関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 思い出の場所・モノ

腐れ縁の友人に、半ば『強引』に誘われ、
千葉市にライブを見に行く事に、、、(^_^;)

4500円、飯代や交通費を含めたら、
7000円近くの痛~い痛~い出費だ🕊️🕊️🕊️~~👛


まぁ、そこはタダでも転んでは起きないオレ
今後に向けて、千葉駅のグルメの偵察を兼ねる。

なんせ車組の俺が、
千葉駅に行く機会なんて皆無だからなぁ、、、


千葉駅の改札内には、『中華そばとみ田』の支店があるらしく、その混雑具合をチェック。


20191116_172312

土曜日の夕方5時前で15人待ち。
まぁこれでも少ない方じゃないかな、、、
でも並んでいる時間が無い( 。゚Д゚。)

木更津アウトレットのとみ田には行った事あるけど、

20170808_113934


この千葉駅の店舗はどんな味なんだろ⁉️
やはり濃厚なのかな??




次に速攻で、
千葉駅ビルの5階の神田グリルさんに( ロ_ロ)ゞ

20191116_172245


ここでは金沢のご当地B級グルメ『ハントンライス』が食べられるという噂をゲット。。。
メニューに現存するか、とりあえず偵察( ロ_ロ)ゞ

20191116_172226


おおっ( ロ_ロ)ゞ
ちゃんとあるじゃないか、、、
記念撮影したが、
照明がトルコライスに当たってぼやけてしまった。
(ちなみにトルコライスは柏で攻略済みだ‼)


どうしようか悩んだが、時間も無いし、
混んでいるし、しかも値段が税込み1500円近く
ライヴ代でとんでもない金額が飛んでいくし、
ここも今回は泣く泣く諦める( ω-、)

まぁ、ここはそのうちだな、、、
最悪、神田グリルは都内にもあるし、、、


で、新しい千葉B級ご当地グルメ・千葉さんがに関しては、取扱店舗は駅から少し離れた居酒屋さんが多く、今回は下調べに行く時間も無くなってしまった。

街興し系B級ご当地グルメとして制定されたのは昨年

B級ご当地グルメの一般的な寿命は2年なので、
まぁ暫くは安泰だろう。

とりあえずポスターだけ貼っておきましょう😅

40d78c831fbf125ebabc7e8ff6dc3fae



…って事で、タイムリミット
調査終了❗


適当にそこらで、ブログネタにも出来ない粗末なオヤツ食ってライブ会場のbarへ、、、

20191116_173834


待ち合わせた友人と、とりあえずは乾杯だぁ
ビール2杯、おごってくれて助かった(^^)

20191117_002509


昔人気のあった『アイドルバンド』のギタリストが出るらしく、
どんな曲を演奏するのか期待していたが、
ライブというよりも、
昔を懐かしむファンの集いみたいな感じだった。


アイドル時代の曲をかけて一緒に聴くという、
まぁDJみたいなモノかな、、、

時には裏話を含めたMCを入れ、
本人が気が向いたら、たまにギター弾くっていうスタイル。


憧れのギタリストの1人が目の前で弾くんだから、
好きな人にとっては夢みたいな空間だろう。


20191116_200504


こうしたファンの集い的な内容だったので、
生演奏を聴きに行った俺には、チョイと場違いだったかもしれん、、、😅




まぁ、そんなこんなで、
夏に観たダイヤモンドユカイ氏のミニライブといい、
春に見掛けた若者のストリートライヴといい、
昨年は俺にとっては近年に珍しく、久々に音楽に触れる機会が何気に多かったが、これらを観ていて1つ分かった事がある。


やはり俺は見る側じゃなく、
演る側の人間だって事だ。。。
(ま、ギターも歌も下手くそだが、、、😓)


だが、やる側の人間になると、
優越感と劣等感、下手な順位付けにこだわってしまい
純粋に音楽を楽しめなくなる。
(この点は、ブログの数字やランキングを気にするブロガーなら何となく意味は分かるかと…)


これが音楽を純粋に聴く事から遠ざかる事になった一因でもあるが、
他人が楽器弾いたり歌ったりしているのを見ると、
条件反射的にウズウズするのは悲しい性だ。


一体俺は音楽が好きなのか嫌いなのか分からないな
まぁ少なくとも弾きながら歌うのは嫌いじゃないんだろう…

というか単に目立とう野郎なだけかもしれないが💧
(じゃなきゃ、ブログなんて書いていないよ…)


で、そんな俺みたいな奴がステージに立つには、
やはりフォーク酒場やライブカフェなどしか手段は無く、久々に行きたくなった。



柏や神田の店でもいいが、
どうせなら一度は、音楽の街・高崎で演りたい、、、


が、レベルやローカルルールが分からないから、
まずは現地に行って下調べからだな、、、


フォーク酒場やライブカフェっていう場所は、
下手くそだと他の客に容赦なく蔑まされる。

楽しむ為に行ったのに非難されるのは屈辱。
あまりにレベルが高すぎる様なら恥かくだけだから
初めから演らない方がマシだ。。。


ましては行く場所はあのグンマ、、、
『下手クソな余所者は拷問だいね~🍡』
とばかり、手足をひもかわで縛られ、
焼きまんじゅうを焼く網で炙り攻撃を受ける事になるだろう、、、😅


一体どんなモンなんだろう…
俺は生きて秘境から帰れるのか⁉



…って事で、ライヴカフェの下見の為に、
1年振りにまたまた群馬まで出かけてきました。


勿論グルメネタも混ぜます。
しかし大御所様が丁度群馬編を執筆なさっているので
時期をずらす事も考えましたが、あまりにもネタが古くなってもシャアない。

今回はかぶりますが、邪魔にならない程度に控え目に書いていきます
(まぁこちらは食い物ネタはありきたりの内容だし、いかに俺のブログが劣っているかバレてしまうんだけどね…😓)


次回から埼玉経由群馬編、
期待せずお待ちください。
(だれも期待してねーわな😅)

以前、
船橋エリアの屋台で見かけた200円お好み焼きや、
埼玉で食べたご当地B級グルメの行田のフライなど、

この系譜のルーツを辿ると繋がるであろう品が、
このどんどん焼きだ。

wiki見てみたら、元祖は浅草あたりみたいだけど、
都内ではほぼ絶滅しており、
串に巻くスタイルになって、東北エリアのご当地グルメとして現存しているようですな、、、、


関東では、
このネーミングはとっくに絶滅したと思っていたが、

あら意外や意外!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

鎌ヶ谷の花火大会で発見してしまった野田👀


20190811_211630


それにしても、長い行列だぁ~

20190811_211828


ここの屋台は、焼そばやらモツ煮やら、
他にもいろいろ出していたから人気あったみたい。
全員が全員、どんどん焼きが目当てじゃなかった。



どんどん焼きを焼いている図。。。

20190811_200623


それにしても、よくこんな古典的な名のアイテムを探してきたよな、、、
東京エリアでは、平成になるずっと前に死語になっているだろうに、、、



具は青のりと紅生姜程度、、、
基本、小麦粉(なんか片栗粉も入っているようなモチっとした食感だったが、、、)を水で溶いて、ソースの味を頼りに食べるようなモノだ。


20190811_193832


30分並んで食べる程のモノでは無いが、
懐かしさは満点だ。

飽食になった現代においては廃れてしまったが、
これが様々なB級グルメの『ご先祖様』の1つである事実には変わりなく、感慨深く戴いた。



鎌ヶ谷の花火は、ローカルな地元町内会みたいな花火大会といった感じではあるが、
これはこれで嫌いじゃない。

さすがに最後の方は普通のスターマインで、
派手にやってくれた。

20190811_204353



さて、終わった花火大会の事を書いても仕方がない

先月も記事にしたが、
今年の土浦花火大会は、
例年よりも1ヶ月遅い

9月28日(土)に開催❗


土浦の花火大会には屋台も沢山出るんだけど、

お祭りの屋台でお馴染みの『焼きイカ』は、僅かしか見かけない。

茨城の祭りでイカといえば

20190904_183037


殆どが真っ赤っ赤な煮イカ

なのデス。。。

正に、思わぬところで食べられる茨城グルメだ。



こういう所にも注目して、土浦花火大会を楽しんでください。

河原の地べたは冷えまする🐧
温かい格好でお越しくださいませm(__)m

昨年の話だが、
駅で『しずおか元気旅』というパンフを見つけた。



静岡といえば、
伊豆みたいに、山手線沿線の金持ち都区民やヨコハマ市民あたりが使う高級リゾートをイメージし
結構値段が高く、
お金持ちしか行けないイメージがある。。。


沼津、清水なども観光地価格。

だけど、静岡は埼玉と並ぶご当地B級グルメ最先端の県だし、探せば色々安い場所もありそう。

(3年前に行った沼津にも意外に安い場所があったし)
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/8608894.html


まだ俺が30代、10数年以上前に巡ったコースを今一度巡ってみたいと思い、
今でも同予算で可能か否かネット上で調べてみた。

俺的には意外と良かったコースだったので、
紹介しておこう。


まずは船だな、、、


都内ではお台場地区を中心に
水上バスが運航されている。
クルージングにはもってこいかもしれないが、
どうしても予算が高くつく。。。


で、旅先の静岡で渡舟気分を楽しんでみてはいかがでしょうか❔

清水駅から数分の清水港、江尻から、
水上バスが運航されている。

今でもまだ現存していました。

20190705_191600


僅か10数分程の航海ではあるが、
天気の良い日には、富士山も眺められる。
まぁ、運次第だけどね、、、

20190705_191628


予算も400円~500円前後とお手頃だ。


水上バスの乗り場近くは砂浜になっているし、
ここで遊ぶのもいい。
ここで膝までつかり、少し遊んだな、、、


美保の松原、少し歩くけど、
なによりここも松が沢山あるし、その雰囲気だけは味わえるかと。。。
裏の美保松原とでもネーミングしとこか、、、


後は、この近くの東海大学海洋博物館かな、、、

http://www.umi.muse-tokai.jp

前行った時には、イベントでサメに触れたなぁ🦈

ここに行ったのはかなり前
以前はもっと安かったが、
今の単館入場料金は1500円🎫

だが、コンビニで前売り買えば1200円だ。
多少値上げはシャアないとして
同様のコースは今でも可能だな、、、


さて、帰りは、

エスパルスドリームプラザだっけ⁉️
水上バスに乗ると途中でここに連れていかれたな

20190705_191514


確か、観光地にしてはお値段お手頃の海鮮丼を食べた記憶があるけど、ここだったかな⁉️
↓↓
https://www.dream-plaza.co.jp/gourmet/detail.php/57

そうそう、画像は上からのダウンロードだが、
こんな感じで驚いた(助かった⁉)記憶がある(^_^ゞ

manzokup-s



水上バスで往復、
美保の松原モドキを散策、
海洋科学館見学、
海鮮丼の昼飯

これで1日は遊べそうだ、、、


清水や静岡のビジネスホテルだが、
土日になるとなかなか予約が取れない上、
値段は相当跳ね上がる。

安い場所は、早めに予約する事をオススメします。


で、それより前の旅で寄った静岡駅前の酒場は、
とりあえず静岡名物が楽しめた記憶があり、、、
(あまり安くは無かったけどネ、、、)

調べたら、今でも同じ様な場所が現存しているようですな、、、


当時は2日目の帰りは熱海に寄りながら帰った。
さて、そのうちこの旅、リバイバルツアーとして再現しなきゃな、、、


その為には、予算確保せにゃ、、、
一体行けるのは、いつになるやら( ;∀;)



今後は、
あまりこの手の記事を、堂々と書く訳にはいかなくなるかもしれないので、
神奈川旅の記事を書く前に、
今のうちに先行して掲載しときます。


(この記事を下書きしたのは3ヶ月前。この時点では、今年が私にとって色々動きのある年になろうとは思ってもいなかった…この手のモノを掲載出来なくなる理由については、1ヶ月後位、少し気持ちの整理がつき落ち着いてから触れます)


当時はまだあった本能が騒ぎ出し、
放っておく訳にはいかなかった場所がありました。

20190318_171158


箱根湯本の市街地の外れ、
R1号沿いの少しだけ塔ノ沢寄りにある、
某日帰り入浴施設に、昨年温泉販売施設がopen

20Lあたり300円と、
関東の平均相場価格の3倍だが、
箱根湯本近辺の日帰り入浴の相場は、
大体1000円~2000円クラスだから、ある意味これ位の出費は仕方がない。。。


俺みたいな貧乏家畜野郎は、
高級観光地である箱根は『関所』で追い返えされ、本来なら立ち入ることすら許されない筈なのだが、

近づけるだけでも、ありがたやありがたや



夜間当番の仕事を終えた後自宅に帰り、
神奈川に足を伸ばしたのは、
コレを攻略するのが目的の1つだった。
20190318_171213


旧源泉跡地が敷地内にあり、見学。

20190318_171236


日帰り入浴受付にて温泉購入を申し出ると
店の方が出てきて温泉蛇口から汲んでくださいます。

これがその温泉汲み場

20190318_171308


20190318_171323


鍵でロックされ、
1滴すら漏れなく、厳重に管理。
さすが箱根だな。。。


尚、ここは平日ならスマホのクーポンで
950円で入浴出来たようだけど、
ソレを知ったのは、
ここを去って姫の湯に行った後( 。゚Д゚。)

後の祭りだぁ、、、😞💨



ここは成分の違う幾つもの源泉を持っているので、
日帰り入浴をここ1ヵ所で済ませれば、費用面だけ考えたら、ハシゴは抑えられそうだね、、、


温泉は、吐いて捨てる程の湧出量を誇る、
やや塩分を感じる単純泉を使用しており、
勿体ないから販売することにしたそうな、、、
(捨てるモノを買う俺も俺だな、、、💦)

俺は30L購入。。。

分析表のオマケ付きだった。

20190318_171935


3日後、自宅にて30L450円分(実質35L)を3倍希釈にてフルに使ってみたが、
なかなかの浴感、、、
さすが箱根、侮れないな。。。( ゚Д゚)


最近、特にここ1ヶ月、
再び皮膚の状態が少し悪い( 。゚Д゚。)、
にもかかわらず、汲める場所は激減中、、、
僅かながら新規で出来る場所は、
いずれも自宅から遠くばかり、、、やってられん‼

自宅からそれなりに近い場所にあるにはあるが、
塩素強烈だからなぁ、、、


現地入浴は、
人があまりいない平日昼間の旅館の日帰り入浴か、
遅い時間の日帰り入浴を狙うしか手は無いな、、、


やよい食堂は2016年に閉業しましたが、

4年近く経っても、
まだまだこの記事に、
検索で多数のお客さんがいらっしゃるようで、、、

この記事は当ブログUUの10%を占めていました。


…が、
いつまでも閉店した店の記事にアクセスがあるのは
俺の本意ではありません。

一度、消去して様子を見させていただきます。
(アクセスが激減するのは痛いケド、いい加減数字至上主義から卒業しなきゃなりません、、、)

それにしても、昨年から一昨年位から、
個人店閉鎖がやたら目立つようになったなぁ、、、

同じ野田のけやき食堂も、ワンコインダイニングも無くなってしまいましたし、どこも厳しそう😢


でも、まだ生き残っている店は幾つかあります。

代わりといってはなんですが、
幾つかのデカ盛りの現存店や、
激安食べ放題店を紹介しときましょう。


千葉には、リバーサイドというデカ盛り店があります

こちらの『布佐駅前交番スペシャル』は後日無事攻略出来た(^-^)

http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/36331181.html

20190208_113916

大盛りをオーダーするとヒンシュクを買うので、普通サイズで充分。。。
普通盛りなら、余ったら持ち帰り可。シェア可。
大盛りにしたら一切不可だとか、、、




原木中山の、福徳食堂の巨大チキンカツ定食も、なかなかかな、、、余ったら持ち帰り可能。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/37220670.html

20190422_123208





市川駅南口のマンションの2階にある、市川食堂も、
なかなかオカズが大きいです。
ご飯お代わり自由‼


20190819_122818

写真じゃ、デカさが伝わらないのが残念😢



茨城(ほぼ栃木だけど)の桜川市の方には、
まだ徳次郎食堂が残っています。
こちらの記事では、ご飯のサイズは並だけど、なかなかのボリウム。
大盛りにしたら、間違いなくネタになります。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/13788098.html


20191217_125209

前にあるチラシ寿司と比較しにくいけど、
カレーライスもデカいっす。。。!!( ; ロ)゚ ゚
ライス大盛りにしたら、もっと凄くなるかと。





群馬の有名な『めしや本家』ワンコイン食べ放題や、野田の中根にあったバイキングは閉店してしまったけど、
水戸には『すえひろ食堂』の600円バイキングが現存します。

ここもそのうちクリアしたい、、、かな、、、


茨城県土浦市の神立地区では、
毎年9月~11月まで、
『神盛り』というデカ盛りイベントを開催し、
毎年10店舗以上が参加しています。

覚えておいて損は無いかと、、、
↓↓
https://kandatsu.org/post/5602

土浦市なら、セミバイキングでコスパが凄いのはここかな
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/35206640.html

↑このページのトップヘ