地方漫画と言えば秩父を舞台とした『あの花…』や
大洗を有名にした『ガルパン』が有名で、
ともに『巡礼客』を多く獲得していたなぁ、、、


が、しかし
コロナで大幅に世の中が変わりつつあり、
結果、観光というものが急速に衰退している。

観光振興の一部であるB級ご当地グルメの世界も、
当然影響を受ける訳でして。。。

どうしようか散々迷ったが、お蔵入りのままにして後で後悔だけはしたくない。



…という訳で今回からは、
昨年夏前にロストした栃木ネタと、
とある漫画に掲載されている、ご当地グルメネタを3つばかり合わせて、昨年9月末に攻略してきた時の話を、備忘録を交えながら『巡礼スタイル』を取り入れて書いていくことにした。

20190816_190704


宇都宮餃子や佐野ラーメンは当然として、
耳うどんや大根そば、
いもフライやしもつかれ、
日光湯波やじゃがいも入り焼そばなどはとっくに攻略済みであるが、
まだまだ俺は甘かった。。。



この漫画は、
B級ご当地グルメファン&観光好きの俺にとっては、
なかなかの情報の宝庫だった。

ちなみにこの漫画は、『翔んで埼玉!!』のような地方ディス&自虐系漫画というよりも、
地方アルアルの側面が強い。

絵柄も『おまグン』みたいに個性的過ぎず、無難に一般受けしそうなタイプ。
俺と同類のヲタには馴染みやすいだろう。


しかし、、、

ライバルの他県に(この漫画なら群馬と茨城)に対し、
並々ならぬ『敵対心』を持っている事をネタにするのは、もはやこの手の漫画のスタンダード。


当然この漫画でも例外に漏れる事なく『約束事』がキッチリと守られている( =^ω^)

20200218_203807


栃木サイドのお嬢ちゃま達、、、事あるごとに😅
↑栃木vs茨城
↓栃木vs群馬

20200220_224350


ちなみにグンマサイドの立場から見た、
群馬vs栃木は、こうだ❗
双方一触即発、、、(--;)
↓↓
20200221_124711



これはまさに、コロナによる地域分断の下地か⁉️

…まそんなアホな事はともかく、、、😅


これらの漫画は『巡礼』が即『観光→グルメ』に結び付くので、
俺みたいなクソブログ読むよりは余程役に立つ
(場所の所在地は自分で調べる必要はあるが…)


さて、旅の話をおっ始めますか、、、
朝メシ軽く食ってから出発し、
ひたすらR294など一般道を北に北上。


栃木入りする直前、
茨城の下館(筑西)あるに道の駅に寄り、
とあるモノをついでに攻略するつもりだったが、、、
(ここはまだ茨城県内だが、このエリアはほぼ栃木)

まだ目当てのB級グルメの店は開店しておらず、
残念ながらロスト😭


20190929_093655


まぁ、ここはまた帰りに寄るからいいや、、、


それはそうと、
ここの冷凍食品コーナーで
噂のアレを発見してしまった、、、


20190929_094150



しもつかれ餃子、、、

栃木部にも出てきた谷津(奴)だ‼️
一体どんな味がするんだ⁉️

挑戦してみるチャレンジャー求む\(^-^)/


他には、箸に巻いたタイプのお好み焼きを発見❗

20191002_195301

味小町という商品名がついているが、
実質上のお好み焼きだ。

お好み焼きのルーツの1つは、どんどん焼き
この箸で巻くタイプは、東北ならではのモノ。

つまり東北文化の最南端が、茨城と栃木の県境に存在すると考えれば、これを食べただけで東北の気分を感じられる、、、かもしれない😅

そう考えたら、絶対得した気分になれる。。。
(ま、味は想像そのまんま立ったが…普通に美味い。写真撮り忘れが痛い)



で、時間が押していたので、ここに寄った後は、
とりあえず塩原にそのまま直行❗



船橋から塩原行くなら、
R294~408と、矢板から塩原へ続く県道を使えば、
ショートカットで快適に行ける。
休憩1回で四時間チョイで着くよ、、

高速よりは時間はかかるが、
一時間位しか変わらない。
こちらは距離を大幅にショートカットできるからね…
高速使う方々は、外環~三郷から常磐道~谷和原で降りて一般道がいい。


さて、やっと塩原着。
道の駅ゆのか塩原の、道路を挟んだ反対側にある、
案内所みたいな所で、
この日限定の無料入浴チケットをゲットした。
(このイベントは2020年は中止)

20190929_124859


ゆのか塩原に、塩原名物のとて焼きがあるとの情報を得ていた為探してみたが、
これはガセだったみたい。。。

その代わり、面白いモノを見つけた。

これは次回ね、、、