今日はエイプリルフールなんで、
少し脳内ネタを書いて見ようかと、、、



物産展といえば、
たまに東北や北陸や京都が取り上げられるようだけど

ネコも杓子も




北海道

九州

沖縄     


ばかり、、、😅


これらはちゃんと物産展の開催情報を集めさえすれば年に何回も食べるチャンスがある。


確かに確実に客は呼べるかもしれないが
あまりにもワンパターン🐶
これでは俺的には面白くはない。。。ってか、


タップリのウニ、イクラの載った、
3000円クラスの海鮮丼弁当、、、😓
1個500円するカニコロッケ、、、😓😓

んな高価なモノ、俺が食える訳ないし、、、

数年前は、2年に1回位は珍しがって食べていたものの

この手の演出は、
正直飽きた



俺的には、山陰とか、名古屋とか、
そこらへんのあまり取り上げられないモノを食べてみたいのが正直なところ、、、

こう思っている方、意外に多いかと思う。



そこで俺的には、
北関東物産展を提案したい


20190329_193152



え、、、
そんなモンやっても、
誰も来ねぇよ…って⁉️


…まあ確かに、北関東各県は、
某企業による調査では、
魅力度ランキングの下位常連ではあるが、


20170909_215108-1-1


近年は、逆にそれをネタとしてTVでは多数取り上げられており、
当然の如くご当地フードもふんだんに取り上げられている。

20170909_213136


俺はまだ、プラッと旅に出てこれらのモノを食えるが、
そうでない視聴者は沢山いるだろう、、、


つまり、
TVであれだけ宣伝されているのにもかかわらず
一部の視聴者には食べるチャンスが与えられてはいないのだ、、、

したがって、放映を観るだけで、
諦めて指を咥えて観ているしか無い🤤


が、代替え手段を探しに、
スマホなどで検索しまくるのが今のご時世。。。


その証拠に、
俺のこの記事は、何て事の無い記事だが、
2番目にアクセスを稼ぐ記事に成長した。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/28079931.html

食べる手段が無い=行けないのなら、
いっそ作ってみよう、、、ってなる訳さ‼

このアクセス数は、作る手間かけてでも、どんなものか食べてみたいって意思の現れ。。。


本来、物産展の原点は、
現地に行けずとも、ご当地の味を味わえ、旅の気分に浸れる、、、
食べてみたいものを提供する事だった筈なんだけどね

ニーズに答えきれておらず、
ミスマッチを起こしているってことになるな、、、


『そんなに食いたきゃ、グンマも茨城も近いんだから、行けばいいじゃないか⁉』
…と思われるかもしれないが、


北関東のように中途半端に近いと、
草津や水上、日光や那須あたりはともかく、
わざわざ行こうとする方は少ない。

1泊だと近すぎるし、
日帰りだと少し遠い。
つまり、旅行の対象にはなりにくい。



これって、新しく『隙間需要』を掘り起こすチャンスじゃね⁉️


しかも、
TVであれだけ何度も取り上げられているんだから、
知名度はバッチリでしょ👍



厳密に言うと、
北関東の物産展に似たようなイベントは、あるにはある。


だが、何故かこれらは、北関東の地元百貨店等で開催されてばかりで、なかなか他所では開催されない。
↓↓
http://gunma-omotenashi.jp/2017/02/17/北関東3県物産展/

例外として、ここ2~3年の間に、川越や八王子、サンシャインシティや恵比寿、新宿、浅草などで、
僅かながら開催されるケースがボチボチ出てきてはいる。

遠方では神戸や岡山などで開催された事があるものの
普通に大手百貨店で開催された実績は、
今のところ見当たらない。

参考資料。。。都内のスカイツリーで行われたイベントのチラシ
↓↓
kitakanto4


kitakanto3



だが、俺の独断と偏見では、

物産展は大手百貨店で開催されてナンボ

かと思っている。


もう少しなんとかしてくれ(*`Д´)ノ!!!
、、、って思うのは俺だけ⁉️



ま、んな訳で、
北関東物産展にて、

何をどう出品するか、
俺なりに、勝手に脳内プランを作らせてさせていただきましょう。


想像だけならタダだし、
誰にも迷惑はかけないっしょ、、、


尚、脳内の想像の為、
具体的な店名や商品名については、一部伏せさせていただきます。。。




さて、
開催される場所は、某池袋の百貨店

なぜ池袋かっていうと、

埼玉県民が多いから


何故埼玉県民をターゲットにするかというと、

埼玉は北関東から近く、
小麦系の食文化が似ているし趣旨を理解されやすい。

しかも埼玉と北関東は、
遠くて近い、近くて遠い立地なんで、
『わざわざ食べに行く程じゃないけど、この際食べてみたい』という客ばかりではなく、
『以前食べた事があるが、もう一回食べてみたい』
という客層をもターゲットに出来る好条件かと思えるからだ。



まずは栃木コーナー


土産物屋やスーパーの実演販売で良く見掛け、
簡単に買えたり食べられたりするが、
まずは宇都宮餃子は外せないな、、、

有名なみん○んさん、誘致出来ないかな⁉️

20180816_201540


日替わりで各名店の餃子が買えたりすると面白いかもしれないね、、、
リピーターを呼ぶ仕掛けにはなる筈だ。



実演販売には、
佐野のいもフライなんてピッタリだろう、、、
超有名店は無いが、そこは観光協会や市に仲介してもらって…

20160614_154702


ここも毎日担当店舗を変えるのも面白いかも。

なんせ店毎に味が大分違うので、
食べ比べるのも面白い。

いもフライは冷めても美味いので、土産にも向くでしょう。
メインにはなり得ないものの副菜にはなるので、
こちらもついで買いが期待出来る。

1本単位では物産展のシャバ代をペイ出来ないので、
5本700円位のまとめ売りか、、、



栃木は酪農天国。
したがって乳製品や加工肉も凄い。
千○松牧場とかにオファー出せないのか⁉️
あそこは、イチゴのジェラートも美味いし、、、


後、日光には駅前に湯波の揚げ饅頭があったな、、、
あれなんか、いい実演販売になるかも。。。

20161112_112506



定番の甘味からは、御○邸のチーズケーキ
PAとかでも買えるし珍しくは無いが、有名な定番品も品揃え的には必要かと。



日光からは、炉端漬けは定番だが、
名門である金○ホテルからの出品も欲しい。

後は那須や大田原の牛肉。
お弁当系なら、日光の鱒寿司や霧降高原牛の弁当など

とりあえず、これで栃木ブースだけで10店は確実に埋まるだろう。




さて、次は茨城。

ここは北関東唯一、海があるので、
これを中心に攻めたいが、

それ以外のモノもアピールしたい。

そこで、奥久慈軍鶏弁当の
玉○旅館さんなんて如何かな⁉️

20160913_134032


そして、水戸駅の黄門弁当‼️


33a16672-s-1

黄門さんは誰でも知っているから、
インパクトは絶大だろね、、、
花見にも向くビジュアルの弁当だ。



後は、海鮮チラシ系を少し置いておけば間違いない。

鯖の水揚げは日本一なので、鯖の押し寿司などをラインナップ。

千葉や神奈川よりも安くて美味い事を上手にアピールする戦略が必要かと、、、

茨城といえばあんこうだが、
この唐揚げも珍しくて良いんじゃないかな、、、

あんこう鍋をみそ汁仕立てにした、
アンコウ汁を立ち食い形式で出すのも魅力的かと。


甘味系は、
つくばのコー○ダジ○ールと、
TVで一時話題になった貝塚ポ○ト、
し○乃のドラ焼きに頑張ってもらいましょう。。。

image





さて、群馬からは、
群馬三大弁当を主力にしてもらいたい。


横川の某釜飯や高崎の某だるまさんの弁当は珍しくは無いが、そこは群馬の代表選手。
お客さんを納得させる上で、定番としてラインナップから外す訳にはいかないけど、
群馬の真のソウルフード弁当である、某鳥めし弁当を誘致しなきゃな、、、


20170610_100629



飲食ブースでは、ひもかわでも良いけど、
折角ならココに頑張ってもらいましょう。。。
↓↓↓
TVで何度も何度も取り上げられながら、
群馬からは流出した事が無い、高崎パスタの名店
『シ○ンゴ』

20161224_205518


ここ数年で何十回もTVで取り上げられ、
映画でも実名で出た程の有名店。
まさに高崎パスタの代表格‼️


それが県外初遠征となれば、
最低1時間待ちの長い行列は必至かと、、、

もちろん、
シャ○ゴ風スパゲッティーとベスピオの二大名物で。

ここのパスタソースはセントラルキッチンで作られているのだから、それを持ち込めみさえすれば、出張は容易な筈だ。




実演ブースは焼きまんじゅう。
香ばしい匂いに釣られ、人が集まること間違いなし
ここも『もひとつオマケな一品』買いが期待できる。
20181027_125339


あちらこちらで割と容易に入手出来るけど、
知名度的にはハ○ダのラスクかな、、、



後は他所にて実演販売のノウハウや実績のある、
沼田市近くにある某道の駅の名物、『山賊焼』は強烈な武器になりうる。。。

20150822_152004



太田のやきそばも、
実演販売向きかな、、、

20160926_144049


ビジュアルも独特だし、
粉モノや川越焼そばに慣れた埼玉県民でさえ、興味を持つ筈だ。




一部は簡単に入手可能なモノを含むが、
容易に手に入りそうで入らない珍しいモノばかり

しかも、何れも地元ではそれなりに名の知れたモノばかりだ。


多分、誰もが納得出来るラインナップ、、、かと(^-^)



北関東は都内からも近いので他所に比べたらコストはかからないし、
しかも比較的容易に調達が可能で小回りは効く。
それなりの値段設定にすれば、単価は安くとも利益は充分確保出来る筈だ。


一度、やってみる価値があると思うのは俺だけ⁉️


ただ、雰囲気をどう演出するかという、
難しい問題があるんだけどね、、、

そこは、『だいね~』『だっぺよ』な
ヒューマンパワーを生かすしかないな‼️


そして、
あわよくば、
北関東だけじゃなく、
千葉もご一緒させて戴くと助かるなぁ~(^q^)


コレで上手く行ったら、
次は名古屋の物産展を期待。。。

意外に食の宝庫である割には、今まで取り上げられれる事が少なかったからね、、、

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット