10月末のとある日、
某ディスカウントショップを見ていたら、

凄いモノが、あり得ない価格で販売されていた。


なんと、
安部氏とプーチン氏の会談時に飲まれて、
一般的にも名を知られる様になった銘酒
獺祭 

この超高級日本酒が、
ありえない価格で売られているのを見つけてしまった野田よ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


20191030_134222


180mlしか入っていないが、
なんと

398円+税     

しかもなんと、純米大吟醸‼️


いつもは2L入り紙パックで800円以下のものでさえ
なかなか買えない五流プロレタリア階級の盆Bな俺…

勝ち組支配者ブルジョア階級しか飲むことが出来ない高級日本酒『獺祭』を飲むチャンスは、
一生のうちこの1回だけであろう。。。


出会いは一期一会、、、
それに外食すると思えば安いものだ。

ここは悩む事無く買いだな‼️



で、これだけのランクの日本酒。
当然、今すぐ飲みたいのが呑んべえの悲しい性…


この日の晩飯は、レトルトカレーの味比べを予定していたが、予定を急遽変更❗

やはりそれなりのランクの酒には、
それ相応の酒肴が必要だ。


という訳で、スーパータイヨーに一直線!!



ここ数ヶ月の不漁、及び台風15&19号の影響からか、

暫く銚子直送の激安地魚が店頭に並ぶ事が無かったが

この日は悩む位に豊富な種類があった。


特に、珍しい尾赤鯵は、脂が乗って非常に美味い。


が、酒が酒だけに、
やはりここは白身魚をセレクトするべきか、、、


って事で、2匹150円の花鯛と、
1匹150円程のヒラメをゲットした。


20191029_182920


さて、ヒラメの漢字は『鮃』
まさに名は体をあらわすとはこの事だなぁ、、、

と、妙に感心しながら、下ろすのは産まれて初めて


ク○クパ○ドを見ながら、恐る恐る下ろしてみたが

20191029_183159


20191029_184153


やはり案の定、グチャグチャの北習志野状態にになってしまった😓

20191029_185721


上半分は刺身、
下半分と、分解して外れてしまった部分は煮付けにまわす。

20191029_190231


鯛は刺身とアラ汁はお約束。

20191029_201654


20191030_133811



共に残った刺身用の冊は昆布締めにし、
翌日と翌々日の楽しみに取っておく。




さて、獺祭は、
やはり半端無い。

少し飲み慣れない味がしたが、
甘さ、ふくよかさ、のど越し
何れも半端ございません。。。
恐れ入りました。

ヒラメの刺身や煮物を口にし、
数滴程の獺祭を舐め、目を閉じれば、
まさに藪の中にある高級で凜とした和室と、
和服を着た御給仕さんが見える。。。

まさに、料亭だ‼️

そして、
チェイサー代わりである、薄めの緑茶ハイを流し込むと現実に引き戻されるという、永遠のループが止まらない(完璧アル中だな。。。😧)