さて、沼田市内に戻ったウチらは、
沼田の新名物、
えだまメンチを売っている店を探す。。。

このえだまメンチは、市内の高校で考案されたモノらしく、市内の飲食店をはじめ、数店舗に置いてあるらしい。

だが、この手の街興系B級ご当地グルメは、
数年経つと置いている店が半減するのが一般的


狭山さといもコロッケ
船橋のスズキメシ
行田のフライ&ゼリーフライ、、、

現地に行くも食べられなかった事で、
何度痛い目にあったことか(ノ_・、)


逆言えば、
それだけ『継続するのは難しい』って事。
行田の事例は、まだ成功している部類ともいえる。


さぁ、えだまメンチはどうなのか⁉

一軒目のスーパーでフラれたので、
一抹の不安を持ちながら、
やってきたのは長門肉店さん。

20180616_161423


お店を覗いてみると
えだまメンチがメニューに現存👀

20180616_160545


お店の方に聞いたら、
15分待てば出来るとのこと

いゃあ、助かった助かった\(^_^)/
しかも揚げたてが食えるとは、、、


えだまメンチ、1枚120円×2枚注文


表をプラプラしていたら
なかなか面白いモノがあった。。。
20180616_161453


さて、いよいよ御対麺じゃ

20180616_161545

大きさは、2つで俺の掌位ってとこか。。。


さて、お味は。。。❔

20180616_161603


揚げたてなので勿論美味なんだけど、
肉の脂と枝豆の味わいが見事にマッチ
枝豆の甘味と風味が肉々しさを吸収し、
上品に仕上がっている。。。

沼田の高校生達、いいモノ開発したなぁ~\(^_^)/




それにしても、このえだまメンチというネタ、
個別記事としては大先輩に先を越されてしまったが、
先月のうちに、先行してえだまメンチをゲットしている事を少しだけ掲載しておいてヨカッタ。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/34243272.html



今回は人マネおサルさんではありません(^-^)
近年、ブログ界の全体的な傾向として、
引用とか転載とかパクリに敏感なので、
念には念を入れ、
こういう表現で記載させていただきました。
尚、当然あちらもパクリで無い事は一目瞭然。

どこまでが猿真似、パクリかは線引きが難しい、
だからこそトラブルの原因になりやすい。



群馬編の重複を避け、あちらの終了を待って、こちらの群馬編を再開したり、
交流の無い方と記事がバッティングしてしまった場合
かなり気を遣うよな。。。


本来は証拠として、日付け入りのレシートも一緒に添付すれば良いが、
そこまでしなきゃいけないのも、
なんだかなぁ~って気がする。


これからは、
どんどん書き辛い世の中になっていくんじゃないかと
、、、



肉の長門
沼田市上原町1756-15