関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2019年10月

さて今回からは予告通り、
静岡への貧乏旅レポ&食レポを掲載していきます。




まずは、朝に仕事から速攻で帰ってきた後、
風呂から着替えから5分で済ませ、
11時17分発の総武快速線、東京行きに無理やり間に合わせる。

このブログ初の電車旅が、今始まるゾ

電車旅なんて、12年振り、、、
新婚旅行以来の贅沢だな、、、

20190823_111721



東京11時41分、
地下30m弱の、遠~い遠~い地下ホーム到着。
方や11時47分発の東海道線の熱海行きは、
地上の10番線ホーム。。。
(京葉線ホームもそうだが、千葉ケンミンは東京都により隔離され、埼玉ケンミンより冷遇されている⁉️)


どのナビや乗り換え案内を見ても、
表示されない禁断の接続、、、

取り敢えず、地上10番線にダッシュだ

20190823_114147



ま、間に合ってくれ‼️


20190823_114318



決して走った訳じゃないよ😅
早歩きしながらの写真撮影は危険なのでやめましょう


ま、とりあえず、何とか間に合った。
20190823_114618

が、たった10両編成。
普通車の車内は結構混んでいた。


首都東京を縦断する電車で、
たった10両編成は無いだろ。。。😓
全列車15両にしろや、、、


まあ、シャアない。。。




とりあえず俺は、

12年振りという鉄道旅行に浮わつき、

ただの鐵ヲタじじぃと化していた。

20190823_115411



20190823_124023


早川を過ぎたあたりから、猛烈に腹が空いてきた。
素敵な海の景色を眺めていたが、、、

20190823_132014

俺の頭の中は、この景色の中に居る、
おいしいおいしいお魚さんの事を想像してしまい
素晴らしい景色は逆効果。
ヲダレマシマシ状態(^q^)
余計腹へるわ、、、



13時36分、熱海着。乗り換え時間3分
うちらに容赦なく、
ダッシュタイムの試練が与えられる。

20190823_133949


いい加減腹減ったが、もう少しの我慢だ、、、

伊東線13時41分発、伊豆急下田行き
東急のお下がり、しかも通勤電車の改造車。

20190823_140926


中は西武特急レッドアローのシートのお下がり流用しているらしい。
20190823_161109


さて、2時過ぎにやっと伊東着。

絶対に2時半前まで伊東に着きたかったのは、
この店に行きたかったからだ。

20190823_142206


『まるげん・まるたかチェーン』の
まるたかさん、、、
伊東駅から徒歩2分位の場所にある。

20190823_142238


札はまだ営業中になっている。
すぐにラストオーダーと言われる。確か2時半のラストオーダーまでは十数分ある筈だ。。。
チョイ早い気がするが、、、
後数分遅かったらと思うとゾッとする。


20190823_142054


ここでは『しぞーかおでん』も食べられるが、
これは夜まで我慢。
とりあえず、ランチメニューを拝見( ロ_ロ)ゞ

20190823_142047


高級観光地にしては、驚愕の安さだ‼️
コレが熱海なら間違いなく1500~2000円クラスだ。

伊豆の南の方や熱海への対抗策かなぁ…?
とりあえず、目当てのうずわ定食と海鮮丼をオーダー

5分と待たず、御対麺である。。。
20190823_142639


高級有名観光地なので、
この価格の海鮮丼には全く期待していなかったが、
この刺身の盛りの良さには驚いた👀

やはり地魚が食えなきゃ意味が無い。
ウニもイクラもエビもサーモンも要らない。
なんなら全部白身や青魚でもいいよ。

20190823_142648

鰆の炙り、癖あるけど美味だった。
地魚万歳だぁ\(^^)/



そして、、、
何を隠そう、俺はこれを食べる為にはるばる伊東まで来たんだよ、、、
『うずわ定食』
20190823_142528


これについては、また後日(^_^)/~~

台風により、
千葉だけではなく、伊豆や神奈川も結構な被害を受けたようで、、、

暫くブログの通常記事は掲載を見合わせておりましたが、
静岡にエールを込めて、
記事更新を再開するとしましょう…




さて、世間一般的に、
静岡県は、
我がグンタマチバラギよりも
好感度が高い🗻

20190705_191628



県別魅力度では、ずっと13~15位前後を保ち、
常に中位より上をがっちりキープ❗

しかも全都道府県の中では、
観光客数第4位❗
(↑↑※じゃらん調べ)

まさに安定した人気を誇っているようだ、、、



よそのブログから引っ越してきた静岡グルメブロガーは、いきなりランキング上位を席巻(@ ̄□ ̄@;)!!

静岡って、スゲぇ人気あるとこなんだな、、、
需要が無いと、ここまでアクセスは伸びない筈…

食レポ系ブログは、
とりあえず北海道(特に函館)と京阪神の事を書いて、
はてなブックマークと日本ブログ村にさえ登録すりゃ
とりあえずブロガーとして格好の付くアクセス数は余裕で得られるんだけど
静岡もまた同様なのか(?_?)
勿論書き手の技量や知名度にもよるのは当然だが…

(ちなみにトミン様のブログは意外や意外、かなりの専門性や独自性を出せなきゃ生き残れないんだよな)



何故静岡ブログが人気なのか、
その下地をよ~く考えてみると

静岡って何でもあるんだよな

魅力度下位常連の我が『グンタマチバラギ連合王国』が持っている数少ないセールス要素と、
静岡が持っているモノを比較してみると、、、


・茨城+千葉の海岸と、豊かな海鮮…
(静岡には相模湾と駿河湾があるし、しかもマグロやカツオの水揚げが半端ない)

・東照宮と水戸の歴史…
(静岡は今川、徳川のお膝元。東照宮は静岡にもある)

・東照宮と富岡製糸場など世界遺産
(静岡には富士山&三保の松原、韮山反射炉がある)

・千葉市&さいたま市、計2つの政令指定都市
(静岡は静岡市と浜松市が政令指定都市)

・日光連山と上毛三山
(静岡=南アルプスがある。富士山は別格なので割愛)

・栃木&群馬の豊富な温泉
(これは静岡にも沢山あるな…ちなみに温泉銭湯に限っては栃木の一部と群馬は安いが、伊東も安い)

・関東内陸工業地域+京葉工業地域
(静岡=東海工業地域がある。富士や磐田、三島や浜松あたりはモノ造りの街だ)

・成田空港+茨城空港
(静岡には富士山静岡空港もある)

・那須の御用邸
(静岡にも須崎御用邸がある)

・栃木の那須や群馬の北軽井沢のリゾート感…
(静岡は伊豆や御殿場は紛れもない人気リゾート地だ)

・発達した道路&鉄道…
(静岡=新幹線や東名高速は文句無しの日本の大動脈)

・蒸気機関車の運行&複数所有…
(グンタマチバラギ全てかき集めて5両だが、静岡は単独で4両ものSLが動態保存されている。)

・宇都宮餃子VS浜松餃子の年間消費量争い
(近年は浜松に圧倒されているなぁ、、、)

・浦和VS大宮の主要都市バトル要素
(静岡市VS浜松市)


県民性バラバラで多様な千葉県文化
(静岡も伊豆・静岡・浜松で文化が全く違い互いに無関心であるようだ)

・B級ご当地グルメで街興しの先端県・埼玉&群馬
(静岡こそ、富士宮やきそばでご当地B級グルメでの街興しに成功したパイオニアだ)

・まさか、温暖な静岡にスキー場はないだろ、、、
(いやいや、井川と富士二合目があるよ…意外だが)


以上を見て分かるように、
静岡ではなんと、
これらグンタマチバラギの特徴を
1つの県で全て賄えてしまうんだよな…


独断と偏見で、
静岡に無理矢理グンタマチバラギを詰め込んで例えるならば、こんな感じのmapになる、、、

15726331996985494241075693008205


かなり強引だなぁ😱😱😱😱💦



ま、んな訳で、
グンタマチバラギが束となって闘いを挑まなきゃならない位の強敵だ(*`Д´)ノ!!!


しかも、静岡には、
山梨とバトルを起こしてはいるものの、

富士山という必殺兵器がある


おまけに、グンタマチバラギには無い
木造復元天守もある



それにしても、、、
世間一般的な好感度という点で、
鹿野山と富士山の標高差の如く
差をつけられてしまうと、正直凹むな、、、😩



グンタマチバラギは、
面白おかしくマスゴミからネタにされたことで、
何かと『ネガティブなイメージ』がついてしまっているんだけど、

静岡に関しては、
田舎だけど田舎臭く無い、洗練されたポジティブなイメージを持たれている

田舎だけど都会なんだよな、、、イメージは、、、

いい意味で都会、いい意味で田舎、、、
老後の住処を三島あたりに求める方々が多いっていうのも頷ける。


勿論劣る所や弱点はあるのだろうが、
化粧上手なんだろうな、、、
隙が無いしアラが見えない。

変な例えだが、
まさに深○恭子みたいな感じだよ、、、(*´艸`*)


唯一問題になっているのは、東海地震関連への不安位なものだろうけど、イザという時への準備は万端。

しかも有事の際には、日本の大動脈を持っているんだから復興も早いだろう。
千葉のような『盲腸』とは扱いが違う筈だ。




何故こうまで好感度が高いか🤔⁉️

もしかしたら、
街興しやイメージ戦略の立て方が上手なのかもしれないね、、、


現に、有名なご当地グルメやローカルフードは
静岡で多数生まれ、
いずれも全国区の知名度を誇るに至っている。


古くは浜名湖のうなぎをはじめ、
焼そば、おでん、餃子、ハンバーグなど、、、

料理名だけ見たら、
一見どこにでもあるようなモノに見える。

が、いずれもオリジナル要素や地域限定要素などを上手くミックスして、
地域のブランドとしてのメジャー化に成功しているんだよなぁ、、、


う~ん、やっぱ凄そうだな、、、静岡は🤔



散々静岡を持ち上げてきたものの、
一方で気になる事がある。

18きっぷユーザーにとっては、静岡は大不人気県であり、静岡をどう乗り切るかがテーマになっているといっても過言では無い。


静岡地獄 静岡難所 静岡何も無い 静岡退屈などでググると、まぁ出るわ出るわ、、、😧

魅力度順位どおり評価が高ければ、途中下車して観光する人も多い筈なのだが、
思った以上に、静岡県をスルーする方々が多いのが気になる。
もしかして本当は大した事無いのかなぁ、、、


一体静岡の正体とは何ぞや⁉️
そして本当の評価とは、、、⁉️

そんな静岡に再び興味を持ってしまった。

とりあえずB級グルメファンとしては、
幾つか攻略したいグルメがあるし、、、


3年前に富士宮と沼津はレポしたのだが、
もう少し詳しく調べたく思い、、、

この度、8月末に、電車で静岡旅を敢行してきた。

20190823_160832



まず今回は、予定を立てた段階から書いてみたい。




とりあえずは、
まずは宿を押さえなきゃならないな、、、🏨

予定立てるのは、そこから逆算だ。



ホントは豪華に、
熱海とか伊東とか下田とかに泊まりたいのだが、
行ったのは8月末。。。
まだまだ値段設定が高い。

当然甲斐性無しのウチらは高級宿には泊まれないし、

高齢の親族が居たり、仕事の関係上、直前まで何があるか分からないので、
かなり前から激安宿の予約を取る訳にも行かず…
直前予約でビジホを狙うしか手は無い。



で、そのビジホなのだが、、、

ビジネス街のビジホ系は、
土曜宿泊なら、平日より格安に泊まれるケースが目立つが、
静岡市あたり、特に駅から近いビジネスホテルは、
逆に少しだけ値上がりする傾向にある。。。


それでも予約が取れない位の埋まり具合で、
予約を取るのも一苦労な野田!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

(じゃらんの宿泊予約ページを見てもらえば分かるが
土曜と平日の空室数の差が歴然としている、、、
どうしても土曜日に格安に泊まりたいなら、シーズンオフの土曜を2週間位前に予約を取るしか無い)


静岡や清水は先述のようにビジネス街。
しかも県内のどの観光地からも遠い筈なのに、これだけの人気の秘密は何故なんだろう⁉️

やはり静岡というイメージの良さからなのだろか⁉

ますます興味が沸いてきたゾ👀


さて、ホテルをじゃらんで探していると、
金曜日は、1日前にそれなりに宿が残っていた。

その中から、
それなりに安価で、
かつ利便性の良い宿をチェックする。

20190822_154337




上から下までスクロールしていくと、、、
気になるプランを見つけた( ロ_ロ)ゞ

20190822_154322



むむっ(; ・`д・´)?
このプランは、、、!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚???

20190822_154307



二人7000円と(ウチらにしては)高いが、、、
よ~く読んでみると、、、

20190822_154405



あの
ハンバーグで有名な
さわやかさんの500円食事券が人数分ゲット出来るプランらしい‼️


うちら二人だから、1000円分。
実質宿には6000円で泊まれることになる。

しかも、軽朝食付き‼️




20191021_190319


キャ○テンつ○さの松○くんがイーグルショットを打つ時の台詞の如く、速攻で予約した😅
(漫画を用いる手法は函館の暗黒卿サマのパクりだ💧)


とりあえず、二時間待ちは当たり前の人気を誇るらしい『さわやか』の各店の中でも、
我々電車組が行ける唯一の店舗は、
現時点で新静岡セノバ店の1ヵ所のみ。

(御殿場店も御殿場駅から徒歩5分だが、3時間4時間待ちは当たり前だし御殿場線自体不便なので電車組の選択肢には入らず。今年秋には浜松駅近くにオープンするらしいが、俺にとっては範囲外だからなぁ…)


しかも18きっぷシーズン中及び夏休み中の土曜なので
整理券をゲットする行列は半端無いだろうな、、、

ま、とりあえず、
ホテル発→さわやかに行き整理券ゲット→待ち時間で駿府公園見物→さわやかのハンバーグを食う…
これで2日目の予定の半分は目処がついた。

(※ちなみに東海地方のもう1つのご当地チェーンであるスガキヤは、残念ながら駅から近い店舗は浜松にしか無いので断念せざるを得ない😢)




さて、後は交通費を如何に浮かすか、、、

行きは18切符。弟が使えなかった2回分を貰うとして

問題は帰りの切符の手配…
少しでも格安な手段をブログで紹介出来ないと、俺の存在価値が無くなる‼


そこで
行きの途中に、
小田原や熱海、三島の駅前の金券ショップで
小田急とJRの格安切符を探すことにする。

18切符は改札から出られるからね、、、


ちなみに東京メトロの土日回数券はゲット済み。


18切符1回分は2380円
格安ルートで帰ると2650円。
時間はかかるが、18切符が無くとも+300円位しか差は出ない。

行きは18きっぷで、伊東まで足を伸ばし、
海鮮を食べてから駅前の格安銭湯にて湯を堪能。
食堂は幾つか候補は上がっているが、ランチタイムに間に合うかな、、、??

伊東で食べられそうになければ、熱海に1つ目当ての店があるのでそこに寄るか、、、



静岡にて宿に20時位にチェックインし、
多くの静岡のご当地グルメを一度に食べられると噂される酒場などをを狙うつもりだが、
金曜日だから待たされるかもしれないな、、、

ダメだった際のスペアを探しとかなきゃ…



総予算は、
電車使用なので少し多目に見積り、
大人二人で29000円前後で組んでいる。

さて、うちらは予定通り、
満足な『貧乏旅』を実行出来るのか❔

そして静岡の魅力の源泉を感じる事が出来るのか…❔


後日、レポします。

またまた千葉で大きな災害が、、、

千葉が被害を受ければ、
その北隣にある茨城県も、
当然の様に何らかの影響は受けることになる。


上記の様な中、
かなり疑問に思う事が起きたので、
再び筆を取る事にした✒️




茨城県土浦市では、
どうやら予定通りに、



土浦花火大会が強行開催されるようだ。     



20191025_181943_rmscr

だが、開催決定を早々と決めた事には、
これにはかなり疑問を持つ。

強い雨が降る事が分かっていながら、
昼間に開催を発表したのだ。


土浦市内ではその後、
2019年10月25日17時の時点で
大雨にて避難準備の情報が、、、!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


20191025_180959_rmscr


避難準備地域は、
桜川流域の、富士崎や上中下の各高津地区を含む。

オイオイヾ(--;)、、、決定、早すぎたんじゃないか??

20191025_205658


というかさぁ、、、
花火の運営サイドと土浦市の間で、連携が取れていないって事が証明されてしまったって事になるんじゃないの、、、コレって⁉️


大丈夫かよ、、、こんなんで、、、(-_-;)
何かあったらどう責任取るんだ⁉️


少し待ってから、正式に発表すべきじゃなかったのかと思うのだが、、、


この判断を疑問に思う方って、多いんじゃないかな


土浦市と花火の主催者は、
今のうちから皆が納得する言い訳を用意するべきだね、、、

(後で花火大会の公式サイト見たら、25日時点の開催発表の記事が消されて証拠隠滅されていた。何かきな臭いような、、、)

20191027_193353_rmscr





花火大会の会場は、
市内を流れる桜川の河川敷。
土浦AEONの近くだ。。。


このエリアは台風21号により、
桜川の河川敷まで水没し、
花火大会の為に準備しておいた仮設トイレまでも流されてしまった。。。


まぁ当然元通りにはなっているものの、
今回再び大雨が降り、桜川近くでは避難準備が発令された場所もある。

よって、開催決定が、安全確保の為に覆えされる可能性もある。

昨年は開催されたものの、花火がらみの人身事故によって途中で中止になったが、メイン会場以外でアナウンスされず、沢山の観客が待ちぼうけを食った。
(ウチらは持参したラジオで開催中止を知る事が出来たが、、、茨城放送では、花火大会の中継で花火の説明を聞けるのでラジオ持参は必須だ。)


よって、開催決定にはなっているが、
状況によっては、急遽の中止や、
昨年同様の途中中断もありうる。

行く前には、必ず土浦花火公式サイトを、
↓↓
http://www.tsuchiura-hanabi.jp/sp/

現地ではスマホはあまり繋がらないので、
Amラジオで茨城放送をチェックする事を強くオススメします。


但し、無料エリアや駅近くまで続いている桜川河川敷は、下手すりゃ水没、、、
水が引いていても、乾かずにかなりドロドロな状態で
とても河川敷にシートを敷いて花火見物出来る状況では無く、立ち見は必須かと、、、



主催者サイドは適切な判断をしてくれれば良いが、

近年は大雨で花火が見えなくとも、
風が強くとも、
とりあえず強行開催するケースが目立つ。


予定日に花火大会の開催を強行するのは、
『某商業施設』との兼ね合い(花火の日は営業を休止させる)など、様々な事情が複雑にからみあっているのだ、、、



様々なちょっとした不手際やミスに対して、
厳しい目を向けられるのが目立つ近年、、、

『上記』の様な『何らかの事情』の為に、危険を承知で花火大会を渋々強行開催するのならば、
怪我人が出たりして非難を受ける事を承知で開催するという、まさに意味不明な状態だ。
これじゃ誰も得しない。




ちゃんと水が引いて、安全に観れれば良いのだが、
そうでない場合、少し危険かも、、、


個人的に、あまりはてな系やワードプレス系のブログを紹介するのは気乗りはしないが、

ついこの間までどういう状態だったか、
25日時点ではどうなのかが詳しく載っている、写真を多用したブログを見つけたので、
ここに貼っておきます。
↓↓
https://tentenmomoyan.club/2019/10/15/土浦花火大会-2019-桜川氾濫-台風19号/



ちなみに、
桜川下流の流域の河川敷は、非公式の観覧ポイントだ

よって警備の不備も起こりうるし、
何かあっても客の自己責任として片付けられる可能性がある。

極論、川と水溜まりの境目が分からず、溺れてしまうといった事が起きる事も無きにしもあらず。。。

とりあえず今年行かれる方々は、かなり気をつけた方がいいかと。。。


最後、グルメを1つだけ、、、


茨城の習慣では、
祭りの屋台のイカは焼きイカではなく


 煮イカだ🦑‼️

20191025_195231


遠方の方々、、、
茨城名物の煮イカ、いかがかな⁉️

ちなみに、とある『茨城名物文化』は、
帰りの土浦駅の行列で観る事が出来る(^^;
(↑↑これ以上茨城の印象が悪くなったら、どうすんだよ、、、勘弁してくれ)




(追記)
有料席以外、
花火会場から土浦橋(R354)迄の間の河川敷は、
全て利用禁止になるそうです。
Twitter見たら、有料の桟敷席もぐちゃぐちゃみたい。

重機入れて砂撒いて固めたり、必死で復旧作業しているようだけど、椅子席は使えなさそうなので、ここについては全額払い戻しらしい。


『何らかの事情の為の強行開催』なら、
以前から噂になっている、打ち上げ場所の変更をボチボチ本気で検討する時期に入ったのかもしれない。





(追記の追記)
とりあえず大雨による人的事故は起きず、
俺の心配は杞憂に終わった。
とりあえずはよかった。


J-COMの中継で花火大会を見たけど、
昨年に似たようなトラブルで、再度ケガ人が出たみたいで、20分以上の中断が2回。

安全確保の為、途中からスターマインは中止。
その挙げ句、花火大会はタイムアウトにて、打ち上げ数を消化しきれず、2年連続の中断→中止


まぁこれは、今回の台風や豪雨の他、
昨年の中断・中止やケガ人に配慮し、
最大限に安全を配慮した結果かと、、、


まずは関係者の方々のご苦労は大変なものだった。

とりあえずお疲れ様でした。。。
そしてありがとうございましたm(__)m



ただ、様々な対策を持って備えを万全を期しても、
今年も花火全てを打ち上げる事が出来ず、
事実上の中断😢

開催については、根本的に見直す時期に来ているな

試験的に一度、土浦花火大会という形では中止とし
別の花火大会を霞ヶ浦沿岸で実施してみてはいかがだろうか⁉️
季節は、寒いけど11月頭で。。。
台風のリスクも減るでしょ。
あくまで競技大会なんだから、、、

まぁ霞ヶ浦沿岸部は、観れるスペースは意外と少ないし、更には民家が多い場所があるから、
色々問題は起きそうだが、

台風の被害で、嫌な予感が的中してしまった。


再建を諦め、これを機に閉業・廃業する事業者が相次いでいるようで、、、

『千葉 台風 廃業』でググると、
まぁ出るわ出るわ、、、😨

農業を始め、酪農、養鶏、
水産業から個人商店、小規模なスーパーなど
廃業の業種は多岐に渡るようだ。


いずれも経営者が60代後半から70代、
仮に何もなく安泰だったとしても、
それ程長い期間現役は続けてられない。

そんな中での台風被害、、、

修理に多額の費用を要し、それを回収するには余程の売上と期間を要する。


そして、来年、また来年と、またいつ大型の台風が来るか分からない時代になりつつあり、、、

そして更には、今回の増税による設備の負担など…


色々な悪い事が重なり、
今回の台風被害が『少し早目の定年引退』の引き金になってしまったようで、、、😢

いくら国民年金が貰えるといえども、
ある意味、自分の生きた証への断捨離を迫られ
さぞや無念だったかと思います。



その他の地区に在住の方々も、他岸の火事ではない。


2010年以降、日本では毎年必ずどこかで、
大規模災害が起きているし、

災害大国・日本に住むという事は、
巨大なロシアンルーレットの中に居るのと同じ事であり、いつ自分がこの立場になってもおかしくは無いかと思う。。。


掲示板やまとめブログを見ていると、
『ニコタマざまぁ』『ムサコざまぁ』など、
『普段鼻に付くリア充ブルジョア選民』が被災者になり、溜飲を下げた方々も多々居るようだが、

次は自分が被災者になるかもしれない😧
決して対岸の火事では無い野田よ、、、


そして、、、

納得は行かないし悲しい事ではあるが、
政府等や報道の姿勢を見ていると、
これからは台風被害についても、
『自己責任』が問われる時代になりつつあるみたいだ



これからは、災害ありきで生きていく術を、
我々が身につけるしか無いのか、、、?






さて、千葉に話を戻しますが、
台風の度重なる被害に逢った千葉・房総


マスゴミの報道では、
あたかも千葉の漁業が全滅した様な報道による、
かなり誇張した表現や印象操作が目立ち、
それによる二次的被害もかなり受けていますが、
実際は、頑張って操業を続けている方々も沢山いらっしゃいます。


確かにところどころ、
被害を受けてブルーシートをかけているを見かけますが、何も全ての地区が全滅した訳ではございません。


今回は現状をレポすべく、
九十九里から鴨川迄、外房を中心に巡ってみました。


まずは海の駅九十九里

20191010_112321


2階のフードコート3店のうち、
1店舗は廃業していましたが、これは台風被害とは関係ないでしょう。

お客さんが普段に比べ、かなり少なかったのは、
千葉への観光自粛のせい⁉️


だが、ちゃんと地魚メニューは健在ですよ、、、

20191010_112623


海鮮桶チラシ@1500円を、手羽先紅葉サマとシェア
20191010_113914


まぁ、見た目よりもボリュームは無いけどね、、、
これは観光地ではお約束だ。
今に始まった事じゃない😅

20191010_114109



そして、ここから町並みをチェック

古い建物はこうした被害を受けた場所がある事は否定しませんが、全ての建物がこうなっている訳ではございません。

20191010_112141


九十九里のばんや、営業確認❗
20191010_225148



三本松食堂も、営業を確認。
よって記事は一部手を加え、再公開とします。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/37964347.html


一宮町の上総一ノ宮駅前のタカラ食堂も営業を確認。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/32587154.html


国道沿いには、魚平という魚屋さんがあるのだが、
ここを覗いてみたら、地魚も豊富に販売中。

まぁ、値段が千葉価格だから俺には手が届かず買えなかったケド、地物の鯵なら手が届いたかな、、、

現地の方々の努力で、
災害前の千葉を取り戻しつつあります。

20191010_225041



大東漁港。
ポッキリ折れていた木もあったけど、
奥に写っている様に、ちゃんと漁船は健在。

水揚げもされ、前記の魚平さんに納品もされていました。

20191010_133452



大原漁港もまた同様なり。

20191010_135718


勝浦あたりは、幾らかブルーシートが少ないような印象を受けた。


小湊の魚水さんも、営業を確認❗
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/34155001.html

ただ、鴨川は外房各所に比べブルーシートの屋根が目立ちましたが、
大半の観光施設は、とっくに復旧スミ。

地元のスーパーにも、以前の様に、
地魚が沢山並んでいます。
中には内房のものまで、、、


20191010_154428


という訳でみなさん、
とりあえず九十九里~外房に限っては、
復旧は進んでいます。

俺が今まで行った店は全て、
営業再開を確認しています。

どうか安心してお出掛けください。


鴨川の町並み

20191010_161409


そのうち今度は、内房を調査してきますが、
あちらは報道の様に被害が多く、、、


とりあえず袖ヶ浦のわかせいさんや、
木更津アウトレットのわっぱ茶屋かなやさん、
バーベキュー弁当で有名な浜屋さん、
ニコニコドライブインなどは、
営業しているのを確認しています。


南の方は被害が大きかったので、心配だけど、
ここらは是非行って微々たるものながら、お金を落とさないと、、、

みなさんも、
是非千葉の応援、よろしくお願いいたしますm(__)m

さて、ブログ中断を『一時中断』します。

ちょっとだけでも書いて置かないと、
忘れ去られるからなぁ、、、😧

といっても、書けるのは少し前の話ばかりだが😅



暫く前に、
市川花火大会に行ったのだが、
いつもは国府台から観るのだけど、
今回は京成の江戸川駅から歩いて3分の土手から観てみることにした。

20190803_200437


今まで国府台側の土手から観ていたが、
こちらの方がいい。まさに雲泥の差、、、
船橋駅からは同じ運賃なので、コチラの方が得だ。


尚、京成船橋駅の前には金券ショップがあり、
土日回数券がバラ売りされているので、
大人二人往復で100円以上安くなる。
俺的には、こちらを強くオススメしたい。

来年以降、行かれる方は参考にしてください。


さて、花火大会で花火を肴に少し呑んだが、
さすがに最後は店で少しだけ呑みたい。

で、船橋駅南口をプラプラしていたが、安い店はどこも混雑していた。

体はもう汗だく💦

こうなったら多少高くてもいいし、
別にチェーンでもかわまない。
快適な環境で飲める場所にシフトチェンジ…

で、
前から気になっていた店にお邪魔することにした。


グランドビアホフ&源ちゃん食堂。

中は繋がっており、
イタリアン系と海鮮系刺身が両方食べられるという便利さに牽かれた、、、

フェイスビルの地下にあるので、
暑い中歩かなくて済むし、、、


20190803_211231



まぁチェーンなんで何も期待していなかったが、


20190803_212446


日替りメニューにスズキの刺身があるぢゃないか‼
これは速攻注文だ\(^^)/


まぁ、船橋産とは書いておらず千葉産だったが、
船橋はスズキの水揚げは全国一だから、船橋産かもしれない(確か500円位だったかと)


このスズキ、
少しだけ癖はあるが、イサキ程じゃない。


昔から釣りをしている方なら分かるかもしれないが、

ずっと昔、船橋港の岸壁で釣れたスズキの稚魚であるフッコやセイゴは油臭くて食べられなかった記憶がある。

サッパ(ママカリ)コノシロ(コハダ)ボラ、サヨリ、キスなどもまた同様だ。
(カレイやハゼは底の方にいる魚なので、昔からあまり油臭く無く、こちらは天ぷらや唐揚げでよく食べたけどね、、、)

船橋でも沖合いに行けば油臭さは無いんだけど、
自分的には釣れた魚が食えないのが悔しくて😭


まぁんな訳で、
俺の中では、今までスズキをはじめカレイとハゼ以外にはこんなイメージがついている上、
スズキは値段は高いし積極的には食べてこなかった。


『東京湾の魚を生で食べるのは気が退ける』
と、俺と同じような理由で敬遠している地元民も多々いるだろう。


でもね、、、はっきり言うと
今の東京湾のスズキは油臭さはありません。刺身でも食えます

30年以上もの間、廃水基準を厳しくしたり、
牡蠣を撒いたりして水質浄化に取り組んだ結果、水質はかなり良くなっている。


まずは『東京湾の魚は汚いので生じゃ無理』という心理的抵抗感を解いて、
市民にプッシュする必要があるように思える。

船橋市が本気で水産業の将来を憂いているなら、
まずはそこからやらないとな…

まずは、市民にどんどん生で食わせないと、、、



朝水揚げされたスズキの類いは、
三番瀬みなとやさんで買えるので、そのうち購入してみたい。

なんせどんな魚でも1g1円計算だし、
スズキを買うのが一番得だ。
スズキは鯵や鰤に比べて日持ちがするし、
切身にして冷凍してムニエルにするのも良し‼️
アクアパッツァに入れてもいいなぁ、、、


話は逸れたが、
この店では、
イタリアンも一緒に注文可能。


20190803_213350


オードブル3種盛りは、880円。

白ワインのデカンタは1200円。
普通のカルロロッシだが、500ml入りだから、まぁまぁかと思う。

お通しは1人300円以下。まぁ良心的じゃないかな。
タコチップは、何気に腹にたまる‼

20190803_212532


※価格はいずれも税抜き価格。。。





さて、
季節ハズレに花火の事を書いてもシャアないが、
俺にとって、まだ大事な花火大会が残っている。


毎年このブログで取り上げている、

土浦花火大会

いつも例年、凱旋門賞の前日に施行されるのだが、
今年に限っては、土浦が茨城国体の会場の1つになっていて警備上に支障が出るらしく、
日程をずらす必要があるのだとか、、、

今年2019年は、
10月26日(土曜日)に開催


例年より遅いので要注意デス‼️
お間違いの無いように。

予定どおり開催の方向ですが、
打ち上げ場所の桜川の河原は台風時に冠水しました。

今後多量の雨が降った際は、
開催されるかは不明です。

仮に開催されたとしても、昨年の様に途中で中止になる事もありえるので、
公式サイトで当日の開催の確認は、必ず調べた方がいいかと思われます。
↓↓
http://www.tsuchiura-hanabi.jp/sp/

又、打ち上げ場所以外の河川敷においても、
例年シートを広げて見物される方も多く見られますが
冠水の影響により、例え水が引いていても、かなりぬかるんでシートを敷けない事も想定されます。
土手で観る事になるかと、、、

行かれる方々は、
万全の装備で行かれた方が良いかと思われます。


(※追加情報…打ち上げ場所の河川である土浦市の桜川流域付近では、2019年10月25日17時時点で大雨により
警戒レベル3の警報が出ておりますが、
花火大会のHPに於ては予定通り開催決定となっております。状況によっては中断や中止もあり得るし、逆に強行によって何らかの不備やトラブルが発生する可能性があるので、
どうしても行かれる方は、土浦市の防災サイトと、花火HPを両方確認の上、トラブルを承知で行かれるをオススメします。)




さて、ブログの記事自体『被災』して、ある意味使い物にならなくなってしまったので、
現状と比較して確認しながら整理中です。
再開までもう暫くお待ちください。

(誰も待ってないよな…😅だが、書かなきゃ風化していくlivedoorブログは弱肉強食だ。ただそれだけの事…)


↑このページのトップヘ