次の元号は何になるのか、
気になって仕方がない方も多い筈

さてさて
アルファベッドで、頭文字だけ予測してみましょう。

明治=M、大正=T
昭和=S、平成=Hはありえない。

ってことは頭文字は
マ行、タ行、サ行、ハ行は、まず除外、

慶応で使われたK=カ行も除外か❔

でも慶応は、現在の制度になる前だったので、問題無しとも言えるかもしれない。
カ行が一番付け易い気がするし、、、


小学生でも書ける簡単な漢字で、
母音5文字とナ、ヤ、ラ、ワ行から始まるんだろうか❔

濁点がついて良いなら、
ガ(G)ザ(Z)ダ(D)バ(B)

ギャ(G)、ニャ(N)、ジャ(J・Z)、ビャ(B)…(?_?)
まさかなぁ…(--;)

他にはフ(F)ジュ(J)チ(C)

まぁ、フはあり得ないか、、、

漢字ひとつひとつには『意味』があるから、
使うべき漢字、禁忌とされたり、発音がそれと同じことを連想させるモノは決して使わない。
フは不を連想されるし、
キュウは9=苦しむを連想させるかと。



まぁ、そろそろ円、長、佳、永、元、安、廻あたりが来そうだが、
いかにもお寺にありそうな名だし、
そんな単純なものは付けないだろう。

こういうのは、坊さんの方が予想しやすいかもしれないね、、、

昭和の昭は、照でも召でもなく、絶妙な字を持ってきた。何かを足したり引いたりした、少し一般的ではない簡単な漢字を当ててくるかも、、、
莞 汪 塋 廻、、、⁉️


ちょっち捻って
カン、オウ、コウ、ウン、
バン、ブン、ゴウ、キョウ、ケイ、カイ
なんだか真言とか漢方薬の材料みたいな発音になってきたな…f(^_^;



どちらにせよ、発表まで後ひと月、、、

元号三つ体験出来るのは、無事に生活してこれた証。
ありがたい限りだな、、、



さて、
我々は日本人でいる限り、
必ず何度も食べるモノがある。

それは
オニギリ🍙

茨城ではオニん子とも言うらしい、、、


先日、アリオ柏のタカマル鮮魚店の惣菜コーナーで買ったオニギリは美味かった、、、


20190124_163220


うなぎのオニギリ

20190124_163226


タレを一緒に炊き込んであるのかな⁉
こいつは美味い😋
普通のオニギリの倍の価格だが、
大きさもひとまわりデカイ‼️

さてもう1つは、以前書いた
筑波山の大鳥居&バス停の前にあるオニギリ屋

20171105_152841


ここの塩むすびは、絶品だった🤤
20171105_153328


これぞ、日本人でいて良かったと思える瞬間だな…