関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2020年06月

先日、父親の墓参りに兄弟皆で行った際、
久々に妹に会い、色々話をした。

実は妹も夫婦での食べ歩きが好きらしく、
その行動力はウチら以上!!( ; ロ)゚ ゚

クーポンや裏サービスなどに詳しく、その知識を駆使してもらい、
以前法事の時に助けてもらった事がある。


さて、そんな妹だが、さすがに立ち食い蕎麦には行かないようで、、、
以前に小諸そばには行ったことがあるけど、
ゆで太郎はまだ行った事が無いと言う。。。

このご時世、あまり派手に多人数での外食は出来ないが、ササッと蕎麦食べる位はいいだろ、、、


それなら早速行ってみようって事で、
千葉市内にあるゆで太郎に寄ってみる事にした。

さて、何にしようか券売機を見ていたら、、、
20200627_140523



日替わりのマル得セットなるモノが目についた。

20200628_112038

土曜日はミニ海老舞茸天丼にそばのセット、
しかもこの日は、蕎麦大盛り無料って事で、
当然大盛りにしてもらう。

20200627_134522


蕎麦、意外にボリウムあるなぁ、、、
だが俺は、蕎麦の量少なくて天丼のライスが多い方がありがたいんだけどなぁ😅


手羽先紅葉サマは温かいそばにしたので、それを少し失敬したが、やはり冷たい蕎麦よりも温かい方が天丼には合うような気がした。

20200627_134526

ミニ天丼は、
海老天2本、舞茸天、オクラ天が乗っており、これはなかなか得だ。

蕎麦チェーンの天ぷらとうどんチェーンの天ぷらを比べると、蕎麦チェーンの方が少し味が濃い様な気がするんだけど、気のせいかな、、、

俺としては、どちらも好きなんだよなぁ~🤤






------------------

さて全然話は変わるが、、、
プロ野球が先日、無観客で開幕した。


やっとテレビで野球観ながら🍺が飲めたのは嬉しい限りだ。。。


7月から制限アリながら観客を入れて試合をするらしいが、
いきなりで大丈夫かよ、、、って気がしなくもない。



ディズニーリゾートはスタッフを使い、対外アピールを兼ねて一度シミュレーション&デモンストレーションを実施。

NPBはどうなんだろ、、、⁉️


ここで1つ疑問が湧いたのだが、、、

各球団は、
何故二軍の試合をテストヘッドにしない⁉️

20190429_193514

土日にイベントがあれば、二軍といえどこの様に混雑するが、
平日の昼間の試合なら、浦和や戸田、西武第二の主宰試合なら、有力ルーキーの出場さえなければ、200人程度しか客は来ない。

鎌ヶ谷や横須賀、よみうりランドでも、
平日500人、土日でも1500人程度の観客だ、、、



これらの試合を有効活用すれば、コロナ対策の叩き台になった様な気がするんだが、、、

観客数を見たら、コロナのリスクは一軍とは比にならない位低いから、色々試せそうな気がする…


ただ二軍の球場は、選手との距離も近い上、
練習場や宿舎が併設のされている為に、一軍とはまた違ったリスクがあるのは確かだ。


でもそれなら、近所の球場でやれば良いだけ。
ちなみにヤクルト・ロッテ・西武は、
市営浦和や市営大宮、飯能市営で開催実積がある。

なんなら各球団、一軍の本拠地での二軍開催を実施した事は多々あるので、そこで試験的に試し、各種データを集める事が出来たかと…

(一軍本拠地での平日ナイターの二軍の試合を何回か見た事あるけど、巨人以外は1000人~多くて2000程度の観客数だった)

席の距離はともかく、
客の動線や誘導、トイレの感染対策、フードやドリンク、グッズ等の販売方法、観客の応援、観客検温のスムースな誘導方法、
必要な人員配置、区画の値段設定やニーズの把握、

そして実際どの程度なら観客を入れられるかなど…

試してみて初めて分かる課題もある筈だ。


何事もステップを踏んでデータを蓄積し、
次のステップに進むのが常套手段。

もし二軍の試合で感染者が発生してしまえば、
これよりもうんと規模の大きい一軍のお客様を入れての開催というのは、到底不可能という答えになる。


そういう意味で、二軍という格好の機会を生かさないのは、とても勿体ない気がするのは俺だけ、、、⁉️
(二軍の選手を人柱にするな‼️という意見もあるかもしれないが、リスクがあるのは一軍も同じ。ただ二軍は一軍の有観客試合よりもリスクはうんと少ないから、テストには丁度良いといえるかと…)


20170312_121039

ちなみに鎌スタだと、これで1800人位入った時の人口密度。これ位だと確かにヤバいかも、、、


こういうシミュレーション無くして、いきなり7月に一軍の観客入場を決めるのは、マジで心配、、、
特に一軍は失敗が許されないからなぁ…


俺も早く観戦に行きたいのはヤマヤマなんだけどなぁ
もう少し様子を見るしか無いなぁ、、、

さて、海岸にてマテ貝をゲットした帰り、
買い物をして氷を貰う為にAEON幕張新都心に寄った

朝メシは🍙オニギリ1個だけ。
いい加減ハラが減ってきたので、
ニンニクアブラマシマシな奴を補給する為に
久々に営業自粛から復活したフードコートに寄ってみる事にした。


時々お世話になっている、
3階フードコートにある『麺屋心』さんに向かうが、


ん、、、( ロ_ロ)ゞ??


麺屋心さんが無くなっている(|| ゜Д゜)…

違うラーメン屋になってしまっているぢゃないか‼️

20200607_141413


でも良~く見たら、
『フジヤマ』同様に、
新しい二郎インスパイアがメニューにあった。

20200607_140756



まぁ、何はともあれ、目当てのモノがあってヨカッタよ、、、

店の名前は、なんと、

20200607_141438


旨い安い腹いっぱい
なんだそうな、、、

そのまんまの凄いネーミングだ!!( ; ロ)゚ ゚



以前はアブラやニンニクの量は選べなかったが、
この店になってからセレクト可能。
ジャンクガレッジ同様、注文してから無料トッピングをするシステムだ。

さて、ラーメン麺大盛りにして@850円
野菜、アブラ、ニンニクマシをオーダー。

待つ事5分、久々の御対麺じゃ


20200607_142234


以前よりビジュアルがパワーアップしたなぁ


20200607_142242


お碗2つ貰い、二人でシェア。
麺屋心さん時代同様カウンターには醤油タレが存在。
お碗に少しだけ入れてきた。


まずは野菜をお碗に盛り、良くかき混ぜてからお碗に麺とスープを入れ、野菜を戻す。

スープと麺はこんな感じ。
20200607_142439


以前は二郎インスパイアにしては、ややアッサリしていたが、少しだけ濃くなった感じ。

コワゴワした麺に、
乳化したスープ、半端ありません🤤

いいもん食った。ごっつぁんです。
『濃いよ~濃いよ~!!間違いない‼』






本題に入る前に、、、
つい先程、ショッキングなニュースが飛び込んできた

神保町にある、黒いカツカレーで有名な、
キッチン南海さんが、閉店してしまうらしい!!( ; ロ)゚ ゚

古き良き時代の昭和然とした洋食屋の雰囲気、好きだったんだけどなぁ、、、

味もコスパも最高。
コクのあるカレーも、パンチの効いた揚げ物も美味かったのに、、、

『会えない辛さ、あぁ~あぁ~あああ~😢あぁ~😭』

こんな事なら、昨年行っておけば良かった、、、
後悔してもしきれない位ショックだぁ😨



だがお弟子さんが、この神保町にて、この店の味を引き継いだ店を出す予定らしい。
何とか黒カレー法灯は引き継がれそうなので、それに期待したい。。。



さて、本題

千葉海鮮といえば、
新鮮な魚を使った刺身、そしてアラ煮をメインのネタにしたがる俺だが、
千葉の海鮮は刺身に出来る魚のみにあらず…

タダで拾える貝も地元ならではの味わいな野田…

って事で、ここは趣向を変えてみようかと。




さて、とある日曜日、
潮の引きが良く、潮位7㎝とマズマズ。。。

1年前は、散々貝を拾って堪能したなぁ。。。

今年も、
『思い出をもう一度、baby came back』し、
貝でも採ろうかと思い付いたが、、、

ただこのご時世、
あまり派手な事をやらかす訳にはイカぬ…( ´△`)


何とか地味にヒッソリ獲る方法は無いか、
ニワトリ並の小さな脳ミソをフルに使い、
無い頭で悪知恵を働かす。。。



船橋にある某公園の浜は、
アサリ&ビノス&シオフキ、運が良ければツブ貝やマテ貝をも狙えるが、日曜日は路駐の取り締まり激しそうだし、何より駐車場は500円かかる、、、💰

第一、狩漁権のが広く立ち入り禁止の場所が多いのでそこにうっかり立ち入ったら最後、
『ただ一度の過ちなのさ~』では許されぬ野田⤵️



千葉ポートタワーあたりもビノスとアサリがあるらしいが、確実性では何とも言えぬ、、、

そして上記二ヶ所は、

間違いなく密になる




市川の行徳橋近くでは、
ビノスとオキシジミが狙えるのだけど、
オキシジミは不味いし、ここのビノスは水質が良くないせいか、そのままだと真っ黒でヘドロ臭くて不味いので、処理に一苦労を要す。。。



同じ川(江戸川放水路)の河口あたりもビノスとマテ貝を狙えるものの、潮が余程引かないと立ち入れないし、
ここも取締りの絶賛ポイント😢

駐禁切られ『泣いている 叫んでいる』状態になっては洒落にならない。。。



で、候補として思い付いたのは、
幕張の浜~検見川浜エリア。

ここは人が多数来ても、海岸自体が広いから、
密集までは至らなさそうだ‼


ここはマテ貝が一番期待出来るらしい。
しかも秘密の無料駐車場がある。

とりあえず今回は、
マテ貝をメインターゲットにして、
あわよくばビノス、最低シオフキ貝を取るという作戦を立て、
ここ幕張~検見川浜エリアをセレクトし、
どれ位貝が拾えるか試してみる事にした。


マテ貝捕るのは実に40年振り😓
まさしく俺は、
貝に『心を求め合う』状態だ‼


さて、実際行ってみると、
結構お客さん居るなぁ、、、


だが、やはり密までには至っていない。

2mの『星空のディスタンス』は保てそうだ。
20200607_110739


さて、準備万端。
俺の超ド短足が目立ってしまった、、、、💦


20200607_110327

んな事はどうでもいいな、、


狙うは、稲毛方面ではなく、少し歩いた幕張方面。
こちらの方が少しだけ遠浅になっている。
『例え500マイル…(500m)離れていても』
これだけで大分違う野田‼️

おっ‼結構、潮が引いているゾ!!
『激しい風が今』は無いし、絶好の潮干狩り日和だ。

20200607_111736


さて、掘る事数分、シオフキ貝が幾つか捕れたが、
メインはコレじゃない‼️

穴が幾つか空いている場所を狙い、10センチ程やみくもに掘ると、手に何やら細長い硬い物が手に触れた

だが、それはみるみるうちに下に潜って行く‼

マテ貝は殻が柔らかいので、力を入れすぎると
『突き抜けろ愛のレジスタンス』状態になり、
パキッと折れてしまう。。。


こうなったら先回り、
右手で軽くマテ貝を持ち、
左手で深く掘って下から先回りしてしまおう(*`Д´)


って事で、ようやくゲット( ゚ロ゚)!!

20200607_120401

ちょっと見た目がアレだな、、、
『燃え上がれ愛のレジスタンス』を具現化したような姿(なんのこっちゃ💦)


まぁ、こんな事しなくとも、少し掘って塩振りかけて数分待てば、ニョキニョキと姿を現すのだが、
俺はこのやり方は経験が無く、いつも強引に掘っていたからなぁ、、、


20200607_113336


まわりを見渡すと、みなさんなかなかの収穫。
貝は1個見つけたら、その回りを掘るのがお約束。
高い確率で何個か捕れる。
まぁ、これぞホントのクラスター潰しだな😓



ビノスを狙おうともう少し深い場所に行ったが、
さすがに無理っぽい。
海パンじゃ無きゃダメだな、、、


尚、浅い場所で家族で貝を取っているのは日本人の家族連れ、

深い場所へ行けば行く程、近隣諸国の方々の割合が多くなるのはお約束😅

ここはビノスは諦め、マテ貝とシオフキに専念するが
あまり長い時間居ると熱中症やら感染やらのリスクに晒されるので、1時間で終了。


で、本日の獲物はコチラ

20200611_050258


マテ貝44本、シオフキ貝28個、
オマケでアサリ1個、バカ貝1個だった。。。


この後、千葉ポートタワー近くに移動した。
無料駐車場はほぼ🈵だったが、少しだけ待ってたら何とか車を停められたので、
潮が満ちてしまう前に速攻海を漁ってみた野田が…

20200621_131657

獲れたのは小さいアサリだけだった😧

これらは取るのは禁止されているので、海に返すしかない。

20200621_131814


ちなみにここは、
足が海藻だらけになる。
まぁ、足洗場があるからいいんだけどね…

20200622_131403




さて、自宅に持ち帰り、早速調理。

まずは昨年同様、
シオフキ貝で、アオヤギモドキを作る。
20200607_173600

生だと怖いので、
口が空いても少しだけ茹でて、
引き上げて冷水にさらす。

20200607_174019


剥いたら、内臓を潰しながら数回洗い、
砂を除去する。
まぁ最低7回はやらなきゃな、、、

20200607_174225

指で押して内臓を除去しながら、
とにかくよ~く洗うしかない。
20200607_174721


あれだけの量なのに、中身はコレぽっち😅

20200607_175219


以前も書いたが、
シオフキはバカ貝の親戚。
中身はかなりの砂を含んでいるので、食べられる場所は少ない。
味はバカ貝より落ちるが、酢味噌で食えばそれなりにイケるのだよ。

20200607_200830

上記の画像少しブレたが、
左がバカ貝、右がシオフキ。
大きさが違うだけで似たような中身の形が一目瞭然なのがお分かり戴けるかと、、、


一方、マテ貝は、貝殻部分が柔らかい分痛みやすく、
あまり市場には出回らない。
まさに地元でしか味わえないご当地食材だ。
見た目は少しグロいが😅

20200607_181323


砂抜きは二時間で充分。
単純に酒蒸しとバター炒めが美味い。

こちらは茹でたら、殻が2つに折れるような感じで開く。生きた貝か死んだ貝か見分けがつきにくいので
初めての方は注意が必要。
しかも殻は破れやすい。
捕る時皮が破れてしまっても、捕った時に生きて動いていたなら、その日のうちに食べるなら充分だ。
20200607_181326


今夜の晩飯は、小松菜とアサリとマテ貝のバター風味パスタ、
マテ貝の酒蒸し、シオフキのヌタ、
一匹398円で買ったイナダとマグロの新鮮なアラを実家とシェアし、刺身と煮物にした。

20200607_200806

マテ貝は、アサリよりも淡白でやや癖があるが、
それがまた美味いんだよなぁ、、、

見た目がアレなんで戸惑う方も居るかもしれないが、
味は保証します\(^-^)/



さいたま市近辺からであれば、
外環&南関東道経由、多少の渋滞を考慮しても二時間チョイあれば着くので、
機会あれば是非行ってみて欲しい。

保冷袋にアイスノンや保冷剤は持参で。。。
ビニール袋半分の塩と、水入りペットボトルは忘れずに(キレイな塩水で、帰りながら塩抜きするのに有効)

ネット上には塩を使ったマテ貝の捕り方が載っているので、参考にして欲しい。
有料駐車場は1日500円。

次に貝拾い出来るチャンスは、7月20日前後。

以降は干潮でもあまり潮が引かないので、これが年内最後のチャンスだろう。

他県への移動は解除されたが、
国としては3県以上を跨ぐ移動は避けさせたいらしい。


つぅことは、
実質上の国や自治体の依頼である、
『自粛警察による他県ナンバー狩り部隊の出動令』
は、継続したままだ。


これを基にすると千葉県民の俺の行動範囲は、
お隣である茨城と東京、
三郷あたりで隣接する埼玉県内、
そしてアクアラインで繋がっている神奈川に移動範囲は限定される事になる。

ちなみに、
最近は各地から、マスゴミによる差別、積年の恨み&政府のお墨付きによって『汚物扱い』されている『東京都民』の移動範囲は、
埼玉千葉神奈川に限定されるって事になるよな…


僅かに神奈川を挟むので都内から山梨に行くには、神奈川を挟む中央道は使えず、
直接の県境である山道をグルっと遠回りしなきゃならないって事だ。


千葉県からグンマに行くには、15Kmだけ埼玉通らなきゃならないし、栃木出るには17Kmの茨城を挟まなきゃならないので、これらには行けない。

遠くの北茨城市や、
神奈川の箱根、
埼玉の奥秩父や東京の奥多摩には行けるが、

これらより近い場所にある、
栃木の佐野や、群馬の館林には行っては行けないらしい。

いくら行政上の管理の関係上の問題だからって、
何かこれって、明らかに矛盾だよなぁ、、、💦

まぁ俺は暫くは都内には行かないし、
せいぜい茨城と埼玉東部にしか行かないケドね…


つう訳で地方民から、ここぞとばかり汚物扱いされているセレブ都民諸君!!
北関東三県以遠には立ち入り禁止だ🚫😓


暫くは山は奥多摩や埼玉の秩父、
海は神奈川や千葉で我慢だ‼

定額給付金は、千葉県で散財してください( ´∀`)





さて、本題‼️
九十九里エリアの白子から自宅に帰った後、
一宮の魚平さんで買ったメジナを調理。

20200223_205816


810円するだけあって、
立派なメジナです。
(もう少し安くならんのか、、、😓)

だが、ウロコが半端ない!!( ; ロ)゚ ゚
コレとるのに10分掛かったわ。。。
また八っち街った💦銚子こかずに、刺身用の鯖にしときゃ良かったなぁ、、、


ま、それはともかく、冬場のメジナは、とにかく脂の乗りが凄かった。。。

20200224_010929


刺身は半端無い弾力。
味は鯛とイサキの合の子みたいな感じ。

半身は翌日食べたけど、幾らか柔らかくなり食べやすくなっていた。

アラ汁は薄い醤油仕立てで。
アラ煮の汁も少し混ぜました。


さて、今回の日帰り旅の記事はここまで。

だが、千葉の記事は断続的ながら、
もう暫く続きます。。。


今年中に埼玉の秩父と、
茨城くらいは泊まり行きたいなぁ…

(※この記事は3月に下書きしたものですが、コロナのせいで一部内容に相違がある可能性があります。ご了承ください。
コロナの再流行やこれから流行するやもしれぬ他の感染症、異常気象や昆虫・動物由来の穀物危機、朝鮮による侵攻や、豪雨や南海トラフ地震などの災害などにより、多分今後の日本、いや世界は大きく変わってしまうでしょう、、、平和な日々の『残り香』を味わうのは今しか無い。載せられるモノは今のうちに…)



さて、白子に向かう前に、
今一度紹介しておきたい店がある。

以前記事にした、
上総一ノ宮駅前の食堂・たから亭さん。


ここは、とにかく安い\(^_^)/

20180703_114133


駐車場が無いので、
近くの一時間100円の駐車場に停めなきゃならないのがたまに傷だが。。



ここの刺身は、
松1000円
竹800円
梅は500円
いずれも税込だ。

梅は三切れずつの二点盛り
竹は四点盛りだった。

20180703_114901


20180703_114916


お腹に余裕がある方は、
寄ってみるのも良いかと思う。

後は、白子町のチョイ南、一宮町の北にある、
三本松さんの刺身定食も捨てがたい。
これで平日昼間なら1000円程度だからなぁ、、、
満足感はあると思うよ、、、

442632d0-s


千葉はここ数年、何の根拠も無く大幅値上げしてしまう店が散見されるが、
こうして頑張っている店もある。




さて、上総一ノ宮から白子温泉に向かったのは、
やはり腰の療養をしたかったから、、、
これに尽きる。

俺にとって、千葉に日帰りで出掛けたら温泉は付き物なのだが、不思議と白子にだけは縁が無かった。
(たまに源泉の世話にはなるのだが、それは㊙️、、)


2月末に行った時には、
何と桜祭りというイベントの最中で、
河津桜の類いの桜がキレイに咲いていた。
(どうやらこのイベントは、ここ数年やっていたみたいだなぁ、、、)

夜間もライトアップ🔦

20200223_190412


さて、なんとこのお祭りでは、
例年、入浴施設200円引きの割引券が登場するようで

桜祭りの会場にて、入浴施設の割引券をゲット❗


15824483442821775848661237215866


ホテルニューカネイさんが二番目に安いみたいで、
ここを筆頭候補にしよう。

場所はどこだ⁉️と確認すると、
なんだ、目の前にあるぢゃないか(^^)

20200223_190053



目の前にあるのに電話するのも変なので、
直接、入浴可か聞いてみたら、
夕方は6時から再開とのこと、、、

まだ時間があるな、、、

その間、
そこらを散歩したり『所用』を済ませたりしましょう

20200223_171935


20200223_172219


(昔の写真だが、当然、『たまにお世話になっている』ここにも行く。)
chiba_no_tane_025_5_1



さて、6時過ぎ、入店。

20200223_185931


割引券とチケット
いゃあ、、、割引券で450円という銭湯価格で浸かれるのはありがたいっす、、、


20200223_180653





ヨウ素が強いこの温泉、なかなか温まりますゾ、、、

源泉は塩っ気もある筈だが、
なめてもさほど感じない。多少の希釈はあるかも…

しかし、入浴後は塩分でコーティングされるのかな??
なかなか湯冷めがしにくい。
おかげで職業病の腰痛は楽になった。


千葉は世界有数のヨードの産地。

この温泉は、天然ガスとヨードが採取出来、
その残りが温泉となる。
『一石三鳥』の魔法の水な野田よ‼️


トウキョウトミンよ‼️
千葉を植民地扱いすると、
イソジンの供給止めるゾ(・┰・)
spa_02



spa_01


画像はホテルニューカネイさんのHPより
↓↓
http://www.newkanei.co.jp/index.html


さて、急いで帰りますか、、、



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ