関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: B級旅行決算

さてさて、今回の旅の決算報告をば…
無事に20000円で収まったか??

今回も、かなり食べたからなぁ…(^^;



では、いざ!!

ガソリン代……@2100円(旧沼南町ESSO105円×20L)
道の駅なめかた、なめパックン@500円
大洗かき小屋、ちらし丼小×2&貝焼き×1計@1500円
那珂湊焼きそば@300円

宿へ持ち込みの酒&肴@2200円
ホテル宿泊@5800円

月待の滝の蕎麦×2@1800円
大子おやき学校おやき×2@300円
玉井旅館の奥久慈しゃも弁当@1000円
道の駅奥久慈大子での入浴@500円×2=1000円
道の駅常陸大宮コロッケ&メンチ@400円
道の駅常陸大宮のリンゴ@500円
鮎塩焼×2&奥久慈シャモつくね@1000円
その他、ジュース類、土産@1300円

トータル@19600円


ギリギリセーフ…。。。(・。・;)!!

運良くガソリンが安かったし、
まぁ、こんなもんでしょ…(^^)


食べまくるなら、宿は素泊りが無難。
美味いモノが多いから、
二人でシェアして、
いかに種類をこなすかがポイント。


夫婦二人なら6000円台で泊まれる宿も
水戸には多いが、
この日は運悪く、
6000円以下で泊まれる筈の目当ての4つの宿が満室でとれず、
日立市内迄行ってしまった(T_T)
確実に安い宿を押さえたい方は、
水戸の宿は2日前迄に取ろう。

小さいお子様対応のビジホも幾つかある様だ。


ただ、小学生以上となると、
泊まれる場所は限られてくるし、
予算も大幅にかかるので注意が必要だ。

この場合はいっその事、大子や常陸大宮に泊まるのもアリだろう。

大子で泊まるなら、いきなり常陸大子駅前の観光案内所で、出来るだけ安い宿を交渉してみるのもアリだが、
その場合、素泊まりなら大人二人計10000円、子供はその半額以内から交渉してみよう。(水戸に泊まるより、予算はかなりかかるが(T_T)…)

恥ずかしがらず、その旨を伝えれば、観光案内所のお姉さまが、予算に合った宿に対して価格交渉をしてくれる。
水戸よりは高くつくかもしれんが、温泉付きの宿は保証される。
俺の場合は、チョイと古いデータだが、7年前に平日大人二人で計15000円で、
2食付きの宿に泊まれた事がある。

この宿では、晩飯は軍鶏鍋・蒟蒻・湯葉・鮎・リンゴと、奥久慈の名物を一通り出してくれた。


ただ、これだてやはり予算はオーバーする訳で、
お金かけないのなら、水戸の宿に泊まれる事に越したことは無いね。。。



水戸駅から、大子迄は車で80分弱。

常陸大子駅構内にある観光案内所には、
軍鶏料理を食べさせてくれる場所の
地図も置いてあるので、それを活用するのも手だ。




とりあえずは、
茨城観光の初心者用に、
カップル、又は新婚さんで幼児一人付きの
行動プランでも立ててみましょうかね…(^^)


1日目に早い時間に自宅を出て、
常磐道で一気に那珂IC迄移動。
道の駅常陸大宮で鮎食ったりして休憩。
目安として、ここには11時前には着きたい。

ダンナさん、カレシさん、
早起き頑張り所だね(^^)…


その後道の駅大子か月待ちの滝に行き食事。
(混んでいる可能性もあるので注意が必要。混んでいて飯に迷ったら、道の駅か常陸大子駅の観光案内所でパンフをGETしよう)

20161004_220359


その後袋田の滝と紅葉を見物。
夕方5時を回ったら森林の温泉に行こう。
ちなみにここでも飯は食える。

時間がなければ、風呂は月居○泉滝見の湯でも
道の駅だいごの風呂でも良いだろう。

予約した水戸のビジホには夜8時位に入れば良い。
この辺りはチェーンの居酒屋が多いが、
晩酌と酒の肴程度に済ませればよろし。


2日目は朝9時にはチェックアウトし、
混む前に、那珂湊のヤマサ水産の「海の駅」に行き
回転寿司を食べましょう。

20160321_130123


食後、那珂湊の市場で買い物を済ませる。
発泡スチロールは車に常備しておこう。
氷は貰える。


その後は、大洗水族館、
アウトレット&展望台
展望台やかねふくの工場など、
いずれかを見学したりして過ごし、

頃合いを見て大洗のカキ小屋や、その裏にある市場みたいな場所にてオヤツに浜焼きなどを食べ、
夕方4時前に帰路につくと良いだろう。

旅行慣れしている方は、
この逆の行程で巡っても良い。
予算が2000円余計に出せるなら、
帰りは那珂インターから常磐道で直帰でも良いね。。


尚、紅葉は11月の頭位からボチボチ見頃になる。
この時期に狙うのが丁度よいかもね。。。

この機会に、
魅力の無い県No.1である筈の
茨城県が、
本当にどうしょうも無い場所なのか、
ご自分の目で確かめに行ってみてください。
一部は観光地価格化しているものの、
まだまだ激安旅を味わえる余地を残している茨城…

絶対に、再び行きたくなりますよ。。。


ちなみに今年は、紅葉が少し遅れ気味だ。

参考に、筑波山の10月末現在の紅葉の情況
↓↓
20161026_120038

奥久慈はもうチョイ進んでいるかもしれんが、
筑波山はまだまだだった。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回も、
相も変わらない
救いようの無い
バカな貧乏旅行だったが、
2泊3日だった為か、予算ギリギリだった(^^;


ガソリン代 2600円
高速代(行き)1700円(軽・平日料金・お台場~厚木)
一日目昼食 1600円(まさのすけ・愛甲石田店=寿司)
鶴巻温泉足湯 ---円(駐車場は下記で一括計算)
一日目夕食 4400円(豊丸水産=居酒屋)
1泊目宿泊 3500円(三島グリーンホテル)
沼津港見学 0円
二日目朝食 1400円(沼津港=二色丼・キンメあら定食)
お土産・オヤツ 2600円(富士市内の静鉄ストア・道の駅等)
二日目昼食 800円(富士宮やきそば・静岡おでん)
浅間神社参拝 0円
久遠寺参拝 0円
2泊目宿泊 7300円(1泊朝食付き・ホテル123甲府)
二日目夕食 4200円(ホテル内食堂でお酒も沢山(^^))
おやつ・土産1000円(道の駅甲斐大和)
善光寺参拝 0円
ワイン史料館 0円
高速代(帰り) 1100円(休日割引・軽・大月~高井戸)
駐車場総計 1400円(1泊目の宿は駐車場1000円)
お賽銭総額 約400円
………………………………………………………………………
トータル34000円
1000円のお釣り(^^;
あぶないあぶない(|| ゜Д゜)
赤字になるとこだった(^^;

一日目、道を間違えたり、高速をケチらなければ、
もう少し有意義な初日だったでしょう。
初日は家を出たのが昼前だったのが痛かった(T_T)

予算は、酒さえ飲まなきゃ、
もう少し安くなるのたが、
旅に出たら、酒と食い物位は堪能しないと
正直やってられんわ


でもまぁ、セコさがここまでくれば、
普通なら浮気される事、間違いなし(T_T)

それが嫌な男子諸君は
後6000円足せば、
もうチョッちマシな旅行になるのでガンバレp(^-^)q

例えば
温泉好きな方は温泉代に回せるでしょう(^^)

どこかの見学費用に回すのも良いし、

高速代に回せば、時間が「買える」ので、
買った時間を有効に使い、
御殿場アウトレットや小田原城など、
もう少し色々なところを巡れるでしょう。

一日目の宿を、もう少し良い場所への
グレードアップに使うのも良いかと。

三島は、宿が割と安いので、後2000円出せば、
もうちょい広い場所に泊まれる。
但し、海の幸食いたいなら、
宿は素泊まりが良いかもしれない。


この決算報告をベースに、足したり引いたりして、
旅の予算を組み立てて戴ければ幸いです。


今回は、食い物にだけは非常に恵まれた、良い旅だった。
三島・沼津
いつかまたイキタイ…(´・c_・`)



今週土曜は、
茨城県土浦市で花火大会が行われる。
この花火大会の混雑はハンパでは無いので、
攻略法について、2~3記事を書いてみたい。

さてさて、この貧乏旅行での行程と予算について書いてみようかねぇ~

行ったのは丁度1年前位なんだケド、以前はこのあたりはしょっちゅう行ってたんで、記憶が混ざっているのだよ…

断片的な記憶を繋ぎ合わせて書くのでご了承を…


行ったのは3月末の日曜だったかな??
自宅を朝8時過ぎに出て、新4号を直進

この新4号国道は、たかが一般道と侮る事無かれ…

他の道との交差部分が立体交差になっている場所が多く、信号がとても少ないので、割とスムースに移動出来ます。

map


以前は上の表の様に、茨城県内の五霞あたりからから春日部まで一車線でしたが、今はこの「春日部古河バイパス」部分も全て四車線になっているので、五霞から古河迄の渋滞はそれなりに解消されています。多少は混みますが…

埼玉東部や千葉県から東北方面に行くなら、高速使うよりコスパはかなり良いかと。
…というか、高速は遠回りだし、千葉方面からは乗る必要ありません。

途中、上三川のジョイフル本田で休憩がてらガソリンを給油すれば、さらに安上がりになるかな(^^)
宇都宮市内、特に日光・鬼怒川地区はガソリンが少しだけ高いので、ここで給油すれば多少は予算を浮かせられますかね…

この時は渋滞も無く、昼過ぎに東照宮近くに着いて、そのまま湯葉定食を食べて…

東照宮脇の公営の有料駐車場に車を停め、
東照宮は周囲の見学のみで、輪王寺のみお金払って見学
ここまでで15時位

そこから車を走らせ霧降の滝へ…

途中、今市市内の道の駅近くの酒蔵に寄り、日本酒の試飲を家内にしてもらい、少量のみ購入(^^;

20150427_164805

これがその酒蔵。道の駅のそばなので分かりやすいかな
~
どうせ買うんだから、色々試飲しなきゃ損だと家内を煽っていたら、店のおっちゃん、苦笑い( ̄▽ ̄;)…


17時過ぎに今市のAEONと、鬼怒川のリオンドールに寄り、今夜の酒と肴を買い込み
(AEONでは豆腐や湯葉、厚揚げ、(酒以外の)飲料を、リオンドールでは会津の馬刺と湯葉刺し、日本酒少しとその他の惣菜1品、朝飯のパンを少し)

じゃらんで予約した激安宿に着いたのは19時位だったかと…



翌日は宿で朝風呂(温泉)に入り、パン食って軽く腹ごしらえして10時前に宿を出発、湯西川まで直行…

周囲を少しだけ散歩して、温泉入って…


13時過ぎに道の駅湯西川に寄ってダムカレー食って
鬼怒川に戻って来たのは15時前。

当時の趣味で、ここに寄ったかどうかは、俺の記憶がム○サメ研究所によって消されたんで定かでは無いが…
↑↑
(何言ってんだか…( ̄▽ ̄;)…)
俺のことだ…多分寄ったんだろう…

20141112_131539



ついでに鬼怒川の吊り橋にて見学と休憩…
16時過ぎに出発し、道の駅しもつけに寄りながら帰った様な。

多分このペースなら、自宅着いたのは21時位かと。
詳しくは、過去4回の記事を見てねん~(^^;


で、今回の総決算(概算)をば…

高速・有料道路…400円(日光道)
ガソリン代…2500円位
湯葉定食…二人で3800円位
駐車場…500円
輪王寺見学…二人で800円
酒・夕飯の買い出し等…3500円位
宿代…二人で6300円(素泊まり・各税込み)
湯西川温泉…二人で1000円
ダムカレー等…二人で1500円
その他、帰りのおやつ代等…1700円

合計22000円で収まったかと(^^;

以前なら、この宿はもうちょい安かった時期あったし、昼飯をワンランク落とせば20000円で収める事も可能。

H21年に行った時には最安値17000円で行けた記憶がありますな~
今はこの予算では無理でしょうが、工夫次第では20000円以内に納める事も可能かと。

具体的に言えば、湯葉定食を宇都宮インター近くにある宇都宮餃子にするか、大沢地区の蕎麦にすればコストダウンは可能かな…(^^;


最後、参加しているこのカテゴリーはB級グルメなんで、何か1品載せないとね…

日光といえば湯葉(湯波)ですが、その切り落としが安価で今市のAEONに売っています。
形の整った湯葉の半値で…(^^)
後は、鬼怒川手前にある農産物直売所にてキノコ汁が100円チョイで味わえます(^^)

気になった方々は探してみてくだされ。

売っていない日もあるので、その際はご了承ください…m(__)m

来月も、まだ余裕があるので2~3日に1度のペースで更新していきます。

ブログネタ
★旅行★ に参加中!
さてさて、過去2回は昔の記事の焼直しを掲載してしまいましたが、今回は今月に行った旅行の話題に戻りましょう。
ウチらが秩父に来たのは、とある食材を我々一般市民も買えるという店があるという情報を得たから…

それは、何かというと…


ジャ~ン(^|0|^)

ec81f3b1-s-1


そう、イノシシ

普通はレストランにしか卸されていないし、「足が早くて」←(痛みやすく、保存が難しい)なかなか買える店が無いのだよ(T0T)
売っているといわれている店でも
欠品している事もあり、
なかなか入手できん。。(〃_ _)σ∥
ジビエだからその辺は仕方ないのかな…(>_<)


28年前に三峰口あたりの奥地で猪鍋を、
5年前に定峰峠を秩父側に降りた場所にある店の猪肉うどんを、
食べた事があるんだが、
この時は共に運転だったんで、酒が飲めず…(T_T)


アアッ~猪鍋つまんでチチブニシキ飲みてぇ(^q^)


と、フラストレーションが溜まっておりました。



普通なら、
『じゃあ、どこか泊まればいいじゃね??』

…って話になるんだろうけど、
秩父の宿は、
最低でも1人2食付き¥12000前後…

まぁ、探せばモウちょい安いとこもあるんだろうけど、猪鍋を出してくれるような中の上の宿は、
もうちょいお値段が張る傾向にあるみたいで…

これではとてもウチらには手が届かん(T_T)


で、俺に残された唯一念願を叶える方法は、

猪肉とチチブニシキを買って帰って
自宅で鍋を作り呑む事…
(何も旅行の醍醐味は出先だけで味わうだけでは無く、こうしてみやげを買って帰って、旅行の「残り香」を味わうのも意義ある事かと思います(^O^)V…)


という訳で、
以前から売っている確率が高いらしい秩父市街地のお肉屋さんに行ってみた

http://yasudaya-shop.com/html/info.html

ここは豚肉の味噌漬けや、小鹿野にある直営の食堂でのワラジカツが有名みたいだけど、
肉屋さんも秩父市内中心部で営業しております。


HPでは、イノシシの味噌漬けの事しか書いてないケド、半冷凍の生肉も売っています。

20160301_120728


早速ショーケースを見たところ…


猪肉が並んでねぇじゃん…( ̄□||||!!


でも、一応聞いてみっか…

揚げ物コーナーのおばちゃんに聞いたところ、
おばちゃん、奥のお兄さんに大声で…

「今日、イノシシだせるの~??」

すると、お兄さん、マルのサインを出しており…

「あるってよ(^^)」


(*^▽^)/★*☆♪よっシャア~\(^-^)/

いゃあ~、聞いてみるもんだねぇ~


でも、100㌘¥750と黒毛和牛並の高価格なんで、
とても沢山は買えん(ノ_・。)

税込み1080円分のみ切って貰った(^^)


猪鍋は牡丹鍋の別称があるケド、
これは牡丹の花びらみたくキレイに皿に盛る量があってこその話…

ウチらにはそんな量は無理(^^;
ダシ出て、数口食えりゃそれで充分よ\(^-^)/

20160301_200324


肉の「模様」を見るに、
ウデかランプの部位みたいで…
バラが入ってりゃよかったんだが…


まぁ、この際贅沢は言えません。
とにかくGET出来てメデタシメデタシ(^^)


猪鍋の作り方を聞いたところ、
必ずゴボウだけは入れ、味噌仕立てで作る様に言われました。


近くのスーパーに車を停めたので、
そこで地物野菜と地元の豆腐、
そして、『チチブニシキ』をGET!!
20160311_113528


氷も沢山貰い、なるべく良い状態で保存。
この後、色々な場所に寄って道草をくいましたが、氷はも残る位保冷バックが冷えていたので、結果猪肉も傷まずに済みました(^^;…


その日の夜の帰宅後、速攻で猪鍋を作ります*(^^)

豚肉とク○ラ肉を足して2で割った様な深い味わい(^^)
いやぁ~美味すぎる(^q^)

若い頃から夢みた
チチブニシキ&猪鍋とのコラボレーション…

やっと25年来の夢が叶いました( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

20160301_211941


日本酒の1杯目は武甲、
チチブニシキは2杯目から(^^)

やっぱ、折角の機会だから、
日本酒も二種類試したいからね♪


次行く時は、コンロ持参で現地で食ってやるゾ(^^)/
勿論、味噌は秩父味噌。醤油はキッコーサクライで…

(今回の旅行の総費用)
ガソリン代1500円
高速・有料道路代1500円
昼飯代1500円
越生梅祭り1100円
梅干し400円
満願の湯夜間入浴1200円
おっ切り込み700円
酒+おつまみ2500円
「健全じゃない宿」代5000円
豚みそ丼1800円
野菜・蒟蒻・酒などの土産代2200円
猪肉1100円
御賽銭…400円(^^)
温泉水費用…400円

総計21300円
1300円の超過~
次の給料日のお小遣い配布日まで財布の中身持つのかよ~(T0T)

↑このページのトップヘ