関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

Category: 男の手料理・酒のツマミ・自宅メシ(みんチ魔神編)

最近は、大御所様が記事をUPする日は、
こちらは更新を控えているのだが、

少しクソ記事が貯まって来たので、
放出させて頂きます。。。






先日、
字が読み辛いという貴重なご指摘があった。

livedoorブログは、
通常文字のサイズを大きくするのが、
チョイと大変なのよ…
アプリの仕様が変わってから、
さらに大変になった。  


今日は文字を少し大きくして、チョイと試験的に書いてみたい。。。手間かかるが😓




さて先日、
またまた『暴走半島』まで行ってきたので、
おどやに寄って魚買ってきた。
今回は珍しい『まとう鯛』をゲット
  


20190714_203947


一匹、税込

480円!!



このまとうだい、他の鯛とは違い、
ウロコが殆ど無い‼


だがヌベヌベするわ、
包丁が入りにくいわで、
ちょっち大変なのよ


20190714_204315




柔らかくなっている部分に包丁を入れ
全体に包丁を入れてから、
ペティナイフに持ち替え、
身を剥がす感じ。  



20190714_204417



後ね、、、
尾びれ背ひれが結構鋭く、刺さると痛いので、
落としてから下ろしたほうがいい。


他に特徴はというと、まとうだいは肝臓がかなり大きい。
これは茹でて食べられるのだ‼️


20190714_210101



まぁ肝は苦いので好みが別れるわな



とりあえず、辛うじて三枚おろし



20190714_205731




刺身は皮をつけとけば翌日までは食える


他に鯛のアラも買ったので
ワンパターンに刺身とアラ煮、
アラ汁で



20190714_220402



マトウダイの身は淡白に感じるが、噛めば噛むほど味があります。

やはり肝は苦めかな、、、

他の鯛に比べ、歩留まりが悪い。
下手くそな俺が下ろすと尚更ダメだ❌


他の買っておいた鯛のアラは、
一部中落ちみたいにして食べたが、
養殖だからか脂の乗りがよかったなぁ、、、


それにしても、
相変わらず画像、北習志野だなぁ😧



そうそう、1回1回
文字でかくするのは大変😓
次回から元に戻そう😓😓😓

10月末のとある日、
某ディスカウントショップを見ていたら、

凄いモノが、あり得ない価格で販売されていた。


なんと、
安部氏とプーチン氏の会談時に飲まれて、
一般的にも名を知られる様になった銘酒
獺祭 

この超高級日本酒が、
ありえない価格で売られているのを見つけてしまった野田よ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


20191030_134222


180mlしか入っていないが、
なんと

398円+税     

しかもなんと、純米大吟醸‼️


いつもは2L入り紙パックで800円以下のものでさえ
なかなか買えない五流プロレタリア階級の盆Bな俺…

勝ち組支配者ブルジョア階級しか飲むことが出来ない高級日本酒『獺祭』を飲むチャンスは、
一生のうちこの1回だけであろう。。。


出会いは一期一会、、、
それに外食すると思えば安いものだ。

ここは悩む事無く買いだな‼️



で、これだけのランクの日本酒。
当然、今すぐ飲みたいのが呑んべえの悲しい性…


この日の晩飯は、レトルトカレーの味比べを予定していたが、予定を急遽変更❗

やはりそれなりのランクの酒には、
それ相応の酒肴が必要だ。


という訳で、スーパータイヨーに一直線!!



ここ数ヶ月の不漁、及び台風15&19号の影響からか、

暫く銚子直送の激安地魚が店頭に並ぶ事が無かったが

この日は悩む位に豊富な種類があった。


特に、珍しい尾赤鯵は、脂が乗って非常に美味い。


が、酒が酒だけに、
やはりここは白身魚をセレクトするべきか、、、


って事で、2匹150円の花鯛と、
1匹150円程のヒラメをゲットした。


20191029_182920


さて、ヒラメの漢字は『鮃』
まさに名は体をあらわすとはこの事だなぁ、、、

と、妙に感心しながら、下ろすのは産まれて初めて


ク○クパ○ドを見ながら、恐る恐る下ろしてみたが

20191029_183159


20191029_184153


やはり案の定、グチャグチャの北習志野状態にになってしまった😓

20191029_185721


上半分は刺身、
下半分と、分解して外れてしまった部分は煮付けにまわす。

20191029_190231


鯛は刺身とアラ汁はお約束。

20191029_201654


20191030_133811



共に残った刺身用の冊は昆布締めにし、
翌日と翌々日の楽しみに取っておく。




さて、獺祭は、
やはり半端無い。

少し飲み慣れない味がしたが、
甘さ、ふくよかさ、のど越し
何れも半端ございません。。。
恐れ入りました。

ヒラメの刺身や煮物を口にし、
数滴程の獺祭を舐め、目を閉じれば、
まさに藪の中にある高級で凜とした和室と、
和服を着た御給仕さんが見える。。。

まさに、料亭だ‼️

そして、
チェイサー代わりである、薄めの緑茶ハイを流し込むと現実に引き戻されるという、永遠のループが止まらない(完璧アル中だな。。。😧)

さて、静岡のご当地チェーン、さわやかのハンバーグに行った時の記事を読み返したり、
ビッグボーイの事を書いていたら、
無性に肉々しい『さわやかのハンバーグ』が食べたくなってきた🤤



だが、千葉ケンミンの俺が静岡にある『さわやか』まで行けるのは、数年に1回あるかないか、、、

ビッグボーイでさえ高級店になるうちらにとって、
さわやかのハンバーグは、そうそう食える代物じゃないのだよ、、、


仮に静岡まで行けたとしても、松戸の超有名ラーメン店の『とみ田』並に攻略の難易度が高いので、旅行の中心にでも据えないと、ありつける保証は無い。


食べたいのに食べられない、、、


それではあまりにも悔しいので、
出来る限りの資料を集め、
自分なりにチャレンジしてみる事にした。

(本当はチャレンジ前に、グンタマチバラキチェーンのフライングガーデンの爆弾ハンバーグも久々に食べて試してみたかったが、いかんせん予算が😓、、、)



まずは材料をゲットする事から始まる。

今は、安い牛肉のブロックって、なかなか売っていないんだよ、、、


とりあえずは、
精肉の激戦地、
千葉ニュータウンエリアへ、、、
20190903_193518




さわやかで使われる肉は、
HPを見るとオーストラリア東南部産アンガス牛の120日穀物肥育(グレインフェッド)の冷凍牛で、ステーキにも使える部位を含んでいるとか、、、


さわやかの動画を見ると、
モモ肉のランプ、シンタマ、シルバーサイド(ナカニク)らしきものがコンベアで移動する様子が見られた。(ウデ肉にも見えなくもないが、、、)

この際、60日や90日のショートグレインでも構わない

同じようなモノを予算は100g150円以下で欲しい。


千葉ニューエリアで二軒ほど覗いてみたものの、

100g180円と、コスパ的にはイマイチ、、、
(ウチモモのローストビーフ用だから、安全面では一番向いてはいるが、、、)


最後の頼みの綱、BigHopのロピアを覗いてみたら、
あらあらあら、
オージーの牛肩肉が特売じゃないですか、、、‼️

切り落としもブロックも、
なんと

100g100円‼️


切り落としで作る方が手間はかからないが、
ここはあえてブロックを選択。
理由は簡単。


なるべくレアで近い状態で食べるには、ブロック肉はスライスよりも衛生的な上(しゃぶしゃぶにする分には問題無いが、生食ならスライスものは禁忌)
肩肉の中でも高級部位であるミスジ入りのいい部位が入っているモノを見つけたからだが、

一番の理由は、

ブログ的に絵になるからだ(^^;


まぁ、さわやかのハンバーグを作るならモモ肉だが、
この際同じ赤身の肩肉でもいいや、、、
ハンバーグ作るなら、本来はモモ肉より肩の方が向くからね、、、


という訳でゲットし、早速自宅に帰る、、、

20190902_171043



さぁ、とりあえず整形(掃除)してみましょう。

20190902_173547

うん、
これならイケそうだな、、、


さて、
とりあえずカタサンカクの端とミスジとを分解。
ひっくり返すと、結構脂が多いんだよね、、、


20190902_173605


20190902_173708



さわやかのハンバーグは、ステーキやローストビーフにでも使える部位をハンバーグにするのが約束事。

20190902_173737



カタサンカクに付属するここは脂身も多く硬いので、ステーキには使えないので、カレーにでも回すか…

それにしても凄い脂身、、、
オージーの脂はあまり美味しくないので、
とりあえずカットして捨てよう。

20190902_173812

サンカク側はカレー用に冷凍。
後からでる筋も冷凍だ。

20190902_173943



ミスジはステーキにも使われる部位なので、これを主材料にしてみよう。

20190902_174215


ミスジの裏には脂とスジが沢山
脂をまず取り除くと、

20190902_174256

下にスジが見えてくるので、それを取り除く。

20190902_174512



お肉屋さんを離れて25年経つが、
まだまだイケるかな(^-^)
スーパーのバイト位で雇ってもらえるかな。。。😱

20190902_174703


掃除終了❗
ここからミスジの良い部位は、
後日ステーキに回す為にカットする。

20190902_174809


よくコストコで売っている、
トップブレードステーキと同じ奴になる。
コストコのはアメリカ産でグレードは上たが、
オージーでも和牛の脂で焼いてやれば、悪くはない味に仕上がる。

コレは後日のお楽しみ♥️早速冷凍保存ダ❗


さて、残りの部位は、
ミスジの間に挟まっている太い筋を取りのぞきましょう。ミスジは身が厚い部分に行くにつれ、スジも太くなるので、上手く取り除く事が大事だ。

20190902_174855

さわやかのハンバーグは密度が高く肉々しいながらも
筋っぽさは全然無い。
高性能な挽肉専用の『ブッチャー』が無い家庭では、筋をキレイに取り除く事が、さわやかに近づける為の条件だ。
さて、これで第一段階終了。

20190902_175027

分解した全ての部位。
ハンバーグは筋を取り除いた上2つを使用する。


ここから先は、常にまな板と包丁を洗った後、
アルコール消毒をしておく事をオススメする。
手も流水でよく洗い、アルコール消毒をしましょう。



消毒の為、塩水に浸けて数分経った後、流水で洗い流す。塩水は消毒になるからね、、、
20190902_180535


さわやか程の衛生管理は無理だが、これもやらないよりはマシだ。




さわやかの動画を見ていると、
何やら白い部分も一緒にミンチしている。
脂は多少付いていても良いのかな、、、⁉️

つなぎはほぼ使わないから、粘りを出す為には脂身は必須だろう。
だが先程書いたが、オージーの脂は美味くない。

という訳で、オージーの脂は全て取り除き、
代わりに和牛の脂をごく少量混ぜてみた。

これを細かく切り、冷凍庫で締める。
冷凍庫で少し固めたら、細かく切りやすいからね、、



細かく切っては練って、冷凍庫で締めて、
これを三回程繰り返す。


20190902_183739


20190902_175856


20190902_183813


2回目が終わった後、
多目の塩コショウとナツメグ、
黒コショウとごく少量のシナモンパウダーを混ぜて
また包丁でたたく。
粘りが出るまで続ける。


恐ろしい手間、、、💧
フードプロセッサーで挽肉にすると楽だが、
わざわざ手間かけて包丁で細かくするのは、食感を残す為だ。


さわやかのハンバーグは、パン粉や玉子などのつなぎは無いが、脂身だけでは辛い。

って事で、玉ねぎを擦ったものをレンジにかけ、少量だけ混ぜてみる。
20190902_180908



残りの玉ねぎすりおろしは、日本酒少量とポン酢、ニンニクすりおろし、レモン汁、焼肉のタレ少量と混ぜて、オニオンソースにまわす。

さて、冷凍で少し固める→包丁でたたくを
3回繰り返す。
最後よく練ると、粘り気も出てきます。

最後は冷凍庫で少しだけ寝かせる。
20190902_195311



後、冷凍庫で眠っていた、肩ロースのステーキもついでに食べちゃいましょう。
これはアメリカ産。


さて、いよいよ焼いてみましょう。

20190902_201907


いい感じだな、、、形は崩れず。
ひっくり返して2分経った所でステーキも焼く。

20190902_202038


さて、めんどう臭いんで、
盛り付けず、フライパンのまま出してみる。
フライパンの底には、電気式の保温プレートを使用。
あまり熱くはならないが、無いよりはましだ。
20190902_202624



焼き時間は、強火で2分、ひっくり返して強火で2分
最後蓋をして弱火で4分だったが、

まだかなり生っぽい。。。

20190902_203017


さわやかの衛生管理ならこれでも問題は無いが、
さすがに怖いので、800Wのレンジで30秒チン。

今度は火がちょっと通りすぎたな、、、
20秒でもいいかも。

20190902_203405




味は、、、
さすがにさわやかソックリという訳にはいかないが、
同じ系統の味と食感はそれなりに楽しめる。

充分に練ったから、型崩れはせず上手くいった。


作ってみて判ったが、
さわやかはハンバーグ自体の密度はかなりのものだ。
余程圧縮されて、ギュッと詰まっているんだろう。

濃厚な味は、モモ肉そのものだ。

さわやかのハンバーグは、
牛のタタキのハンバーグバージョン、
ユッケのハンバーグみたいな感じを目指しているんだろうな、、、




(画像はさわやかのハンバーグ。
これくらい火が通るケースもあるので、
生にこだわる必要は無いな、、、)
↓↓
20190824_115141



さて、ポイントを今一度整理。

・少しでもさわやかみたいなレアを楽しみたいなら、
とりあえずブロック肉を買う。

・ブロック肉のスジや脂はなるべく取り除く。

・肉は塩水で洗い流し、さらに流水で洗い流すし、
水分は清潔なキッチンペーパーでよく拭き取る。

・包丁、まな板は必ずアルコール消毒を頻回に行う
手もよく洗い、出来れば使い捨てビニール手袋を使う

・細かく切ったら冷凍庫で表面だけ固め、更に細かく切る。これを3回は繰り返す。

・つなぎは、和牛の脂は少量だけ細かく切って加え、
玉ねぎをすりおろしてレンジにかけて冷ましたものを少量加える。

・タレは玉ねぎのすりおろしにポン酢、焼肉のタレを少量、出来ればリンゴのすりおろしを入れる。

・表面は強火で両面を良く焼き、ひっくり返したら弱火で蓋をして3分以上。


・もし焼き加減があまりにも生すぎたら、
潔く800Wのレンジで30秒加熱する。決して無理して生を食べない。
さわやかのハンバーグがミディアムレアだとしたら、ミディアムに近い位を目指そう。



とりあえず、
運悪くさわやかにハマってしまった関東民は、
このやり方で『さわやか』を食べられない欲求不満を幾らか解消出来るとは思うので、参考にしてみてください。
但し、恐ろしく手間かかるけど、、、((((;゜Д゜)))





さわやかの衛生管理を見ていると、
10年以上前に起きたBSE問題と、
何年か前に起きた、牛ユッケの0157問題をかなり意識している様に思える。

衛生管理の対処方法を、生で食べる事を前提としたこの2つに準拠させれば、軽く火を通したハンバーグなら尚更安心して食べられるという理論、、、
これは理にかなっていると言える。

内臓に近い部位の徹底除去や肥料の安全性、
味は良いが、生では多少の不安があるアメリカ牛には手をつけずオージービーフに拘り、しかもそれを素早く冷凍して輸入。
1日分だけを解凍し、更にその表面を高熱で炙りってその内部を使うやり方がそれを端的に現している。

これも、さわやかハンバーグの持ち味である、
なるべく生に近い状態で、安全に食べられる方法を継続する為に、模索した結果だろう。

こうした努力が今日のさわやかブームを支えているのだろう。。。


逆言えば、この2つの事件や事故が無ければ、
さわやかは山梨県の甲府エリアや愛知の豊橋岡崎市エリアあたりまでは進出していた事だろう。
(セントラルキッチンのある袋井市は御殿場よりも愛知の方がうんと近い)

が、この2つの事件事故があった為に静岡内部のみでの展開となり、
結果、静岡でしか食べられないというプレミアム感でここまでの話題性を得るに至ったといっても過言ではない。

世の中、何がどう転ぶかはホント解らないよな…

ピンチをチャンスに結びつけたさわやかの底力…
おそれいりましたm(__)m‼️

群馬から埼玉にかけての、
スーパーに置いてあるソウルフードの1つがコレ

20180617_203237


金華亭ホルモンだ‼️

他のモノに比べ、若干臭みが少ない様に感じられる。

コレは始めから味がついているので、
フライパンで数分焼くだけで良いが
俺はコレを鍋に使ったりしている。

酒、みりん、砂糖、味噌、醤油は少し足す位で良いし
なによりも鍋にすりゃ野菜が沢山摂れるからね、、、

勿論ネギは深谷ネギor下ネタ…いや、下仁田ネギ、
コンニャクは群馬or秩父産のモノ、
豆腐も群馬や秩父の美味しい水で仕込まれた地物を使えば、
高崎線沿線民のソウルフードが完成だ‼




以前は群馬&埼玉旅行の土産として、時々買って帰っていたが、

近年は、千葉に侵略しつつあるスーパー
ベルクやベイシアにて販売しており、
別に珍しくも何とも無い品になってしまったのだ
(@ ̄□ ̄@;)!!


が、美味い事には変わりは無い‼️
さぁ、チバラギケンミンよ、
たまには埼玉&群馬の味を楽しんでみてはいかがかな

この味が良さ分かれば、
キミは明日から、立派なグンマ~だぁ(^^)

※昨日の記事は、一部内容に間違いがあったので削除しました。

さて、今回は白井市がネタなので、船橋の番外編ってことで、、、



俺が月4回通う白井市のスーパー、
タイヨーさん。
茨城の企業なんだけど、千葉北東部にも店舗を展開している。

このタイヨーさんの強みは、
自社で漁船を持っていること。

その恩恵というのは半端ない。
地魚が、あり得ない値段で売っている事が多々あるが

時には、他のスーパーではあまりお目にかかれない、こんな魚が売っていることがある。。。

20190512_165128


ホウボウという魚、
チョイとグロい見た目だが、
白身魚で意外にイケるんだよ。

他には、カレイとか鯖とかイワシとか、
100g15円~40円以下で買える事がある。

今回はイワシも激安だったが、
何故かホウボウにしか目が行かず、、、


結構水揚げがあったからか、
この日は100g35円と、投げ売り状態。

白身魚って多少日持ちする上、市場の休みである日曜日に売っているモノにしては、なかなかの鮮度。

これなら刺身でも行けるでしょ、、、
早速購入だ\(^^)/
(刺身で食べるのはあくまでも自己責任で…)


まずは頭を落とし、エラと内臓を取り除き、
よく洗う。

結構歩留まりがいいな、、、

20190512_165501


俺は魚を下ろすのが下手なんで、
5枚に下ろしたら骨に沢山身がついてしまう。
身はボロボロ、たたきにしかならんわ、、、(--;)

20190512_170728


でもそれは折り込み済み。
これらは煮物に回す。

頭と皮は少し茹で、臭みを取ってから、
グツグツと煮て鍋風の味噌汁に、、、

20190512_170724


ワラサは柵で購入。あまり安くはなかったが、
明日も食べるしね、、、
スーパーてらおで買っておいた、
『マグロはじっこ』も1つ解凍。
半分は今日食べる。

20190512_195031



今日は刺身三昧だな、、、

刺身は少し残しておき、
ミニ海鮮丼だぁ

20190512_202948



他県から来る方に、
タイヨーに連れていってみたいよ。。。


↑このページのトップヘ