関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: カップ麺&ご当地ラーメン以外のラーメンなど日常食

千葉市内に、家系ラーメンの本家本元の血を引く店舗があるとのことで、足を伸ばしてみた。


横浜家系ラーメンは、ご存知吉村家から始まり、
そこで勤めていたクルーが新たに店を出し、
そこから更にで暖簾分けする事で、その勢力を広げてきたらしい。

近年は家系ラーメンブーム、、、


公式な暖簾分けの店から、
その暖簾分けの暖簾分け、そのまた暖簾分けの店や

非公式ながらも家系で修行経験のある方の店や、
その支店や孫店、

そしてまるっきりインスパアや、
家系は名乗らずにそのアレンジ品やら、、、


もうここまでになると、何が何だか分からないや😧

競馬に例えると、
まさに『サンデーサイレンスの血統』状態‼️


だがこの店は、
吉村家→杉田屋(横浜)の流れを汲んでおり、その支店って事でバリバリの正統派直系のようだ。

まさにディープインパクト

そうと知ったからには、一度は行ってみなきゃ‼️
…と、思った次第でして

20190626_161411




さて、券売機方式。ボタンを押すと、
プラスチックの札が出てくる。
この札、何か二郎チックだなぁ、、、
20190626_121326


並び方もルールがあるようだ、、、
平日の昼間だったので20人位並んでいたが、
回転が早く、割とスムーズだった。
20190626_124251


20分程待つと、席に通される。
麺の固さを聞かれたので、
硬めで注文

しまった‼濃い目脂多めにするの忘れた( 。゚Д゚。)




で、ここはオープンキッチン、、、

従業員は、客の視線を浴びながら、
仕事しておる、、、

ま、んな訳でパシパシ写真撮る訳にはいかなかったが
厨房はまさに怒涛の慌ただしさ、、、

麺を茹でるお湯の交換、
スープの継ぎ足し、
豚骨の投入、、、

まさに肉体労働❗
時間との勝負‼️
ここは戦場だ(*`Д´)ノ!!!

麺を茹でたり引き上げたりするタイミングなど
まさに絶妙、、、
まさに職人技!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚



さて、いよいよ御対麺、、、

20190626_122732


ラーメン700円。
ライスは100円。ライスはおかわり無し(有料)

20190626_161308


銚子こいて濃い目脂多めになどしなくてヨカッタ
ノーマルでも結構な濃さだなぁ、、、


20190626_122748

麺はやっぱ、コレだよなぁ、、、
醤油豚骨によく絡む。

20190626_122853


家系はライスが付き物。
海苔をスープにヒタヒタにし、
そこにライスを入れて一気に口に放り込む。
コレがたまらんよ(^q^)




チャーシューは薄く大きい。
芯芯、かぶり、トモ三角らしきモノが見えたり、大きさや形からしてモモ肉の芯玉という部位か??



この手の店は、食わしてやっている感があるイメージがあるけど、ここは接客も丁寧でビックリ。

おかげで気楽に楽しく食べられました。
ありがとう。ごっちゃんでしたm(__)m

貰い物のカップ麺の中で、面白いモノがあったので、
チョイと紹介しておこう。。。

博多とんこつの名店、一双子とのコラボ品らしい。

20190610_111141


カプチーノかぁ、、、
一体どんな味なんだ⁉️ 
クリーミーっぽそうだな、、、

20190610_111149


やはり麺が細い博多とんこつだからか、
わすか二分で完成❗せっかちサンには有難い。

20190610_111225


中身が真っ白。付属のタレをいれることにより、
カプチーノみたいな少し茶色ががった色になる。

20190610_111304


キクラゲの細切りが、カップの底に沈みやすいのが難点かな、、、

やっぱ、味はかなり濃厚だね、、、



………………………………………………………………


それにしても、また台風がやってくるみたいだ。
房総が心配だよ、、、


そんな中、1つ朗報が、、、

被害にあった鋸南のばんやが、一部建物を復旧させ、
仮営業を再開しているようだ。
↓↓
http://www.banya-grp.jp

この店、店頭のメニューに値段が明記されない、
典型的な千葉の観光地にあるタイプの店だが、
値段はまだ良心的なので、ある程度のお金を持っていれば安心かと、、、


俺が食えるのは平日昼間の1200円位の海鮮丼が限度だが😓邪魔にならない程度に房総に行って金落とさなきゃ、、、

だが、再開した新館は、どうやら定食類みたいなメニューが中心らしいけど、どうなんだろ⁉️

さて、6月以降アクセス減りまくり続けている今、
気軽に不人気連載のラーメンじじぃブログシリーズを
掲載してみましょう、、、

今回は、
渋谷の野郎ラーメンが監修した、
限定品の激辛ラーメンを戴いてみた。

20190617_114220



20190617_114230

名前からして、ニ郎系のインスパイアなのかな⁉️
麺は太いなぁ、、、

そういゃあ昔、厚木インター近くに、
ギロウだかいう名のラーメン屋があったなあ、、、
あの頃は二郎系なんて知らなかったので、
ふつうに注文して、腹がはち切れそうになったのを思い出した。

年とった今では、ジャングガレッジのラーメンでさえ、クリア出来ないかもしれん、、、

ま、んな事はどうでも良い野田が、、、

今回は、ガッツリ系の野郎ラーメンの監修で、
しかも激辛って事なら放っておく訳にはいかないな
20190617_114242



待つこと5分。
湯で上がりは、更に水分含んでかなり太い。
まずはこのままスープを味見。
普通の醤油とんこつよりも、ややアッサリしたラーメンだ。

20190617_114646



そして、激辛のタレを投入
20190617_114655


まっ赤っ赤に

20190617_114727


とにかく辛い‼かなりスパイシー感。
これはヤバいレベルだな。
だが、よりクリーミー感というか、乳化感が増して感じるのは気のせいか⁉️

辛さの中にも旨さがある。


辛いよ辛いよ~間違いない(´Д`;)
夏には最高の一品だった。








………………………………………………………………………

10月6日、
昨年の有馬記念に挑戦して話題になった、競馬界の二刀流馬、
オジュウチョウサンが久々に登場。。。🐴

日曜日の東京競馬場9R、
3勝クラスの六社ステークスに出走だ‼️

だが、
昨年にこのコースの同じ距離で勝ったものの、
今回はあまりにも不利な条件が多い。


・開幕週の高速馬場
・出走頭数が多いしスムースな位置取りは不可
・相手の力もワンクラス上。波に乗っている馬多し
(前回は強い馬が勝手に房総し自滅した⁉️)
・8才と高齢になって本馬自体能力が衰えつつある。
・先行して押しきるには向かない、府中の長い直線
・騎乗騎手に平地の実績が少ない
・ハンデ戦なので当馬に比べ周りの馬方が1~3キロ軽い負担重量に恵まれる。
・昨年、弟が6着


まぁ良くここまで悪条件が揃ったなと思う位に
条件が悪すぎる😭
昨年までとは違い、明らかに運にも見放されたな…


これらの不利を予測したから、陣営はステイヤーズステークスへのローテーションを一旦白紙にしたのか?

昨年は有利が重なったが、
残念ながら、今回は勝つのは難しいかと、、、😢


前が止まらない高速馬場には対応出来ず、
かといって上がり勝負も分が悪い。
ラスト35秒を切る末脚が無いオジュウには辛い。


最後の直線で先行馬に追い付けず、
最後は2頭位に後ろから差されそう。

まぁ、有馬に似た展開に泣かされるだろう。

あれほどの惨敗はしないにしろ、
良くて3着迄。大体4~6着が妥当か⁉️


馬券は、1番人気から始まり、
単復の応援馬券の分を差し引いても、最終的には単勝3~4番人気位まで落ちるだろう。

オジュウを抜いたら馬券はそれなりに妙味がある。
どうしてもオジュウ絡みの馬券買うなら、△としてワイドのヒモとして押さえる位かな…


最後の直線ヨーイドンの展開になれば、
惨敗もありうる。


逆にこれを勝てたり好走出来るようなら、
間違いなくステイヤーズに向かうだろうし、
ブームも再燃するだろう。

今ひとつなら中山大障害で引退、


2着~4着で平地で少し様子みたいなら、
大障害当日の3勝クラスの2500m戦経由か、二週前に阪神で組まれている2400mの同条件を使うか、
又は絶対にフルゲートにはならない格上階級の万葉ステークスを使い、いずれか勝てるようなら、2月のダイヤモンドステークスで引退を迎えるかと…

どちらにしても、さすがに来年春までで引退だろう。


彼を観れる機会は後僅か、、、

だが、府中に応援しにいく金も無いし、
中山の場外にも行けない。。。😭

千葉テレビで応援するとしましょう、、、


今年の毎日王冠はGⅠ馬3頭が出る豪華なレースだし、
その前にオジュウも出るし、
当日は50000人位のお客さんが来るだろうな…


(追記)
10着の惨敗だった。1着馬のタイムが遅い中、あまりにも負け過ぎ。
まさかここまで力が衰えていようとは、、、😭
やはり年にはかなわない。

これでは大障害だって怪しいかもしれないな、、、

さて、
次回の次より、栃木旅シリーズの続きに戻るんで、
今回は栃木のご当地グルメ、佐野ラーメンの名店をモチーフとしたカップ麺をば食ってみよう、、、

その名も
森田屋総本店
20190407_123130



20190407_123140


年に最低1回~2回は佐野あたりまで行くけど、
ここの店はいつも混んでいるし、
昼休みの時間帯に当たったりするから、
なかなか食べるチャンス無いんだよね。。。( ω-、)

(ここだけじゃなく、表で5人待っていたらスルーするようにしている。中待ちだって多数居る訳だから…)


ま、そんな敷居の高い人気店の味を、
カップ麺でも食えるのはありがたやありがたや(^人^)


さて、開封

20190407_123209


ほんの少しだけ濃い目に仕上げたいので、
お湯は線より2ミリ下で、、、


後入れのアブラ


さて、イタダキマス‼Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

20190407_123652


さっぱりした中にも、
かなり深い感じ。。。

めんは少しだけ太目。
さすがに佐野ラーメンの不揃い感までは出せないが、
これはこれで美味しい。

欲言えば、
ノンフライ麺の方が、佐野ラーメンらしいのど越しやシコシコ感が出て、よりホンモノに近くなる様に感じた。。。





さて、今のうちに
非絶賛大不人気シリーズである『ラーメンじじぃブログ』を掲載しときましょ、、、



今回は、ミシュラン掲載のラーメン店、、、
そのカップ麺をゲットしたので食ってみた。

20190701_121941


ワンタン入りって事だが、どこに居る⁉️

20190701_122003


お湯を注ぎ4分、、、

御対麺じゃ、、、
20190701_122428


あら、ワンタンさん、
下にお隠れあそばされていたの野田ネ、、、


袋スープを入れて完成じゃ、、、
20190701_122458



スープはややスモーキー感あり。
名の通り、鶏感が凄いや、、、

ワンタンも、ツルリン感が出ていて楽しめる。


やっぱ明星は、麺が凄い出来だよなぁ、、、
細目のストレート麺、、、
なんか竹岡式の麺を思い出す。。。



久々にあのセリフが出るな、、、

うまいよ~うまいよ~
間違いない‼️



それにしても、
サイタマ、グンマに続き、
トチギを題材にしたこんな漫画があったとは、、、

20190816_190704


今日見つけた漫画だが、
絵がヤバい(--;)

いかにもエ◯ゲーとか萌え系だ、、、💦



キャラ見るとさぁ、
涼◯ハ◯ヒと、
サ◯ラ大戦の李◯蘭のオマージュじゃね、、、⁉️
…と思うのは俺だけ⁉️

俺もヲタまっしぐらだな( ̄▽ ̄;⁉️)

↑このページのトップヘ