルだろ、、、

これ以上のクレーム来る前に、
政府は何とかしろや、、、、😧



トルコのチームでプレーしている長友とかが人質にされないか、チョッち心配だな、、、😅

越谷レイクタウンに寄った際、
何気なく惣菜コーナーを覗いてみると、、、



やややっ( ロ_ロ)ゞ!!
何故コヤツがここに居る⁉️


20190403_151141


東京都西部のご当地B級グルメ、
東村山黒やきそばと、
思わぬ形で御対麺!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


ここは素直に逝っとくか、、、
それともご当地じゃない場所でゲットするのは止めておくか、、、
散々悩んだが、


東京都西部は、なかなか行ける場所じゃないし、、、
基本、出会いは一期一会

ここは素直にゲットしておきましょう

20190403_151514



東村山黒やきそばは、
イカスミが入っているのが特徴と、
ちゃんと解説が入っている。


自宅に帰った後、皿に盛ったが、量は少な目
やはりAEONだからか、費用対効果は悪そう、、、

20190403_203609


だが、現地に行く交通費とか手間考えたら安いモノだな、、、

イカスミの匂いは全く気にならない。
ピリ辛、太麺の焼そばは、
いかにも武蔵の国の料理らしい。

ソース焼そばというより、
中華系の上海焼そばに近いような、、、

具は豚バラ、ニラ、モヤシ。
俺好みだな、、、コレ


従業員に、東村山やきそばの『加盟資格』を持つ従業員でも居るのかな?
勝手に名乗って大丈夫なのか⁉️

B1グランプリ出店の品をはじめ、
ご当地B級グルメは、
利権に煩いケースがあるからね😱💣


少し心配にはなったが、、、
天下のAEONで出しているからには
大丈夫なのでしょう。。。

いつかは現地で食べてみたいな、、、



追記
東村山黒焼そばは、
ここで食べられるらしい。
ブログで交流のある方から教わりました。
↓↓
https://ameblo.jp/ratabi/entry-12461571825.html




近年、どこの地方都市に行っても、
駅前のシャッター街、
郊外のロードサイトにある大手チェーン、
そして大型ショッピングモールというのが、
お決まりの景色になりつつある。

まるで日本全国総金太郎飴状態だ💴


その中で、地域特性を出すには、
その地域特有の料理を提供する店舗を誘致出来るが鍵になる時代が来るかと思う。

そうしないと、地域性は絶滅するな、、、

これからはショッピングモールでも、地域の特色を守る役割を担っていかないと、、、


今回の東村山黒やきそばみたいな取り組みは、
意義のある事だと思う。

地域の客に他地域のご当地グルメを提供出来るのは
大手の強みだからね、、、



次は余所者に、その地のご当地グルメを食べさせる機会を与えてください。

数十年後、寂れきった日本のご当地グルメは、
きっとこういう形でしか、
後世にその文化を遺せないだろうから、、、

↑このページのトップヘ