関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 狭義のB級グルメ・又は名物郷土料理など

さて、昨日書いた
葉山ステーションから、もう1品ご紹介、、、


葉山コロッケ食べてサッサと去るつもりだったが、
ここは他にもカレーやらパスタやら、
イートイン出来る店がかなり多いのが目立つ。

これはもう一品位はシェアして食わないと勿体ない


って事で、ここでもう一品、
何か食べてみることにした。。。


何食べるか、散々迷ったが、
ケーキ屋さんのテナントを見ていると、、、
20191225_140734


その脇には、、、

20191225_141542



20191225_142335


釜揚げシラスを乗っけた丼が、
イートイン価格、550円で食える、、、

しかも、


ライス大盛り無料‼️


さらに、、、


イートインなら薬膳スープ付き!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚     





c710bf37



こりゃ当ブログで取り上げなきゃ失礼でしょ、、、


って事で、早速オーダー


待つ事3分、、、
ご対麺である、、、


とりあえずイートインコーナーに持ち運び

20191225_141240


ユックリと堪能させて戴きましょう👀

20191225_141324



思ったより、釜揚げシラスはタップリ
しかもマグロのネギトロと温泉玉子のハーモニーが
腹を刺激スル、、、

マジで美味いっす‼️


最小限は釜揚げシラスとライスを味わい、
次にネギトロと温泉玉子を味わい、
最後は全てをかき混ぜていただくと、
まさに大宇宙だぁ、、、\(^_^)/

薬膳スープは、ニンニクが少し効いているが、
優しい味わいだった。


ライスは酢飯。


今回改めて感じたのだが、
湘南は、意外と酢飯のレベルが高い。。。
(観光客向けは、儲けばかりで、味の追及は二の次としか考えていない場所ばかりかと思っていたが、近年ようやくその化けの皮が剥がれた事が認知され、今頃になってようやく真面目にやりだしているのかな⁉️…だとしたら食べログなどが民衆にチクリ入れてくれたお陰かもしれん。)


強烈過ぎないし、アッサリしすぎない。
酢の刺激も強すぎない。

ほんのり温かくても、冷めても美味いんだよな、、、

ここらに秘密㊙️が何か隠されているような気がする。



他には、ミラマールという葉山のフレンチレストランのサテライト店もあり、名物である牛スジの煮込みも食べられるようだが、さすがにそんなには食えん😓

前日に葉山ステーションに寄っていれば、
宿での持ち込み飯は大分変わっただろうな…


さて、横浜に急ぐか🏃

ここはB級ご当地グルメのブログである筈だが、
その義務を充分に果たしているては言えない、、、😓


某関西の∞という某事務所のアイドルグループはバンドである筈だが、
全くバンドらしい活動をしていないのと同じ様なモノだな( ̄▽ ̄;)💦


例えが訳わからんが、
これじゃイカンって事で、ここらでB級ご当地グルメらしいモノ、2連発かまします(`Д´)ノ!!!



帰りの途中、葉山に寄り
『野暮用』を済ませて帰路に付く途中の出来事、、、


この逗葉新道出口近辺って、
5年前には何も無かったのに、いつの間にやら色々な店が出来ていてビックリ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


中でも面白そうな店が出来ているのを発見( ロ_ロ)ゞ
葉山ステーションって名の地域名産店らしい。

この手の店は、十中八九期待外れなものだが、
結論から言えば、ここは大当たりの店だ。

20191225_142941




まずここは、鎌倉エリアのローカルスーパー、スズキヤがミニショップを展開。

惣菜コーナーの海鮮丼はほぼ半数が500円で、
種類も充実感している。
20191225_135202



ここにはイートインコーナーがあるので、そこで食べる事も可能性だ。


さて、ここには葉山の名店・旭屋肉屋がテナントで入っている。


20191225_141639


葉山は牛肉でも有名。
御用邸があるから皇族にも献上されている位だ。


さて、その和牛の脂などを使用した葉山コロッケは
このエリアの人気商品でもあり、地元でもよく食卓にあがるみたいだね、、、


20191225_135537


前回書いた江ノ島丼とは、真逆の存在かも?
一企業のアイテムであるが、地元民にも人気があるからね、、、

さて、購入し、早速イートインコーナーで味見だ

20191225_140030


脂の甘味が半端無い牛肉コロッケ、、、
しつこくは無く、上品な甘さがあるなぁ…

やや小さいが、逆に色々食べ歩きしたい俺みたいな欲張りにはピッタリだ。


ちなみに冒頭で書いた『ヤボ用』とは、、、😓
↓↓
20200107_162712


これが何かは、書かないよ、、、😓

まずははじめに、、、



このブログを
丸っきりパクっているブログを発見( ロ_ロ)ゞ

どうやら外人さんのブログ⁉️

いゃあ、ビックリした!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
ちょに~らいでん、いよいよ海外でデビューだな💧
↓↓↓
http://sightseeing-jp.com/2019/08/24/房総で1000円前後で食べられる海鮮丼刺身定食総集/


どうする⁉️他のブログも幾つかパクられているし、
通報しようか、、、


いやいやいや、外人さんに見てもらうのもいいじゃないか、、、
出展元もちゃんとこのブログになっていたし、、、

ここは、黙認しときます㊙️
ちなみに2・3・6ページ目にパクられた記事が掲載されている。。。。




さて、、、
本題の神奈川の続き、、、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

江ノ島で、
某女優さんの名字と、家康についていた坊さんの名前を持つ某店に寄った時、
江ノ丼と一緒にオーダーしたのがコレ、、、

生シラスの水揚げがあった様子だからね、、、


20191225_111515


江ノ島自慢の一品『生シラス丼』

生シラス、なかなかの盛り。
2年半前の春に江ノ島に行った際は、生シラスの水揚げが無い日だったからなぁ、、、

ホントひさしぶりだよ、、、

20191225_111850


ちなみにこの地域の人を擁護する訳じゃないが、
生シラスの水揚げが無い日って、マジで存在します

大体はあるんだけど、週に1回しか水揚げが無い日もあるし、運にも左右される。
まぁ、地物かどうかは分からないが、臭みの無いシラスだったら、間違いなく神奈川県産である事には違いはないだろう、、、この味わいは、悔しいがチバラギでは無理だ。。。



生シラス丼は、海藻や野菜の部分を別皿に移し、
備え付けのゴマドレッシングをかけサラダとしても味わえるようになっていた。

20191225_112015

ホント、臭みが無いよなぁ、、、
チバラギ産と一体何が違うんだろ⁉️


丼まではいらないって方々は、
この店のすぐ近くに、
生しらすだけお皿に盛ってあるものを路上で食べられる場所もある。

が、やはりライスと共に頬張るほうが美味いなぁ😋

一応、参考まで、、、



尚、近くには、
ハロー・キティの専門店もある。
レストランも併設。

20191225_104013


これはこれで、キティラーママにはたまらない場所だろうな(^^)、、、



今回の旅では、この生しらすの他、
釜揚げ、そして沖漬けも食ってきました。

これらはまた後日掲載していきます。

さて二日目、、、

宿をチェックアウトし、そのまま駐車場に車を置き、
再び江の島に向かう。

江ノ電の江ノ島駅に常に佇んでいるスズメ達は、
クリスマスの衣装を纏っていらっしゃった。

20191225_101319


江ノ島神社に参拝。

弁財天様、、、
昨日はスルーして申し訳けございませんm(__)m

20191225_104733



さて、参道まで降り、昨日気になった店の攻略ヲ開始スルΨ( ̄∇ ̄)Ψ

20191225_113641

徳川幕府に遣えた、某お坊さんみたいな名の店。

俺が一番気になってたのは、コイツだ(* ̄∇ ̄)ノ

20191225_110950


江ノ島丼 江ノ丼と名前は違うみたいだが、
気になって調べてみたら、
一応このエリアの名物になっている丼モノで、
5店舗以上でメニュー入りしている


『複数店での取り扱い』
『丼ぶりモノ』
『価格表示1000円以下』の3項目に該当するモノなので、ご当地B級グルメファンとしては、当然B級ご当地グルメとしてカウントしておくのが義務だろう、、、

20191225_111450


この江ノ島丼系は、
サザエを刻んで玉子とじにしたもの。

いわば親子丼の鶏肉をサザエに変えた奴で、
このエリアでは何店舗かで見掛けるご当地グルメだ。

まぁ、現地民が食っているかは疑問だし、
地物のシラス自体、地元のスーパーに売っていないから、何を持って地元料理と言えば良いのか分からない面はあるのだけどね、、、


この江ノ島、
味は、一応サザエっぽい出汁が出ております。


20191225_111613



特に内臓部分は磯の風味が強いので、しっかりとした味わいを持つ。




ちなみに大御所様が召し上がられたのは江ノ島丼、
俺が食ったのは江の丼だ!!…とか言ってみたものの…

うーん🤔どう言い訳してもパクり確定だな…
大御所ファンの方々、どうかご勘弁m(__)m

まぁ、何年も経っているようだし、
いいよな、、、😅


先日、大御所様に、万が一のバッティングについてお許しを戴いた。
むしろ他の人が書いたらどうなるか見てみたい、、、
とまでおっしゃられた。

っう訳で、彼のファンの方々、ご了承を。
あからさまなパクりはしませんので。。。


そうそう、このお店は参道にあるバリバリの観光店にしては、値段もさほどボッタじゃない。
少し何か食べるには最適かな、、、


ちなみにこの店では、
傷みやすいカマスを、何と刺身で頂けるようだ。

それだけの鮮度って事だが、、、
値段が値段なのでパス( ω-、)

先月~今月にかけて静岡ネタを書いてきたんだけど、
見直してみると、
長文駄文の割には、何かボリウムが足りない。。。


今回の旅は、
・伊東のご当地グルメ、うずわを食べる
・伊東の激安温泉銭湯に入る。
・さわやかの攻略法を考え実践する。
・18切符が使えない時期に、
 格安で静岡方面に行く方法を考えて実践検証する。
・静岡の高い好感度の源泉を探る

以上のテーマがメインなので、
食べ物に関しては、内容が『臼井』(うすい)になっちまっただよ、、、

匝瑳(そうさ)…また八街(やっちまった)😧

『全国イイ味ハマる味』の管理人さんみたいに、
こうした質・量共に完璧な記事が書ける、中身のあるブロガーに成田い野田が、

http://blog.livedoor.jp/e_aji/archives/cat_50069760.html

今の俺みたいに、こうして銚子こいて千葉駄洒落書いているうちは無理だろうな、、、、😭

こんな事だから、折角伊東まで行ってたのに
『ちんちん揚げ』を見逃してしまうんだよ⤵️  

俺の性格上、この手のネタは絶対外せないだろう(^^)
うずわと激安温泉銭湯だけに気を取られて、これに気が付かないとは、一体何やってんだか、、、⤵️
相変わらず俺は詰めが甘いな、、、





ま、それはさておき、、、
折角なので、俺がかつて食べた静岡のご当地B級グルメを追加しときましょう。




静岡で比較的最近有名になったのは、
清水のモツカレーかな、、、
20181111_103028


街興し系と思いきや、
結構昔から食されているようですな、、、

街興し系ご当地B級グルメの中でも、こうした発掘系や発展系はベースとなる土壌があるので、絶滅しにくい

現地の居酒屋さんに行けば食べられたみたいだけど、
今回は目的に入っていなかったからなぁ、、、

詳しくはコレを参考に、、、
↓↓
https://www.surugawan.net/eat/shimizu-motsu-curry.html

ちなみに画像はのモツカレーは、
2018年の土浦カレーフェスティバルで食べた時のものです。

個人的な感想だけど、ご飯よりも酒が欲しくなるクセのある味だった。
例えると、モツ煮込みの汁がカレーに変わった様な感じ、、、かな⁉️



で、静岡といえば、
やはり富士宮焼そばは欠かせないかと、、、

富士宮駅から、神社に向かって数分歩いた場所に、
富士宮焼そばの店が幾つか入っている観光施設があるので、電車組はそこ行くのが手っ取り早いかと。

ここに行ったのは、2016年の夏。


20160715_123909


とりあえずロストする事は無い。

20160715_125022(0)


魚粉の風味とモチモチ感は、噂通りだったな、、、


詳しくはここを‼️
利権の匂いがプンプンするような気がするが、ブランドを守る為ならシャアないな、、

最近は公式サイトを作って店を紹介しときながら、
サイト作っただけで放ったらかして、実際は閉店した店だらけになっているサイトもよく目にするが、ここのは常に更新されている。
そういう面を他所は見習わなきゃならない。
(特に船橋の某サイトはね…閉店した店は削除すべきでしょ‼️商工会の様な公式サイトは信頼性が第一。これじゃ逆効果だよ。)

富士宮やきそばのサイト
↓↓
http://www.umya-yakisoba.com



沼津港は観光スポットなので、結構高いんだけど、
沼津みなと新鮮館に入っている丸勘さんは安い。

シラスと中落ちの丼が、ほぼワンコインで食える。
↓↓
https://nu-mshinsenkan.com/73922/トップページ/新鮮な海産物をその場でカラ揚げ海鮮揚物・塩干/

二色丼のしらすは臭みも無く、
マグロもホンモノの中落ちだった!!

20160715_094319


尚、味噌汁は100円、
釜揚げ桜エビの入った三色丼は800円位だ。

沼津港は電車組には行きにくい場所なのが残念。。。
徒歩だと駅から約30分近くかかる。
勿論バスは出ているんだけどね、、、



で、静岡の魅力を探る今回の旅の結論だが、

静岡はどれだけ魅力的なのかは
正直分からなかった

、、、というより、
静岡は広すぎる😱

よって、静岡のコレというモノが伝わってこないのは
面積が広い上にあまりにも多種多様だし、地域によって特色がかなり変わるからだろう。
そこは千葉県に似たタイプなのかもしれない。

現時点では、富士市と静岡市(旧静岡市部分)が、やや観光が弱かったり、不便な様に感じたが、
静岡市に関しては、駿府城址の整備に力を注いでおり観光スポットとして大化けする可能性を秘めている。


千葉と比べると、スケールは圧倒的に静岡がデカい。
富士山と伊豆がある影響は大きいが、
まだまだ何かこう、奥は深そうだ。


なので静岡に行く際(寄る際)は、
テーマを幾つかに絞る事が大切かと。。。
欲張り過ぎると収集がつかなくなり、結果旅の印象というか、思い出が薄まってしまう。

これが弱点でもあるんだろなぁ、、、
と感じた次第でした。


あとね、18キッパー諸君‼️

静岡県を抜けるのに時間がかかって面倒だとか、
ロングシートで3時間はキツイだとか、
退屈な難所だとか、様々な意見があるようだが、、、

それはただ、はなっから静岡を通過するだけの場所としてしか見ていないからだよ。。。
(まぁ、富士山見えないと景色は単調だし、快速走っていないし、車内は混雑するからねぇ、、)


でもそれは、あまりにも勿体なさすぎるなぁ、、、

西側から来る方は、
掛川城、焼津温泉、三嶋大社、熱海駅前温泉
この4つのうち2つでも押さえておけば、
少なくとも多少はマシになるよ。。。
いいアクセントになる。(少し歩くが、、、)

今回の俺みたいに、さわやかのハンバーグの待ち時間で、駿府城址を見学するのも良し。


海の幸は豊富だから、何か1つ位は食わなきゃ勿体ない。
少なくとも静岡や浜松の駅ビルや駅前なら、それなりに名物食わせてくれる所があるし、、、
清水駅近くもまた同様なり、、、

是非とも参考に‼️



こちらのブログ、なかなか良い。
かなり重いのでギガ数消費するが、18切符での静岡の攻略法が載っておる。観光編やグルメ編、盛りだくさんだ。

https://18kipper.com/shizuokaguide-spot/

↑このページのトップヘ