さて
我が家では毎年年末恒例、
3家庭分の焼豚作り、、、



今回は、コストコのカナダ産豚肩ロースを、
2Kg程の奴を1本丸ごと購入。
グラム当たり税込み86円。
相場より10円以上安い。

これで6本の焼豚が取れる。
これにモモの芯玉1本が加わる。

ま、そこらにあるラーメン屋の普通のラーメン1日分のチャーシューを作る計算だ。
横に真っ二つに切り、

20181231_145700


さらにそれを三等分する。
なるべく厚さが均等になるようにカットすること。
心配なら、たこ糸で少しだけ括ればいい。

20181230_085837

紹興酒、砂糖、醤油、料理酒、生姜をいれて、
よく混ぜたタレに一晩寝かせる。

翌日、フライパンで焼いて焦げ目を付け、

20181230_085826


なべで浸け汁とクズ野菜と水を入れて、
二時間煮るだけで完成

20181230_100822


完成すると、半分位の大きさに縮む。
肩ロース丸々1つから、6本の焼豚が取れるが、
完成したら、大人の手のグー👊ひとつ分が目安。

15462341732166771256233771213127


多少パサついてしまうが、そこはご愛敬f(^^;
弱火で三時間位煮込めば、もう少しは柔らかくなるが
あまり形が柔らかいと切る時に形が崩れるので、コレくらいがいい。
パサついても中に脂が噛んでいるし、形が崩れにくいのが肩ロースのメリットだ。
焼豚初心者には一番向いている部位かと。


コストコのカナダ産肩ロースブロックは三元豚なので
意外に風味豊かだ。
チルドパック特有の臭みは、ドリップをちゃんと拭き取り、扇風機にでも数分かけておけば、臭みは多少飛ばす事が出来る。



ちなみに、火を止めて一晩そのままにしとくと、、、

スゲェ脂が!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!

20181230_211458

下に沈んでいる煮汁はゼラチン様になっている

白く浮かんでいる脂を除去しながら、
ゼラチン様の煮汁を取り出し、ビニールで保存。
これをベースに、醤油や砂糖で味を整えてレンジでチンして、焼豚のタレにしましょう。

尚、体にあまり良くないが、
白い脂の部分を集めてポテトフライやコロッケ、トンカツを揚げると、お肉屋さんみたいな味になる。


さて、今年はもう終わり。
来年いつまで書けるか分からないけど、
なるべく続けて行きたいっす。

来年も宜しく😃✌️