関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2019年03月

とりあえず軽井沢に到着。
ようやく長野入りだ\(^^)/

行ったのは10月末、
この日の安中市の気温は18℃だったのに対して、
軽井沢町は、何と9℃!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

上着を重ね着し、アウトレットへ。
駐車場🅿️は2時間300円。

出て間もない月が、少し低い位置に見えるのは、
軽井沢の特徴。
不思議な感じだな。

20181025_182028



さて、アウトレットの見学だ。

20181025_175613



この寒い中、アイスなんて食べるのは変態だが、
ここへ来たからには外せない。

って事で、アウトレットにも出店している
ミカドコーヒーさん

20181025_175841


ここの名物といえば、
モカソフトだ。

20181025_180026




本当なら、旧軽の本店で戴くのが本式であるが
アウトレットで戴けるのは、
時間の無いうちらには有り難い。


300円は、軽井沢の中ではお気軽な価格だね。


甘さ控え目でミルク感の強いコーヒー味のソフトは
昔と変わらない味わいだ。

後、このアウトレットには、
他所同様、ちゃんとフードコートもあるので、
軽井沢のあまりもの高額な食事料金にビックリされている方には、ここをオススメする。
軽井沢にしては、かなりリーズナブルかと。。。

あくまで軽井沢にしては、、、だけどね😅


但し、蕎麦屋は無いよ😭
うどん屋とハンバーグ店、中華の店などが入っている。




アウトレットでは、早くもイルミネが始まっていた。
(10月末の時点)
20181025_181516


20181025_181118


20181025_183058



さて、地元スーパーに、
今夜の酒の肴を探しに行くか。。。

嵐山小川から、上信越道の富岡迄一気に移動

途中、安中市内で某鉱泉を汲んだ後、
R18沿いにある横川のおぎの屋さんで小休憩。

20181025_165034


横川名物の釜飯をゲットする為に寄ったのだが、
残りは僅かだったみたい。
本当は秋限定釜飯を食べたかった野田が、
夕方は当然売り切れでして。。。😭

20181025_165128

以前は釜飯の他にも、様々な弁当を販売していたのだが、ここ10年平日は釜飯のみ。。。

土日には、峠の鳥もも弁当と、玄米弁当も発売されるようだ。
20181025_165154


これら2つをゲットしたいなら、
昼前にはココに着いた方がいいでしょう。

俺は両方食べた事があるけど、
鳥もも弁当は30年前、
玄米弁当も12年前、、、、


特に玄米弁当は俺の古傷に塩を塗り込む位にこたえるので(笑)
味のレポは控えておこうか。。。(-_-;)



ここおぎのやの蕎麦は美味いが
明日は信州そばを食べたいから、チョイ我慢。

上州牛めしも販売されるようになったのか‼
これは気になるなぁ🤤

20181025_165806


ここはフードコートタイプなので、1人前をシェアするのにも向いている。

20181025_165105



久々に食べる釜飯は、
素朴な野菜の味わいが懐かしかった。

20181025_204625

やや控え目の茶飯の味付けは、
まわりを生かす味わい。
漬物も美味しく食べられるな。。。


で、ここで『おまグン』のグッズを発見(--;)

20181025_165443


この漫画、
まだまだ現役だなぁ。。。
また映画とか、やらないかなぁ~


さて、碓氷峠は、
長野在住の某温泉ブロガーから送られた、俺の温泉界でのHNと同じ名前の漫画の舞台だが。。
俺の運転技術は、
本家本元の『某D』には遠く及ばず(--;)
夜間の碓氷峠は、かなり怖かった。。。

日没直後のメガネ橋と熊の平は
おっかなくて、、、👻👻👻
寄るのは断念😢

20181026_171931

やっと軽井沢の明かりが見えた時には、ホッとした


ここでは、一足早く見られる紅葉を見たかったが、
車を数分だけタダで停められる場所って、
どこにも無いんだよなぁ~😭
何とか1枚写真をパチリとな。。。

20181025_173827



とりあえず、軽井沢アウトレットに寄るか、、、





全然関係無い話だが、
昨日の阪神大賞典、オジュウが出てれば3着以内には入れたな、、、
展開は彼向きの展開だったかと思う。

さて、今回からは、
長野まで出掛けた時に書いた記事を連載していきます


与野あたりから下道に入り、
途中、東松山にて、
みそだれ焼きそばを味わおうとしていたが、

閉店やら、メニューから外したやら、
タッチの差で営業時間が終了したやらで、、、
結局味わえず😭


ま、営業時間が間に合わなかった店舗にて、
駐車場の有無やメニューの現存を確認したので、
そのうちリベンジしようかと。。。


でも、このままでは終われない。

何とか埼玉らしいら一品をって事で
嵐山のモツ入り焼きそばを狙うが、
こちらも運悪くロスト⤵️

どうなっとんねん、、、今日は、、、




ま、ロストしたものはシャアない。。。


で、失意のもと、最後の保険、
パーキングエリアに寄ってみることにした。

寄居PAは、何かあるかなぁ、、、

20181025_150413


何か面白いモノがありますように…

祈るような気持ちで
恐る恐る店舗を覗いてみると、、、

20181025_150244


ムムッ‼( ゚ε゚;)っ
何かありそうだゾ( ロ_ロ)ゞ

20181025_150326



寄居名物、みそだれ豚丼🐽なるモノを発見( ゚ロ゚)!!

これは行くしかないでしょ✨
…って事で、ここはセットを注文

20181025_150330


だが、
うどんとのセットにしたのが間違いだった。。。

出てきたのは、結構なボリウム🈵

当にダブル炭水化物セットだ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

20181025_150907


みそたれ豚丼は、
埼玉らしいしっかりとした味わいの豚肩ロース。

鉄板焼きだからクセは出てしまうが、
まだ許容範囲。

味噌タレは、それほどニンニクテイストは感じられず

何より、肉のボリウムも凄い(^^)

20181025_150928


うどんは冷凍だったので、
少しヤラレタ感があったが、
汁がちょうど良い味わい


ま、悪くは無いかな。。。
まがいなりにも、味噌タレ食えたし🎵

さて、東松山あたりでエライ時間のロス、
先を急がなきゃ💦

さて、春の青春18切符が販売中だけど、
これを機に、温泉ハシゴ旅に行くのも面白いかも。


関東民の日帰り&1泊旅だけでなく、
他の地域の方々にも、それなりに有益かもしれないので、一覧を書いてみます。


駅からあまり遠かったり、
入浴料があまりに高額だと、
対費用効果を考えると、18切符の効果は半減してしまうので、
日帰りや一泊旅のついでに寄れて、
それなりに利便性がある、
JRの駅から徒歩10分以内の近くて安い温泉を幾つかピックアップしてみました。


病気明けの方にも、
これなら負担にはならないかもしれません。


今回取り上げたのは、
それなりに有名な場所ばかりだけどね、、、

皆さんが行った事ある場所も多いかと思いますが、
サンプル程度にでもなれば幸いです。




(福島県)
・さはこの湯
常磐線湯本駅から8分位の場所にある公営温泉。硫黄の香りと優し目の成分がたまりませんな、、、ワンコイン程度で入れる温泉銭湯。激安料金も魅力。
↓↓
http://www.iwakicity-park.or.jp/sahako/sa


(長野&新潟県)
・津南温泉
駅構内なので説明不要かな、、、ここもワンコインクラス
列車の本数に注意(o゚Д゚ノ)ノ
↓↓
http://snow-country.jp/?a=contents&id=630


・下諏訪温泉
下諏訪駅から徒歩8分以内に、矢木温泉など多数温泉銭湯がある。熱いので注意。いずれも休憩スペースが無いのが難点。。。ハシゴするなら、100円玉しこたま用意。貴重品はビニールに入れて側に置きましょう。
列車の乗り継ぎ調整に使う際は要注意。
ちなみに、下諏訪大社そばの蕎麦屋は美味い。
(下諏訪観光協会)
↓↓
https://shimosuwaonsen.jp/hotspring/



・越後湯沢
駅構内のぽんしゅ館他、
駅から徒歩5分以内に江神温泉など温泉銭湯や日帰り入浴施設が複数あり。
ぽんしゅ館には休憩設備あり。
水上方面上越線は本数が少ないので要注意。
1000円以下。江神温泉は銭湯だからもっと安い。
↓↓
https://www.ponshukan.com


・ゆらりあ
d969945c-s


六日町駅から徒歩6分。ワンコイン以下。
単純泉だけど、重厚な温泉。
単純泉でこれだけのものはなかなか無い。
全ての値が単純線成分の上限ギリギリ、俺的には史上最強の単純泉。

d969945c



・新津温泉
新津駅から10分ギリギリの距離、
しかもヤバい建物で簡素な浴槽だけど
ここの温泉はハンパありません、、、
かなりのもの。石油臭が凄い。インパクト凄し。
↓↓
https://niigata-kankou.or.jp/spot/11336


(群馬県)

・前橋温泉ゆ~ゆ
前橋駅から徒歩3分。1000円以下で入浴可。
ナト塩泉だけど湯使いは良い。スーパー銭湯タイプ。
設備は充実。
↓↓
http://www.yuyuspa.com


・上牧風和の湯
ここも駅から10分以内。格安な公営温泉
600円程度。食堂は無いので注意。
↓↓
http://www.enjoy-minakami.jp/spa.php?itemid=583


・小野上温泉さちの湯
小野上温泉駅から徒歩4分程度の格安な公営温泉。
ゆっくり休める。石膏系の優しい湯。ワンコイン以下
シャワーも源泉。
↓↓
http://www.spa-sachinoyu.jp

・金島温泉冨貴の湯
金島駅から徒歩8分程度。私営だけど、かなり格安。
ワンコイン以下。ナト塩系。休憩設備あり。食堂無し
↓↓
http://fuukinoyu.sakura.ne.jp

cfe2564f-s


・磯部温泉恵みの湯
磯部駅から徒歩10分以内。
1000円以下。ナト塩系。悪くは無いね、、、食堂あり
↓↓
http://www.city.annaka.lg.jp/kanko_spot/meguminoyu.html


(静岡県&山梨県)

・熱海駅前温泉
熱海駅から徒歩3分。実質上の銭湯。
1000円以下。ナト塩系の透明な湯。休憩スペースなし
ここは昔、旅の〆として、よく利用していたなぁ…
↓↓
https://www.yukoyuko.net/yukotabi/archive/gm41071


・焼津温泉
焼津駅真ん前で1000円以上出して入浴するか、
徒歩13分程の場所の公営温泉、サンライフ焼津に行くか迷うな。。。
↓↓
http://sunlifeyaizu.ec-net.jp/guide.html

健康センターは、駅チカ温泉に名前を変えて営業中
なかなか面白い料金体系だ。
↓↓
http://spa-kuroshio.com



・なんぶの湯
身延線内船駅より徒歩6分程度。
丁度管理業者が切り替わり、一時休業になるので要注意。1000円以下
↓↓
http://nanbunoyu.chu.jp

・伊東温泉
公衆浴場がズラリ
いずれも250~300円とリーズナブル。
ただ、小さい内風呂1つとかはザラだし、
ジモティのたまり場でもあるので、貰い湯の精神は忘れずに、、、
リストは多いので、貼っておきます。

↓↓
https://itospa.com/spa/7goodspa/


(都内)
・ゆーシティー鎌田
京浜東北線鎌田駅から徒歩5分。黒湯の銭湯。
銭湯料金。
↓↓
http://youcity.sakura.ne.jp

(埼玉県)
・東鷲宮百観音温泉
宇都宮線東鷲宮駅から徒歩6分程度。
1000円以内。改装にて、長年の懸案だった休憩スペースが出来ている。
↓↓
http://www.100kannon.com/sp/
47358_0003664799_1-1



・吉川天然温泉
JR武蔵野線吉川駅から北へ5分程。
平日なら入浴だけなら900円、土日祝日1000円で、
ギリギリ範囲内。
観劇は別料金。
↓↓
http://www.yuami.com/smp/


(栃木県)
・グランドスパ南大門
JR美しく宇都宮駅から北へ歩いて10分程。
通常料金は高いけど、短時間(90分未満)の設定料金があり、これなら1000円かからない。
↓↓
https://nandaimon.co.jp/spa/


(千葉県)

・法典の湯

武蔵野線船橋法典駅から徒歩5分以内。
中山競馬場から近いので、土日はとにかく混む。
ナトリウム塩化物泉の源泉浴槽はなかなか。



・船橋温泉湯楽の里

東武線塚田駅から徒歩7分以内。
JR船橋駅からだと、大体歩いて25分(-_-;)
本当は対象にならないけど、地元なので一応載せておきました。
ここも源泉浴槽あり。

迷ったら湯楽の里系列の温泉で間違いは無い。
この会社の温泉でダメだった場所は、その地域にそれ以上の湯使いには限界があり、その地域ではこれ以上のモノは望めないって事だ。





遠方なら、岐阜の駅から15分位歩くけど
のはらの湯ってのもある。
以前、この近くに宿を取った時に入浴した事がある。
↓↓
http://nohara-spa.com

北陸本線は、接続が悪いので
長浜駅から徒歩7分程の温泉も選択肢。
国民宿舎に併設。
ここはまっ茶っ茶の温泉が面白いよ。
長浜城跡の近くだ。
↓↓
http://www.houkousou.com/onsen



ま、とりあえずこれ位あれば、
何らかの役には立てるかな⁉



ちなみに関東で駅近で宿がまずまず安いエリアは、
高崎と水戸。
関西や名古屋などから来る方々は狙い目ですよ👍
グルメ味わうなら、
夜ご飯8時にはチェックインしたいですね、、、

翔んで埼玉の現代パートで
これでもか❗とばかりに、何回も出てきた


山田うどん     

サブミナル効果かどうかは知らないが、
これだけ出てくると、
無性に食べたくなる訳で、、、🤤


映画を視た翌日、早速行ってみる事にした。


20190224_120631


今更解説などは要らないかもしれないが、
この山田うどん、うどん屋を名乗ってはいるが、
現状は定食屋ですな。。。


元は製麺所併設の食堂として出発、
まぁ、イメージは立ち食い蕎麦屋の郊外店バージョンかな…

広い駐車場をキープ出来る郊外店を中心に展開。
そのお手頃な値段や戦略が当たり、
埼玉を中心に関東あちらこちらに店舗を拡大。

運ちゃんやライダーの胃袋を掴んで
サイタマエキスを注入することにより、
『日本埼玉人化計画』
の達成に貢献してきた(*≧∀≦)


山田うどんといえば、
どちらかというと男ひとりでメシ食いに行くイメージ

薄暗い店内に、
雑多なメニューのイメージがついていたし、
どこにでもあるので珍しくもなので、あえて行く事は避けてきた。


が、近年は山田うどんに新しい動きが出てきた。

『山田うどん食堂』と名前を変え、
イメチェンを図っている野田❗

まず目立つとこでは、、、
カカシくんに注目

昔はムッとしていたが

logo


今は笑ってるんだよね( =^ω^)
20190312_082534



家族連れでも行きやすい内装に改装し、
このスタイルへの転換がハイペースですすんでいる。

メニューもリニューアルされたようで、

店舗によっては、期間限定でパスタもやっていたらしいし(現時点では終了)



俺が最後に山田うどんに行ったのは12年前、、、

以前と比べ、何がどれくらい変わったのか、
それを検証してみるにはいい機会だ。

もしかしたら、意外と埼玉チックなモノがあるかもしれないしね、、、



さて俺は、
たぬきうどんとかかしカレー

20190224_122651


手羽先紅葉サマはかき揚げ丼のセットをオーダー
20190224_122655


いずれも山田うどんのオーソドックスなメニューだ。


他に何か無いかメニューをのぞきこんでいると、
パンチ定食なるものがあった。

このパンチとは、モツ煮の事らしく、
山田うどんの名物になっているようだ。

モツ煮の本場は、高崎線沿線。
つまり埼玉と群馬だ。
これは期待出来そうだ、、、って事で、
ミニパンチも追加しちゃいましょう(^-^)

20190224_122708

もつは柔らかい。臭みも無い。
さすが埼玉だな。

メンマが具に入っているのはビックリ
臭みもない。

20190224_122717


うどんはやや太めかな、、、
駅にある立ち食い蕎麦屋のうどんみたいな、昔ながらの柔らかい感じの麺。

たぬき=天かすが意外にでかい。
ワカメと共に、天かすの青のりがいい風味出している


カレーも、かかしカレーを名乗っているので、
名物と思いきや、、、
味はやや薄めだった。
が、うどんとの相性はバツグンだ。
まさしくうどんを食べる為のカレー。

20190224_122733



かき揚げ丼は、玉子とじタイプ
これは珍しいな、、、

かき揚げは、エビの風味も強く、胃にもたれる感じもない。さすが単勝1番人気だな。。。
味も濃すぎない。
20190224_122742



さて、平日ランチの日替わりメニューの中に、
秩父風のみそ豚丼なるメニューがあるようだ。
これは水曜日に食べられるみたいですな、、、
(※2020年初頭では火曜日に移動している)
20190224_122054


昨今のご当地メシブームに乗っかったのかな⁉️
いいセンスしていると思うよ。


山田うどんでは、
お会計にnanacoやWAONが使えるのがありがたい。



あ、、、
ちなみに俺が行った山田うどんは




千葉県内の店舗(^^;

せめてもの
千葉ケンミンの意地(^^)


ちなみに、映画の現代パートの最後の方に出てくる
夕暮れの田んぼの中にポツリと立つ山田うどんは、
茨城県の県道4号線沿いにある龍ヶ崎市の店舗だったらしい

しまった( ̄□||||!!
こちらにすればよかったな、、、


後日、ちょっとだけ脚を伸ばして、
現地を偵察( ロ_ロ)ゞ

20190421_174723


アングルは映画とはちゃうけどね、、、

もう少し先に歩道橋があるんで、その上から撮れば映画のシーンに似た感じが出るのだが、
望遠レンズ無いし、、、
近くに車を停める場所も無かったので、残念ながら自粛しやした( ω-、)



山田うどんの中には、
かかしくんではなく、
別のシンボルがいらっしゃる店舗があるようだ。

20190422_094700


清瀬市にある、
県民酒場『だうどん』
サイが玉に乗っていて、埼玉なんだそうな( *´艸`)

ただ、清瀬って東京都だよな⁉
…って、ツッコミ入れるのは止めよう😅

ここは山田うどんの居酒屋バージョンで、かなり安く呑めるしツマミもそれなりに充実しているようで、
チューハイ類も約300円らしい。

行ってみたいけど、遠いなぁ、、、




さて、話を元に戻そう。

食後は腹ごなしに
江戸川の堤防を散策。

丁度埼玉と千葉の県境だ。

20190224_132308


翔んで埼玉にて、
埼玉vs千葉の決戦地、流山橋から、
『宿敵・埼玉』をのぞむ。。。🔍

ちなみにここは、
このエリア最大の渋滞の名所でもある野田‼️
20190224_161046


ただね、、、
映画の流山橋決戦のロケは
県内じゃなく神奈川県で撮影されたらしい(--;)



後日書いた『埼玉記事』

http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/39682271.html

↑このページのトップヘ