前回に続き某漫画について、
グルメを中心に、また少し語ってみよう(^^)

2巻は、グンマのB級グルメは出番がやや少ないが、
栃木について多少書かれている。


栃木のソウルフード、レモン牛乳は
アイスでも販売している事を先日書いたんで省略(^^;
コレは、栃木県内の道の駅に置いてある。
20140601_121407



2巻では、
トチギとの抗争の直前に、ネタに使われたのが

桐生の「ポテト入りやきそば」
vs
足利の「ジャガイモ入りやきそば」

桐生市をはじめ、両毛線沿線は、
焼きそばにジャカイモを乗っけているB級グルメが目立つねぇ~(^^)

…というか両毛線の沿線は、別名
めん街道

と呼ばれていた位にご当地グルメは

麺ばかり( ̄▽ ̄;)

ほかにも太田のやきそばがあるし、
焼きそば系は特に強い。。。

だが、千葉や茨城をはじめ、
埼玉や都内の東側に住む人々とっては、
さすがに桐生や足利は遠い(T_T)


似たようなモノをなるべく近場で食べたいなら、
栃木・佐野のにある、いでい焼きそば店に行き、
いもフライと焼きそばを両方買って食べると良いかと

http://www.idei-yakisoba.jp/

8ae62192-s


この2つを交互に食べると、
マジで凄くマッチするのだ!!

箸がクワトロの如く
「まだだ!!まだ止まらんよ!!」

状態となること間違いなし!!

ジャカイモ入りの焼きそばは、
これが更にアレンジされているのだろう。
絶体にマズい訳がない(^q^)
美味いモノはグンマ・栃木関係なくカンゲイだ!(^^)


ついでに、
漫画のシーンについて1つだけ解説を(゜o゜)\(-_-)

(このシーンは画像検索で沢山でてくるので、
少しネタバレでも大丈夫かな(^^;??…)


轟に対し、
「矢板市内で焼いた竹刀」で攻撃してくるヤンキー君

彼の所属や名前でもある
「ごじゃっぺ」「でれすけ」という言葉は
茨城でも、ご年配の方々から聞かれるノダ(^^)

多分彼の住む場所は、茨城と隣接する
真岡・茂木・益子・小山の何れかだろう(爆)



2巻から3巻にかけては、
草津温泉の時間湯について触れられている。

時間湯は、生半可な気持ちでは行けない。
かなりキツい湯治だからね。。
あそこは病との「戦場」だ。

…が、折角草津迄行ったからには、
我々も似たような温泉に少しでも入ってみたい。。
って思う方もいらっしゃるかと…

時間湯をやっているのは、千代の湯と地蔵の湯。
この2つは、時間湯専門浴槽の他に
ちゃんと一般浴槽もあるのだ。

http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=195

千代の湯の一般浴槽は小さく、入るのに躊躇する。
雰囲気や浴室の大きさなどを勘案すると、
無難に入りやすいのは地蔵の湯だね…

zizonoyu_20161107-1


いずれも無料なのはありがたいのたが、
ここ何年か観光客のマナーか問題になっている。

他人の家の風呂を借りる謙虚さが無いと、
観光客は締め出しを食らうだろう。


地元民vs観光客の激しい争い起こっていた位(T_T)

現に10以上の公衆浴場は、
草津の公式HPでは、
ジモ専になった様な表記になってしまっている。

我々他所者は、気を遣わなきゃならない(T_T)


後、草津は駐車場に苦労する。
車で行く人は要注意だが、
神○川県程ボられる訳ではないのでご安心を。。

3巻には四万温泉もでてくるが、
ここは以前にも書いたので省略( ̄▽ ̄;)
寸志の浴場もある。


同じく3巻には、おっきりこみが登場!!

9affd01fa8772d12144d71b1552cea4c


漫画でも触れられていたが、
ネーミングの由来、
なかなかぶっそうなんだな。。。( ; ゜Д゜)

俺は道の駅黒保根やまびこで食べたが、
確か冬季のみの提供だったな。。

そしてもう1つ、おやきといえば長野だが、
グンマにもおやきがある。

このページの端に、
「群馬温泉やすらぎの湯のおやきは美味だ」
と小さく書かれており、
この部分は、やすらぎの湯のブログにも取り上げられていたのでネタバレ可ですな。。

http://www.yasuraginoyu.com/blog/382/

2e7bd2ab-1


尚、ここも冬季には先述のおっきりこみが食べられるので、2つセットで行くと良いだろうね。。。

ちなみにここの温泉は飲める。
少し塩辛く、硫黄っぽいが(^^;…


「オホモ逹」に拉致され後半に出てくる夜景シーンは、
途中「怪しい宿」が集中している場所を通過するので、
恐らく伊香保・水沢あたりからの眺めか??

夜景といえば、高崎観音近くからの眺めもなかなかだ

3b3b3440


ちなみにこの手の宿が集中しているのは吉岡町。
水沢観音から近い場所に密集している。

中には安い宿がいくつかあるので、
ビジホが取れない時や
予算を削りたい時には、最終手段として使える。
「御宿泊3000円」にはビックリした!!( ; ゜Д゜)
カップルや女性のペアの方は是非(^^)


後半では、新町にある
ラスクで有名な
ガトーフェスタハラダが少しだけ登場する。


あのバターっぽくて香ばしくて、
かる~い味のラスクは、確かに美味い。

ここは工場見学も出来、
少人数なら予約無しでも可能。

ハラダに行く途中、倉賀野では
前回書いたグンマの二大弁当の1つ、
ダルマ弁当を作っているたかべんの工場があるが、
その真ん前には、
たかべんさん直営の食堂があるのだ。

ダルマ弁当も良いが、
何と「高崎駅の幻の駅弁」と言われる
「上州の朝粥」と同じものを
朝限定で食べ放題出来るらしい!!
帰りは、ここで朝メシ食って藤岡の自販機店舗を見学し
新町のハラダに寄るルートで決まりだな…これは(^q^)

俺がレポするまで待てない方はコチラを参考にね。。
↓↓
http://blog.livedoor.jp/itadakirush/archives/17462104.html


この巻では、ついに高崎パスタが登場!!
漫画版ではシャンゴは小さい文字だけでの登場だが、
実写版だと、シャンゴ自体が出てくる。
東部バイパス店が実際にロケで使われたらしい。

ただ、茨城県民はシャンゴなんて知らない筈だが(^^;
(勿論、千葉や栃木県民も同様かと…)


ちなみに漫画版で出てくる
「作戦会議」に使われた店、
モデルになった店って実在するのか??
誰か知っている方、教えて下さいm(__)m


高崎のパスタは、
どこも種類が豊富で量も多い事は間違いない事実!!
シャンゴ、ボンジョルノ、パターテ、
そしてデカ盛りならパンプキンが有名だね
はらっぱも、人気があるみたい。

ボンジョルノはまだ行った事無いんで、
行ってみたいんで、チェックしてみよう
http://www5.plala.or.jp/buongiorno/
どれどれ
俺が行けそうなのは、スズラン高崎店と本店かぁ~

スズラン店は18時L.O
本店は俺が拠点として使っているいる安宿から15分歩くのか…
ワイン飲みながら食べるには、
攻略は難しそうだなぁ…(T_T)


次回は④巻以降をば、まとめて


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ