関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2019年02月

この道の駅いちかわは、
セレブな『東京トミン』に対して、千葉のアンテナショップ的役割を担っている事は以前書いた。

サンガ焼きの冷凍とか、
クジラの冷凍とかも売っているしね、、、
手軽にゲットしたいならここは便利がいい。



惣菜コーナーに関しては、
東京湾北部の、浦安~行徳~船橋あたりの海の幸にも力を入れている。


このエリアの代表的な海の幸といえば、
魚ならスズキ、ボラ、アナゴ、
秋ならハゼかな、、
少しマイナーなとこだと、サヨリ、キス、アイナメ、イシダイ、カレイ、コノシロ(コハダ)、サッパ(ママカリ)そして僅かながらイワシやアジ、イカも釣れる

貝ならアサリ、アオヤギ、ホンビノス、
そして、海苔だ。


この道の駅では、
これら海の幸を弁当などにして販売している事は以前書いた。

20190214_162738



行った時間が午後2時をまわっていたからか、
海の幸のお弁当が売り切れ、
肉のお弁当しか売っていなかった、、、( 。゚Д゚。)


20190214_162918


という訳で、今回はオニギリを購入してみた。

20190214_201018



一個あたり200円弱。
コンビニのオニギリの倍の価格だが、
これで地元の味を感じられるのなら、安いかも…



ウチらは、貝のオニギリと海苔の佃煮の入ったオニギリをゲット(地魚のオニギリもあったが、家内から却下)

さて、中身を拝見

20190214_205017



貝の方は、ホンビノスの煮物が具になっていた。


20190214_205036


海苔の佃煮は、モロそのまま。。。
濃厚な海苔の味が、口の中イッパイに広がりまする。

なかなか侮れないな、、、

このエリアの漁港に有力なアンテナショップが無い以上、ここがその需要を満たす事になるだろう。

惣菜に、市内行徳魚港の水産物を使うとは、、、
『近くにいる幸せの青い鳥』がいる事を周知させる、ナイス着眼点だ。



ま、とりあえず、
千葉のこうしたアンテナショップの役割は、
俺の地元にも担って欲しいが、
やる気が無いからか、この手の街興しに消極的😭

海の幸といっても
東京湾の北側で生食出来る魚は限られているし、
以前の東京湾のイメージも僅かながら残ってはいるので、なかなか難しい面もあるかもしれないのは重々承知してはいるが、
もうちょっとしっかりせい(*`Д´)ノ!!!


このままじゃ、海の幸という観光資源を、
他所に取られてしまうぞ😓



さてさて、この道の駅から車で5分程の場所に、
じゅんさい池公園という梅の名所がある。
駐車場はあるにはあるが、僅かしか停められないのが難点だが、、、

もうボチボチ見頃になる筈だゾ(^-^)
20190214_155648

次の元号は何になるのか、
気になって仕方がない方も多い筈

さてさて
アルファベッドで、頭文字だけ予測してみましょう。

明治=M、大正=T
昭和=S、平成=Hはありえない。

ってことは頭文字は
マ行、タ行、サ行、ハ行は、まず除外、

慶応で使われたK=カ行も除外か❔

でも慶応は、現在の制度になる前だったので、問題無しとも言えるかもしれない。
カ行が一番付け易い気がするし、、、


小学生でも書ける簡単な漢字で、
母音5文字とナ、ヤ、ラ、ワ行から始まるんだろうか❔

濁点がついて良いなら、
ガ(G)ザ(Z)ダ(D)バ(B)

ギャ(G)、ニャ(N)、ジャ(J・Z)、ビャ(B)…(?_?)
まさかなぁ…(--;)

他にはフ(F)ジュ(J)チ(C)

まぁ、フはあり得ないか、、、

漢字ひとつひとつには『意味』があるから、
使うべき漢字、禁忌とされたり、発音がそれと同じことを連想させるモノは決して使わない。
フは不を連想されるし、
キュウは9=苦しむを連想させるかと。



まぁ、そろそろ円、長、佳、永、元、安、廻あたりが来そうだが、
いかにもお寺にありそうな名だし、
そんな単純なものは付けないだろう。

こういうのは、坊さんの方が予想しやすいかもしれないね、、、

昭和の昭は、照でも召でもなく、絶妙な字を持ってきた。何かを足したり引いたりした、少し一般的ではない簡単な漢字を当ててくるかも、、、
莞 汪 塋 廻、、、⁉️


ちょっち捻って
カン、オウ、コウ、ウン、
バン、ブン、ゴウ、キョウ、ケイ、カイ
なんだか真言とか漢方薬の材料みたいな発音になってきたな…f(^_^;



どちらにせよ、発表まで後ひと月、、、

元号三つ体験出来るのは、無事に生活してこれた証。
ありがたい限りだな、、、



さて、
我々は日本人でいる限り、
必ず何度も食べるモノがある。

それは
オニギリ🍙

茨城ではオニん子とも言うらしい、、、


先日、アリオ柏のタカマル鮮魚店の惣菜コーナーで買ったオニギリは美味かった、、、


20190124_163220


うなぎのオニギリ

20190124_163226


タレを一緒に炊き込んであるのかな⁉
こいつは美味い😋
普通のオニギリの倍の価格だが、
大きさもひとまわりデカイ‼️

さてもう1つは、以前書いた
筑波山の大鳥居&バス停の前にあるオニギリ屋

20171105_152841


ここの塩むすびは、絶品だった🤤
20171105_153328


これぞ、日本人でいて良かったと思える瞬間だな…

さて、昨日の夜
某映画を見てきた。


ここでは、どの映画かは明記するのは差し控えます。

ま、何かはバレバレだけどね、、、


予告が派手だっただけに期待したけど、
思ったより小じんまりまとまっている印象。


俺としては、もう少しだけ突っ込んでほしかったな…


あまりネタバレは書けないが
ご当地アルアルが幾つかあったので、
それについてチョッチ書いてみたい。

でも、成り行き上、この映画の多少ネタバレを含むことになるので、
嫌な方は、読まずにスルーしてください。


まず、登場グルメから、、、


千葉県といゃあ、こいつはデフォだな
↓↓
03



敵である埼玉県民を捕獲したら、
コイツを捕虜の穴という穴全てにコレを詰め込み、
九十九里で地引き網の強制労働をさせるようだ。。。


なんて素晴らしい設定なんだ!!( ; ロ)゚ ゚     


まるで『おまグン』の
『他県民の拷問に焼きまんじゅうを使う』的な発想にも見えるけど、
そこは俳優が俳優、シーンがシーンだけに
凄いインパクトだ。。。😓

弱った『学徒兵』と
ドラキュラ然とした伊勢谷氏の鬼気せまる演技は
このシーンだ。。。

かなりやばい、、怪しすぎ、



こちらは何度も出たよ、、、まぁ、埼玉の代表格だね、、、
↓↓
20190224_120631


この店は千葉県内にもあるから、
朝起きたらここで飯食うかな、、、(´ρ`)
映画で何度も出たから行きたくなった、、、

俺的には、このチェーンだけではなく、
他のチェーンも取り上げて欲しかった、、、

他県侵略なら、映画の内容を地で行く、
埼玉の三大スーパーチェーンもあるじゃないか(^^)

埼玉県民受けなら、ロジャースかな、、、



20190328_133137

↑↑
これには鳩の絵柄は無いが、
映画では可愛らしい鳩が画かれた草加せんべいの踏み絵が、、、(^_^;)
実際に似たような商品、あるのかな⁉️


gari_large_static

↑↑
コレが埼玉だとは知らなかった。
会社の名前から群馬の会社かと思っていたら、ギリギリ埼玉県内だったんだな、、、(・・;)


20190221_174938

こちらは予測的中(^-^)
埼玉県民なら、このCMは無視できないよな、、、

『うまい! うますぎる!!』


lif1806030006-p1

↑↑
画像は産経ニュースより
埼玉は、浦和、川越、吉川など鰻を売りにしている店は多いなぁ、、、、特に浦和はメッカ

今回の登場の仕方はなかなかシュールだ(*≧∀≦)
埼玉産アワビを作ろうとして海までトンネルを掘ったら、海水じゃなく淡水が流れてきて、
そこには鰻さんがおったそうな、、、

このシーンが出てきた時には、
トンネル工事失敗して出来たのが、現在の利根運河だっていうオチを期待していたのだが、そうはならなかったのが残念( 。゚Д゚。)
ちなみにここを通過する時、
さりげなく『醤油臭い』の一言が、、、



20190222_225744

意外にも、コレも出てきた↑↑
神奈川県の某有名駅弁だ(^^)

ちなみにコレは、映画の中でも意外なキーアイテムになっている。
埼玉&千葉にとっては共通の敵だ




さて、食い物以外、気になったネタをば、、、


チバラキネタでは
常磐線が運転見合せになるシーンが
映画に見事に登場( ´∀`)


映画での常磐線の車輛は、こんな感じだった(--;)

250px-BNSF_5216_West_Kingman_Canyon_AZ_(293094839)

(Wikipedia アメリカの鉄道より。あくまで参考まで)

流石に、常磐線は原作に書いてあった.『秩父から発車する』という現実離れした設定は改められ、
都内から茨城への路線に改められてはいたが、電車がよく止まる事は忠実に再現されていた。


ちなみに運転見合せは千葉の柏の手前。。。
運転再開は翌日だってさwww

これって常磐線で昨年現実に起きた、
チバラキアルアルネタだよね…( ´∀`)


J○東○本サマ、

大多数のお客様には、展開上の自然なシーンにしか写らないないだろうけど、
この常磐線運転見合せのシーンは、チバラキ県民にとっては日常茶飯事的に見られる、皮肉タップリのご当地アルアルネタと認識している。。。

こんな扱いされて恥ずかしくは無いんかな?

マジ、定刻運行への努力、頼むよ、、、🙏




次に、
俺みたいな凡人が語る資格が無いのかもしれないが
ここはあえて、、、


決戦シーンの最後では、
先日亡くなった某女優さんの、
映画ラスト出演があるんだよ。。。
(といっても、写真での2秒程度の出演だが、、、)


この映画のクランクアップは、
この女優さんの亡くなる前。

公開前、調整する時間はあっただろうが、
あえてカットしなかったんだね、、、😢



亡くなっても尚、
思い入れのあるスクリーンという舞台に登場し、
お客さんをアッと言わせ、しかも笑わせる、、、

俺はこのシーンを観て、
あまりのタイムリーさに体が震えた((( ;゚Д゚)))



この女優さん、
余程スクリーンに思い入れがあったんだな。。。

そして、本当に映画が好きだったんだね、、


女優として、視聴者のみんなにサヨナラがしたかったんだろう。

20190223_232110



やはり人間、亡くなってある程度の月日経つまでは
魂はこの世にあるんだ、、、
想いは強く遺るんだなって、
強く感じたよ、、、😢

じゃなきゃ、この偶然は説明がつかないよ。。。





シンミリとしてしまったが、
この映画に、涙は似合わない、、、



千葉ネタでは、
俺的には、
『あわび』さんと『さざえ』さんには笑えた、、、

20190223_224407

(公式サイトより)

あまりに似合いすぎてるし、、、ヾ(≧∀≦*)ノ〃
この二人のささいなリアクション、
本当に面白いんだよ、、、


今もし房総に行って海鮮食ったら、
彼女らの濃い顔を思い出して
笑い過ぎて食ったモノを鼻から吹き出す事間違いなし(゜)#))<<


間違っても、浜焼きは当分の間行けそうにないどころか、暫く九十九里や房総には近付けないや(^_^;)

店で思い出し笑いしてたら、ただの変態だし、、、


この映画では、
こうした脇役の仕草にも是非注目して欲しい。


ちなみにこの二人は、
小澤真珠さん、
中原翔子さんという女優さんだそうな。。。

小澤真珠さんは何年か前に、
昼ドラで過激なセリフと共に、プチブレイクした女優さんだそうで、それなりに有名らしい。
中原さんは、セ○シー系の女優さんとのこと、、、


方や埼玉の『脇持』は、男性二人組。
鈴木勝大と福山翔大という俳優さん。
なかなかのイケメンだ(^-^)
そのうちブレークしそうな予感がしますな、、、



後、現代パートにて、奥さんと旦那が、
ある事がきっかけで大喧嘩を始めるシーンがあるが、

どうせならチバラギの象徴であるマックスコーヒーでもサラッとチラッと写せばギャップを楽しめたかもしれないね、、、
惜しい‼️惜し過ぎる‼




埼玉の各映画館では、初日から沢山の方々が映画館に訪れたみたいだけど、

俺が行った千葉内陸部の某映画館では
土曜の夜間でも100人チョイ程度、
公開初日の平日昼間、チケット売場の端末で予約状況を確認してみたら、
何と10人程度のお客さんしか居なかったようだ、、、


かなりのガラガラ感。。。

映画上映中は、
笑っている客は俺だけ😓


上映終了後、千葉県民の観客は拍手の1つもせず、
『屈辱』を胸に秘め
淡々と映画館より去っていったようだ(^_^;)


主役の埼玉とは明らかに温度差があるね、、、

千葉は途中まで悪役だからシャアないけど、
心の広さは埼玉県民を見習うべきだな
だからチバ都民と陰口叩かれるんだ(>д<*)


真の悪役扱いの神奈川では
暴動起きるかもな、、、(^_^;)

やはり神奈川県民、
『意識』は高かった。。。\(^^)/

ま、何をやっても許されるトミン様は、
もっと羨ましいが、、、

翔んで埼玉上映記念シリーズのオシマイは

埼玉県のライバルとして登場する、
オイラの地元・千葉県、、、



今回の映画での千葉県の扱いは、
主人公達・埼玉の敵役という立場だから、
当然、ヒール役
何かイヤ~な予感がするなぁ、、、(--;)




埼玉県はタモリにダサイタマと言われようが、
この漫画でディスられようが、
内心腹が立ちながらも、笑って受け流す度量がある


が、
千葉トミンはチバケンミンと言われると、
目くじら立てて怒って否定し、
図々しくも自らを『東京』と名乗ろうとするのは
もはや有名なアルアル嘲笑ネタにもなっているね😓


そういった態度が鼻につくのか、
県内の他地区からも、

あ~(-""-;)??アソコは千葉じゃねぇから
と、冷たい目で見られている。

(俺は某日本有数の港町でこんな事を言われた。何もやってないのに…しかも2回もね😓 それ以降、出掛けた時にどこから来たのか聞かれた際は、船橋とは言わないで、鎌ヶ谷から来たと言うようにしている。『あぁ、梨取れるとこね』って笑顔で返事が帰って来るからね、、、)




ま、そんな『チバトミン』の
『都民に媚びるしたたかさ』が、
映画上で埼玉の「敵役」「悪役」の演出にはピッタリなんだろうな😅




誰も千葉に対していじってくれないのも淋しいので、
ここは千葉育ちである俺がグルメ視点から、
千葉をチョイと解説してみる。



さて、何故千葉はこんなにバラバラなのか⁉️

マジな事書くと、
千葉県にまとまりや個性が無いのは、地理的なモノ、そして歴史的背景が多分に影響している。


ここはチバの某キャラ
東京の犬
と陰口を叩かれている『彼』を使って解説。
(いや、富津岬を切り取られ去勢されているから、彼とは言えないか、、、)


20190130_172245


黄色が、おおよその車の流れ。

縦に長く、全ての地区を縦断する交通網が近年まで無かった。

そして交通網が県内縦断よりも横断する形で形成されている為、
縦方向の同一県内よりも、
横方向の他都県に影響されやすい。


例えば柏あたりに本社を持つ会社なら、木更津とか勝浦、銚子などにシェアを広げるよりも、
都内や埼玉、茨城に広げた方が効率的なのは一目瞭然

逆に勝浦や館山の方々は、東北や長野&新潟行く以外、わざわざ柏方面に行く事は無い。だって何も用がないし、、、





自称チバ都民=『北西部の総武原人』は、
他県からの移民が多く、地元はただ寝に帰るだけの場所であり、結果地元の事については疎い。

よって釣りなどの趣味がある人以外は、地元には一切興味がなく、

挙げ句の果て、パパ達は千葉の文化を地元の小中学校に通う自分の子供やママを通じて吸収する始末である!!( ; ロ)゚ ゚

(ちなみに学校の出席番号は生年月日順はガチ。
業間休みは、茨城南部の一部でも呼ばれるので、
千葉唯一のものでは無い。)





特に市川は明治時代より前、それまで東葛飾の名でひとくくりにされていた江戸川区や葛飾区から切り離され千て∫葉県の一部になった歴史があり、元々自らを千葉ケンミンとして認めていない。
元々、千葉県民になれ!!と言う方が無理な話だ。




船橋市近辺は、かつては漁村民と農村民などの地元民と、都内に住めなかった移民で構成されており、高根や金杉、高根、行田など大規模な公団団地(現UR)も多かった。

当時の団地は家賃も安くて人気があり、抽選に当たって住まいを確保する為には、
都内に拘る余裕など無かったのが実情なのだ。

ま、ぶっちゃけ、都内に通える所に住めれば、別にどこでも良く、たまたまor仕方なく千葉県に住んでいただけ。


余所者の寄せ集めであるかつての公団団地などでは、各家庭で正月の雑煮の具がバラバラであり
小学校の先生は学級会などでそれをネタにしていた。


また、移民の子供は中学生や高校生になって、元からの地元民を通じて文化の違いを知り、ショックを受けるのが定番でもあった。。。

いつの間にかチバ言葉の『だべ』『(一部)だっぺ』を発するようになって親をアングリ愕然とさせるのは、移民系の千葉トミン2世にはある意味共通の思い出だろう。。。


千葉市は、千葉駅を境に北西と南部とでハッキリと別れる。

千葉南部から東京に直通する電車があまり無いので、
千葉以南からは千葉駅を通勤通学の目的地にしている人も多い。
方や一駅先の稲毛エリアは千葉都民の生息地である



柏近辺は、移民が多いので基本的に総武原人と同じなのだけど、
総武原人とは違い、都内と茨城との動脈間に位置するので、これらの和洋折衷的な文化で、世間一般的な千葉のイメージとは全く異なり、異文化に寛容である。


千葉の代表的名物である筈のピーナッツは、
このエリアの方々は、茨城の会社であるイケノベのピーナッツの方が馴染みがある人も多い。

尚、常磐線がしょっちゅう運転見合せになるのは、
もはやアルアルネタの域まで達している。



銚子や佐原あたりは、県内よりも茨城の鹿島あたりとの関係の方が深い。
工業地帯に稼ぎに行くには、千葉県内より茨城の鹿島に行った方が近いし、当然といえば当然。
行政上、仕方なく千葉ケンミンを名乗っているんだろうな、、、


市原あたりは工業地帯である為、このエリアも他県からの移民が多い。
醤油味のラーメンより、かつてはクリーミーな博多の豚骨ラーメンがこのエリアに根づいていたのは、それを象徴する現象だ。

事実、比較的新しいB級ご当地グルメである、牛乳を使うクリーミー系のホワイトガウラーメンは、
この地域で生まれたものだ。
(千葉は首都圏では元祖酪農王国でもあるし)


後は安房地区の一部が海運を通じて他県の文化による影響を受けてはいるものの、
その他の地区は基本的には元々から居る漁村農村。
このあたりは本来の千葉の文化を持っている。
千葉市内の内陸部もまた同様。

ただ、房総でも内房vs外房でライバル心メラメラみたいで、、、😅




…と、まぁこんなんだから相互の交流は少ないので、
元々文化に統一性はあるはずが無く、
バラバラなのは当然である。


こんな状態であるから、
地元愛はある方も居るかもしれないけど、
『千葉県愛』のある方は居らず、
千葉全体を盛り上げようとする発想は生まれない。


よって、県民愛用のご当地チェーン&ケンミンソウルフードという面においても当然のように、


ケンミンみんなで共有出来るモノはほぼ存在しない

(しいて挙げればみそピーくらいかな…
マックスコーヒーは千葉特有のモノではなくチバラギ名物だし、千葉ケンミンでも好き嫌い別れる。
千葉は米も有名だし、これらの名物を無理矢理詰め込もうとすると、こうなる😓↓↓これは美味いけど)
20180716_140045



そしてそれはご当地グルメや郷土料理に限った事ではなく、ご当地チェーンという面において、
その傾向が顕著に現れている。


例えば、
北海道南部ならラッキーピエロさん(ハンバーガー)

宮城&福島なら、まるまつさん(和食ファミレス)

群馬なら、説明不要の登利平さん(鳥めし)&おおぎやラーメンさん、

静岡なら、さわやかさん(ハンバーグ)

静岡&愛知ならスガキヤさん、

茨城なら、ばんどう太郎さん(みそ煮込みうどん)

愛知なら、ブロンコビリーさん(ハンバーグ)

石川なら、8番ラーメンさん、

埼玉なら、餃子の満州さんや、今では少なくなってしまったが、るーぱんさん(ピザ&パスタ)

そして、もはや埼玉チェーンとは言えない規模になったが、
あの山田うどんさんがある



あの都内でさえ、
学生や会社員の胃袋を満たす
富士そば小諸そばという都内中心のチェーンがある。


以上はいずれも20店以上の店舗を持ち、
県内、またはその隣県にまんべんなく出店、

県民ならおそらく最低一度は食べた事があるか、
あるいは名前なら県民誰もが知っているという、自慢のソウルフード店になりうる存在だけど、
千葉にはそのクラスのチェーン店は存在しないノダ…

このサイトで各社の出店傾向を見れば一目瞭然、、、
↓↓
https://tabihow.jp/trip055/

(千葉県は、しいていえばオランダ屋という菓子チェーンと、としまやという弁当チェーンが該当しそうだが、前者は君津市から南、後者は蘇我から先の北西部には存在しないので、ケンミン全てが知っている訳ではない。)



千葉は、食生活の要となる、
ご当地スーパーマーケットだって弱い。


長野ならマ○ヤ(現デ○シア)
栃木や福島に展開するリ○ンドールや
栃木のオ○タニ、
群馬のフレ○セイ、
(AEONに吸収されてしまったが)茨城のカ○ミなど
ケンミン全員が知っている規模のご当地チェーンが存在するが、
千葉県にはその様な、県内を網羅して完結する、30~50店舗&年商400~500億クラスの中規模チェーンは存在しない。


結果、大手だけではなく、
埼玉の三大スーパーチェーンである
ヤ◯コー、マミー◯ート、ベ◯ク、
そして茨城資本のスーパーであるカ◯ミやタ◯ヨーの『侵略』を易々と許してしまっている状態だ。。。




ネズミ以外の各観光名所のパンチ力にしても、
他所と対等に勝負出来る、歴史や個性や規模を持つ場所は成田山と鴨川シーワールド位だ。
(個人的には市原ぞうの国や、レッサーパンダの飼育数が半端ない市川動植物園、そして成田ゆめ牧場にあるSLの動体保存は凄いと思うが、いかんせんマニアックすぎて、、、💧)


県内のテーマパーク系施設に、
他ケンミンを呼び込むだけの魅力があるかと言えば、スケール的に少々微妙なところではある。


千葉動物公園700円+駐車場700円、
アンデルセン公園900円+駐車場500円
成田ゆめ牧場1400円+駐車場600円
マザー牧場1500円+駐車場900円
東京ドイツ村800円+駐車場1000円


こうして見ると、
他県にある同様の施設と比べると、
やや強気の値段設定は否めない。

駐車場料金がやや高いものの、
入場料や内容で妥当といえるのはドイツ村位かな…

近年業績がいいのも、ドイツ村とアンデルセン公園だけだ。





前置きが長くなったが、
ネズミの国と豊富な海があるお陰で、
イメージ的には誤魔化せてはいるが、
実態はこのように、尖った個性が無いというか、
バラバラで掴みどころがなく、
1つ1つが小粒でコスパにも欠ける千葉県。。。


そんな千葉県を他ケンミンに宣伝するのは、
埼玉県以上に難しいノダ、、、

多様さとバラバラ感は紙一重だが、
どうも千葉に関しては、後者の悪い点の方が強く出ているようなので、
とても下の彼みたいに、千葉を面白い半島とは周囲に宣伝出来るとは思えない、、、


20190128_233901

(画像は某映画の公式サイトより)



ま、地元を嘆いてばかりでも仕方がない。

大分話はそれだが、

一応B級ご当地グルメや、それに準ずるB級グルメ、
郷土料理らしいモノは幾つかあるので、
一覧にして載せておこうかな。。。


実は、今回の映画化にあたっては、

映画でディスられる事を反論するするつもりは無いが、こんな県でも俺が育ったかけがえの無い地元…この映画のおかげで千葉にすこしだけダーティーな印象がつく事になるだろうから、少しは名誉挽回しときたいのだよ(-_-;)


千葉は、銚子電鉄とかいすみ鉄道みたいに、
経営を立て直そうとする過程で、街興しにも寄与してきた希有な例もあるが、
基本的に都内から近い立地と、
安易にゴルフ場&海に頼ってきて、街興しという自助努力をサボってきたので、B級ご当地グルメの種類はそんなに無いんだけどね…



・東葛・常磐エリア
①ホワイト餃子
野田~柏の間にあるご当地グルメ。家庭向けに販売もしており、このエリアでは食卓に並ぶ事も多かったようだ。
コロッとしたタイプの餃子。
20160827_133715


②ボンベイのカレー
辛いカシミールカレーが有名。閉店してしまった幻の味を、常連さんを中心に執念で再現し再興!!
柏と流山あたりに展開。柏の駅ビルのフードコートにも出店している。

20180523_180538


③ラーメンの名店激戦区・松戸

とみ田は全国的に有名ですな、、、👀
その他にも「兎に角」や「角ふじ」など結構有名な店が多い。『宇都宮のbarの原理』が働き、高レベルな激戦区として発展している。

20171002_141625



④我孫子駅の唐揚げ蕎麦

dbc4402f-s

1店舗だけなんで、ご当地グルメとは呼べないかもしれないけれどね、、、ここは昔から有名だ。
味とボリュームは俺が保証しますよ、、、


⑤うららライス
まぁB級グルメとは言えないんだけど、柏駅前に数店舗ある喫茶店「うらら」で、ずっと昔から女子学生やOLの胃袋を支え続けている、柏女子御用達のソウルフード。俺にとっても思い出の品でもある。
歴史の長さ、女子への浸透度なら、
群馬のシャンゴにも負けない。
20160731_152912

写真サンプルで申し訳ない。。。(-人-;)
グラタンとピザの間の子みたいなドリア。
歴史もあるので、我孫子駅の蕎麦が評価されるなら、もっとスポットを浴びて良い一品だ。




・自称千葉トミンエリア

①貝料理
これを取り上げる人はあまり居ないが、
色々調べていると、貝を食する文化が意外に根付いている事に気がつく。
浦安や市川、船橋あたりと木更津は、特にその文化が根付いている。
アサリの佃煮や酒蒸し、バカ貝の刺身やヌタなど。
酒肴としても、ご飯のおともにもアサリの佃煮は最強だ。

20190126_112600

近年はホンビノスが有名だけど、
居酒屋さんで食べさせてくれる店って、最近は殖えてきたのだけど、まだ歩けば棒に当たる…という状態には達していない(あるにはあるけど、値段高めの店)

船橋駅前に、看板にデカデカとホンビノスと書いてある某居酒屋に行っても、品切れを起こしている始末(--;)品切れにはなり難い品の筈なのに、、、
他所ならありえない失態だ。

三番瀬みなとやでは、ホンビノスのフライを食べられる。


②船橋ソースラーメン
船橋を代表するB級ご当地グルメ。
梨のお化けのおかげで有名になったが、
一時は絶滅しかけていた。
市民全員が知っているかと言えば微妙である。
塩原のスープ入り焼そばを受け入れられるのなら、
こちらも大丈夫だろう。
女性なら、faceビルの地下にあるラーメン屋なら入りやすい。焦がしたチーズを乗せた、食べやすいアレンジだ。但しハムカツは入っていない。

20180214_120545



③スズキメシ
船橋名産のスズキとホンビノスを使い、ライスコロッケタイプに仕立てた、『B級グルメである筈』の一品


大会にも優勝し、会員登録制を敷いて万全を期した筈だが、オリジナルは僅か数年で幻の品になってしまった。
メニューから外した某店の店主曰く、これを知っているのは相当な呑兵衛とおっしゃっていたが、このように関係者間でも相当な認識のズレがあったようだ


④船橋バクダン
2019年に登場した、B級ご当地グルメ。
ホンビノス貝と小松菜をクラムチャウダー風に仕立てコロッケだ。三番瀬みなとやで先行発売を実施。
創作系B級ご当地グルメは半分以上が2年以内に消えて無くなるものだが、
船橋バクダンは船橋のB級ご当地グルメに成れるか否か、、、注目だ‼


20190613_125213



⑤みそピー

まぁ、これは自称千葉トミンだけではなく、
全県民が知っていてもおかしくない一品。
そんなモノは、おそらく千葉ではこれが唯一だろう

移民自体は知らなくて当然だが、移民2世以下なら小学校の給食で一度はお世話になっている筈だ。

水飴と味噌を混ぜたような食感のタレに、ピーナッツをあえてある、、、と言えば分かりやすいかもしれない。以外コメとマッチする。

20190211_141643



⑥船橋ふうかし

単なるアサリの味噌汁の事をそう呼ぶらしい。


⑦習志野ソーセージ
習志野市のソーセージは、
100年の歴史を持っているようで、近年はこれで街興しを図っている。
20190519_101545




・県北東部&九十九里エリア

成田から銚子、匝瑳あたりが該当。

①うなぎ
値段が高いし、柴又や吉川、浦和や川越、土浦でも食べられるので、ご当地グルメになるかは疑問…
成田では名物になってはいるが、、、
印旛沼近辺にも沢山の店がある。


②銚子の伊達巻
普通の伊達巻のようにすり身は入れず、出汁で作る。
硬めのダシ味のプリンみたいな食感。
銚子セレクト市場に早い時間に行くと出会えることがある。
20181122_201026


③かいそう
その名の通り、海藻を寒天状に固めたもの。
ま、海藻で海藻を固めたモノさ。。。(--;)
道の駅佐原にて買える。
チョッち好き嫌いが別れる。
味は想像まんまだった。。。


④銚子のせんべい

銚子電鉄のものが有名だけど、他でも販売している。
菓子を御当地料理と言って良いかは解らないが、
銚子は醤油の街であり、米どころ多古からも近い。
よって煎餅はこのエリアの立派な郷土食である。

20190211_141617



⑤多古米
皇室への献上米の1つ。
たとえおにぎりでも団子でも、地域に根付いた品に変身するのがコメの強み。。
道の駅多古には種類が豊富にある。


20181122_115855


⑥イワシの丼モノ

九十九里はイワシが豊富。
イワシの天丼やイワシの漬け丼、イワシの蒲焼きなど多様な調理法がある。
郷土料理として、これらをいわし丼として、ひとまとめにして表現した。
九十九里の『ばんや』がオススメ。

20180702_045644



⑦さくら丼
佐倉市の街興し創作系B級ご当地グルメ。
本家本元では、週3回のみの販売になってしまった。
豚肉と大和芋を使っている。



・千葉市から房総エリア

①なめろう
鯵などに大葉、生姜、ネギを入れて細かく叩き、
それに味噌や酒などを混ぜ、そのまま食べる。

割とチープな印象なのに、どこも値段を高めに設定する傾向にあり、ある意味千葉を象徴する一品。
700円~900円位が相場。
船橋でなら、『味よし』さんという定食&居酒屋にて、500円以下で食べられる。
20180703_114740



②サンガ焼き
なめろうをハンバーグ状にして焼いたもの。
冷凍モノなら土産屋で容易に入手可。

20170124_212503


③まご茶。
上記のなめろうを、アツアツのお湯を注いで海苔をかけ、茶漬け風にしたもの。
別になめろうじゃなくても良い。


まご茶をメニューに載せていない店でも、
アジや鯛、イナダ(ブリやハマチ)などを漬け丼(酢飯以外)を二口位残しておき
それにお茶を貰ってかければ、とりあえずまご茶を食べた事にはなる。セルフサービスの店ならやり易いだろう。
(こんな感じのモノにかけるといい)
↓↓
F1000135



④としまや弁当
東京都からは千葉市蘇我近辺が最寄りであり、北西側には何故か存在しない。

が、逆言えばそれ以外のエリアでは見掛ける事が多い、千葉県には珍しいご当地チェーン。
秘密のケンミンショーにてチャーシュー弁当が有名になったが、様々な弁当がある。
バーベキュー弁当もあるので、浜屋のモノと比べても面白い。
太巻き祭り寿司も買えたりする。

20180703_214520


⑤木更津のバーベキュー弁当

浜屋で作られるご当地駅弁がルーツ。
木更津の湾岸部では、群馬の登利平並にひいきにされている。千葉には珍しい地域に根付いた一品だ。
木更津市役所の支所が入居しているAEONの1階に浜屋がテナントで入っており、イートインコーナー完備。
現地で味わう事も可能だ。
20180427_122413


⑥さざえカレー
安房地区で売り出し中のB級ご当地グルメ系料理。
サザエの出汁が効いている。
道の駅とみうらの2階の食堂でも食べられる。

20180930_111918


⑦太巻き祭り寿司
昔からある郷土料理でハレの日の付き物。
多種多様な具を使いキレイに仕上げているが、
実は、巻き寿司の中に巻き寿司が入っている、
巻き寿司の「六神合体ゴットマーズ」状態。

調べた限り、買える店は「房の駅加曽利」が西側の北限で、印旛沼の風車近くにある農産物直売所が東側の北限である。

他ケンミンでも行きやすい、
道の駅「しょうなん」「いちかわ」「やちよ」などでも不定期に置いて、もっと千葉をアピールすべきではないかと思うのだが、こういう所が詰めが甘い。
やはりエリア別鎖国状態の千葉には難しいのか?


ビジュアル的に、より『それらしいモノ』を確実に入手したいなら「道の駅あずの里市原」に昼1時迄に行くこと。

20180124_111007




⑧勝浦タンタンメン
漁師が冷えきった身体を温める為に作られたラーメン。
千葉にしては珍しく街興しに成功した一品。
県内では数少ない『※登録会員方式B級ご当地グルメ』

(※これはある意味B1グランプリに代表される方式で、まぁ著作権みたいなものだ。。。ちなみに埼玉の街興し系B級ご当地グルメは、殆どこのシステムを採用している。まぁB1グランプリのBは、B級グルメじゃないんだけど、埼玉では同一のモノとしてとらえられている傾向にある。逆言えば、それだけB級ご当地グルメで街興しに熱心であるといえるかも、、、)


普通の白っぽい担々麺とは違い、真っ赤っ赤(^-^)
味噌じゃなく醤油ベース。
現地は昼夜の2部制の店が多く、
昼の中途半端な時間では食べられない事があるので、注意が必要だ。
20160531_175448



⑨竹岡式ラーメン
これも漁師に愛されたラーメン。
棒状の乾麺を茹で、茹で汁ごと器にいれる。
スープは出汁を取らず、焼豚の煮汁だけで味付けをし
トッピングは玉ねぎ。
食べられる北限は、京葉道幕張PA下り線フードコート

20151018_141735


⑩南房総のクジラ料理
郷土料理だが、チョイと値段が高いので、
クジラ入りコロッケなどで手軽に味わうのも良い。
道の駅和田浦か道の駅千倉にて味わえる。

20170306_160258



⑪おらが丼
鴨川市が売り出しているご当地どんぶりだが、
地物を使い、他の代用を認めない以外には定義が無い

土地柄、海鮮丼系が多いが、一部は鯛めしだったりする。



⑫はかりめ丼
内房の富津エリアで有名なご当地グルメ…
というか、富津市自体がコレで街興しをしている。
要は穴子丼だが、蒲焼きだったり天丼だったり、
店によってまちまち。

20180730_135913



⑬木更津丼
わずか数店舗で提供されているが、それぞれの店が別々に考案した。「親子丼の貝バージョン」に近いアレンジと、ネーミングがたまたま一緒だったようだ。
発想は皆同じ、、、(^-^)
どさくさに紛れ、木更津市はコレに便乗して街興しが手っ取り早いが、それをしないのもまた千葉らしい。

ととや77、木更津アウトレットの今半、湯の郷かずさの3ヶ所で食べられたが、今半は木更津から撤退してしまった。
20180124_180359



⑭黄金アジ
内房の鯵についてはこの名でブランド化されている。
刺身で食うなら、個人的には相模湾の鯵の方が美味しい気がするけど気のせいかな⁉️
刺身、フライで楽しめる。
鋸南(浜金谷辺り)のばんや等で楽しめる。


20170124_142059


⑮海堡丼
富津市が近年推している丼。
市内約15~20店舗で出している。
明確な定義は無いが、鴨川のおらが丼みたいな感じかな、、、

さとみ寿司さんの海堡丼は、チラシ寿司スタイルでオススメだ‼️


20191103_125046




ま、とりあえずはこれ位かな。。。




さて、2月頭からこのシリーズを書いてきたけど、
映画を実際みた後、何か食い物が出てきたかか否か、
ネタバレにならない程度に、近々書いてみようかな…

まずは早く観にいかないと、、、

とりあえず、
次回からは週3~4の更新ペースに戻ります。

さて、映画『翔んで埼玉』
いよいよ明日より公開ですな、、、

って事で、今回は、
主役の埼玉について(^-^)


しばらく書いている『翔んで埼玉便乗シリーズ』は、
この映画のポリシーである、
『くだらない事を必死にやる』
という原則に倣って書いております、、、
冗談半分で流していただければ幸いですm(__)m


とりあえずは、
まずは埼玉ポーズから、、、
20190220_131429


これって映画上だけじゃなく、
実際にあるのね( ロ_ロ)ゞ
JRの駅で配布されている埼玉旅行のパンフで初めて知ったよ



埼玉って場所は、
旅行好きにとっては、住むにはとても贅沢な場所。
なんせ、どこにでも安く気軽に旅に行ける立地だし…

弱点と言えば、
多摩地区や神奈川に行くのが少し苦労する事位かな
圏央道が出来たから飛躍的にアクセスは良くなったけど、高いし、、、混むし、、、
(ちなみに通行手形は要りませんw)



著名な温泉マニアの方々をはじめ、
旅行マニアのブロガーは埼玉県民に多いんだけど、それはこの様に温泉地や観光地へのアクセスの良さが理由の1つなんだろう。



だが、
逆に他県民を呼び込む観光資源が少なく、
ただ単に通過する場所で、県内どこにも寄らずにスルーされてしまう事が以前より問題視されてきた。

特にケンミンshowでは、
何も無い事が格好のネタにされてきたね、、、



俺からしたら、埼玉は何も無い場所では無い。

一般的には、
さいたまアリーナ、
鉄道博物館、
長瀞&秩父、
ららぽーとTOKYO-BAYよりもデカいAEONレイクタウン
東武動物公園、
小江戸と言われる蔵の街・川越
サイボクハム、


上記の埼玉ポーズのパンフ見たら、他にも結構色々あるのよ、、、

20190220_132308



俺的に言わせて貰えば、
プロ野球が3球団も練習場を持っているのは全国広しといえど、この埼玉県だけだ。

20190217_020710


しかも二軍とはいえど、練習場で開催される試合に限っては、観戦スペースに制約はあれど、上手くいけば無料で観戦可能なノダ(^-^)
(タダだから観客席やスコアボードは、草野球以下の設備だけどね…球団HPをブックマークして選手情報をスマホで直ぐ見られるようにしておくこと。レジャーシートと菓子&ドリンク持参は必須だ)

そして、川越の蔵もそうだけど、
秩父の札所は古い寺院の建物がいい味だしている場所が幾つもある。

20190220_182427


温泉も、神奈川の箱根や栃木群馬程じゃないけど、
少数精鋭ながら、泉質が有名温泉と引けをとらない位素晴らしい場所が幾つかある。

2-1

(杉戸うたの湯より。ここは全国的に見ても凄い‼️)


この様に、
埼玉は決して何も無い訳じゃない‼️
他県の文化も入って来やすいので、様々なものを発展させ、造り出す事が上手だ。



でもTV局やその製作会社をはじめ、
映画でも
埼玉の事を何が何でも
『何も無い地』扱いで終わらせたいらしいな、、、

20190220_181831

(某映画のポスターより)



でも、、、残念でした😛


そんな埼玉のことを
『何も無い場所』といじる事が出来なくなる刻が一刻一刻と迫ってきているノダよ\(^^)/
皆さんは知っているかい⁉️



飯能市の宮沢湖湖畔に、
日本初のムーミンのテーマパーク、
ムーミンバレーパーク
が、今年3月に
グランドオープンするノダ‼️
↓↓
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/


世界に僅かしか無いムーミンのテーマパークだ。



もう何も無いとは言わせない‼️
これぞまさに埼玉解放の必殺兵器だ‼



計画から10年近く、
途中、東○都某市に計画を略奪されそうになったり
計画そのものが頓挫する噂もあったが、
苦節10数年、、、😭
とうとう、開業にまで漕ぎ着けた。


飯能エリアの関係者の方々の根気と努力には、
マジで頭が下がる思いだm(._.)m


さぁ、Everyサイタマケンミンよ
東京トミン神奈川ケンミン千葉ケンミンに
あっかんべー‼ベロベロバ~😛と、
思いっきり自慢するがいい🙌‼



…ま、
過激な冗談はこれくらいにして、、、(^o^;)
前置きがかなり長くなっちまったが、
今回は埼玉のご当地グルメを一覧を書く予定だったね



映画には、これとか、

20190221_174938


これ、

20190328_133137


出てくるんかな⁉️

一体どうなることやら、、、




さてさて、
俺の頭の中の『御花畑』的発想はさておき( ̄▽ ̄;)



埼玉県の食、そしてB級ご当地グルメを語るにあたり
まずは3つの特徴を書かなきゃなりません。


まず1つ目は、群馬や栃木西部と共通し、小麦粉を使った料理がさかんで、特に麺類や粉モノが強いこと。


2つ目は、街興し系ご当地B級グルメの開発もさかんであることですね、、、


B1グランプリを意識したのか否かは不明だが、
『権利方式』『会員方式』を導入し、観光協会や商工会、NPO法人や市民団体が作った会の会員にならないと名乗れないケースが目立つ。(※北本トマトカレー、春日部焼きそば、加須うどんなど)

これは『埼玉B級ご当地グルメ王決定戦』という、
県内のB級グルメのチャンピオンを決めるイベントが行われる関係上、創作にはコストも掛かる為、やむを得ない事なのかもしれない。

(このイベントは、ここ3年開催されていないのが気掛かりではあるが、、、)



3つ目は、
県内にお祭りやイベントがあると、
大抵の場所でB級ご当地グルメの屋台が立ち並ぶこと

20180417_112323

(画像は昨年の羊山公園の芝桜祭り)

この手の場所に行けば、何らかのご当地B級グルメにありつける。埼玉のイベントは要チェックです📝




ま、今回俺が書けるのは極々一部、
まだまだ未知なるB級ご当地グルメや郷土料理は沢山あるんだけど、多少は参考になるかと。



映画とのコラボで、
全く無関係な地域が便乗している様だが、

ここは、正統派の埼玉ご当地グルメを掘り下げて紹介しておく方が、意義のある事だと思う。


では、いざ、いってみよう‼



・秩父地方

ここは埼玉唯一の観光エリア
このエリアは郷土料理が多いね。。。
蕎麦もうどんも美味い。

20180417_201042



①みそぽてと

秩父を代表するご当地B級グルメ。地元のお蕎麦屋さんや、現地のスーパーでも当たり前のように売っている
遭遇率S
店により若干のバリエーションの違いはあるものの
1本100円前後



②ワラジカツ

豚肉を叩いて伸ばしたカツ。本格的なものは子供のサンダル1足分、2枚の大きさ。
遭遇率A
秩父市内中心部でも食べられるけど、本場は小鹿野町

店によっては、ミニサイズやカツ1枚バージョンもあるので、少食の方も安心(^-^)
代表的な安田屋は小鹿野とお花畑駅近くに店舗があり
攻略しやすい。西武秩父駅前仲見世や道の駅ちちぶのレストランにも存在する。
俺は秩父そばとワラジカツ両方食べたかったから、元六っていう店に行ったけどね。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/8422055.html

20150808_134842



③みそ豚丼

猪の味噌漬がルーツらしい。
元は秩父市内の野さかがオリジナルだが、近年では同様のものを販売する店も少数ながら存在。
味噌浸けにしたバラとロースを炭火で焼いて、秘伝のタレにつけて出す。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/4701156.html

野さかは短い営業時間&激しい行列、駐車場の確保が困難であり攻略困難であることから、
遭遇率はB-orC+とした。
尚、ここで食べられなかったら、ちんぱた、道の駅秩父でも似たようなものが食べられる。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/15608576.html

8afe1d39-s




④たらし焼き

昔に祭りの屋台等でよく見掛けた、具が僅かの安いお好み焼きに似ている。
遭遇率C
秩父小昼飯のひとつ。市内各所の飲食店で食べられるらしいが詳細は不明。
道の駅芦ヶ久保でも食べられるけど、すぐ売り切れるので午前中に行ったほうがいいかな…
1枚100円前後。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/20528881.html

20170223_125705


⑤ずりあげうどん

釜揚げうどんに、好きな具をトッピングしたり、好きなタレを浸けて食べる。
うどんを引きずりあげる事がネーミングの由来。
遭遇率B-からC+
道の駅芦ヶ久保に専門店があるが、昼過ぎには閉店するので要注意。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/20604579.html

20170223_140723


⑥くるみそば

秩父の蕎麦屋なら、間違いなく置いてあるメニュー
遭遇率S
もりそば形態。
浸けタレにくるみが混ぜてあり、茶色い色をしたタレは風味豊かでクリーミー
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/15608576.html

道の駅ちちぶの立ち食い蕎麦は、侮ることなかれ。
20161225_170953



⑦猪鍋などジビエ料理

食べれそうでなかなか出会えないメニュー
しかも冬季がメインになるし、高価( 。゚Д゚。)
遭遇率C
アレンジ品の猪肉うどんや猪汁も美味。
夢風庵って店は日曜の営業なので、ありつくのが大変。
秩父の山間部の旅館だと食べられるチャンスもあるが、別料金のオプションになる事が多い。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/26992979.html

20171111_142407



⑧しゃくし菜

秩父で愛されている漬物。
一部の蕎麦屋や食堂では、勝手についてくる事もある
野沢菜より少しクセがあるが、その味に惹かれる方も多し。
現地のスーパーでは必ず売っているソウルフード
遭遇率S


⑨あずきすくい、つっとこ、ひっつみなど

いずれも秩父小昼飯の1品。小昼飯は簡単に言うと、農作業の一服タイムに食べる和風点心のこと。
俺はまだ食べる事が出来ていない。
秩父小昼飯シリーズは、こうした謎のネーミングを持つ料理が多いので、これらをまとめて食わせてくれる店が欲しいのだが、、、
という訳で、遭遇率は不明。



⑩こんにゃく
秩父はこんにゃくも名物。道の駅や長瀞駅前などで味噌おでんが食べられる時もある。遭遇率B



下は秩父到着が遅くなった時、秩父グルメをスーパーで買って酒盛りした時の画像(^-^;
スーパーで買える=ある程度現地民にも食べられているって事さ。。。

20170223_204758




・熊谷、行田、深谷、本庄など高崎線沿線

①フライ

簡単に言えば、これもお好み焼きの具なしバージョン。たらし焼きよりも大き目。
JRの行田駅よりも、秩父鉄道の行田市駅の方がありつけるパターンが多い。
遭遇率A

20160926_124637


②ゼリーフライ

おからを混ぜて揚げた、ころも無しコロッケ。
形が崩れやすいのが難点。
行田市駅近くでよく見掛ける。お肉屋さんでも売っていたりする。
いずれも駐車場完備の店が少ないので、車族は少々苦労する。忍城の駐車場に停めて散策かな…
フライと共に遭遇しやすい。
遭遇率A

20181027_162048



③妻沼の稲荷寿司

食べた事は無い。。・(つд`。)・。
遭遇率B-からC
販売店はたった3店舗。しかもすぐに売り切れる事もあるらしく、他県民には攻略が難しいようだ。
どんなに遅くとも午後1時迄には現地に着きたい。



④煮ぼうとう

深谷駅前や、道の駅おかべで食べられるが、
前者は営業時間が短く、後者は数量限定なので、攻略はなかなか難しい(T-T)
おっきりこみとの違いが分からない。。。
というか、忘れてしまった( 。゚Д゚。)再チャレンジだな
遭遇率B



⑤北本トマトカレー

トマト風味が効いたキーマカレー風のカレーに、揚げたトマトをトッピングしてある。
酸味、風味も豊か。
これのカレーうどんバージョンも美味い。
北本の「みおり」という店では、武蔵野系のうどんも一緒に食べられる。
街興し系ご当地B級グルメながら、地域に根付いた珍しい例。
ちょっとググるだけで情報を得られるので遭遇率A
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/22526989.html

20170609_112232



⑥おっきりこみ

秩父や埼玉北西部エリア、
そしてグンマでも食べられている品。

秩父エリアで確実に食べるには、冬季に満願の湯に行ってみるのが無難かと思うけど、メニューに現存するか否かはHPを参考にしたほうがよいかな。。。
後は長瀞の駅前とか、西武秩父駅の仲見世を徘徊していたら出会える確率が高いようだね。。。
遭遇率はA-

20160229_193726



⑦鴻巣川幅うどん

こちらもググればいくらでも店が出てくるので、食べそびれる事は少ない。
近くにある堤防をモチーフにしたうどんで、一般的なひもかわよりも幅が広い。
電車族は、鴻巣駅前のSCのフードコートの、「こうのすやつけしん」で食べられる
遭遇率A
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/31106585.html

20180416_141224

一見、グンマ王国の鬼ひもかわに見えなくも無いけど、それは禁句だ、、、


⑧鴻巣コロッケ

鴻巣駅前のフードコートで食べられる。
閉店した地元の精肉店のレシピを、こうのすやつけしんさんが継承したもの。かなりクリーミーだ。

遭遇率は、場所的にAといえばAだし、万が一店が無くなったとした絶滅種となるし、定休日なら食べられないので、遭遇率判定は不能なり。


⑨いがまんじゅう
上記と同じ場所で買える。

しいて言うなら赤飯+オハギみたいなまんじゅうだ。
20180416_141131


・さいたま市、県東部

①豆腐ラーメン

岩槻の名物。市民会館で食べられる。
生姜の効いた和風麻婆豆腐がアッサリ系ラーメンに乗っているニュアンスの味。
遭遇率B
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/29403225.html

20180203_160907



②スタミナラーメン
さいたま市内、及びその近辺のソウルフード。
娘々と名の付く中華料理店にて出会える。
辛口の麻婆豆腐から豆腐を減らしてニラやモヤシ・挽肉を足したような感じ。

20191117_122818




③加須うどん

加須市内、市役所近くに行けば沢山店がある。
武蔵野系がムッチリモッチリボンキュッポンなグラマー系美人なら
加須うどんはナメラカシナヤカツルツルシコシコな大和撫子だ。

a82fca84


行けば必ずありつけるので、遭遇率はSとした。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/28751856.html

④かすかべ焼きそば

街興し開発系のB級グルメ。
あんかけでしそフリカケが乗っているらしい。
春日部市役所の食堂にある。以前業者が撤退して無くなったが、復活。

20191205_105710



⑤鳩ヶ谷ソース焼きうどん
川口市の旧鳩ヶ谷市エリアにはブルドックのソース工場があり、そことのコラボで産まれたB級グルメ
肉の加藤さんの焼きうどんはリーズナブルだ。

20190713_123808


⑥スタカレー
スタミナラーメンと同じ、娘々と名の付く中華料理店数店舗で食べられる丼料理。
カレーと言いながらカレー味では無い。
上記スタミナラーメンの餡が、更に濃くなった感じ。


20191205_142246




・県西部

①武蔵野うどん

やや茶色っぽい色の付いた、風味の強いうどん。
やや顎が疲れる系だが、小麦の風味が豊か。
肉の汁に、スリゴマを入れて食べる。
竹國というチェーン店を検索すれば、間違いなくありつけます。
遭遇率A
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/21512101.html

20170511_131122


②だんご

川越や飯能など埼玉西部は、だんご屋も多い。
隠れたローカルフードともいえる。
そのうち、これをベースにしたご当地B級グルメが現れる可能性を秘める。川越の蔵の町並みを歩くと遭遇しやすいかと。
遭遇率B


20170224_150158



③すったて

宮崎の冷や汁を連想させる、川島町のローカルフード
こちらもネット上で簡単に情報は得られるし、メニューにある店が多いが、
夏期しか食べる事ができない店が多いので遭遇率はB
宮崎の冷や汁と似て非なるモノらしい。


④川島呉汁

味噌煮込みうどんのアレンジ品。こちらは上記のすったてとは逆で、冬季しか食べられない店が多い。
「なつはすったて ふゆ ごじる」だな

上記同様理由から、遭遇率はBとした。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/28044219.html
庄司さんのは麺が美味。

20171210_145715



⑤川越やきそば

かなり太い麺の焼きそば。ゴワゴワ感がまた良し。
市内中心部、蔵の通りから1つ中に入った通りに散在している。月曜定休日の店が多い。
遭遇率A
20160725_150843



⑥豚肉

埼玉の豚肉は臭みが少なく風味が豊か。
代表格が、サイボクハムの豚肉。
サイボクハムのテーマパークにて食べられるスペアリブが、その旨さを物語る。
脂身が臭く無くジューシー。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/15424372.html

20161224_144203



⑦飯能すいーとん

埼玉御当地B級グルメのイベントで優勝したこともあるグルメ。厚手の団子の皮の中には、名前らしからぬ中華風の具が詰まっている。
せいたろう、満寿屋、長寿庵などで食べられるが、
食べられる店は多くないので、遭遇率B-とした。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/4587568.html


20130616_135427



⑧狭山さといもコロッケ

現状では遭遇率C。
ネット上で情報は沢山出ているが、実際にありつくのは困難

かつては市内あちらこちらの精肉店で買えていたが、店も大分無くなったし、
メニューから外されてしまっている店も多い。
しかも現存する某店は、取材や撮影は厳禁なので、さらに難易度が高い。
さといもを使ったコロッケは、とにかくクリーミーだ。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/21523910.html


20170511_184128

金曜定休らしいので、気をつけて


⑨東松山のやきとり(やきとん)

東松山の駅近くを歩いていれば、間違いなく出逢うことが出来る。最近はアレンジ品も沢山ある。

都内でも、錦糸町近くにひびきの支店『深川住吉店』があり、そこでも買えます。
遭遇率S
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/20800034.html


20170223_114237



⑩戦国ハーブ丼
寄居の街興し系B級グルメ
まだ食べた事がない。。。(TT)

名門の山崎屋は、閉店してしまい

後は持ち帰りか居酒屋等夜間でしか行けない店ばかりで、敷居の高いものになってしまった。


⑪高麗鍋
高麗川あたりの名物らしい。
メッツァからも近いんだよね、、、
まだ行ってないので、そのうち⑩と共にクリアだな

⑫秩父ホルモン
秩父市内には幾つかホルモンの店があり、
秩父の新しい名物として売り出しているようだ。


秩父駅前のホテルに泊まれる位の予算確保して、
これらは一気に攻略と行きましょう。
旅行の総予算、大人2人25000円あればなんとかなるのかな、、、❔


・埼玉のご当地チェーン

①餃子の満州
都内にもあるけど、都内から埼玉西側を中心に展開する中華料理チェーン。
このエリアの住人なら、イートイン・テイクアウト問わず、ここの餃子は誰でも一度は食べた事があると言われている。



②るーぱん

注文方法が、マックなどのファストフード店に似ている、パスタ&ピザが売りの埼玉限定チェーン。
一時に比べて店舗が大分少なくなってしまったが、まだまだ健在



③山田うどん

もはや関東では当たり前過ぎるのでローカルフードとは言えないが、埼玉が発祥。
ある程度歳行った人なら、世話になった事があるかと。。。


④ひびき
上記の東松山やきとりの中で、ひびきというチェーンは、埼玉西部から南部、中央部にかけて店舗展開しており、その勢力を拡大させている。

東松山名物から、埼玉名物になりつつある…かな



⑤埼玉三大スーパーチェーン

埼玉発祥のスーパーは、今や関東一円にその店舗を広げ、精力的に勢力を伸ばして、県外でドンパチ派手な争いを繰り広げている。

関東の他ケンミンの胃袋に、
しゃくし菜や秩父おなめ、地粉うどん等の
サイタマエキスを注入する事により、関東全域の制圧及び占領を狙っている(嘘)

ヤオコー、ベルク、マミーマートが該当。
特にベルクが埼玉ご当地グルメを買える確率が高い。

ちなみにベルクスとベルクは、丸っきり関係の無い赤の他人。『ベルクス』は、東京のご当地スーパーだが
近年は千葉にも進出しているね、、、


ちなみにベルクでは、こんなキャンペーンを開催。
↓↓
https://www.belc.jp/event/tondebelc


ま、今んとこコレくらいかな。。。
また新しいモノ発見したら、加えていきます。

※遭遇率S…犬もあるけば棒に当たる位に、出会いやすいグルメ
遭遇率A…若干の下調べは必要になるものの、比較的出会いやすいグルメ。ロストのリスクは少な目
遭遇率B…僅かな店舗にしかなかったり、営業時間が限られたり、すぐ売り切れたりして入手が難し目のグルメ。ロストのリスクは高め
遭遇率C…なかなか出会えない貴重なB級グルメ、または絶滅危惧種。ロストは当然という覚悟要す。


さて、このシリーズ最終回は、俺の地元・千葉


他の県に関しては多少冗談を交えながらも、持ち上げつつ遠慮しながら書いてきたけど、
地元に関しては遠慮しません。

他県に申し訳ないからね、、、

これも地元に頑張って欲しいから。
その一心ですよ。。。

↑このページのトップヘ