関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 狭義のB級グルメ・又は名物郷土料理など

コロナの情報が錯綜していて、もう訳わからん💦
いつどうなるか分からないので、
後悔しない様に、今のうちに備忘録の記事を、とりあえず連投しときましょ💦


--------------------
さて、前回の続き。
栃木行ったら一度は食べてみたい『ちたけ』

最近はエラく相場が上がってしまったらしい。


かなり前にも前に食べた事はあるが、
画像も残っていないし、
『ススメ!栃木部』にも掲載されていたので、
再びゲットを狙っていた。


その独特の食感を味わうべく、
無料入浴巡りを一度中断し、
塩原から山の麓まで一度降りてきて、
目当ての蕎麦屋に行く。

20190929_161701


おおっ‼ちたけそばの看板がぁ、、、

さっそくお邪魔する。

お座敷。
20190929_154455


さぁ、俺はちたけそば@1300円、

手羽先紅葉サマは、
盛り蕎麦ときのこご飯のセット@1100円をオーダー

温かいちたけ汁は二人でシェア、
ここの蕎麦はそば粉100%なので、普通の蕎麦として食べてみたいからね、、、

まぁ、千円越えた時点でB級ご当地グルメとは言えないが、今回のテーマは食で巡礼だからなぁ、、、



さて、いよいよ御対麺じゃ

20190929_155715



相変わらず画像悪いなぁ、、、

ちたけ汁、ズームup🔍

20190929_155809


具は、殆ど茄子じゃないか(´Д`;)、、、
と、これは禁句🆖

『ススメ!栃木部』によると、
ちたけは乱獲が進んで今はあまり採れなくなり、
かなり値段の高い高級品になってしまったらしい。


20200218_220519


この回では、どれだけ貴重で見つけにくいものなのか
詳細に(大袈裟に?)書かれているので、機会あったら読んでみてくだされ。



ま、そんな貴重なちたけは、スライスが4枚だけしか入っていなかったが、出汁はかなり出ていたなぁ、、、



早速食べてみたら、、、
ちたけは、
牛蒡やキャラブキみたいな匂いと苦味を持っている。


以前鬼怒川の手前にあった野菜直売所の激安きのこ汁にも入っていたような。。。
10年経てば大分事情は変わるな、、、




手羽先紅葉サマの、
冷たい蕎麦ときのこご飯のセット


20190929_155734


蕎麦の上に大根の千切りかぁ、、、

そして辛み大根も薬味に沿えてある。


どこかで見たなぁ、、、と思ったら、
佐野名物の大根そばにも似ているなぁ、、、


20190929_155901

蕎麦粉100%はボッボツ切れるイメージもあるが、
ここのは割と強い。

蕎麦の風味も豊かだし、
浸け汁は甘辛くてスモーキー。。。
俺の大好きなタイプだぁ、、、\(^-^)/



今回の店、『信吉』さん
↓↓
http://www11.plala.or.jp/sinkichi/


塩原に来たもうひとつの理由。
それは昨年食べそびれた、
『とて焼き』をクリアするのが目的だった。。。



このとて焼き、2011年あたりに販売を始めた、
街興し系B級ご当地グルメ。。。。らしい。

基本、甘味であるものをB級グルメにカウントするのは気がひけたが、、、

現地がこれをB級ご当地グルメと言い張るのなら、
それは間違いなくB級グルメである。。。

甘いも辛いも『街おこし』には関係ない。


まぁ、屁理屈はいいから、
とりあえず買って食ってみよう。

カフェにもとて焼きの看板が、、、( ロ_ロ)ゞ

20190929_123553


20200712_120223



1個450円。テイクアウト可。
早速購入。

20190929_123921


とて焼きとは、
ワッフルと甘くないパンケーキの間の子みたいな味の厚い生地に、
生クリームやカスタードクリーム、サワークリームなどを入れてフルーツでトッピングしたものだった。

20190929_124057


当然、俺が狙っているのは、
栃木だけに、やっぱイチゴの奴だよなぁ、、、🍓


20200711_233602



さて、このイチゴ入りのとて焼きは、
塩原温泉観光協会の駐車場に車を停めて、
向かって右方向にある街の中心街を歩いていると、
何件もとて焼きを販売している店舗を見掛けるが、
一番手前の店で喰える。

このとて焼き、
塩原としては、これをスープ焼そばに次ぐご当地B級グルメに育て上げたいらしい。
気合いの入れ方が違う野田よ🔥

が、とて焼きの店に限らず、
どの店も閉店時間が早いので、午後2時過ぎ迄には訪れたい。


とて焼きには特に定義は無いようで、
アンコや抹茶ソースが入っていたり、
中には肉や魚の甘くないバージョンまで、、、
20190929_142723



バラエティーに富んでいるので、腹に余裕があるようなら食べ比べてみても面白いかもしれない。

コロナの市中感染の様子を見ながらでは、掲載を自粛中断しなきゃならなくなるので、少しペースを上げて記事をリリースしときます。


取り敢えず今の時点では、千葉県民と埼玉県民のうち
東京通勤圏以外の方々は何とかセーフだからな…
(群馬や茨城県民は尚更セーフだろ、、、)



それにしても、政府はキャンペーン実施して大丈夫なのかよ、、、


まさか後から、

実は地獄へgo toキャンペーンだ 

とかマスコミか揶揄される事態にならないよな…😓





さて、昨日の続き。。。

道の駅ゆのか塩原に寄り、
この日に限り、指定された宿のお風呂を無料で入れる最強のチケットをここでゲットΣ(゚Д゚ υ)する
20190929_113650



20190929_124859


栃木は言わずと知れた温泉王国、、、
あの漫画によると、
その源泉数は600程あるんだとか、、、

20200711_232152


その中でも有名な『塩原温泉』にタダで浸かれる、
激太っ腹なイベントは、放っておく訳にはいかぬ!!
(※2020年はコロナの為に中止だとか😭)


このイベントに間に合わせる為に、途中休憩は下館のみで直行し、
急いだ分、いい加減腹減ったので、
道の駅の中を覗いてみようとしたが、
改装中にてかなりアイテムを絞っているからか、
ブログ的に面白いものは何も無く😭、、、

空腹で温泉に入るのは危険。
とりあえずパンでも少しだけ食べて腹を満たそうと表にあるベーカリーを覗いてみると、、、


20190929_114454


何やら面白いモノがあるじゃないか( ロ_ロ)ゞ

20190929_114443


その名も

なすしおばらサンド

20200712_120145



20190929_114550


どんなモノか解説するまでもなく、
その名の通り
茄子と豚バラを使った塩味
のサンドイッチらしい、、、


う~ん、、、やるなぁ、、、
那須塩原市(^-^)

これは食わなきゃなるまい


という訳で、
1個買って、お解剖タイム


20190929_114652


ありゃりゃ、
本当になす・しお・バラだなぁ

バラは豚バラベーコン。
焼いたナスに、
塩味のドレッシングがかかっている。


少しだけ辛いが、これはアリだな、、、


尚他の店では、
『なすしおばら丼』なるものもあるようで、

これらは那須塩原市の新しい街興しご当地B級グルメに発展していきそうだ、、、


千葉には、
とても有名なラーメンブログがある。
今回はそれにあやかり、縁起を担ごうかと、、、😓


さて、数ヶ月前になるが、
B級ご当地グルメであるアイテムの捕獲と鉱泉をゲットする為に、茂原~九十九里まで、
『ヤブイヌ号』で出掛けてきた。
(前ブログではこの名前を出していたが、ここでは初めてだな…ただ単にタイトルにこじつけたかっただけな野田よ、、、ちなみに車の所有者は家内であり、元HNを名付けてある。略称『イヌ車』だ😅)


目指すは小○優子嬢の故郷・茂原だ‼

ここには、街興し系のアイテム
もばらーめんが存在する。



このらーめん、味付けの指定は無いが、
地元の豚バラ肉を沢山入れるのが定義らしく、
現在、茂原市内の4店舗で取り扱いがある。


元祖は三軒屋という店らしく、
ここは他に色々こだわりがある人気店のようだ。

もばらーめん以外も凄く美味そう、、、
スープも豚骨だし、、、

この店に『lock on』しましょう


さて、三連休の14時過ぎ到着
待ち客8人、、、


20200223_140634


20分待って、席に案内。

さ~て、、、みんな美味そうだし、
気になるメニューがイッパイあって目移りしたが…


20200223_142054


今日はラーメンを食べに来た訳じゃない。

『千葉B級ご当地グルメ・もばらーめん』
というアイテムを『捕獲』しに来たのだ。
俺は当然、『もばらーめん』一択だよ一択、、、😣


20200223_141601

肉二段盛り、麺大盛り、脂多目でいきましょう、、、


待っている間、読んでみようか、、、
半端ないこだわりだ‼️
20200223_142424


さて、僅か6~7分で出来上がり。
待たされるのは覚悟していたが、意外に早かったなぁ

さぁ、いよいよ、『御対麺』である‼️



20200223_143718


おおっ(丿 ̄ο ̄)丿
なかなかのボリウムぢゃないか。
さっそくイタダキマス🍴🙏

20200223_143900


麺は縮れの太麺。かなりスープが絡みます。
しこしこ系の麺。

そして背脂と豚バラスライス
20200223_144016


スープは塩かと思っていたが、
豚骨醤油系だったのね、、、
塩ラーメンあまり好きじゃなかったから助かった。

背脂と豚骨醤油はしつこすぎず、、、割とアッサリ
あっという間に完食してしましました。


うまいようまいよ~間違いない‼️


だが、折角九十九里あたりまで来て、
これで終われる訳がない。。。
ついでにチョイと楽しむか、、、

さいたま市近郊では、
『スタカレー』なるものが何年もの間、若者の胃袋を支えてきたホンモノのソウルフードらしく、
どんなモノなのか、これを調査しに昨年末に埼玉迄出掛けて、以前記事にした野田が、、、

そのスタカレーと双璧を成すのが、
今回紹介する『スタミナラーメン』
前回は写真だけしかアップしなかったので、
今回独立した記事としてUPすることにした。



このスタミナラーメンは、元々『娘々』という街中華の店が考案したメニューで、その暖簾分けした店などで提供されているようて、
各店で、微妙に味やスタイルが違うらしい。

上尾の店が一番有名らしいが、
群馬や埼玉西部に行くには便利ではあるものの、あちらは昼休みもあるのでスルーする事に、、、

調べたら、北浦和の駅前の店が一番安いらしい。
しかも昼休み無しで営業。

ドケチな俺はここに行く事にした。

20191205_142532


いかにも辛そうな色だなぁ🔥🔥🔥

20191205_142546


麺は街中華らしいオーソドックスなストレート。
餡は硬め。

ぶっちゃけ、以前書いたスタカレーのルーそのもの…

麻婆豆腐の豆腐減らしてモヤシとニラと挽肉を少し増やしたバージョンだが、スタカレーよりは幾らか薄い印象。こちらはラーメンの上にかかっているからねぇ…

そのラーメンのスープは、まさに魚介系の醤油味。
近年魚介系といえば、煮干しドロドロ系だが、
それとは無縁の、ややアッサリとした感じだが、味は濃厚だ。

スタカレーとのコラボ。
ダブルで辛さがやってくる。

おかげで冬にも関わらず、
『暑いよ暑いよ~、間違いない‼️』状態だ💦

20191205_142537


芸能人のサイン、イッパイだぁ、、、

20191205_143409


娘々について、そのルーツとか場所とか、詳しく書いてあります。
↓↓
https://www.stib.jp/stamina/shop.shtml


↑このページのトップヘ