関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 埼玉西部・群馬県ほぼ全域(関越道方面。長野・新潟含む。館林除く)

ああっ‼ホルモン焼き屋に行きたいっ…🤤


でもね、、、
分かってますとも、、、
体があまり丈夫じゃない俺にとって、
やはり外食はリスクが高い

それに欲望に負けて飲みに行ってしまったら、
自粛警察からのリンチは必至、、、
(中途半端に弱小なブロガーは格好の餌食だ😢)


電車の中、薬局の中、スーパーの中も同じ様なモノだが、これらは飛沫よりも手を介する接触感染がメイン

賑やかに会話する人が多い分、そして長居する分、+飛沫感染のリスクはあるだろう、、、


つぅか、その前に営業している店、どれくらいあるんだろうか、、、


で、少しでも欲求不満を解決する為には、
自宅でそれなりの味を再現するしか無い訳でして…


今回は、そんな時の欲求不満を少しでも晴らせる、
頼もしい調味料を紹介しときましょう。


以前、某埼玉スーパーで売っている金華亭のホルモンを取り上げたが、
もうちょっと違う味を楽しみたい方向けのアイテムがあるんだよ、、、

20200422_162837


利根川温泉、、、、じゃなかった💧
『利根川商店・味噌だれの素』だ。


俺も早速購入。

20200422_185709


本当は薄く塩だけつけて焼き上げたいが、
素人に塩の焼鳥なんて作れない。
(七輪も炭も無いし、、、💧)


妥協策として、
まずは1袋の内1/6位を取り出し、
醤油水滴と料理酒を混ぜ、フライパンに極少量の油を入れ、ニンニクのスライスを焦がした後、
鶏モモ肉や豚カシラに薄く下味を付けて焼くことにした。

20200422_182644


先にネギを焼いておき、
鶏モモ肉は半解凍でザク切り。

後はフライパンで強火でガッツリ焼けば完成。
仕上げにネギのみじん切りを入れる。


相変わらずビジュアルは北習志ぃ野ぅ状態だが、
今夜の酒肴はこんな感じ。。。

20200422_195930


カシラと鶏モモの脇に、味噌だれを乗せれば完成。

この味噌だれを付けながらカシラや鶏モモを食えば、
グンと居酒屋の味に近くなる。

豚タンでも、豚バラでも美味い。

白モツは好みで、、、かな??(^^;


ヒビキの味噌だれとは味が違うが、
カシラとこの味噌だれの組合せは、
東松山名物である『埼玉B級ご当地グルメ・東松山やきとり』を彷彿させる。

つぅか、スライスネギを乗せると、
加賀屋やタツ屋などのホルモン焼き屋のニンニク味噌タレの味にグンと近くなる。。。
コレにはビックリだ!!( ; ロ)゚ ゚



やきとりに付けるだけじゃなく、キャベツを付けて食っても美味いが、少し塩辛いかもしれない。

ニンニクのすりおろしとゴマ油でこのタレを溶いて、
キャベツと和えて食べても良いかと。
是非一度お試しあれ。


本当はこれに、
『殺人ハイボール』を組合せたかったが
そこまで再現に拘ると、ただのアル中になってしまうので自粛。
AEONのバーリアルで我慢だ🍺


最近のバーリアルはKIRINで作っているから、
以前に比べて美味いんだよな。。。



あぁっ、、、
本場の東松山のヤキトリを現地で喰らいたいなんて、贅沢な事は言わない。。。( ̄¬ ̄)


せめて加賀屋行きたい‼️タツ屋行きたい‼️
サンキューにも行きたいなぁ、、、


その為には、仕事クビ切られないようにせねば…
後、自分の健康には気をつけなきゃならんな😓


続きを読む

猛威を奮うコロナウイルスにて、
観光や外食が、世間の一部から目の敵にされ、
ダメージを受ける状態になって2ヶ月が経つ、、、

B級ご当地グルメに関しても例に漏れること無く、
かなりのピンチ状態である事は想像に難く無い。

下手すりゃ、半分は絶滅してしまうかもしれない。


もし俺と家内が無事なら、
コロナウイルス後のB級ご当地グルメの動向を調査する旅を組んでみたいが、
検証旅行に行けるのは、いつになる事やら、、、


ソウルフードに関しては、余程地域に根付いたものか
あるいはそれをベースとした、ある程度の規模と地盤を持つ企業のグルメ以外、残存するのは難しいかもしれない。


そして、重要なお知らせが、、、


紹介してきた店が、
『自粛警察』の餌食になる危険性が、僅かながら出てきたてしまった。
ここに掲載されている店は今の所問題無いようだが、他所ではブログやSNSにて
誹謗中傷される店が出始めている様だ。


素晴らしい店の数々が、自粛警察の餌食になるのは忍びない。

よって、個人店の応援記事は暫くの間、公開を見送る事とします。


大手企業の店舗や、ショッピングモールのテナントに入っている中小チェーンに関しては、狙われる可能性は少ないでしょう。

こういう場所に出店している業者に関しては、
『弱いものイジメ』が大好きな『自粛警察』の手が及ばないかと思われるので、
テイクアウト記事の掲載を続行します。



自粛警察は、国からの使者を気取っている。

強制が出来ない『国』に代わっての強制力だと疑いたくなるよな、、、

国が自粛警察の様な『社会活動』の出現を期待しているならば、本当に卑怯なやり方だよ、、、

少しでも休業保証すれば、多少でも営業自粛がしやすいので、こんな輩に頼らなくても済むのに、、、
払いたく無いからだろう。


総理は4月末に、こうした中傷に対して非難するコメントこそ出しが、

『自粛警察に対して自粛を求める』という要請をしていない。

つまり国の方針は、自粛警察ありき、、、
そういう事なんだろう…


ぶっちゃけ、自粛警察の連中は国にいいように利用されているんだよ。
何故にそれに気がつかないかな、、、


-----------------------

さて、埼玉県民のソウルフードチェーンである『山田うどん』では、
パンチという名のモツ煮が名物になっている。


埼玉~群馬にかけての高崎線&関越道沿線エリアでは
昔からモツ文化が根付いているから、山田うどんのパンチも当然そこがルーツだろう。

よってこれも、立派な埼玉グルメと言える。



さてさて、その山田うどんから、
新作のパンチが登場❗

20200303_125834


その名も『赤パンチ』
普通のパンチに比べ、数種類の唐辛子等を入れて辛く仕立ててあるとのこと。



普通のパンチに比べてやや高めだけど、
どんな味なのか⁉️…という事で、これは試してみなきゃならんでしょう。

きつねうどんに、赤パンチのハーフをオーダー


20200303_130819



いかにも辛そう。真っ赤っかだ、、、(@_@)



まずは一口、、、🙏

20200303_130841


おや、、、この味は、、、
トッポギじゃないか‼

お酒にも合うけど、これはライスが合う‼
絶対合う‼



手羽先紅葉サマは、
秩父スタイルの焼肉丼セットを食っていたが、
小皿もらって焼肉丼を分けてもらってシェアし、
その残り、モツ煮とライスで食ってみたが、


もう、ライスが止まりません😅     

で、うどんにも少しだけ混ぜてみたが、
これも意外に良い。
だが、きつねうどんよりもタヌキの方が合うかな…

これからの時期、スタミナ付けるには最高かもしれない。


もし次に行ったら、コレ一択だな、、、

持ち帰ってビールでも試してみたい。



山田うどんのテイクアウトメニュー

20200422_100146


20200422_100238

営業自粛要請に従わないパチンコ屋の店名を公開するらしいが、、、


これって逆に、店の宣伝になっちまうんじゃないか⁉️


あの店ならやっているゾ‼️と、
余計に客が訪れる事間違いなし。
全くの逆効果じゃね⁉️

基本、パチ客は依存症だからなぁ、、、

本気で締め出すなら、法改正し、
換金率0.1円にするしか手は無いだろ、、、😓




それにしても、
公的サイドによる針金入りの真綿で首を絞める戦術、
ボチボチ限界なんじゃないかな、、、

日本人特有の空気読め命令が、 だんだん通じなくなってるよな







さてさて、
たまに世話になる山田うどん。

今までなかなか攻略出来なかった1品がある。

それは
『豚味噌焼肉丼・秩父スタイル』
なる品だ。。。


なんせこれは、毎週火曜日の平日にしか食べられないメニューだ。


昨年2月くらいまでは水曜日だったが、
昨年春から火曜日に変更した為、
これ目当てで行ったら食べそびれた事があった。


で、あまり無い火曜日休みに当たった俺は、
その存在を思い出し、、、

くら寿司の期間限定品・550円海鮮丼と天秤にかけた結果、山田うどんを優先することにした。。。


さぁ、出でよ
秩父豚味噌よ、щ(゚д゚щ)カモ~ン




オぉっ‼️(*゜д゜*)
20200303_130920



ではさっそく、
お解剖タイム


20200303_131004


肉は豚バラ
それに玉ねぎと、ニンニクの芽だけのシンプルさ。
20200303_131045


具は少な目だが、まぁ許容範囲。
味噌はあまり強く感じず、
焼肉のタレ感の方が強いかな、、、

でもまぁ、秩父の名物・豚みそ丼をイメージするには
良いアイテムかもしれない。。。



埼玉メシを戴く際には、このポーズは欠かせません。

20200303_130935



え、近くにある赤いヤツ、何かって⁉️

これはまたのお楽しみ♥️


さて、日替わり定食はテイクアウト不可だが、
山田うどんは、その他のメニューが一部お持ち帰り可能だ\(^^)/

20200422_100146

さて、道の駅おおたから再び上武道路に乗り
R17~R125~R122経由で、途中で騎西にある玉敷神社に寄る


20191111_143458


ここは藤の名所で知られるが、
以前寄った時に、駐車場が見当たらず見学を諦めた事があった。

が、裏に回り込むと玉敷公園という場所があり、
そこの駐車場に停められるんだよね、、、


さて、俺がここに寄ったのは、チョイと調べものがあったからだ。

20191111_143141



神社の本殿の横に、お水取りが出来る場所があるのだけど、ここは毎月1日限定。

この水は、
かつて鉱泉浴場の水として使われていたらしく、
以前は鉱泉マニアかつ温泉マニアモドキだった俺にとっては、興味ある物件だった。


残念ながらこの日は流れていなかったので、
手水舎の水をチェックしたが、
あまり鉱泉の味や臭いはせず、ペタペタ感も無い。


だが、ややツルっとし、乾いたら手がカサッとした。
やはり今でも、多少は鉱泉成分が含まれているのかもしれない。

うん、筑波山から50~60㎞の位置で掘った井戸から出る水は薄くとも鉱泉が多いという仮説を立てたが、
信憑性を増してきたぞ👍


20191111_143246

お稲荷さんの鳥居の前には、
銀杏をご自由にという看板があり、
丁寧にビニール袋まで用意されていたが、
臭いが強烈なので手羽先紅葉サマからは却下( ω-、)


さて、ここから二時間チョイ。
途中、岩槻塩焼きそばがあるらしい店の下見を兼ねて岩槻に寄った以外は、
夕方6時過ぎに着くように真っ直ぐ帰宅。
(翌日仕事だったからなぁ~😢)


とりあえず、道の駅おおたで買った、
ソースカツ丼と鳥メシで乾杯だぁ~

20191111_195226


ソースかつ丼、400円の割にはなかなかのボリウム。
この値段なら、さすがに国産は無理だろうけど、
雰囲気は楽しめる。
味噌が少しだけ入っているのかな??甘辛いソースが美味く、シナッとしたカツに馴染んでおります。

鳥めしも、焼き鳥のタレっぽい甘さ、、、
ライスに絡んで美味いなぁ、、、
器の大きさの割にライスが多いんだけど、
余る事無くぺろりと食えてしまう。


やっぱ、甘っ辛いこの手のモノを作らせたら、
群馬に敵う場所は無いんじゃないかな、、、

北関東の文化って麺のイメージが強いけど、
いかにライスを美味しく食べさせるか…なんだよね

太田やきそばは、岩崎屋さんの程黒くは無いんだけど
麺は太目だし、深みのある麺とソースの味は、
それと同系統だ。


ワインは、俺の中での超高級ワイン『ムートンカデ』
を開ける事にした。

前にコストコで激安で売っていたのを買い、床下収納で大事に大事に保管していた奴だ(^^)


俺のようなB級民はおろか、一般人ですら飲む事が出来ない超高級ワイン・シャトームートンの遺伝子を持つらしく、
1000円代のワインの中では群を抜いて美味いらしい。

確かに華やかさ、深み、適度な渋みを持っていた。

これが意外と、太田の焼そばにも合うんだよな…
後、ソースかつ丼のカツにも合う。
ソースがフルーティーに感じるんだよ。
ただライスじゃ重いから、やっぱ麺かな、、、


太田やきそばとムートンカデとの組み合わせ、
激ウマって訳でも無いんだけど、意外に面白い。
グンマ王国民よ、一度お試しあれ。。。


今回はフォーク酒場に行った分だけ、予算オーバーしてしまった。。。👛💦
何とか21000円に収めたケドね、、、
アブねぇアブねぇ😅

今回の群馬旅レポはこれにて終わりだけど、
後日、先程書いた岩槻をリベンジしてきたので、その時の事を書いていきます。

伊香保や渋川からの帰りは『丈夫な道路』を使用。

多少渋滞する箇所もあるが、所々4車線になっているし信号機も少な目なので、
『法定速度遵守車』が必要以上に低速で走行していなければ、
深谷あたりまでなら1時間以内で行ける、
は非常に『お得』な道路な野田よ💰


さて、この上武道路の途中にある、
『道の駅おおた』

20191111_131704


ここは食堂が併設されていないので、(常にキッチンカーが来てはいるけど)あまりグルメは期待していなかったが、
ここの農産物直売所は他所の道の駅より価格が安く設定されているので、
上武道路で帰宅する際は必ず寄るようにしている。

20191111_125531


さて、お弁当コーナーを覗いてみたら、、、

20191111_124641



むむっ(; ・`д・´)
こ…これは!!( ロ_ロ)ゞ



20191112_183012




なかなか出会えない、
人気の群馬B級ご当地グルメである

茄子の蒲焼き重じゃないか


しかも、平日の午後1時の時点で、ラスト1個‼

これは捕獲するしかないだろΨ( ̄∇ ̄)Ψ!!
ようやくクリアだ\(^^)/


そして、お弁当は他にも、
ソースカツ丼、鳥めし、太田焼そばがあるじゃないか

20191111_124759


どれにしようと悩んだが、


ええぃっ‼
ままよ‼    
全部捕獲しちまえ(`Д´)ノ!!! 


20191111_130145



鳥飯、ソースカツ丼は400円と安価だ‼️
銚子こいて爆買いしてしまったが、
これらは晩飯に回すとして、、、


茄子の蒲焼き重730円、
これだけは今すぐ攻略しちゃいましょう。。。


この道の駅おおたは、イートインスペースを完備❗

20191111_125620

レンジがあり、温める事が可能だ。
ただし、お茶や水の設備が無いのが残念(>_<)


さて、蓋を開けて御対麺じゃ、、、

20191111_130255


うなぎに見えなくも無い、、、かな😅


茄子の下には、やや大きめの鶏の照り焼き2切れが、
海苔とうなぎタレのかかった白井ご飯の上に鎮座されておりました、、、

20191111_182113



さて、お味は、、、
うなタレと茄子と合わせて食べたら、
焦げた芳ばしさが一瞬うなぎだ。

さらに鶏とご飯を一緒に食べたら、
まさにグンマのソウルフード、鳥めしそのものだ。

そして、茄子と鶏肉とライスを一度に頬張ると、
何とも言えない絶妙なバランス。

茄子だけだと物足りない部分を、鶏が補ってくれる。


一度で三回美味しいこの茄子蒲焼き重は、
あの有名なかわとみさんにて作られている。

このかわとみさん、
近年は、ここ『道の駅おおた』の他に、
市内の農産物直売所にも卸しているようだ。

ただ、早い時間に売り切れる事もあるようで、
早めの時間帯での訪問をオススメする。

かわとみさんのサイト
↓↓
https://www.kawatomi.com


この『道の駅おおた』は、
ちゃんとご当地グルメを惣菜という形で販売してくれているが、
その地域の名物グルメを販売していない道の駅も目につく。
俺からしたら問題外‼️


当該市町村じゃなくとも、
近隣市町村に存在する道の駅にも販売経路があっても良いかと思う。


ご当地B級グルメで街興しするのなら、
こうした販売経路の確保と拡充は必須かと。

個人店&企業レベルでは、このかわとみさんの取り組みはいい見本になるかも、、、



近年、少子高齢化に拍車がかかりつつあり、
ご当地グルメの先行きは、決して明るくは無い。

地域の食文化をいかに残していくか、、、

案外、最後まで生き残るのは、
こうしてお弁当に応用の効くモノなのかもしれない…
と感じたよ。。。🍱

↑このページのトップヘ