関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 神奈川・静岡(東名高速・首都高・横浜横須賀道方面)

しばらくコロナのパニックで忘れていたが、
例の商標権事件の事を思い出して先日改めて調べてみたら、

残念ながらやはり、
厚木シロコロ・ホルモンというB級ご当地グルメは、
2020年3月31日を以て、この世から消滅したようだ😢


もう我々は永久に、

『厚木シロコロ・ホルモン』という名のB級ご当地グルメを食べる事が出来なくなったのか??

20200416_120744



確かに登録店の更新は年度末迄が期限だったが、
商標権の期限は来年までの筈なのにね、、、

コロナピンチの事を考えたら、
せめて今年だけ特例で自動更新だけでも、何とかならなかったのかな、、、



さて、
こうして惜しまれながらも、
利権問題など、様々な問題が絡み合った結果、絶滅してしまった、『神奈川ご当地B級グルメ、厚木シロコロ・ホルモン』だが、


その代わりに、

厚木シロホルモン
なる新しい名物が登場しているじゃないか‼(^-^)


みなさん、
これは厚木シロコロ・ホルモンではありません。
あくまで

『厚木シロホルモン』、又は『厚木のホルモン』
という名の料理です。

DSC_1866


尚、上の画像(厚木市観光協会)の様に、
味や見た目、食感など全て、

厚木シロコロ・ホルモンに瓜二つの様です


という訳でご安心ください。
何も変わりはありません。
レシピもいじってないようです。。。


名前が変わっただけで、ちゃんと健在です。 

尚、厚木シロホルモンは、今のところ、
これらの店で食べられる様ですが、
『厚木シロホルモン』と言ったり、
『厚木のホルモン』と名乗ったり、
まだ名称は統一されていないようです。
↓↓
http://www.atsugi-kankou.jp/sp/view/local-specialty/horumon/teikyouten.html



厚木シロホルモンの老舗
↓↓
http://chiyono4656.jp

ここの店は、通常なら昼間も営業いる数少ない貴重な店だ。
↓↓
https://ohisama-honatsugi.owst.jp


で、今度は、
厚木シロホルモンという名で商標権を申請・獲得して今回の様な二の舞が起こる事を、チョイと懸念しているんだけどね、、、

そうならない為にも、商工会や公的サイドは
『厚木シロホルモン』や『厚木のホルモン』を急いで商標出願すべきじゃないのかな、、、と。
実績があるのだから、簡単に審査通るでしょ??

もう、同じ事を繰り返してはいけない。





さて、それよりも現在の問題は、

各店舗が、コロナによる非常事態宣言にて、
追い討ちをかけられて、更なる危機を迎えている事だ

ホルモン屋と言えば、居酒屋さんだからなぁ、、、
かなりピンチである事は、想像に難くない。


当面は、炭火焼きの利点を生かし、
持ち帰り販売をやるしかないかな、、、

もし既にやっているなら、
それをどうアピールするかが課題かと、、、

シロコロ…いや、シロホルモンの持ち帰りが不可なら、
当面はその他の焼き鳥や豚の串焼きのテイクアウトなどで、何とか凌ぐしかないよな。。。


各店舗の方々、災難続きですが、
何とか乗り越えて欲しいです、、、


市も大事な産業なんだし、
シロコロには税収面にて大分世話になったんだから、
店へのコロナの休業保証くらい、
少しはしてやれや、、、


あんな美味いものを、
絶対に無くしてはいけない。。。

厚木から、ホルモンの灯を、
決して消してはならない野田‼️


ちなみに今回の『厚木シロコロホルモン騒動』の当事者サイドの1つである、商標権者の方々と思われるブログ『厚木シロコロ・ホルモン探検隊、隊長物語』に新聞記事の切り抜きが載っていました。
↓↓
IMG_5360_convert_20200416085228 (1)




コロナで世の中はグチャグチャだ😢

いっそのこと、
学童や生徒、学生は全員留年させるといった、
思い切った対策も必要かと。

もし緊急事態宣言が解けても、今冬に再発する可能性も高い。
教育現場も、ある程度のゆとりが必要だ。

学費は援助、学校も休校だから学費は最低限に、
後は国の援助だな、、、
教師や教授だけ優遇する措置はあってはならない。


その上で、優秀な人に対しては、
飛び級を認めればいい。



しつこい様ですが、
みなさん、あらいぐまラスカルに変身しましょう。
20200328_183810


1日最低限30回手洗いするつもりで、、、

職場に行った前後、
スーパーに入る前と後、
自宅に帰った後は、必ず、、、

ゴミ捨てに行った後も手洗いを忘れずに、、、

スマホも念入りに、1日何回かは拭きましょう。

表から帰ったら、
手洗い→うがいの後、まずはシャワーだな。。。



さて、中華街から延々と下道で帰る。

本当は横浜赤レンガのイルミネーションに寄りたかったが、時間も無いので諦める😭

が、一ヶ所位はどこか観たいよな、、、
って事で、少しだけ遠回りし、お台場に寄る。

20191227_181006


レインボーブリッジの無料部分を往復 
ここはお台場がキレイに見えて良い\(^^)/


途中、
葛西~舞浜まで、
とてつも無い渋滞にハマるが🚗🚗🚗⚡
何とか帰宅する🏠


自宅着いて風呂入った後、軽く晩酌。

まずは先程中華街で買った、シャーピンとフカヒレ中華まん揚げ。。。

20191225_214444


サイズは小さめだが、価格が価格だし、
ここは間違いない味。

20191225_220212


シャーピンは鶴見の総持寺に正月出ている屋台のものよりも小ぶりで、ややアッサリしている。

揚げフカヒレまんは、まさに甘くないドーナツ。
手作り感がいい。


さて、江ノ島の腰越漁港前にあるレストラン『しらすや』の駐車場に併設された直売所にて、
シラスの沖漬けなるモノを土産でゲットした。


20191226_213719


まぁ、生シラスの甘辛い醤油漬けだ。
釜揚げでも乾燥でも無い生のシラスを漬けにしてある逸品。

ご飯に乗せて食っても善し、
日本酒のアテにしてもよし、、、
だが要冷蔵で2日位しかもたないので要注意だ。

これで、生、釜揚げ、沖漬けと3種のシラスを味わった事になる。。。

シラスは当分いいや、、、(^_^;)




さて、気になるお会計タイムだ、、、

ガソリンは燃費20㎞/1L、
前日に入れた値段→135円/1Lで計算。


ガソリン代  @1760円
大田市場昼飯 @1800円
高速代    @1000円
晩飯買い出し @2400円
江ノ島イベント@1600円
しらす汁   @300円
宿代     @6840円(じゃらんPで200円引き)
江ノ島朝ごはん@2100円
コロッケ   @190円
しらす丼   @550円
逗葉新道   @100円
中華街食べ歩き@1530円
横浜駐車場  @500円
ジャスミン茶 @130円
しらす沖漬け @350円
トータル
21150円。。。

1150円のオーバー( 。゚Д゚。)。。。

もう少しだったのになぁ、、、残念(>_<)

やはり宿代・駐車場代などが大きい。
さすがに群馬や栃木、茨城のような訳には行かないなぁ…

小田原の某安宿に泊まったとしても、
江ノ島エリアの駐車場は高くつくし、
神奈川はこれが限界なのかもしれない。。。



さて、先日の続き、、、

葉山から横浜まで1時間チョイかけてユックリ移動。

途中、西友の能見台店に寄り、トイレ休憩を兼ね、
PBブランドの安いジャスミン茶(Pボトル)をゲット



何故ジャスミン茶かって⁉️
まぁ、後で分かるよ。。。( ´∀`)


1時間400~600円が相場の駐車場が多い中、
最初の2時間だけは500円で停められる穴場の駐車場に車を停め、10分近く歩いて中華街へ
(※この駐車場は2時間過ぎたら30分300円だ😓)

山下公園でも、少しだけイルミネーションを見る事が出来た。

20191225_173555


さて、中華街に到着。
クリスマスでも中華街らしいイルミネだ。

20191225_162954



中華街って場所は、
流行が変わるペースが早目、、、

しかも右に習えとばかり、
一気に同じ様な店が増える傾向にある。


数年前は甘栗と激安バイキング、
近年は占いが多かったかな、、、

最近はタピオカ、
昨年からイチゴ飴の店を多くみかけるようになった。




食べ歩き点心に関しては以前から見掛けたが、
これだけ増え出したのは、ここ4~5年位かなぁ、、、

色んなものを少しだけ食べたいという若いお客さんが多いようで、
数年前からこの手の店はあるにはあったが、
最近はかなり増加。あちこちで行列を見掛ける。


が、実はトータルで考えたら、
裏通りにある小さい食堂でたべた方が安く上がるし、より本格的な中華が味わえるんだけどね、、、
(2人で2000円あれば、かなり色々食べられるし、なかにはジャスミン茶がサービスの店さえある。)

1回量は少しでいいから、色んなモノを食べたいという若者のニーズがあるのでしょう、、、


ま、それは置といて、、、

うちらは本格的な中華を食べられる程空腹じゃなかったので、
若い方々と同じように色々な点心を食べ歩いてみる事にした。


まずは、東門を入り、中華大通りの境目・分岐している場所にある、
北京ダックのクレープ巻きが目についた。
20191225_162702



20191225_162759


1つ250円。意外と小さいが、食べ歩きにはこれぐらいで丁度良い。
20191225_162807


ウイキョウの風味が薫り、いかにも中国をイメージさせる味わいだ。

野菜、沢山(^^)

20191225_162902



次に寒空の下では、ダチョウ倶楽部を彷彿させる、
激熱でジュワっとした肉汁タップリの包子は欠かせないよな(;´A`)

通り中程、関内方面に向かって右側にある店、、、

20191225_164212



20191225_164221


小籠包のうち、殆どが6つで480円。
見た中では、一番安いかな、、、
20191225_164043


寒空に上がる湯気、
インスタ映えするかも、、、

20191225_164501


5分待って御対麺だぁ\(^^)/

20191225_164554

中の熱い肉汁がジュワッと溢れるのはお約束だが、
寒いからか、すぐ冷めてしまうのはご愛敬。。。

辛くて酸っぱいタレをつけていただくと、
スッキリと肉の味わいが引き締まる。

20191225_164843


これも既製品や大手とは違う手作りの味わい。

ここで先程のジャスミン茶登場

20191225_165004



そうそう、飲茶に中国系のお茶は欠かせない。
さっきのジャスミン茶は、
点心食べ歩きの為に買った野田よ、、、
スーパーでは58円+税。
おかげで口の中はサッパリする。


この中国茶といい、激安駐車場といい、
俺のケチもここまで徹底すれば国宝級だろ⁉️

(もうちょい給料が高ければもう少しリッチに食えるんだけどね、、、情けない😭)


まぁ現実は現実、嘆いていてもシャアない‼
やれるだけの事をやるだけさ。。。

さぁ、次行こう次、、、🏃




関内方面に向いて50m程歩くと、
今度は左手方向にある大き目の店に、行列が出来ているのを見つけた。
横浜博覧館あたり…だったかな⁉️

20191227_174031


フカヒレスープやスーラータンスープもあったし、
麻婆豆腐や中華ヌードル系もあるが、

ここは250円の豚まんで、、、

20191227_174008



20191225_165909


かなり濃厚な味わい。
中華街でこの価格、この大きさなら、
かなり良心的。食べ歩きファンにはありがたい。
立食スペースのテーブルがあるのが助かる。
味変で黒酢タレをたらしても美味だった。

で、ジャスミン茶で脂を落とすが、
水分で余計に腹が脹れてしまった😅



最後は、北側の善隣門を出て左に曲がったすぐにある小さい店に向かう。
かなりコスパがいい、俺が一番オススメする店だ。
ここでは食べ歩きというより、お土産用の惣菜って感じ。(勿論食べ歩きも出来るが、、、)


20191225_171236




腹が減っていたら、この店で定食を食べる事をオススメする。1人だいたい750円位。

違う物を注文し、シェアした上で1品点心でも追加すれば、2000円でお釣りが来る。

(過去のこの店の記事。サービスは当時と多少変わっている可能性あり。)
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/6624139.html

この店では、
シャーピン1枚、揚げフカヒレまん1つを持ち帰りとして購入。

ここは写真を拡大してみれば分かるかもしれないが、
派手さは無いにしろ、持ち帰り用も一番安い。
中華テースト漂う、まさに堅実な品揃えだ、、、

肉まんも売っていたが、先ほど食べたのでパス!!
ただ、250円の割にはかなりの大きさ。

ここは間違いなく行った方が良い店だ。
コスパ派には、俺が中華街で一番オススメしたい場所





さてさて、
この手の食べ歩き出来る一部の店は、最近こそ立食スペースのテーブルを備えるようになってきているが、
基本屋外での立ち食い。
中にはゴミ箱すらも用意していない店もある。



そんな中、崎陽軒では、
チョイ食いの需要を取り込むべく、暖かい室内に簡単な椅子を備え、
アルコールも提供している店が開店していた。

20191225_172613



20191227_183134


今回は入らなかったが、俺が以前、『中華街にあったらいいなぁ~』と思っていたスタイルの店。

ただ単に流行りに乗って真似るだけじゃなく、
その根拠、、、つまり客が何を望んでいて、この様な流行が起きているかを見抜く力は、
さすが大手だな、、、

寒くなったら、ここに入ってビールとシュウマイで1杯やりながら暖まるといいかと、、、


ちなみに、2016年に記事にした激熱肉まんの店も、
まだまだバリバリ現存し営業中だった。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/9020181.html


今回行った店は、大体こんな感じで点在している
黒い点がそうだ。
20191227_231244



さて、いい時間だ。。。
ボチボチ帰るか、、、

さて、昨日書いた
葉山ステーションから、もう1品ご紹介、、、


葉山コロッケ食べてサッサと去るつもりだったが、
ここは他にもカレーやらパスタやら、
イートイン出来る店がかなり多いのが目立つ。

これはもう一品位はシェアして食わないと勿体ない


って事で、ここでもう一品、
何か食べてみることにした。。。


何食べるか、散々迷ったが、
ケーキ屋さんのテナントを見ていると、、、
20191225_140734


その脇には、、、

20191225_141542



20191225_142335


釜揚げシラスを乗っけた丼が、
イートイン価格、550円で食える、、、

しかも、


ライス大盛り無料‼️


さらに、、、


イートインなら薬膳スープ付き!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚     





c710bf37



こりゃ当ブログで取り上げなきゃ失礼でしょ、、、


って事で、早速オーダー


待つ事3分、、、
ご対麺である、、、


とりあえずイートインコーナーに持ち運び

20191225_141240


ユックリと堪能させて戴きましょう👀

20191225_141324



思ったより、釜揚げシラスはタップリ
しかもマグロのネギトロと温泉玉子のハーモニーが
腹を刺激スル、、、

マジで美味いっす‼️


最小限は釜揚げシラスとライスを味わい、
次にネギトロと温泉玉子を味わい、
最後は全てをかき混ぜていただくと、
まさに大宇宙だぁ、、、\(^_^)/

薬膳スープは、ニンニクが少し効いているが、
優しい味わいだった。


ライスは酢飯。


今回改めて感じたのだが、
湘南は、意外と酢飯のレベルが高い。。。
(観光客向けは、儲けばかりで、味の追及は二の次としか考えていない場所ばかりかと思っていたが、近年ようやくその化けの皮が剥がれた事が認知され、今頃になってようやく真面目にやりだしているのかな⁉️…だとしたら食べログなどが民衆にチクリ入れてくれたお陰かもしれん。)


強烈過ぎないし、アッサリしすぎない。
酢の刺激も強すぎない。

ほんのり温かくても、冷めても美味いんだよな、、、

ここらに秘密㊙️が何か隠されているような気がする。



他には、ミラマールという葉山のフレンチレストランのサテライト店もあり、名物である牛スジの煮込みも食べられるようだが、さすがにそんなには食えん😓

前日に葉山ステーションに寄っていれば、
宿での持ち込み飯は大分変わっただろうな…


さて、横浜に急ぐか🏃

ここはB級ご当地グルメのブログである筈だが、
その義務を充分に果たしているては言えない、、、😓


某関西の∞という某事務所のアイドルグループはバンドである筈だが、
全くバンドらしい活動をしていないのと同じ様なモノだな( ̄▽ ̄;)💦


例えが訳わからんが、
これじゃイカンって事で、ここらでB級ご当地グルメらしいモノ、2連発かまします(`Д´)ノ!!!



帰りの途中、葉山に寄り
『野暮用』を済ませて帰路に付く途中の出来事、、、


この逗葉新道出口近辺って、
5年前には何も無かったのに、いつの間にやら色々な店が出来ていてビックリ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


中でも面白そうな店が出来ているのを発見( ロ_ロ)ゞ
葉山ステーションって名の地域名産店らしい。

この手の店は、十中八九期待外れなものだが、
結論から言えば、ここは大当たりの店だ。

20191225_142941




まずここは、鎌倉エリアのローカルスーパー、スズキヤがミニショップを展開。

惣菜コーナーの海鮮丼はほぼ半数が500円で、
種類も充実感している。
20191225_135202



ここにはイートインコーナーがあるので、そこで食べる事も可能性だ。


さて、ここには葉山の名店・旭屋肉屋がテナントで入っている。


20191225_141639


葉山は牛肉でも有名。
御用邸があるから皇族にも献上されている位だ。


さて、その和牛の脂などを使用した葉山コロッケは
このエリアの人気商品でもあり、地元でもよく食卓にあがるみたいだね、、、


20191225_135537


前回書いた江ノ島丼とは、真逆の存在かも?
一企業のアイテムであるが、地元民にも人気があるからね、、、

さて、購入し、早速イートインコーナーで味見だ

20191225_140030


脂の甘味が半端無い牛肉コロッケ、、、
しつこくは無く、上品な甘さがあるなぁ…

やや小さいが、逆に色々食べ歩きしたい俺みたいな欲張りにはピッタリだ。


ちなみに冒頭で書いた『ヤボ用』とは、、、😓
↓↓
20200107_162712


これが何かは、書かないよ、、、😓

↑このページのトップヘ