関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 茨城県全域・千葉県の一部(常磐線沿線・常磐道方面)

昨日、アド街で大洗が放映されていたなぁ、、、

思わず食い入るように見てしまった(*゜Q゜*)


まぁこのエリアに関しては、今まで何度もこのブログで取り上げたんだけど、
読み返してみると、何がなんだか分からない記事ばかりなので、少しまとめてみよう。


まずは、
今回アド街で何度も取り上げられた大洗市場や、
海山いきいきセンターのエリア。

かき小屋・かあちゃんの店・大洗市場が取り上げられていましたな、、、

0f96b24f-s


駐車場あるし、美味いもの多いし、
悪くは無いけど、
俺的には魚を買って帰りたいならば、
ここは少し高い。




はっきり言って、魚を自分でさばける(下ろせる)方は
水族館の先にある橋ひとつ越えて、
那珂湊で買った方が全然安いです。。
(が、あちらに無いものが店頭に並んでいることもあるので、そこは使い分けかな、、、)


20160321_132851


番組で紹介されたカナガシラは、
那珂湊に水揚げがあった時は、
小さめのモノなら安い時は3匹100円~5匹200円が相場
この価格で買えれば買うべき品だ。
(上2匹がカナガシラ。ホウボウによく似ている。)

20200126_100308

カナガシラは骨が硬いし、やや特殊な骨格を持っているので、少し下ろすのが難しいけど、
味わいはなかなか。くせがあるけど美味い(^q^)

ヒラメも小さいものなら、なかなか安いですよ
まぁこれは、水揚げの有無の運ですが、、、
少し小さめならば、
5匹300円~10匹600円で買えたりする。

イナダや鯛は、
少し小さいものなら
3匹500円程度が相場。

7a0bc706-s


カナガシラにしても、鯛やイナダにしても、
ヒラメやカレイにしても、
地物は鮮度は抜群。
『湊産』って書いてあるモノは那珂湊で捕れた地元産なので、刺身で間違いは無い(鯖はダメだけどね…)
ヤマサ水産の2店舗のうち、北側の店で買えば間違いは無いかな、、森田水産も覗いてみた方がいい。

氷は貰えるから、保冷バックは持参しとくこと。


刺身なら2日は可。
鯛とヒラメ、カナガシラなら昆布締めにしたら、この時期ならちゃんと保存すれば、最低3日は可ですな。


俺みたいに下ろすのが下手な方は、
失敗した部分はクックパッドでも見て、煮付けにすればいい。

食い箸付けなきゃ、冷めた後冷蔵庫にぶちこめば、
この時期は2日目までは余裕でもつ。

崩れた身は、めんつゆに漬けておけば、
翌日までは刺身の漬けとして余裕で食えるし。。。

アラ汁にしても野菜が沢山食えるのでヘルシーだし、
ウロコを取り、内臓やエラさえ棄てれば、だれでも簡単に作れる。




大洗に話を戻しましょ😅


大洗市場の『かあちゃんの店』は、一見茨城にしては少し高めの価格設定に思えるが、モノはすこぶる良いので、満足は出来るかと。鮮度は凄い、、、
白身魚系は特に!!🤤

91e67c7f-s


まぁ刺身定食系は1400円前後。千葉と変わらなくなってきたなぁ、、、100円~200円安いのが茨城エリアの魅力だったのに、、、😓
96225096-s


c246211a-s


大洗の海山いきいきセンターエリアでは、
高級なアンコウが味噌汁で400円程で味わえる事は
今まで何回か書いたけど、再度載せておきましょう。
これは絶対食べてほしいからね、、、

d01f907f-s


69156a0a-s



みつだんごの高橋さんは、
駐車場完備なので、行きやすいかな、、、
但し市街地中心部は道路が狭く、歩行者も多いので
運転にはくれぐれもご注意を。

ご当地グルメであるみつだんごは、
ちょっとしたオヤツにいい。
但しすぐ固くなるので、持ち帰りはダメかも、、、
3fd181bf-s


このエリアは、ガルパン色イッパイだ。

64b57ac2-s


そうそう、
温泉なんたらがやっていたな、、、
アド街で取り上げられていたので、折角なのでコレについても解説しときましょう。

20200126_100428



大洗温泉スタンド。40L10円と破格。
いわゆる風呂用の塩化物温泉の『自動販売機』だ。

夕方5時に閉鎖。
容器が無い方々は、
段ボールに大きいビニールを3~4枚重ねたものを3つ程用意し、7Lずつ入れ大きい輪ゴムでくくれば、数日保存する分には問題ない。(車の中で破れたら悲惨なので、そこは自己責任で。)

4Lの焼酎の空きボトルがあれば尚更いいが、口からこぼれるので上戸は必要かな。
逆言えば上戸があれば2Lペットボトルをしこたま持って行けばいい。使い捨てで、、、

自宅では湯船に50℃の湯を張り、温泉水を10L程入れれば、湯冷めしにくい温泉の風呂が完成。

但し追い焚きは禁忌。
熱い湯に混ぜる事が基本、、、

そして入浴後は、すぐに湯を棄てる事だ。
こうすれば風呂釜は傷まない。





フードコートが充実している大洗水族館に関しては、
通常価格で行くのは勿体ない。
各県の県民の日に行くのをオススメする。



ちなみに一番のオススメは、
茨城県民の日。

この日は、誰でも格安に入館が可能だ。


パパさんは、有給取れるならこの日に取って家族サービスかな、、、

ちなみにアド街で評価されていた大洗水族館のフードコートは、確かに海鮮丼やら寿司やらが充実。価格もまぁまぁリーズナブルだ。

尚、これらは水族館外の付帯設備なので、チケット代はかからないことを書き添えておく。



とりあえず、
初心者でも間違いない、
日帰りで巡る方法をば、、、


まずは那珂湊に午前11時に着くようにし、
ヤマサ水産の回転寿司でブランチ。
後でまだまだ食べるから、少し控えめにしましょう。

食べる量を自分で調節出来るのも回転寿司の利点。


次に那珂湊お魚市場で魚を買い、
氷をしこたま貰い、発泡スチロールや保温バックなどに魚を保存。

大洗磯前神社や、
今回のアド街には出なかったが、めんたいパークなどを見学。
20200126_100449


大洗のみつだんごを味わう為に高橋に寄り、
大洗海山いきいきセンターの店先にある、
アンコウ汁@400円やら浜焼きを味わい、、、
最後は大洗温泉スタンドで温泉水を購入❗
後は速攻帰路に付く。


下道を通り、土浦北から常磐道に乗り、
午後7時前に自宅前に帰り、
魚を三枚に下ろして処理すれば、
多少忙しいが、温泉&海の幸が、最低2日間は自宅で楽しめる。

駐車料金は、
那珂湊で100円取られる以外は基本タダだし、


最高の贅沢だよ、、、
マジで、、、

お試しあれ‼️


あ、番組でも何度か取り上げられた『潮騒の湯』は
温泉の質はソコソコながら食堂が充実。

魚を購入し、調理法を指定するマニア向けのスタイル

ここは12年前に行ったけど、番組を観た限りでは、
今でも同様のスタイルを続けているようだ。
割高に思えるモノから安いものまで多様だが、
あら汁があったらオーダーするといい。

汁じゃなくて鍋に近いお得な一品だ。

ここで1日過ごすのも悪くはないかな、、、

松戸市シリーズの最終回、
今回は、駅の真ん前にある『激安居酒屋』について。


常磐線沿線、特に松戸は、
若い頃、嫌な目にあってから、
今まであえて松戸には近づかなかった。。。



けどそういう街に限って、
居酒屋が発達しているんだよなぁ、、、

近年はラーメンの街としても有名で、
そのレベルは高いのは有名ですな、、、


その松戸に、物凄い店があるとの噂にて、
ビビる気持ちを抑え、早速行ってみることに、、、

その店の名は、大都会

池袋でも安くて有名なその支店は、
松戸駅のロータリーそばのビルの地下、歩道橋のすぐそばが入口になっている。

20190126_191626

20190126_171718



階段を降りて、、、

20190126_171734


入口から中を見ると、ちゃんと椅子がある。
価格から、立ち飲みとばかり思っていたけど…
20190126_191416


ここは24時間営業を売りにした激安居酒屋。

この手の店って30年前の船橋や西船の激安店みたく、勝負で殺気立った雰囲気を覚悟していたのだが、
客層は丸っきり普通だったので驚いた!!( ; ロ)゚ ゚


1人客やら団体さんやら、若い人からお年寄りまで、
長居する客やら1~2杯でサッと切り上げる客やら、
千差万別。。。
みな各各のペースで呑めるようで居心地が良さそう。


入口近く、
手前からドリンクの受け渡し口
後が料理の受け渡し口になっている。
20190126_172645



支払い方法は、完全なる食券制&セルフサービス制

券売機は、店の奥に4つ並んでいる。
左が食事、その次がツマミ、残り右2つはドリンクの券売機になっていた。
20190126_171810



我々を含め、
酔っ払いのおっさんオバチャンが券売機の後ろに行儀よく並んでいる姿は、端から見たら、なかなか滑稽そうだ、、、(^-^)



とりあえずビールとツマミ数品を注文。

20190126_172545

ビールは、あの伊東園ホテルズのサーバーと同じ
セルフサービス。
俺がビールを注ごうとしてたら、
すれ違った若いお客さんに、
ここのビールはウマぃッスよ👍と声をかけられた(^^)
若者が楽しめる店って、いいよな、、、
俺まで元気になれる。


20190126_172431


飲んでみると、たしかに、、、


24時間営業ながら、サーバーの手入れがしっかりされているのかな❔
手入れの悪いサーバーにありがちな臭いと、よけいな苦味が感じられず、確かにフレッシュだった。


ツマミ数品の中で、
噂のハムカツは、確かに揚げ立てで美味い。
揚げ出し豆腐も、しっかりとした味わい。。。

フードに関しては、特別に安い訳じゃないんだけど、
味は間違いなくお値段以上だ。

20190126_172827


さて、
次は何を飲み食いしようかメニューを覗きこむ。

20190126_173411

20190126_173534



目についたのは、レモンハイとトリスハイボール
なんと

180円!!( ; ロ)゚ ゚


これは飲むしかないよなぁ(^q^)
(ちなみに前に行った時には、期間限定で百円!!)

で、ツマミもジャンジャン追加
20190126_181100

20190126_183348



ここはラーメンも売りではあったが、
チキンカツカレーで〆ることにした。
20190126_184335


少し甘めのルーに
タップリなライス🍚
飲んだ後に、コレはなかなか強烈だな、、、


刺身三種盛り@350円
ハムカツ@180円
ポテトサラダ@180円
焼き鳥2本@250円
揚げ出し豆腐@300円
生ビールグラス@280円×2=560円
トリスハイボール180×6=1080円
鮭の刺身@180円
肉団子@180円
レモンサワー@100×2=200円
チキンカツカレー@500円

しめて
これで
4280円(@ ̄□ ̄@;)!!

もう何も食えません。。。
酒も無理。。。

お店の人の料理出来ましたコールを聴いていると、
ハムカツ、グラタン、ゲソのフライ、揚げ出しのオーダーが多かった。
かなり寒い日だったからかな❔

焼き魚系も人気だった。




さて、呑んだ後は、松戸駅近辺を散策、、、
松戸といったら、ココだよなぁ、、、

松戸のイメージアップに大分貢献しているのは間違いないだろう。

20190127_222800


人気ラーメン屋で食べるには、
客にもそれ相応の『資格』が必要かと思う。

例えばブロガーなら、
ここの味を的確に表現出来る力と味覚が必要だし、
ここのラーメンを語るには、何千食とラーメンを食べてからじゃなきゃその資格は無い。


当然俺みたいな味音痴には、猫に小判

とてもとても、食う資格は無いのは重々承知してる。
ラーメンブロガーやラーメンマニアにも、そして他の客にも失礼だ。


でもせっかく松戸に来たんだからと、
リスペクトの意味で、
外観だけは記念にとフレームに納めた。


将来味覚が肥えて、ラーメンを語れるようになったら
是非チャレンジしたいな、、、

でもその前に、近所にある『2号店』に行ってみたいなぁ、、、

ランキングトップ10には、
更に他から移籍してきたブログと、新規ブログ登場
いきなりランクインだ!!( ; ロ)゚ ゚
なんだかエライ事になってきた、、、😅




さて、
またまたご当地B級グルメの話じゃないのでご勘弁。

前回書いた高橋水産・新松戸店の裏に、
美味そうなパン屋があったので、覗いてみることにした。

20190524_154436


ここの名物は、生食パンだが、
ウチらが行った時には、既に売り切れ😢⤵️⤵️

でも、落胆したうちらを慰めるかの如く、
面白いパンがうちらを待っていた\(^_^)/
ウインナーが入った、長~い長~いパン

その長さ、何と、、、
50㎝以上!!( ; ロ)゚ ゚

当然、紙袋も専用のもの。。。

20190524_154502


ア○トニオ○木の顎よりも、
俺の腕の長さよりも明らかに長いな。。。😅

こういうモノを手にすると、
一瞬ビームサーベルやドムのヒート剣をイメージしてしまうのは、ガノタの悲しい性でもある、、、


野田や柏に寄った後、かみさんの実家に行って、
袋から取り出すと、、、

20190524_155319

中のウインナーが見え、かなりのボリウムだぁ、、、


姪っ子数人、みんな目丸くして、
ビックリしとった!!( ; ロ)゚ ゚

筑波のパン屋にも同じような品があるが、
長さは倍あるからなぁ、、、



間違いなくインスタ映えする一品だ     

観賞した後は、
当然切り分けてみんなで試食タイム🍴

20190524_154658


ウインナーも大きいが、パンもデカい。

筑波の某店のはパンの部分は小さめだけど、
どちらも甲乙つけがたいなぁ、、、

次は、絶対生食パンをゲットしなきゃ、、、💦

https://bakery-958.business.site

クリスマスパーティーのサイドに加えても、ちょっとした盛り上げに役立つ一品だと思う。
やっぱビジュアルやインパクトは大事かな(^^)

さて、筑波山からの帰り、
下妻回りで常総市石下エリアに寄る。


今晩のご飯のオカズにと狙っていた、クロサワチキンは早い時間に閉店。。。

この日は、再訪を狙っていた店、
筑波山麓のそば屋、オニギリ屋、ラーメン屋、
そして石下チキンも
全て全滅🔥🔥🔥

今日は食い物に限っては、とことんついていない⤵️



さて、甘味は逃したくない。。。
名物の石下団子だけは食べたい、、、

ゆたかやはロストしたので、
選択肢は自ずと春子屋一択になる。

って事で、R294沿いにある、
名物石下だんごの双璧の1つである『春子屋』の店舗に寄ることにする。

20191105_153235


茨城南東部住民の石下団子ファンは、
春子屋派とゆたかや派に別れる。

ゆたかやは、ややしっかりとした団子に、
甘さを少し控えた餡。

方や春子屋は、注文の都度団子を丸めて、柔らかい団子を提供し、餡は甘めだ。


オーダーを受けてからお団子を丸め、
餡をタップリ載せて提供されるので、
出来たては、まぁ団子が柔らかいこと柔らかいこと
激ウマでやんす‼

20191105_155326


最近は、抹茶味のどら焼きの間に、団子を挟む新メニューも展開されている。
抹茶との相性は良いが、改良の余地ありかな

20191105_154318

さて、数日前、家内の付き添いで茨城の病院まで行ったついでに、
筑波山迄行き、紅葉がどれくらい進んでいるかチェックしてきた。


祝日明けだった為か目当ての店は全て定休日( ω-、)


腹減ってシャア無かったので、
筑波山神社のロータリー近くにある、
そこらへんの土産屋兼食堂に何も期待せず入った。

(普通なら、観光地の観光客用の店には、ボッタを警戒して絶対入らないのだけどね、、、それにこのエリアでは30年前に、駅そば然とした温い山菜そばを出されたのがトラウマになっている、、、)


とりあえず、茨城名物『けんちんそば』があったので
きのこそばと共にオーダー


この界隈の食堂は、全て同じ様な造りで、
眺望を売りにしている。

一番良い席が空いていたのでラッキーだった👍

20191105_132045


他には筑波山の街興し系B級グルメである『つくばうどん』もあったが、さすがに980円は出せない💧

まずはけんちんそば@900円


20191105_132057



茨城名物は、つけ麺タイプのけんちんそばだが、
こちらは初めから具を乗せてある温かいタイプしか無い。


まぁ、味はけんちん汁に蕎麦を入れた、そのままの感じ。具はサトイモ、豚肉、ニンジン、薩摩揚げのスライスなど、、、


20191105_132149


きのこ蕎麦@800円は、こんな感じ
三種類位のきのこが、盛りだくさん
↓↓
20191105_132120



この店の蕎麦は不揃い。これがまた田舎蕎麦風で風情がある。蕎麦の味が濃く感じられる。
啜るよりよく噛んでこそ美味しいタイプの蕎麦だなぁ



開発系街興しご当地B級グルメである、
つくばうどんは、こんな感じのモノ

20191108_175207


(以前も梅まつりで食べたから、食指が動かなかった…というか、茨城じゃ秋は常陸秋そばだからなぁ)


http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/28209506.html

ちなみにつくばうどんの『つくば』とは、
つくね、地元産の黒野菜、ローズポークの豚バラ入りが原則らしいが、店によって多少違うみたい。


20191105_135403



筑波山の紅葉は、まだ1割位。
ケーブルカー乗り場あたりに行けば、ボチボチって感じだったかな、、、

今週末あたりが、丁度見頃になるかと。

↑このページのトップヘ